こちらもご覧ください♪

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

タイフードフェア 2回目

Photo

6月最後の日、六甲アイランドのベイシェラトンホテルで開催中の
「タイフードフェア」も今日でさようならです。

前回美味しかったので最後にイノシシ山のMちゃんと名残を惜しんで
もう一回行ってみることにしました。レイトランチなので1300円の
お財布にやさしいビュッフェなのです。

Photo_2  Photo_3

内容は同じでしたが2回目なので選ぶときも余裕があります。
勿論制限時間いっぱいまで食べまくりました。

Photo_4

Mちゃんのプレートは美的感覚にあふれて美しいですね。

Photo_5

クミョンのプレートはただただ食い気のみが感じられる光景です。

Photo_6 最後にお気に入りのクワイを色付けしたデザートで締めくくりました。皆さんよく御存知でレイトランチの時間帯になるとかなりのお客様がいらっしゃっていました。内容が変わりますが20周年記念のイベントは続くようです。Photo_7 7月からはまたガソリン追加料金が値上がりし大好きな東南アジアが遠のいて行く様でなんだか悲しい気分になりますね。投機的な事だけで世界中の財布が泣いています。どないかしてくれアラブの旦那衆

END

2008年6月27日 (金)

ぼっかけコロッケ

Photo_8

お寿司屋さんに行く前に1人でお買い物はすませました。
マルヨネさんでイノシシ山のMちゃんご推薦の「ぼっかけコロッケ」を
購入してみました。1個80円、スジ肉とポテトがええ味だしてます。

そのままでもOKですが、やはり同じ長田の「ばらソース」で
他にも美味しそうなものが並んでいます。

Photo_9

今回はお寿司だったけど長田に来たら王道を貫いてお好み焼を
食べるのがやっぱしっくりきますねまたリベンジに来ましょう。

勿論これは忘れずゲトしました。。。。。
しっかり見たい人用に大きく載せておきますね

Photo_10

END

本格回鮮寿司 松の樹

Photo

新長田に出来た松方弘樹様のお寿司屋さんに行ってみました。
回転じゃなくて回鮮なんだ、本格ってねたが本格的らしいです。
突撃メンバーは半韓半台のユイチャン、イグラオンマさん、クミョン。
さてさて、どんなんでしょう・・・・・・・

続きを読む "本格回鮮寿司 松の樹" »

2008年6月26日 (木)

李兆 新メニュー

Photo 半韓半台のユイチャンと「李兆」でランチしました。兵庫駅の山側を高架沿いに3分程歩いたところにあります。昼夜共にメニューがフルモデルチェンジされていました。長らく愛用していた韓国料理店が最近作り手が変わったのか味が??になってしまったので、これからは近所のこのお店のランチに期待したいところです。どんな内容かというと・・・・

Photo_2

以前は焼肉主体だったのですがチゲのメニューが増えました。
お値段もとってもかわいいもちろん焼きながらの焼肉も健在です。

Photo_3

今回はすんなり「肉スープセット」にしてみました。
あなどれません!このスープむっさウマウマでした
スジ肉が結構たっぷりと入っています。おかず類もおいしいです。

Photo_4

ユイチャンは焼肉丼と冷麺の「冷麺Cセット」をオーダー。
美味しいけれどお丼にお肉がもう少し欲しい、とのご意見でした。
くみょんはもっと細い麺の方がチョワですね。

ふむふむ、ええどええどお昼のヘビーユーザーになりそう。
また他のチゲ類も試してみることにしましょう

END

小山ロール

Photo

ついに、とうとう、やっと、遅まきながら始めて・・・・・・・・・・・・
「小山ロール」を口にすることができました

何これ!!しっとりもっちりまるで私のお尻なんてこの際言いませんが、なんというスポンジ部分のしなやかさでありましょう

今まで食べてきたロールケーキを綿とするならこれは絹の味わい。
三田まで行って並んで買ってくる気持ちがやっとわかりました。

Photo_2

今回は有馬の社長さんこと「イノシシ山のドン・ホセ」様がなんと!!
2時間ならんでゲトされたのを頂きました。ありがとうございました。

申し訳ございませんでした。これに懲りずまたよろしく・・・・
金輪際並ばないなんて言わないで、またよろしく・・・・・

しかし、これの難点はするっとパクパク食べてしまえることです。
来年の節分は恵方に向いて「小山ロール」の一本丸かぶりって
どうだろう?

