こちらもご覧ください♪

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

はしゃいでみました。

Photo

お盆を挟むので陶芸教室が1ヶ月ほどお休みです。この機会にクミョンもジェルネイルとかを施して夏の爪祭りです。初体験なんですぅ。アクリル液が紫外線にあたる時じわーっと熱い感覚がちょっと怖くて歯を食いしばって耐えました。夏らしいかわいいネイルになりました

Photo_3 元町駅近くの「Nail Hearty」、北野の帝王の妻マーリンさんにご紹介していただいたお店です。ネイリストの方のデコは「花火バージョンでした」クミョンもオリンピックバージョンにしてもらえばよかった。

Nair Hearty

キラキラきれいなんだけどー、キーボード打ちにくいしー、家事全般しづらいしー、シャンプーしづらいしー、パンツの上げ下げしづらいしー、今朝は「しんのす」拭く時むつかしかたったしー

Photo_4

夏の無駄金使いは続くのであります・・・・・・

END

元町の夜市

Photo_12

元町商店街で恒例イベントになりました「夏の夜市」。
K女史とミニモニちゃんクミョン、3人で散策してみました。大丸側の入り口近くでゆかたを着た女の子達がバイオリンでクラッシックを演奏していました。元町らしい素敵な企画です。

続きを読む "元町の夜市" »

2008年7月29日 (火)

同源 2回目

Photo_5

今日は陶芸教室の課外授業です。兵庫県立美術館で開催中の「冒険王・ 横尾忠則」で横尾ワールドをたっぷり堪能した後、阪神岩屋駅近くの「同源」さんで楽しい中華ランチです。メンバーはセンセェ+生徒4人、計5人で攻撃してみました。

前菜の「白桃、海老、アボガド、茗荷の冷菜」この中華っぽくない組み合わせがなんとも妙でございます。夏らしい爽やかなお味

続きを読む "同源 2回目" »

黒十

Photo

先日の京都ツアーの反省会、Mちゃんと三宮でランチです。そごう近くの「黒十」でいただいてみました。例のT系のお店ですね。「東荘別邸」とありますがあまり良い噂はきかないお店です。実際はどんなでしょう。

Photo_2

クミョンはこちら一押しの「自然薯とろろ定食」997円にしてみました。薄暗い店内、OLちゃんとかリーマンさんがお昼ご飯中です。田舎のお家風?大根汁を入れた器の縁、塗りが剥げていて口をつけるのをビビリました。田楽がとっても・・・・・・まじゅい

Photo_3

Mちゃんは今日の主菜、牛肉の炒め物と麦ご飯の定食を選びました。「別の店に行ったらよかったねー」が二人の一致した意見でした。

Photo_4

今も刑務所は麦ご飯なのかな?刃物振り回したら毎日これ食べられるのね、自然薯抜きで。

Mちゃんと別れてお仕事してると間もなく外が真っ暗になりました。その後は天が怒っているかのような雷と豪雨。Mちゃんのお家の近くが夕方全国のトップニュースで報道されていました。無事イノシシ山にたどり着いたのかしら?

END

2008年7月28日 (月)

金魚すさび 琉球料理

Photo

金曜のランチはK女史、OZW真理ちゃん、クミョンという豪華?メンバー。そごう近くの「金魚すさび」で沖縄料理をいただきました。まずは沖縄の海の色みたいにきれいな琉球ガラスのコップで乾杯です。

Photo_2

二人は始めてだったので琉球松花堂弁当。小さな器にお料理がたくさん。ジーマーミ豆腐が美味しいとのこと。紅芋のコロッケは甘いのです。

Photo_3

クミョンはお昼限定1200円の「花篭弁当」にしてみました。天ぷらはハンダマ、姫筍、紅芋など沖縄らしい材料が使われています。七穀米のご飯です。

Photo_4 これにゴーヤ、玉子、豚肉のチャンプルーとPhoto_5 「イナムルテー汁」というトン汁っぽいものが付いてきます。お値段の割にはとっても内容豊富です。人気メニューの様で店内女性客でほぼ満席状態でした。お味の方は、物珍しさ6割おいしさ4割りといったところでしょうか。泡盛など地酒のメニューが沢山ありました。サンシンの生演奏で盛り上がる夜に遊びに来たらおもしろいだろうな。

