こちらもご覧ください♪

« かみ坂 | トップページ | The Other Boleyn Girl »

2008年10月30日 (木)

クムス家庭料理

Photo

ずっと気になっていた北野にあるインド料理屋さん
「クムス家庭料理」に北野の帝王の妻マーリンさんと
文字どうり潜入してみました。

普通のマンションの普通の3階、不気味に開いた扉の中にそのお店は存在していました。室内、いや店内は突然インドです。完全家族経営のようで横に座っていたお婆ちゃんから構成を伺いました。

Photo_2 ふくよかな女性がお二人台所で作業中。長男さんと次男さんのお嫁さんだそうです。

サービスはゆるーーいインド式。さっと食べてさっと帰りたい人は決して訪れてはいけません。迷う必要はありません。何も言わなくても定額980円のランチ1種のみです。

Photo_3 Photo_4

横の机で製作中のお菓子たち、欲しそうに見つめていたらお婆ちゃんが・・・・・

Photo_5

黒めのお手てでくちょくちょと分けてくれました
やさしいお婆ちゃん、どうもありがとうございました。

Photo_6 Photo_7

しばらくしてマンゴジュース、キャベツのサラダが登場。
このジュースがネクター状で おいくてマーリンさん「ウォッカと炭酸を混ぜたら美味しいわよ」と後ほどご購入。

Photo_8

サモサが二つ出てきました。
なかなか美味しかったです。
添えてあったチャツネが美味しくて後ほど購入。

Photo_10

カレー3種、お米は外来種で細長くさらっとした炊き具合。南インドのお料理なのでナンではなく香ばしいチャパティが付いてきます。お米もチャパティもあっさりしたカレーによく合います。
けれどお替り、とまではいきませんでした。

このお料理は302号室、そして305号室は・・・・

Photo_11

スパイスの棚が所狭しと並んだインド食材店になっています。胡椒からヘナまでありとあらゆるインド物がびっしりです。先ほどのお菓子もセットで売られていました。

お食事の後皆さんこちらを訪れるのがコースとなっているようです。名物の「でっかいおじ様」がいらっしゃらなかったのが残念。印人のお家に招かれた様な体験が出きる貴重なお店です。

チャパティって簡単に作れそう

END

« かみ坂 | トップページ | The Other Boleyn Girl »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クムス家庭料理:

« かみ坂 | トップページ | The Other Boleyn Girl »