END

2008年6月25日 (水)

Stella Maris

Photo

陶芸前のランチ、OZW真理ちゃんと元町駅北側にある
キッシュのおいしい「Stella Maris」でランチしました。

真理ちゃんオーダーの「カマンベールといろんなキノコのキッシュ」
ふんわりとおいしそうなチーズの香り、+100円でした。

Img_7738

場所はパルモア病院の下あたり、路地裏にあります。
窓からの光が明るい店内、家族で運営?なごむ雰囲気でした。

Photo_2

ステラランチ(880円)をいただきました。
日替わりのフードは棒棒鶏とスップリ(ライスコロッケ)、
野菜のクリームスープとパン、サラダ、ドリンク。
やさしい味付けでとっても美味しかったですよ

Photo_3

キッシュは5,6種から選べます。
クミョンの選んだ「レッドビーンと新玉葱のキッシュ」
お腹いっぱいになりました。

Photo_4 Photo_5

こちらのお店はすべて手作り、真理ちゃんはデザート付きで。
このハーブティーもおいしかったです。

デザートを付けても1150円、お値打ちだと思います。
駅近でありながら緑も感じる店内でゆっくりランチできますよ。

キッシュやケーキはお持ち帰りもできるみたい。350円

END

2008年6月24日 (火)

猫カフェ Nyanny

Photo

元町にある猫カフェ「Nyanny」に行って来ました。
家に帰ると3匹も飼い猫のいるチトミさん、新之助がいる
クミョン、1時間千円も払って猫カフェに行く必要があるのか?

それはともかく、まーご覧ください。
猫ばっかり出てきます。猫アレルギーな方は御遠慮ください。

続きを読む "猫カフェ Nyanny" »

米米

Photo

今日はクミョンママ、チトミさん、クミョンの3人で元町でをぶらぶら。
ランチはJR元町西口近くの「米米」、台湾料理のお店だそうです。

Photo_2 お粥のセット

Photo_3 麻婆茄子のセット

Photo_6 台湾麺のセット

奥に細長いお店です。テーブル席は狭くて少々食べにくい感じ。
880円のランチが数種、副菜がたっぷりで食べきれないくらい。
でも今日は1人かなり食欲旺盛な人がいるので全部平らげて
店を後にしました。

その後3人が向かったのは。。。。。。

Photo_8

猫たっぷりの様子はまた後ほど

END

2008年6月23日 (月)

たぬき庵の「中華風ねぎそば」

Photo

海に泳ぎに行くでもないのに浮き輪の様な三段腹が
気にかかる♂とクミョン。時々粗食が必要です。

今晩はイカリで買った「たぬき庵のねぎぞば」で手抜き。
本当はトマト麺が欲しかったのですが三宮店にはありません
でした。でもこの「中華風ねぎそば」もおいしいのだ。

我慢できなくて付属の鰹節もかけちゃいました。
突進してくる新之助と格闘しながらいただきました。

Photo_3

六甲のめぐみで買った人参が残っています。
塩抜きしたザーサイと太白ごま油で炒めました。
胡麻もたっぷり振り掛けて、今日はこれでおしまい。

Photo_5

台北の乾物街で買ったドライフルーツのお茶。
ほんのり甘くて桃の香りがやさしいのです。
お肌にもよろしい様で、これからの季節にぴったんこ

END

初夏の上海

Titi_ane

出張で上海に立ち寄る時♂は義父と姉に会ってお食事します。
義父は文化大革命の頃チベットに近い青海省という所に下放
されました。慣れない高地で重労働を強いられそれ以降ずっと
心臓が悪い状態が続いています。
70歳を過ぎて他の病気もあり昨年手術を受けました。
最近は少し落ち着いている様です。

Age_kome  Aona

Ebi_syouyu  Hana_agemono

Kurage  Soup

街角の小さなお店のようですが、十分美味しかったということ。
上海に行かれたら有名なお店もいいですが庶民的なお店も
利用して欲しいです。花の飾りがあるなんて、20年前には
考えられませんでした中国はずいぶん変わったものです。

Gakkou_mon

♂が通った小学校だそうです。
門が新しく立派ですが校舎はそのままだったとか。
セメントで作った台で卓球を毎日していたそうな。

END

 

2008年6月21日 (土)

インド亭

Photo

薄汚れた梅雨空が重苦しい
こんな日はインドカレーで決まりよね
神戸駅からすぐの「インド亭」、ランチが始まったみたいです。
イノシシ山のMちゃんと早速襲撃してみることにしました。

