こちらもご覧ください♪

« 李兆の激辛ユッケジャン | トップページ | 栄養菌湯 »

2008年10月25日 (土)

玄斎

Photo_4

大阪の法善寺にある有名な浪速割烹の次男さんが開いた「玄斎」さんにK女史と潜入してみました。こんな場所に和食のお店があるの~?って交通不便な所にあります。さて浪速料理の血を引くお料理とはどんなもんじゃいな?

Photo_5

まず豆乳豆腐の先付け登場。やさしいお味。
まったりとしたスタートです。

Photo_6

小さな3点、さば寿司、川津エビの天ぷらなど。
煌びやかではなく上等なおばん菜という雰囲気。

Photo_7

お造りはマグロと鱧の焼き〆。鱧はぼってりと食べ応えがありました。夏の様な暑い日でしたがもう鱧は季節的に・・・・・

Photo_8

Photo_10 椀物はさすがのお味でございました。サザエの肝のシンジョウ。
中にはしっかりサザエの身も入っていました。
蓋も美しい、見せる器も見事でした。

Photo_11

菊菜と蟹などの白和え。
昼からお酒が進みそうなお料理ばかりで困りました。

Photo_12

最後に八寸の様な盛り付けで赤鶏、河内蓮根、枝豆、渋川付きの栗、またまた鱧、ここらへんで満腹状態となりました。

Photo_13

自家製ちりめんじゃこのご飯、お味噌汁はしっかりしたお味。けど香の物の沢庵がしょっぱすぎて1つでギブアップ。お茶が最初から最後までほうじ茶、少し変化が必要かも。

Photo_14

〆のフルーツ。熟した西条柿が秋ですね。サツマイモのアイスクリームも面白いお味でした。

Photo_15 舟のほさきの様な形状のカウンター、目の前にまな板という席でした。

1つずつは小さいのですが品数が多いので満腹中枢には刺激がありました。お味はこのお値段ならこれくらいは普通かな。

Photo_17 ただ洗い場が丸見え、ゴミ箱に洗剤、割れたガラス窓、干してる布巾、別に見たくもないものが丸見え。見せるなら美しく映える工夫が必要かと。これらを視野に入れながら半諭吉のお料理を頂くのはちょっとね

Photo_19

夜にお酒と少しお料理って使い方の方がいいのかも。神戸に根付く名店となるかどうか・・・・・・
これからが勝負でしょう。

END

« 李兆の激辛ユッケジャン | トップページ | 栄養菌湯 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄斎:

« 李兆の激辛ユッケジャン | トップページ | 栄養菌湯 »