こちらもご覧ください♪

2017年5月 4日 (木)

消滅防止投稿です~

今頃アップロード制限しても遅いんですけどー(´;ω;`)

2016年8月23日 (火)

消滅防止~

消滅防止用のアップです~(^◇^)

2016年3月16日 (水)

消滅防止投稿です~

消えてしまうので時々upしています。

新ブログをご覧ください。

2015年7月13日 (月)

消滅防止の為に投稿します。

定期的に投稿しないと消えるので・・・・・・

新ブログはこちらです。

http://kumyon.exblog.jp/

2015年3月16日 (月)

お引越ししました!!!

7年間お世話になったこちらでのブログ、とうとう容量が満々になってしまいました。

沢山の方に見て頂いているのでお引越しはしたくなかったのですが・・・・
心機一転、といっても内容は今までどうりの食べ散らかしですが、新ブログに変わります。

          「猫空くみょん 食う寝る遊ぶ Part2」



これからもどうぞよろしくお願いもうしあげます。
よろしければ☆に加えて下さいませ。

2015年3月15日 (日)

ランタン祭!!

Atngoggblbqgymb1426324602_142632464

長崎に到着した日はちょうど旧暦のお正月でした。この日から有名な長崎ランタン祭が始まりました。中華街を中心に広い範囲で夜の町に輝くランタンを楽しむことができました。

おっとその前に長崎と言えばチャンポン!!

Yuckyさん一押しのお店 「永楽苑」 さんで中華ディナーです!!


Ku2075by8octcfv1426324201_142632428

「ここここsign03 入りましょ~」とYuckyさん。


P1140416

入口のディスプレイにしばし見とれてしまいました。

細工物がめっちゃ美味しそうにみえる・・・・・かなりお腹空いてましたsweat01


P1140419

この瞬間空席ができましたが、他はびっしり満席状態でございました。

赤い円卓が長崎っぽい。ここは観光客より地元の方が多いお店みたい。


P1140423

しゃべりまくり食べまくりでも乾杯の撮影はかかさない3人のブロガー魂happy01


P1140426

まず「皿うどん」登場。 硬麺がしなっている瞬間が好きheart04


P1140425

「唐揚げ」 衣は結構がっつり派、でも中はジューシーscissors

店の設えといいお料理といい、すごく昭和を感じます。ものすごいコアな表現ですが昔実家の近所にあった春陽軒という神戸の庶民派中華の草分け的お店とお料理はよく似ています。食べ乍ら小さい頃を思い出しちゃった。


P1140429

↑そして「しいたけソバ」 これを目指してこのお店に来る方も多いとか。

鶏ガラのスープがいいお味、心も身体もこっくり温まるやさしい一品です。


P1140433

でたsign03 真打 「ちゃんぽん」 興奮のあまりスプーン入れたままの画像。

そうそう、ここのマダム(日本人)の接客が温かくてうれしかったです。


Cunskra8aqrsg3n1424577128_142457717

「でね~私達って今どこにいるの~?」 

長崎の場所がわかっておらずアホ爆裂してしまいました。




P1140430

ここのお店はこのスープが身上です。あっさりとして美味。

美味しいお店に連れてってくださって、Yuckyさんありがとうございます。

お腹がいっぱいになったところでランタン祭の会場へGOupwardright


1424530958564

有名な眼鏡橋とランタンのコラボ Yuckyさんからお借りした画像です。


1424530977614

これまたYuckyさんからの画像です。

クミョンのコンデジではどうもこの微妙な色が再現できず。やっぱ一眼には負ける。


Img_20150219_201910

どの飾りもかなり大きいものです。

お祭が終わると焼いてしまうとか、毎年造り変えられるのはすごいです。


P1140436

↑ものすごく大きなランタン、昼間に見てもきれいでした。


Tt8pjz3mbfynice1426324099_142632415

中華街の通りはお店が沢山並んでいます。

中国や外国からの観光客も沢山ですごく賑やかでした。


P1140464

ランタンは雨が降ったりすると汚れてしまうのでなるべく早い目に鑑賞するのが良いそうです。初日だったのでどのランタンもピカピカでした。

因みに来年の春節は2月8日です、そのあたりでランタン祭は開催されます。

・・・・・・と、ここまでアップしたら画像アップが出来ずの緊急事態発生。

遂に容量満タン?調べて後日またアップします。

END

2015年3月14日 (土)