新開地の名物映画館「パルシン」のすぐ近くにも1号店があります。

続きを読む "インド亭" »

2008年6月20日 (金)

花いち 4回目

Photo_8

またまた「花いち」さんで赤いランチです。
今回はこちらの一押し、カムジャタンという豚の背骨とジャガイモ
を煮込んだお鍋で盛り上がることにしました。

メンバーはまだソウルの匂いが少しする半韓半台のユイチャン、
そして宋承憲さん、イグラオンマさん、クミョンの4人です。

続きを読む "花いち 4回目" »

2008年6月18日 (水)

順徳

Photo

今日はイノシシ山のMちゃんと神戸市立博物館で開催中の
「ルーブル美術館展 フランス宮廷の美」を鑑賞しました。
キャッチコピーは「セレブな世界へようこそ」二人にぴったりね

その前に元町駅北側の「順徳」さんで中華ランチ

続きを読む "順徳" »

2008年6月17日 (火)

27 dresses

27dresses_galleryposters1_2

「幸せになるための27のドレス」を観てきました。
倭国では聞きなれないブライドメイド、結婚式で花嫁さんと
同じドレスを着て参加する花嫁の友人とか親戚の女性のことです。

そのブライドメイドを努めることを最大の趣味(任務?)としている
NYで働く女性が主人公・・・・とまで書いたらだいたい筋が
わかりますよね?

憧れていた会社のボスも金髪軽薄なイケイケの妹にさっと
横取りされてしまいます。人の結婚式には全ての情熱を傾け
ますがいざ自分の結婚は?いつも後手後手。

うーん、予告に釣られていった口ですが・・・・・・
この手の映画でもスパイスが効いていたり音楽が良かったりで
結構楽しめるのもありますが、今回はまずい即席麺みたいでした。

鑑賞中あくびが4,5回、夜ご飯は何作ろうかなって考えました。
まだインディージョンズの方が良かったかも(見ないけど)

Photo 最近エンゲル係数が高いので今日の事務所ランチはすき家さんの「めかぶ牛丼」です。めかぶもたっぷり、削り節も付いています。コチュジャンがあったら混ぜるともっと美味しかったかもワンコインにしたらかなりいけてまっせ

Yonnsma そうそう、この方のコシレ弁当がセブンイレブンで売り出されるそうですが・・・2500円、高いのか安いのか?お商売がお上手ですこと。

END

2008年6月14日 (土)

六甲のめぐみ

Photo

お天気のいい土曜日、久々にガソリンまき散らしながら
野菜の買出しです。

神戸市西区にあるJA兵庫六甲が運営する「六甲のめぐみ」に
行って来ました。大きい倉庫みたいな店内、11時前ですがレジには
長蛇の列ができるほどの賑わいです

続きを読む "六甲のめぐみ" »

2008年6月13日 (金)

海月食堂

Photo_2

梅雨ど真ん中なのに不気味に晴れわたる13日の金曜日。
こんな日はクラゲだJR神戸駅からすぐの海月食堂を襲撃だ
前から気になっていたお店です。イノシシ山のMちゃんとランチ
してみることにしました。

Photo_3 Photo_4
Mチャンの坦々麺と炒飯のセット(950円)。
炒飯が大盛りでふんわりとおいしかったですね。
まったりとしたスープが濃厚でした。

Photo_5 Photo_6

クミョンの夏の特製冷麺セット(980円)、サラダ冷麺、点心3つと
マンゴプリンが付いています。
野菜の下に麺が潜んでいます。ピビンしていただきました。

Photo_7  Photo_8

店内に流れるクィーン、およそ中華屋さんらしからぬ風情。
おもしろい形の照明が吊るされています。

ここはお料理もさることながら名物は国籍不明ボーントゥビーワイルド系
のオーナーさんじゃないでしょうか?
「お勧めは何ですか?」「はい、お勧めはこの僕です」

無茶苦茶クミョンと波長が合いまくりやん!
こういうノリですんなり会話が進む空間って現在少ないと思います。
ある意味貴重ですので、保存に努めてくださいませ。

是非ここのオーナーさんに会ってみたいという方はどうそ

1回行ったくらいでここを語ることは無理な店のようだ。
また機会があったら覗いてみようかな。

Img_7548

このあたり与太ったサラリーマンの溜まり場かと思っていましたが
最近新しいお店が進出し始め面白いエリアになりつつあるみたい。
また近々Mちゃんと他店も襲撃してみましょう。

END

 