Photo_7

予約したのですが席に着くと名前の書いてある歓迎カードがあったりしてサービス面がとってもハートフルなお店です。笑顔の耐えないスタッフが気持ちいいです(ちょっとお姉さま言葉風な男子が気になるけど)

このお店に来ると沖縄に行きたくなります。神戸空港からパラ~っと飛んで行きたい今日この頃です。

END

2008年7月27日 (日)

おったまげ!鰻

Image055

これ25日のことだったと思うのですが、おったまげたので上げさせてもらいますわ。庶民の町の庶民のスーパーでの出来事です。

国産鰻の蒲焼一匹4500円
夕方半額になっていましたが誰も手をつけません。来年の今はどんな状況か?検分する為残しておきましょう。

END

九十九堂本舗

Photo_14

Mちゃんご推薦のパン屋さんが高島屋にありました。枚方市に本店を構えるお店だそうです。クリームパン、アンパンがおいしいと有名らしい。クミョンは初耳のお店でした。パッケージの雰囲気に古き良き昭和の香りが漂います。

Photo_15

かわいいミニパン6個セットを購入。アンパンの上にちょこっとバターが乗っています。少し暖めて食べたらとっても美味しかったですクリームパンも甘すぎずふんわりとおいしいです

夕食は完全手抜きになってしまいました。たまには油抜きしないと、身体に優しいお土産ご飯です。

Photo_16 村上重の小茄子の漬物

Photo_17 同じく村上重の漬物

Photo_18

画像は不味そうですがとっても美味しい
魚久の「鰆の京粕漬け」

Photo_19

錦市場にある「三木鶏卵」のだし巻き卵。
疲れたので大根おろしも無し

実は京都行きは内緒でだったのですが元上海公安の「今日どこかへ行っただろう?大阪?京都?」の詰問にゲロしてしまいました。どうしてわかったのだろう?顔がすっかり日焼けしていたのです。パックしてクリーム塗り捲って寝ました。

END

余談ですが村上重で今回買ったお漬物、美味しくないどころか白菜の昆布漬けのほうだと思いますがイカレテいたらしく二人ともゲリピになりました。Mちゃんの買って帰ったしば漬けも美味しくなかったとのこと。サービスも悪く名前だけにどっぷり頼ったお店のように思います。信頼していたのに裏切られました。もう購入することはないと思います。

2008年7月26日 (土)

糖朝

Photo_11

神戸に帰る前はおきまりのデパチカ荒らしです。高島屋で今晩の夕食を物色。おっとその前に上の素敵なレストラン街もチェックです。

香港の「糖朝」で豆花のデザートを食べてみることにしました。ドライアイスの演出もおごそかな「マンゴの豆腐花デザート」780円。

Photo_13

豆乳のゼリーみたいなものです。台湾では美味しかったのですが期待したほどではありませんでした。マンゴはたっぷり入っていました。飲茶が美味しそうです。けど京都に来たら他にもいろいろ食べたい物があってなかなか中華にまで手が出ませんね。

END

高台寺塔頭 圓徳院

Photo_2

KEZAKOでお食事した後一番近い高台寺を拝観しようと歩き出したのですが尋常ではない暑さです。10分もしたら「汗だくババア」の出来上がりです。ねねの道近くで「アメリカンエクスプレスゴールドカード会員様専用ご休憩場所」と書かれたものを発見。さすがイノシシ山様は会員でございます。へとへとの二人はそこへなだれ込み1時間近くダウン。

Photo_3

豊臣秀吉の本妻さん、北政所ねね様終焉の場所である圓徳院の庫裏だった場所をアメックスが借り上げて会員用の休憩場所としています。世界でも珍しいお寺の中の専用休憩場所だそうです。3間続きになっています。冷たいお茶がうれしい器には木下家の家紋が入っています。

Photo_5

寺院関係の本や京都に関する本が置かれゆっくり閲覧できるようになっています。二人だけだったのでお昼寝でもしてみようかと思いました。

Photo_6

内部も無料で拝見することが出来ました。庫裏側と南側に美しい枯山水のお庭があり心が洗われます。室内には重要文化財の長谷川等伯の屏風がさりげなくあったり(奥の茶色い方です)