長崎に到達しました。

P1140379

へんりーちゃんとの九州旅行3日目、長崎に到達いたしました。

長崎での第一目的はYuckyさんにお会いすること、韓国大邱市の名誉観光広報委員をされている彼女、ブログを通して数年前からその存在が大いに気になっていた方。FBを通してお顔も存じ上げていましたが今回初めてのご対面~happy01となりました。

長崎駅到着後すぐ近くの西坂公園へ。手にはこんなの↓を持って。


P1140376

改札口で出迎えて下さった1分後に「ちょっとあれ食べましょうよ」ってYuckyさん、始めて会ったとは思えないこの親近感はいったい何?(爆)


Lso8lfi_t_f4pty1426297457_142629750

物産展などで知っていましたが初めて食べました。長崎名物の卓袱料理の一品「東ポウ肉」を手軽に楽しめないかと考案されたものだそうです。中華風の蒸しパンに甘く煮込まれた豚バラ、美味しくないはずはないscissors


P1140381

角煮まんじゅうを片手に・・・・ちょっと不謹慎かと思われましたが日本26聖人殉教の丘でパクつきました。秀吉によるキリスト教弾圧の悲しい歴史が刻まれた所です。


P1140383

「君らどっから来たか?」 桜猫さん(避妊手術を受けた印が耳に)がお出迎え。長崎ってにゃんこさんに遭遇することが多い街なんですよ。この公園はYuckyさんが昔から寛げる場所としてよく利用されているところだそうです。


P1140385

メキシコ人の殉教者、聖フィリッポに捧げられた記念堂。

ガウディ建築の様な2本の塔が印象的です。


P1140386

足元が浮かんでいるのは昇天されていることを示しているそうです。

1597年厳寒の1月京都で捕えられた外国人修道士、日本人修道士、信徒ら26人は遠い長崎まで歩いて連行されました。途中の京都で左耳たぶをそぎ落とされ到着したのは2月、このレリーフでは正装していますが当時は汚れたぼろぼろの姿だったそうです。

小さな2人は12歳と13歳、途中で信仰を捨てるよう説得されても断り、天国に行けると微笑みながら処刑されたということです。1862年ローマ教皇により列聖され聖人となっています。この丘はカトリック教徒の公式巡礼の地ともなっています。


P1140391

今回は前を通ったのみですが↑浦上天主堂。出島に来る外国人の為の教会だったそうです。26聖人の丘の方角に向いて建てられているとYuckyさんが教えて下さいました。

聖人の丘やこんな教会があることを承知でアメリカはここに原爆を落としたのでしょうか?奇行、愚行としか言いようがありません。


P1140389

「後ろ姿撮りますよ~」って言ったらこのポーズ。

全くお茶目なんだからYuckyさんsign03 坂の多い長崎をこの後散策。


P1140392

途中の魚屋さんで、見たこともない魚が並んでいました。

がしらに似てるけど違うのかな・・・・・


かながしら(ガッツ)の煮付け

↑他からお借りした画像です、長崎で節分のころに食べられるお魚だそうな。


P1140394

長崎生まれYuckyさんの案内でオランダ坂横のレア道を上って洋館へ。


P1140396

間もなく閉館時間だったので無料で見学できちゃいました。


P1140401

下から洋館を望むの図、坂が多く歩くのは大変ですがどのお家も窓から美しい湾を眺めることができると思います。蝶々さんで有名なグラバー邸は今回パス。


P1140398

春節を祝うランタン祭の初日でした。きれいに飾り付けられた孔子廟。

居留地があり西洋館が残り、中国文化の影響も多く受けた長崎。

なんだか神戸にそっくりだなぁと思いながら見学いたしました。


P1140403

古い構えのお店に遭遇、天和元年って1681年sign03

クミョンの小さい頃はケーキっていうとカステーラだったなぁ(遠い目)