2 Days in Paris(R12なネタバレ有)

Photo 美しいパリの風景の中で愛しあう二人・・・などと思って観るとえらい目にあう映画です。付き合って2年になるNY在住30代半ばの彼と彼女。イタリア旅行の帰りNYに戻る前、猫を預けていた彼女の両親宅で二人は旅行最後の2日間をパリで過ごすことにしました。そこで典型的な?典型的であるかどうかは?として、潔癖症なアメリカ人の彼は遭遇するフランス的現象にタジタジゲロゲロになり分裂寸前になっていきます。
まず言葉の障害、タクシーの運転手に彼女が口説かれていても全く気づかない彼、蚊帳の外状態が続きうんざり。そして会う男会う男全てが彼女の元彼だと発覚。
彼女は「今世界で起こっているテロや暴動と比べたらフェラするくらい極々些細なことだと思わない?」段々彼女がわからなくなる彼。
彼女の部屋で事に及ぼうとしてもフランス製のコンドームがきつい「イタリアやフランスには子供用のコンドームしかないのか!」あげくノックも無しで入ってくる母親にあえ無く撃チン。

そして極めつけは彼女の両親。白昼から大声で泣き喚く母親、路上駐車をしている車に堂々と鍵で傷を付けまくりながら歩く父親。ランチはフランスらしく「ウサギの姿煮」だ。ウサギの頭が大好物、かぶりつく父親。
イタリアで撮った写真を家族に見せていると突然父親が爆笑しながら持ってきた写真には全裸で大事な物にヘリウム風船を3個つけた彼の写真。彼女がこっそり家族に見せていたのだ。おまけに彼女の部屋の聖書の中に隠されていた写真には同じポーズをとった元彼の写真が!!彼女の言い訳は「違うわ、全く違う写真よ。だってこの時の風船はトリコロールカラーだもの、風船の色が違う・・・」画廊に父の作品を見に行くと筆舌に尽くしがたいほど卑猥で不可解な絵がずらーり。その場の雰囲気に全くついていけない彼。

Julie2_011 主演のジュリー・テルビーはこの映画の監督、脚本、製作、編集、音楽すべてを担当。5歳から舞台に立っている才媛女優さんです。変態両親として出演しているのは彼女の本当の両親です。ゴダールの作品にも数多く出演しているから?出てくる猫の名前が「ジャン・リュック」なのもかわいい。すこしアングルチェンジが激しくて見苦しいところもあったけれど演出かな?脚本がすばらしく二人の会話が80%を占めているのだけれどかなり笑えて充分楽しめました。好き嫌いは分かれるかもしれませんがクミョンは好きな映画でした。

最後にこの二人はどうなるか?長い話し合いの結果やはりお互いが安住の地だと気づいて元に戻っていく、そう終わっていますがそのあとどうなるかは皆さんどう思う?という締め括り方でした。

鑑賞後男女のあり方について考えてしまいましたね。愛情をど真ん中に据えて生きていくと衝突ばかり、かといって金銭的な理由のみで夫婦を続けたりするのも何か変。どうすりゃいいのさ思案橋、なんか昭和な表現になってしまいました。

END

2008年6月12日 (木)

プルミエ

Photo

明日ソウルに出発の半韓半台のユイチャンを激励ランチです。

兵庫駅北の「プルミエ」、地元民には人気のレストランなのだが
フレンチなのかイタリアンなのかは定かではない。

ピザ一枚をシェアして2人で2500円、のコースにしました。
フレッシュトマトのピザ、あっさりとしたお味、夏向きですね。

Img_7534

明太子とキノコのすっきりしたパスタにしました。
ピザにあまりソースが乗っていなかったのでトマトソースの
パスタにしても良かったかな。普通のお味でした。

Photo_2 これにサラダと飲み物が付いています。ランチはかなり混み合うお店のようです。デモ隊が集まる場所の目の前にあるホテルに泊まる予定のユイチャン。なんだか不安な出発になってしまいましたけれど、テレビに出られるかもしれないやん!韓国のキョンチャル(警察)と取っ組み合いしてニュースクィーンを目指してね

END

龍子閣

Photo_7 Photo_8

陶芸前にOZW真理ちゃんとベトナム料理のランチしてみました。
元町商店街内の「龍子閣」リュウシカクと呼んでましたがベトナム語
の発音で「ラァン トゥ カッ」と言うのが正しいようです。