Photo_8 げげげ!北政所の亡霊が出たのかと思いました。小袖はレプリカですがねね様御愛用のものらしいです。派手さを抑えた色合いにお人柄が伺えます。Photo_9 激暑な京都の一日でしたが楽しかったですね。高台寺はどうなったって?聞くと山肌を登って拝観するようになっているとかまた季節のいい頃に参りましょう、となりました。

Photo_10

誰や?食べたあと清水寺にも行きたいね、とか夕方タイフェスタしてる三条まで行ってみようとか言うてたんわ

真夏の京都を甘くみてはいけませんね。

END

2008年7月25日 (金)

KEZAKO

Photo

灼熱地獄の京都へイノシシ山のMちゃんとやってきました。ここまでして来る目的はただ1つフレンチのKEZAKOでステファン君のランチを楽しむためです。

半年ぶりに2回目の訪問です。
シェフと若いスタッフのかもし出す素敵なランチは・・・・

続きを読む "KEZAKO" »

2008年7月24日 (木)

鰻いっときました。

Photo

今年も鰻受難の季節がやってきました。
去年と同じお店で陶芸教室前にセンセェ+生徒3名で
「上鰻丼1900円」いっときました。

なんだかんだきな臭い今年の鰻ですが、こちらの
お店は国産とも舶来とも明記されていません????
お味は・・・・・・年に一回しか食べないので
偉そうなことは述べられませんが

来年はもうここ来ないと思います。

Photo_2

今日は焦げた鰻よりこちらをご覧あそばせ
センセェのビーズコレクションのほんの一部です。

Photo_4

クミョンのイメージに合ったピアスをその場で
作ってくださいました。
涼しげで清楚な雰囲気、クミョンにぴったりだわ

去年も同じ様な日に食べてますね・・・・・

END

2008年7月23日 (水)

大暑のお昼ご飯

Img_7978_2

大暑の日、お昼はおうちでタイのグリーンカレーです。
辛い時には暑いものがおいしい、じゃなく暑い時は
辛いものがおいしい

世界の天気で大阪最高気温34度、バンコク32度
温帯なはずの倭国が熱帯に勝ってしまいました。

レトルトだけれど結構お味はいけますやん。
しこたま辛かったですが元気になった気分です。
しょうがの甘酢漬けがとても良く合います。

スプーンが白いって?パジャマ姿で素顔のクミョンが
ばっちし写りこんでいたので消しました。恐ろしや

END

2008年7月22日 (火)

らっきょうフライ

Img_7975

昨日お知り合いから沖縄土産の「おばぁーのらっきょうフライ」なるものをいただきました。かわいいおばぁのイラストがいいです。南国らしくパームオイルで揚げているらしい。らっきょうがベトナム産なのが痛いですが食べてみましょう。

Img_7976_2

マジでらっきょうがフライされています。フリーズドライかと思いましたが違うようです。サクサクしています。味は表現し辛いですがらっきょうをフライした味、それ以外なんとも言いようがないです。

うっすらほろ苦くて食べた後口内に脂っぽいものが残ります。それってまずいのかって?小さな声で言いますがまずいです

3,4個食べたけれど残しちゃった。明日陶芸教室だから持っていって味わっていただくことにしましょう

END

2008年7月21日 (月)

箕面の滝でお涼みください

Photo

昼間車の温度計の外気温を見たら38.6度でした。
皆様御自愛くだいさいませ。

最近♂はこんな滝の画像を撮ってくることが多いです。
今度会ったら「タッキー」って呼んでやってくださいね。

END

2008年7月20日 (日)

クイーン・アリス アクア

Photo_4 「モディリアーニ展」でのランチは美術館内にあるクイーン・アリスで頂きました。今回の展示にあわせた記念コースがあるそうです。予約は11時からだったのでCちゃんとクミョンは一番乗りです。Photo_6thumb1_2 お昼の営業だけなので全体的に軽い雰囲気になっています。12時を回ると満席になりました。パンが2種類、お水の容器がプラスティックだったのは?でした。男子スタッフにバッグを置くところを聞いたら外に出てロッカーに預けろと籠のようなもの位用意しておくべきですね。対応の仕方も素人でしたさてさてオバハンのぼやきはその位にしてお料理はどんなでしょう・・・・・・・・・

Photo_7

Cちゃんの前菜「南フランス風野菜の煮込みトマト味」右に生野菜が少し添えられていました。

Photo_8

クミョンの前菜「白身魚、海老、帆立貝の健康サラダ、ベトナム風」春巻きの皮の入れ物にソテーした海老などが入ったものでした。面白い演出です、お味は普通。

Photo_9

二人とも同じメインにしました。「海老のグラタン、フェルナン・ポワン風」だそうです。ぷりぷりの海老はテンコ盛りで堪能いたしました。グラタンというよりスープ状のソースです。普通に美味しかったですがメインに前菜と同じ極小さな器を使うのは控えたほうが良いのではないでしょうか?

Photo_10

Cちゃんのデザート「レア・チーズケーキ、カシスのシャーベット添え」ガーリーな色合いでおいしそう。

Photo_13

クミョンの「アリス風カスタードプリン」お子様ランチの締めくくりはやはりプリンでしょう。お味は爽やか、普通に美味しかったです。

2500円で公共施設の中という条件なのでこんなものでしょうか。カレーやサンドウィッチもあるようです。モディリアーニとどうコラボしているのか?ちょっとそこら辺のインパクトが薄かったですね。

けれどついついこの手の企画メニューには触手が動いてしまうクミョン。帰り大阪駅まで健康の為歩いているとものすごくお腹が鳴るではありませんか。「はがくれ」に飛び込んでしまいました。

END

2008年7月18日 (金)

モディリアーニ展 国立国際美術館

Photo

従妹のCちゃんと大阪の国立国際美術館で開催中の「モディリアーニ展」を鑑賞してきました。この美術館、クミョンは始めてですが面白い造りをしていますね。地上に現れているのはこのトンボ?みたいな鉄パイプの巨大モニュメントだけで展示室などはB1からB3までの地下にあるのです。

Photo_3 早めのランチを館内で頂いた後展示をさらっと一巡、その後昨日と今日2日間のみ無料で鑑賞できるアンディ・ガルシア主演の映画「モディリアーニ 真実の愛」を見ました。映画の後もう一度展示をぐるっと巡って館内滞在およそ5時間というお得コースでございました。

実際の絵画を見て映画でその芸術家の心の内面に触れるとその首の長い美女達が生き生きとした存在感を持って心に迫ってきました。モディリアーニのあの独特の色合いは何だろう?と思っていたのですがそれはアフリカ原始芸術や東南アジアに深く傾倒した時期があり影響されているのだとわかりました。それでパリにいる女性達を画いても何か土の香りがするのですね。

今回は今までで最大規模ということでしたが素描が多く油絵の点数はそんなに沢山というほどではありませんでした。瞳が画かれていない謎は?映画の中でのモディリアーニは「君の魂が見えたら瞳を描こう」と答えていました。

映画もアンディ・ガルシアの熱演で楽しめるものでした。ピカソとの対立、お互い認め合っていながら素直に相手を受け入れられない天才の定め。ピカソってあんな嫌な奴だったのか?ちょっと印象が変わってしまいました。結局ドラッグと酒により自滅し成功の暁で死んでいったモディリアーニ、彼の死の直後にお腹の子供とともに投身自殺した妻と今は同じ棺の中に眠っているそうです。

深すぎる愛も怖い、ほどほどの愛は物足りない・・・・・

夏の一日、有意義に過ごせました。Cちゃん、ご一緒いただいてありがとうさんでした。また秋に楽しいことしましょうね

END

2008年7月17日 (木)

高田屋

Photo

映画鑑賞の後はこんなスローなランチで盛り上がってみました。新開地の老舗の居酒屋さん「高田屋」で600円定食です。

Photo_2 数十年間近くに住みながら今回ユイチャンのご推薦がなければ入る機会はありませんでした。「女性のための新開地ツアー」なるものがありそのコースに組み込まれているところだそうな。Photo_4 店内の壁と言う壁に貼られたお品書きがええ味出してる大人の男御用達の居酒屋さんです。我々もビールをくぃーっといきたいところでしたがこれからの予定を考え我慢我慢・・・・・

Photo_5

お昼の定食は4時まで、いろいろセットがあり600円。今回はおでん定食とこの冷奴を食べてみました。250円、国内産大豆のがっつりとした木綿です。もうちょっと大きい方がうれしい

Photo_6

ここの一番人気、ロールキャベツのおでんうまい!!大根もスジもおいしかったですが、このよく味のしゅみたキャベツ、むっさうまいです。最近いただいたランチの中でも上位に位置する今日の600円ランチ。ユイチャンいい所を教えてくれてありがとう

END

靖国 観てきました

Photo_4

うだうだ書くので読みたい人だけ読んでください。

半韓半台のユイチャンと問題作「靖国」を観てきました。劇場はレア物上演でここらでは有名な新開地のアートヴィレッジ、いつもは閑散としていることが多いのですが本日は整理券を配るほどの大繁盛ぶり。

100席ほぼ満席、戦争体験者率が70%を占めていたでしょうか。期待していた「報国鉢巻き」をした部類の方はいらっしゃいませんでした。1人黙々と「靖国刀」を製作する90歳の刀匠に焦点をあてながら戦後60周年の8月15日に靖国を参拝する様々な種類の人々をただ淡々と映し出していきます。

監督が日本刀を取り上げたのは、それが軍国主義のシンボルと捉えたからでしょうか?それに宿る亡霊により日本は東洋の鬼子と言われる国家になっていったのですから。最近も刀振り回すやからが増えてきているのがいかにも日本らしいですね。

次々と現れる軍服姿の団体、大きな日章旗を掲げて参内するアロハの兄さんそれを遠巻きに見ている本当の意味の遺族。そんな境内に思いっきりKYなアメリカ人がいました。「小泉首相を支持します」と雑に書かれたプラカードを掲げ大きなアメリカ国旗を持っています。

そのネバダとカリフォルニアで不動産業を営むという兄さん、靖国神社の主旨には賛同のようです。最初はビラなどを配り老人にサインを求められて人気者でしたが、コワモテの方に「ゴルァ!このアメリカの国旗はなにや!」と凄まれ、あげく右よりの方々の「ヤンキーゴーホーム!」(懐かしいフレーズですね)の合唱にすごすごと立ち去って行きました。かなり苦笑を誘う場面ではありましたがなんだか考えさせられました。

台湾からの人々も取り上げられていました。日本統治下多くの台湾人の若者が「高砂部隊」として戦地に投入され帰らぬ人となりましたがその御霊も靖国の中に名を連ねています。それを除名して欲しいという人々です。その代表者の高金素梅さん、きりっとしたベッピンさんです。どんな方なのか調べようとしたらネットではボロカス書かれていますね。彼女曰く、台湾人が親日と思われているがそれは間違い、我々は2代に続く侵略の犠牲者だ、とか台湾と本土はちーと日本化された道筋が違うので比較は難しいですけれどクミョンが台湾に行った時の印象としてはどちらかというと親日のような。

ご心配なく、その方々の御霊はとっくの昔に台湾に戻られてビンロウの実でも含みながら静かにお過ごしでございますよ。日本人でもないのに、いくら名前を連ねられているとはいえ、自由になった魂がこんなうざい東京に留まっているとは考え難い気がします。

豪華な出演者もいましたよ。小泉さんとか、石原都知事とか。

けどこの映画がどうして右翼の標的になったのか?最後まで見てもわかりませんでした。返って宣伝になったりするかも。海外のコスプレ好きが軍服着だすかも。この監督さんは在日暦が長いようで日本人のたどってきた道の哀れさもよくわかっているように思います。最後に映し出される壊滅していく日本の軍国主義の場面で出てくる特攻隊、これにはクミョンも弱いです。二人とも少しチビってしまいました。

けどあんな面白いパフォーマンスを次々見られるなら8月15日に靖国神社に行こうかしら。ディズニーランドより面白いかもしれない。ツアー組んで行きませんか?

最後になりましたが、ラッパのマークの正露丸のCMで鳴り叫ぶラッパのメロディーは陸海共用の「お食事の合図」だって御存知でした?そんな豆知識も増えるおもしろい映画ではありました

ウダウダと書きましたがこれからも防空壕に逃げなくてもすむ日本でいる為に我々は過去を学び近隣諸国と賢く付き合いこの小さな島国を守っていかなくてはなりません。今この国の進んでいる方角が間違っていないかどうか?この10年くらいで大きな答えが出そうな気がします。

END

2008年7月16日 (水)

広州には健在・・・

Photo

「ツ」でも、そして遂にソウルでもパチモンは消えつつあるという噂を耳にしましたがここ中国の広州ではまだまだ大きな顔で存在しているとか。前回♂が出張時のレポですがパチモンビルに潜入してきたようです。

そうそうチャン・ツゥイィー、イスラエルの富豪と御結婚らしいですね。「初恋の来た道」で餃子もって走ってた女の子も変貌を遂げたものです。

Photo_5

かなり大きなビルの中、数階がすべてパチモンで埋め尽くされていたそうです。超A級から果ては怒C級まで揃っていたそうな。見る目がないと購入できないです。皆さん普通にショッピングを楽しんでいらっしゃる風。

Photo_4

「写すなー」って叫ぶ女子。お顔は黄色いウ○コで隠して上げましょう。手前の方はとある会社の社長様です。関空の免税店で奥様へのエルメスを御購入された方もその魅力に負けてパチモンを物色。

オリンピックも間近になりました、一瞬このようなお店も消えてしまうかもしれません。けど終われば何もなかったかの様にまた。。。。。

中国の常識世界の非常識。
ワンダーランド中国マンセー

END

かぼちゃのヴィシソワーズ

Photo_7

仕事も一段落したのでいつもの手抜きから脱出できそうです。栗マロンかぼちゃを探したのですが見つからず普通のかぼちゃで作ったらあっさりしたお味になってしまいました。かぼちゃ嫌いの♂には不評。「冷たいスープ」という概念もないようです。

Photo_2

NHKによる「にんにく味噌味のゴーヤ炒め」お味噌がゴーヤと合うのを発見です。少ししかお味噌は入れませんでしたが味噌に弱い♂には不評。豚のばら肉も脂身が多いと文句多し。

Photo_3

今回の一番人気はこの冬瓜の煮物でした。「玄斎」の御主人が担当するレシピが同じくNHKのに載っていましたのでまねっこしてみました。本当はこれに焼き穴子が入りますが穴子が兵庫運河には泳いでいなかったので削除しました。

暑いとお料理したくないですよね。
これからもなんだかんだ理由をつけて手抜きは続きそうです。

END

2008年7月14日 (月)

ここのいダイニング

Photo

久々に元町3人娘(K女史、Sちゃん、クミョン)が集結して三宮のフーケ近くにある「ここのいダイニング」という和食のお店でランチしました。外気温31度のなか暑い入り口でしばし並びました。

Photo_2

お昼のセットは4種類、2620円のレディス膳にしました。まずは野菜の天ぷらサラダ風前菜。少し食べにくかったです。

Photo_3

「蓮根まんじゅう」なかに焼いた鰻が入っていました。普通においしかったです。

Photo_8

9点盛りの八寸です。女性好みの設えですね。けどお味はどれも普通な感じで・・・・あまり感動はありませんでした。

Photo_5

メニューに豚の角煮とありましたけれど開店してすぐなのに「売り切れ」という御説明でこちらの茶美豚の湯葉巻きに変更でした。ジャガイモのソースだそうです。チーズがこってり、食後も脂っこさが残る一品でした。

Photo_7

ご飯は麦トロご飯かじゃこご飯を選べます。

Photo_6

デザートは「ここのい蜜豆」あっさりとおいしゅうございました。ジュレと果物が良く合って・・・これが一番おいしかったかも。

有名店にいらした方が中にいると伺ったので期待していったのですがお料理はあまりプロ的なお味を楽しむことが出来ませんでした。その方は遅れて慌てて厨房に入って来られたので前処理は全て下の方がされているものと思われます。

それとお皿の上げ下げのタイミングが最悪です。間合いなど全然お構いなしにテーブルいっぱいに料理出てくるし。お味噌汁を飲んでいる途中でその蓋やら他のお皿を下げられました。ここは安食堂かい?

う・・・・・ん、辛口ですみません。クミョン正直なもんで
けど量的なコスパは悪くないかな、便利な場所だし千円台のもあるし、東急ハンズのついでにどうぞ。

END

御影 ジュエンヌ

Photo_2

泣く子も黙る最強メンバー北野の帝王の妻まーりんさんとクミョンは御影のジュエンヌへ2回目の攻撃となりました。こちら定番のアミューズ「赤ピーマンのムースにトマトのクーリー」

続きを読む "御影 ジュエンヌ" »

2008年7月13日 (日)

デザイン変更しました

Img780

夏バージョンにテンプレートを変更してみました。字が少し薄くなるので「お手元用」の御眼鏡を御使用の熟女の皆様には御迷惑かと存じますが御辛抱の程をよろしくお願い申し上げます。

END

2008年7月12日 (土)

家猫のつぶやき

Photo_2

また僕の嫌いな季節がはじまりそうや。
通年毛皮着こんでるさかい、暑ぅてたまらんわ。

Img_7411

お!涼しそうな所でチョロチョロしとるやつがおるわ。
しかしデカイなこのリス。僕より大きいくらいか?
こんな北海道の山で思いっきり走り廻ってみたいなぁ。
いろんな友達もいるみたいだし、HISで猫用ツアーあるかな。

Photo_3

けどよくよく考えてみるとかなり寒そうで危険もいっぱいみたい。
テレビで見てる方が体力も気力もない僕にはいいかもしれへん。

Photo_4

ここは3食昼寝付き、冷暖房完備や。
毎日人間と遊んでやらないといけないのが辛いとこだけど
ここが僕のパラダイスなのかもしれないな。

さ、お尻なめてから寝ようっと。

END

2008年7月10日 (木)

味楽

Photo

あらら、職場近くの韓国料理「味楽」ったらランチ再開してやがる

豆腐チゲです。見慣れぬアジュマが1人で対応、クミョンの他は
ハングルを話すオネエチャンたちが4人。

どろどろにマッカッカ、辛いむっちゃ辛い、本場もんの辛さで汗は
出るわ鼻水は出るわで化粧が全部アゴの先から流れ落ちる様。

お勘定の時「あら?日本人?辛いねーじぇんぶ食べて賢いねー」
と変な誉められ方をした。喜んでいいのか?

帰りに阪神の駅を通ったら黄色い衣装のトラキチが沢山いた。
これだけ強いとGファンのクミョンとしても文句のつけ様がないな。

ゴルァ!二岡!女の尻追っかけてる場合か!練習せぇ~!

END

「最高の人生のみつけかた」観てきました

Movie_title_18_01_11_2

お話しはだいたい想像範囲内と思ったのですが
ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマン主演となると
見逃せません。さすがこの二人は設定と実年齢が近いせいか
すんなり余命6ヶ月の癌患者を演じておられました。

原題は「棺桶リスト」、死ぬまでに何をしたいか?ですね。
大金持ちのいじわるジジイと真面目一筋だった自動車整備工
の二人がリストにそって金持ちジジイの自家用ジェットで世界中を
巡るのですが・・・・・・・・

人それぞれ違うだろうけれど、クミョンの最高の人生って何だろね。
映画の最初に語られる言葉「彼が永遠に目を閉じたとき彼の心は
開かれた」そんな最後だったら幸せな人生だったって言えるのかも。

Image050

帰りにそごうの地下で見つけたキティちゃんのいなり寿司。
こんなものを買っちゃう私ってオシアワセ?

END

映画で出てきた世界で最高に高価なコーヒー「コピ・ルアク」
別名「poo coffee」って一回飲んでみたいようなみたくないような。

KOPI LUWAK

2008年7月 9日 (水)

わけのしんのす

Photo

久々のグロ画像ですね。佐賀の名物、有明海で採れる
「わけのしんのす」です。日本語に訳すと「若いののケツの穴」
こんなものを食べようって人がいるのですね

いました、イノシシ山のドン・ホセ様クール宅急便で御購入。
お陰様でクミョンもこの珍味を食べるという貴重な体験ができました。

今回の画像はドン・ホセ様御提供でございます。

続きを読む "わけのしんのす" »

2008年7月 7日 (月)

クワンチャイ 岡本店

Photo_7

イノシシ山のMちゃんと懐かしい岡本でランチしました。
あの頃とはお店も様変わりして違う町みたい。

暑いとついついタイ料理に吸い寄せられる二人。
今日もタイ料理の「クワンチャイ」です。
上はMちゃんの豚肉と茄子のソイビーンズ炒め目玉焼き付き。

Photo_8 

次はクミョンの海鮮のスイートスパイシー味の炒め物。
どちらもジャスミンライスがテンコ盛りです。

Photo_3 Photo_4

チキンスープが付いているのですがこのトムヤムクンに300円
追加でチェンジ可能です。春雨の炒め物ちょっと減点させて
いただきます。

Photo_5 Photo_6

小さな揚げ物とお漬物的、飲み物とデザートが付いて1280円
南京町店よりくつろげる広さの店内、コスパはよろしい様です。
けどこの緑豆のタイ風ぜんざい甘いのか?冷たいのか?
熱いのか?はっきりさせておくれ・・・・・・

それと、女子スタッフが頭沸いてる?ってサービス状態なのは
気になりました。お皿が足らないのか?下げるの早すぎます

ってことで全体的に65点かな
今回は目指すお店がお休みだったのが悔やまれます。
他にもいろいろ楽しそうなレストランが多いです。

Img_7843

食後かわいい雑貨店を何件か物色。衝動買いのいろいろ。
英文学の研究に没頭していた頃のクミョンが過ごした町・・・・
え?誰の話って?はいはい、学校で勉強していた時間より
ここら辺の喫茶店で過ごした時間の方が多かったです-。

もしもう一度あの頃に戻っても同じアホを繰り返すのだろうな

END

 

即席トッポッキ

Photo_6

今これにかなりはまっています。
レンジで出来る即席トッポッキでございます

Photo_7

クミョンの一番好きな形のトッポッキなのがまずオキニな理由。
紙の容器で水を計ってカップに入れてソースと混ぜてレンジで
チンしたら出来上がり。

Img_7586

量はオヤツに調度いい感じです。
けど、はっきり言います。かなり辛いです。

でも後を引くこの辛さ~たまらんの~

こんなところで購入しています。

END

2008年7月 6日 (日)

ドラゴン・チェー

Che1

ハーバーランドでドラゴン・チェー

二人で1つ、ラブラブ美味しいドラゴン・チェー

湿気と暑さで脳味噌沸いてるドラゴン・チェー

誰か止めてください。

END

2008年7月 5日 (土)

大天寿司

Img_7827

叔母がお勧めの「大天寿司」、苦楽園から芦屋駅前に
移転されたようなのでお昼に攻撃してみました。

11時半の開店ですが11時15分にはすでに30人以上の
列が出来ていました。人気店とは聞いていましたがやはりすごい。

カウンターのみ20席弱、お寿司屋さんらしいすっきりとした店内。

続きを読む "大天寿司" »

2008年7月 3日 (木)

新しょうがの甘酢漬け

Photo

最近ことごとくキムチ作りに失敗するので萎えています。
気持ちを切り替えて新生姜の甘酢漬けを作ってみました。
これって結構簡単にできちゃいますね。

お酢と合体させるときれいな桃色に変化するのが不思議です。
7日まで半夏生ですね、蛸を食べると良いといわれる期間ですが。

瀬戸内に住みながら生蛸を見る機会がなんと少ないことよ。
うなぎうなぎ、何見てはねる?泳いでるうなぎも長らくみない。

スーパーで何処産のうなぎか?疑問に思ったときの解決策。
そっとうなぎの耳元で「你从哪儿来的?」と聞いてみましょう。
びくっと反応したらそれは中国産のうなぎです

END

2008年7月 1日 (火)

タン☆カフェ

Photo Photo_2

サンプラザB1Fの「タン☆カフェ」でヘルプのチトミさんとランチです。
久々ですがタン兄さんの百万ドンの笑顔は健在です。

上はクミョンの本日のセット、ここのフォーも美味しいのだ。
ご飯が少しべちゃっとしてるなぁ・・・

1時過ぎでしたが女性客がどんどん入店してきます。
それも「私、アジアフェチなんです」って顔に書いてあるタイプばかり。
タン兄さんは一人ひとりを「お帰りなさーい」って迎えます。

Photo_3 Photo_4

チトミさんの「ブン・チャーセット」こちらの一押しメニューだそうです。
米麺の上に揚げ春巻きとか生野菜だとかがどっさり、麺の味は
薄めです。しっかり混ぜ混ぜして食べるのが良いみたい。

生春巻きが付いてました。ここの春巻きは作り置き?
ちょっと時間の経過を感じさせる皮の乾きがありました。

Photo_5  Img_7808

少しお仕事して長居させていただいたのでチェーとベトナムコーヒー
のアイスをオーダーしました。普通に美味しかったです。

この奥まった通りはエスニックなお店がひしめき合っています。
そういや前日はタイ料理食ってたなクミョンは韓国タイベトナムと
連日続いて倭食抜きでも半年くらいは大丈夫かもしれません

END

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »