こちらもご覧ください♪

« 鰻いっときました。 | トップページ | 高台寺塔頭 圓徳院 »

2008年7月25日 (金)

KEZAKO

Photo

灼熱地獄の京都へイノシシ山のMちゃんとやってきました。ここまでして来る目的はただ1つフレンチのKEZAKOでステファン君のランチを楽しむためです。

半年ぶりに2回目の訪問です。
シェフと若いスタッフのかもし出す素敵なランチは・・・・

Photo_2

まずフォアグラのコンフィ、奈良漬巻きです。
えええ?な組み合わせなのですが口に含むと至極のお味。熱帯フルーツを4種使ったソースが添えられています。このお料理だけでワイン2杯はいけそうです。

Photo_3

焼き茄子がベースに使われたスープです。程よく焼きの入った鱧、水茄子、鱧の骨を煮出して作ったゼリー。夏の雰囲気満載のスープです。全ての食材が楽しく踊っているような素敵な一品。

Photo_4

一番下にポテト、次にトマト、魚介のグラタン、鱸、その4層の上に近郊産の大きなしし唐が乗りウイキョウの花が添えられています。ソースがなんとも美味しくてパンを使ってきれいに頂きました。

Photo_5

お肉料理です。これもただローストしただけの物ではありません。前もって茗荷の葉とスパイスに漬け込んだ白金豚を丁寧に中の温度を計りながら焼いている様でした。ジューシーで柔らか、あと2枚食べたかった!小松菜と中国料理にも使うマコモ茸が添え野菜です。

Photo_7

デザートは2品黒いお皿に乗ってきました。前回の秋のときに比べ今回が夏仕様のすっきりとした器使いでした。手前はフランス産のチェリーのソルベ、蜂蜜のパウンドケーキを薄くしたものを焼いたお菓子も美味。

Photo_8

奥の器の中はアメリカンチェリーのソルベと白味噌!を加えたソルベ、不思議に違和感なく美味しくいただけました。下にはたっぷりリキュールを含んたチェリーが隠れています。酔っ払いそうなくらいトレビアーン。

Photo_10

興奮していた二人はお皿の柄だと思っていたのですが食べ終わってからこれもお砂糖で飾られた演出と気づきました。

Photo_9

締めくくりの香りが素晴らしいお紅茶とプティフールです。お店の設え、器使い、スタッフの仕事ぶり、そして何よりお料理の素晴らしさ。全てにおいてクミョンが現在一押しのお店です。始めてのMちゃんが横で一皿につき10回くらい美味しい美味しいを大連発。そこまで喜んで頂けてクミョンもうれしいよ。すばらしいお料理をありがとう、ステファン君これからも頑張ってね

END

« 鰻いっときました。 | トップページ | 高台寺塔頭 圓徳院 »

コメント

溶けてしまいそうなぐらい暑い日でしたが
連れて行ってもらってよかった~~
和の食材とのコラボが素晴らしい
マジでおいしいです。
クミョンさま、また私を連れまわしてください

イノシシ山のMちゃん
天気予報では37度とありましたが我々の
足のしたは確実に40度以上でしたよね。
お疲れ様でした。KEZAKOまた行こうね
次の春の「都をどり」もしかしたらあの舞子さん出るかもね。化粧したとこ見たらわかるかしら?
地獄の果てまで連れ回すつもりやから覚悟しーや

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: KEZAKO:

« 鰻いっときました。 | トップページ | 高台寺塔頭 圓徳院 »