P1140402

子供の初節句に配る長崎独得のお菓子だそうです 「桃カステラ」

上は中華で下はポルトガル・・・・・とっても甘そう。


P1140407

長崎港の岸壁近くに立つ旧香港上海銀行長崎支店。

上海の浦東を彷彿とさせる建物です。

船での交易が主流だった時代、長崎がいかに栄えていたかがわかります。


P1140409

日の入りが近づいてきました。Yuckyさん一押しのビューポイントへ。

長崎県美術館 とっても素敵なデザインの建物でした。


P1140413

夕暮れ時の美しい長崎湾を望むことが出来る屋上エリア。

ここ良いですねsign03 館内のカフェはケーキが美味しいらしい、次回は是非。

そろそろ待望の夕食時間・・・・その前にランタン祭を攻撃です。

END

2015年3月13日 (金)

篠山 町歩き編

P1140594

タマちゃん、シロチャン、クミョン3人の篠山ミニトリップ、画像が多くて別に町歩き編も作ってみました。AMAも同じ兵庫県ですがなんだかすごく遠くにいる感じがしました。

どこもかしこも猪だらけ、メインストリートもぼたん鍋のお店が並びます。大きな猪の看板、絶対落ちてこないって保障はあるのかしらん?真下にはいかず。


P1140661_2

お食事を頂いた「近又」さんの向かいにある猪肉を扱うお店 「鳥芳」 さん。近又さんも猪肉はこちらから入れてらっしゃるとか。お買い求めの方も多いです。


P1140598

入口のケースのお肉にはお値段がありません。中に入ってみましょう。


P1140654

特選で100g1520円とありますが見せて頂くと食べたお肉とだいぶ違います。近又さんで出されるものはそれ以上の別あしらえの物だとか。お願いするとOKなのかも。やさしいタマちゃんはご両親のお土産にゲトされていました。


P1140658

ぼたん鍋用のお味噌も販売していました。

こちらのお店は創業明治24年だそうです。猪の時期は3月で終了です。


P1140664

猪の詰まったお腹をこなすため篠山城跡に向かいました。1609年というから関ヶ原の戦いから間もなく、徳川家康の命により豊臣家に睨みを効かせる為に築城されたのだそうな。天守閣は当初から造られず、比較的規模の小さいお城です。


P1140671

明治時代になり廃藩置県がなされたとき城の大部分は取り壊され今は部屋跡の説明板があるのみ。御不断之御間って何だったのでしょう?誰かおせーて!!


P1140668

その時残されたのは大書院のみ。けれど現存する大書院↑は昭和になってから火災で焼失、篠山市民の寄付により平成12年に再建されたものだそうです。


P1140683

お城見学の後は少し歩いて河原町妻入り商家群と言われる地域へ。

篠山城築城と共に栄えた白壁の商家が並んでいました。


P1140673

現在も居住しておられるお家もありました。大きなお家です。




P1140676

タマちゃんの情報でこのパン屋さんへ 「白殻五粉」 しろからごふん、お城から5分で着きます。この↓パンが人気らしいのですが・・・・


P1140680_2

食パンの生地で作ったパンだそうです、がすでに完売。

予約分しか残っておらず他のパンも少ししか残っておりませんでした。

購入希望の方は予約して行くか早めにお越しくださいね。


P1140690_2

この商人町は最近若い方中心のリノベーションが進んでいます。


P1140700

雑貨屋さん 「ハクトヤ」


P1140696

靴を脱いで入っていくお店です。篠山とは関係ない雑貨も多かったですね。


P1140705

この日オープンのパン屋さん↑に遭遇。


P1140704

かわいいサイズのパンが並んでいました。あれ、サワードゥのパンがあると思ったらアメリカ人らしき男性が。奥さまがこの付近の方のようです。


P1140714

少しまた歩いたところで黒大豆を扱う大きなお店に遭遇。


P1140710

店内にはご先祖様がお輿入れの時に使ったという輿が天井にsign03


P1140687



今回はぼたん鍋が目的だったので町歩きは短時間でした。

秋には「ササヤママルシェ」も開催されます。またゆっくり歩いてみたいなぁ。


P1140718_2


バスを待つ間に 「黒豆ソフトクリーム」 香ばしいお豆の味です。


Kiiay_ybsdyd6cn1426233046_142623313


JR篠山口駅へ向かう時に渡る橋を飾る猪さん、激写成功しましたbell

最初から最後まで猪三昧できる篠山、楽しいですよ。

END

丹波篠山 近又 @兵庫県篠山市二階町81番地

P1140613

3月末で狩猟シーズンは終了、それまでに今年こそはこちらでお食事をとタマちゃん+シロチャン+クミョンの3人で猪を食べにJRに1時間+バスに20分揺られて行って参りました。

見てください山椒の粉を纏った美しいコラーゲンのドレープをsign03 これぞ牡丹鍋sign03


P1140600

選んだお店はこちら↑ 「近又」 さん。牡丹鍋発祥のお店と言われております。なんとその歴史は400年以上、徳川家康さんが篠山城を築城されたころからだとかsweat01現在は13代目の方が営業なさっておられます。旅館でもあるのでお泊りも可能です。


P1140602


皇太子様がまだ親王様の頃にお泊りになったみたいです。

賢所の方々も猪を食ったりなさるのねgood


P1140603

クミョンの無くなった実家にあったお雛様と同年代?と推定されるお雛様。

後付けみたいな金ピカの階段・・・・は要らないと思いましたsweat01


P1140606

2階で頂きました、400年前からある急な階段を登っていきます。

明治維新の元勲、桂小五郎(木戸孝允)も彼女を連れてこちらで宿泊されたとか。この階段も登ったのかしらvirgo


P1140610

「こちらへどうぞ~」 えええええ!!! 今回かなり前に予約をしたのですが1階の個室やテーブルの席は満席で大広間で他の方とご一緒で頂くことになりました。


P1140612

11月~3月末まで頂ける「ぼたん鍋」、お値段は3段階ありましたがお安いのはコラーゲン部分の少ない赤身、一番お高いのは塩焼きが付いています。コラーゲン満載のロース肉目当てだったので真ん中のを頂きました。


P1140626

10代目が考案されたという味噌味のスープ、まず何はともあれ猪肉をどばどばと投入sun猪肉はその名前から4×4で16分以上は絶対じっくり炊くのが鉄則だと説明を受けました。長く炊くほど柔らかくなり美味しいらしいのでこの時は30分後くらいから食べ始めました。


P1140611

地元産のお野菜もたっぷり登場いたします。

ぼたん鍋と言えばささがき牛蒡は必須。特産の山芋もありました。


P1140637

猪肉の上に野菜を入れてまず炊きあがった野菜から頂きます。秘伝の味噌出汁がめっちゃ美味しい、この日寒かったのですが一気にヒートアップimpact


P1140619

そうそう、付きだし3品も美味しゅうございました。丹波地方特産の黒豆はこれでもか!って言うくらいふっくらと炊きあがっておりました。担当して下さった女性もすごく接客上手でお話も面白く満点な方でした。


P1140628

猪ってやっぱ赤と合うに違いないsign03


P1140636

合ったかどうかわからん内に一本空きました。

食の追及に命懸けで臨む3人、これからも食べ続けましょうsign03 乾杯cat


P1140616

もう今年の原酒は残り少なくネットでも買えないとか上手に勧められ・・・・


P1140631

丹波焼のぐい呑みで「奥丹波 木札」 もいっときました。飲み口の優しい美味しいお酒でした。

大広間では計15名ほど飲食しておりましたが昼間からここまで豪快に飲んでるのは我々だけでした。なんか文句あっか?


P1140639

↑煮えた~猪肉sign03 美しく輝くコラーゲン、敢えてここまで脂と書きませんでした。なぜなら猪肉の脂は牛肉や豚肉に比べ低カロリー、高タンパク。血液をさらさらにして若さを保つ高価不飽和脂肪酸は牛肉の2倍以上あるそうな。肥満に繋がる飽和脂肪酸は牛肉の半分以下。

大昔に食べた以来の猪肉、今回はとっても美味しくて大ファンになりました。冬の年中行事に加わりそうです。美容とダイエットに猪肉は最適な肉類、もっと手軽に買えればいいのにね。


P1140641


↑〆のイベントが始まりました。名物 ぼたん丼 担当の女性が作ってくれます。


P1140645

最後に猪肉のエキスが充満したお鍋の味噌出汁に生卵を割り入れ、黄身がまだとろとろの状態をご飯の上に。今思い出すだけでヨダレがぁsign03お腹いっぱいのはずなのにペロッと平らげられました。

ミシュランの兵庫県編が出るらしいけど・・・・ここ入るんじゃないかな?


P1140647

デザートは篠山だけに笹で包まれた和菓子が登場。


P1140650

中にはとろーり葛で包まれたカスタードクリーム。美味でした。

大満足、美味しかったぁsign03 暖まったぁsign03 次の冬も是非scissors

近又さんのHP←猪食べたい人はクリックしてね。

丹波篠山ってこの辺りです。


Cj5v5brorzy9lvv1426126979_142612703


END

2015年3月12日 (木)

鶴橋で打ち上げ

Img_20150302_140135


だいぶ前の出来事ですが、へんりーちゃんと九州旅行の打ち上げを鶴橋で開催した時の内容をアップさせて頂きます。へんりーちゃんのブログでもう見たし!って方もそう言わずご覧下さいませ。

テレビでも紹介されたこちらのお店↑ 「楊」(ヤン) さん。



Img_20150302_131908

コリアン100%かと思った鶴橋商店街の中で孤高に戦う(汗)台湾系のママが切り盛り。なかなかの美人さんだわ。日本に来られて25年とか日本語はペラペラです。



Img_20150302_131437


こちらの一押しはチャジャンメンsign03 メニュー内容は韓国系中華ですね。


Img_20150302_133441


左 クミョンの普通のチャジャンメン。右はへんりーちゃんの辛チャジャンメン。麺はうどんぽい感じ。たれは美味しかったです~sun ヘンリーちゃんのもお味見させて頂きましたが辛いsign03 一口で退散。ヘンリーちゃんは平気のさっさで完食。


Img_20150302_132703


皮から手作りの水餃子も頂きました。普通に美味しかったです。

タンスユ(酢豚)も食べたかったです、1人でもOKな良いお店みっけcat


Img_20150302_140209


↑この通りにあります。メインの通りではないので迷うかも。

頑張って探して下さいねsweat01

ではお買い物かな?って歩きだしたらへんりーちゃんったら・・・・・

「さ、次なに食べます?」 あへ~happy02食べた後に食べるのよ私達。



Img_20150302_140933


で、向かった先はへんりーちゃんのお家、と言うのは大嘘です。↑これ店に見えます?普通の家ですよね。先ほどのチャジャンメンの記憶が吹き飛んでしまうくらいインパクトの強かったこちらのお店 「カナアン」 衝撃のあまり入口の写真撮り忘れてるしsweat01


Img_20150302_141151_1


お邪魔しまーす、と思わず言いながら入店。フレンドリーなママさんが対応してくれました。壁にメニューがあるので辛うじて店舗であることを認識できます。キムチチーゲ、チゲではなくチーゲなのが泣かせる。スジェビまである。結構内容濃いですやん。


Img_20150302_144226_1


テンジャンチーゲにいたしました。さすがに2人で一人前です。

本場韓国の味噌使用でとっても良い香り。

オカズ類も丁寧に作られていて美味しいです。ここ気に入ったscissors


Img_20150302_143645



海鮮チジミ下さぁ~い・・・・・でかっsign03 クミョンの顔よりでかいsign03


Img_20150302_143729



ビール下さぁ~い。「うちはビールないのよ、外で買ってきて・・・・あ、お父さんのがあるからこれ飲んでええよ。値段はなんぼやろ?適当で~」

え?????

びっくらこいたsign03 店にも驚いたけどこの韓国風アバウト感に開口sign03

なんとこのお店、酒類持ち込みでした。これってうれしいシステムですよね。

この後気づくと店内には(家のなかには)我々2人のみ、何にも言わずにママさん外出。全く家呑み状態で寛げました。ママさん20分以上過ぎてからお戻りになりました。どうやらお買い物に出てらしたみたい。私達って信用されたのね、きっと。


Img_20150302_141254


↑鍋を囲んで宴会も可能、無理ない定員は多分10人くらいかな?




Img_20150302_160009


入口にある自転車には玉葱とミカンの皮が干してありました。

ママさんの作品でした。玉葱の皮には食べるところの30倍も血をさらさらにする「ケルセチン」が含まれています。アンチエイジング、癌予防にええそうな。ほうじ茶パックと一緒につくれば呑みやすいみたいです。




Img_20150302_160135

お酒は買って来てください。って書いてありました。


Img_20150302_162831



カナアンでゆっくりし過ぎてこの後すぐにクミョンはタイムアウト。

へんりーちゃんの手にははしっかり家呑み様の焼酎がbell

九州も楽しかったけど鶴橋も韓国も楽しいよね。またどこかでご一緒にnote

END

«さよなら鹿児島 また来るぜ!!