フォーと小さな一品が付いたランチ1050円。
クミョンは上のフォーガー(鶏のフォー)をいただきました。
レモンをしぼってパクチーも投入、いい香りです

Photo_9  Photo_10

この安臭いお皿がスローでええ感じです。
左はパパイヤのサラダ、右は揚げ春巻き。

Photo_12

今日のヒットは真理ちゃんが選んだこの「トマトのフォー」です。
トマトのすっぱさとスパイシーなピリ辛スープがめちゃくちゃ合います。
汗を噴出しながらが夏に食べて欲しい美味しいフォーです

ここ一瞬ウサン臭系な入り口で引きますが入ってみてください。
2500円くらいのコース今度食べてみたいわーん

梅雨にはフォーよって方は是非どうぞ♪

END

2008年6月10日 (火)

ル フェドラ

Photo

久々に北野の帝王の妻まーりんさんとお膝元の北野でランチです。
「ル フェドラ」今はなき名店ジャンムーラン系のシェフのお店です。

ここは同じ料理を2度と出さないということで前回2002年に
イノシシ山のMチャンとお食事した内容も残っていました。

軽い方のランチにしてみました。
こちらはシェフがお客を見てお料理を決めていくというめずらしい
手順です。メニューはあって無い様なものということですね。
まずは小さなアミューズ、アンチョビとクリームチーズのシューです。

続きを読む "ル フェドラ" »

またカメラ増えました・・・

P1000052

今朝はココログのメンテナンスにあたってしまい折角書いた内容が
全部消えてしまうというハプニング(泣)貴重な時間かえしておくれ!

アクセスしていただいた方にも御迷惑をおかけしたので今からでも
特大新之助を見ていただくことにしましょう。

♂の帰りが遅いなーと思ったらまたまた手にヨドバシの袋を持って
仕事から戻りました。パナソニックのコンパクトデジカメですが
絞り優先ができるとかで御購入・・・・・・

うちはカメラ屋かい
新しいカメラで写した新之助、鼻息まで聞こえそうです。

END

2008年6月 9日 (月)

こんな犬が・・・・ 落選犬

7232373901

植田ジャパンの北京行き決定の試合をご覧になって
歓喜の涙を流した沢山の方、ごめんなさい。ちゃちゃ入れます。

今回「東播の皇后」から「こんな犬が飼いたい」カテに
清水邦広君の推薦を頂きましたが・・・・・
選考もれとさせていただきます。

最低選考条件としてここで扱うのは「ゴリラ」ではなく「犬」です。
長身は大歓迎ですが巨大な汗かきは削除の対象です。

東播の皇后は県代表に選ばれるくらいのバレー選手で
あらっしゃりました。
それだけに日本バレーには熱い思いがあるのね

クミョンはあの風船バタバタでタレントの出てくる試合中継が
大嫌いで見なくなってしまいました。

Photo

オリンピック自体が本来の姿からかけ離れてきています。
水泳競技で何を着るか?馬鹿げてますよね。

そこで提案ですが、開催地は毎回発祥の地ギリシャで行なう。

そして!選手は古代ギリシャ時代と同じ様に全裸、スッポンポン、
スベカラク平等。これで全ては解決すると思うのですが。。。。。
モザイクをかけないといけないので生中継ができませんね。

END

2008年6月 6日 (金)

同源

Photo Photo_2

前から気になっていた中華のお店「同源」でランチしました。
辛いものフリークの半韓半台のユイチャンと一緒です。

Photo_3

阪神岩屋駅の北側。東西に走る道を少し東に歩くと
この草むんむんの入り口が見つかるはず・・・

銭家麻辣湯麺(900円)をいただきました。麺は極細。
辛さはマイルド、普通、激辛から選びます。始めてだったので
普通にしました。超激辛は100円アップだそうです。

ユイチャン次は激辛を食べるらしいクミョンは普通でいいわ

Photo_4

「夢咲トマトと海老の旨煮」1200円、ランチタイムはこれに
ご飯と小さいスープが付きます。

はっきり言います。ここ一発で好きになりました。
近々再訪間違いなしです

店内に漂う香辛料の香りでおいしいお店と確信いたしました。
「きゃー、八角ー臭いー」「五香ゲー」とか「パクチー嫌い」
とか言う人はそこらの中華屋さんで八宝菜とかパイナップルの
入った酢豚食ってください。

Photo_5

デザートもいっときました。「蜂蜜と漢方のジュレ」450円
美肌、むくみ防止、眼精疲労、不眠症、疲労回復にお奨め
と書いてあります。食後の口内がすっきりいたしました。

いいお店見つけました!8月限定の冷麺は絶対はずせない!
ランチも2,3人で行ってメインをシェアするのがいいでしょう。

END

衣替え

Photo_2

6月です。衣替えです。

暑苦しい猫は秋まで閉じ込めておきましょう・・・・・

2句ほど浮かびました。

半袖の 二の腕怖い 季節来る

我が腹の サムギョプサル(3段バラ肉)を 包むTシャツ

END

2008年6月 4日 (水)

元祖博多餃子 大鳳

Photo

阪神芦屋駅から西へ500mほど歩いたところにある餃子専門店
「元祖博多餃子 大鳳」さんへ。

陶芸のセンセェ+生徒5人、そして特別ゲストA氏のメンバーで
まだ明るい内から久々の飲み会です。

続きを読む "元祖博多餃子 大鳳" »

2008年6月 3日 (火)

タイフードフェア 神戸ベイシェラトンホテル

Photo

タイ料理に目がないイノシシ山のMちゃんとクミョン

六甲アイランドのベイシェラトンホテル一階にある「ガーデンカフェ」
で開催中のタイフードフェア、ランチ攻撃をしてみることにしました。

スタッフもタイの民族衣装でサービス、バンコクのホテルで
お食事しているような気持ちのいい場所です。

平日のランチタイム2600円のブッフェが1時半から入場の
レイトランチなら20周年記念で1300円!半額なのだ!

続きを読む "タイフードフェア 神戸ベイシェラトンホテル" »

2008年6月 2日 (月)

こんな犬が飼いたい! 2番犬

Photo_5

今回ご紹介するこの19歳の「リゾート犬」はハワイで
イノシシ山のMチャンが発見しました。
詳しい生息地の情報はこちら
輝くような笑顔、こぼれる白い歯、褐色に輝く肌に
思わず舌なめずりしそうですが若干注意が必要です。
倭国に持ち帰り飼育しようとするとみるみる毛並みが
悪くなり急に弱ります。
この手のリゾート犬の場合、現地で楽しむなり
眺めるなりに留めておくのが肝要です。
END

2008年6月 1日 (日)

赤穂、義士義士してます・・・・

Photo_6 赤穂というと、真っ先に赤穂浪士が頭に浮かぶのは日本人の証拠?だろうけれど。ここ赤穂は何百年前の大事件にかなりおんぶに抱っこ状態で成り立っている町のようだ。

ここまでしなくても?と思うくらい町中忠臣蔵している。ガソリンスタンドもしっかり家紋でアピール。

Photo_7 巡回バスもちゃっかり「ゆらのすけ号」なのだ。
町のメインストリートに面する建物は全面白く塗装され江戸時代の城下町風に統一されている。

魚屋さん、旅館、喫茶店、お菓子屋さん、などなどすべて同じ様に白い中「さくらぐみ」だけが古けたイタリアンの雰囲気で異彩を放っていた。

やけにきれいな白なので安物の時代劇セットみたい。クミョンはなんだかあまり好きにはなれない「町興し」の風景だったなぁ。

Photo_8 47って・・・ここまで来たらかなり痛いです。
赤穂浪士さん達が今の赤穂をもし知ったら。

いつまでも忘れないでいてくれてありがとう、と言うだろうか?それとも、もういい加減勘弁してくれって嘆くのだろうか?

そんなアンニュイな気分に浸りながら4人は近辺で一番おしゃれな喫茶店(2件しか見当たらなかったが)に入ってお茶することにした。

Photo_9 そこでテーブルに置かれた「これ」に全員のけぞった。どうみてもホームセンターによくあるブラケットという200円くらいの金具である。これをお勘定入れに使うという発想、我々の頭からは到底でてこないものである。参った降参だ。

コーヒーが420円もするので憤慨していると「おまけのパン」が自然に付いて来るらしい。

パンが好きな町なんだ赤穂は。お腹一杯なのにまたパンを食べる4人。
瀬戸内海の島々の美しい景色を望める「赤穂御崎公園」でくつろいでいるとこんなイナセな犬に会えた・・・・・

Photo_10

県境を越えて岡山からバイクに乗ってやってきたライダー犬。
やらせではない。自然にこの姿勢でハンドルを握っている。
後ろに御主人がまたがりこの後さっそうと走り去っていった。

神戸からほんの1時間ちょっとでこんな異次元空間が広がって
いるところがあるとは!今回の小旅行は収穫が多かったなぁ。

END

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »