こちらもご覧ください♪

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

蔓牛焼肉 太田家

Photo

「どこかこましな所でランチにお肉食べたいわん」との叔母のご要望にnetで探し出した「太田屋」さんに来てみました。元町から鯉川筋を上がって下山手通を東へ少し行ったビルの1階です。

Photo_2 まだ出来て新しいきれいな店内、個室っぽく区切られて3人でしたが居心地良かったです。1部屋づつ名牛の名前がついています。

お肉屋さん直営、和田山の方に大きなお店があるらしい。初回なので1500円の焼肉ランチにしてみました。

Photo_3

Photo_4 1人分のお肉です。量は十分でした。煙のでないロースターなので匂いの心配なしです。

う。。。お肉は期待はずれでした。
これで判断してはいけないかもですが、お肉屋さんが経営しているにしては

Photo_5 他にワカメスープ、小さなサラダと小さなピビンパ、食後のコーヒーも付きます。どれもお味は超普通

コスパはいいですね、お安いから文句言っちゃいけないのかも。けど言うわ、もうクミョンは行かないけど興味のある方の為にメニューを貼っておきます。

Photo_6

叔母上、ご馳走様でした

END

2008年11月28日 (金)

鳴門金時 里むすめ

Photo

不肖クミョン、この年になるまでお芋を炊飯器でふかしたのはこれが始めてです。サイズがちょうど炊飯器サイズの小さくてかわいい「里むすめ」。

水をお芋の3分の1弱と塩少々入れてスイッチぽん

Photo_2 美味しく出来上がりました。
「芋で鯛釣りに」実家に持っていきましょうか。こんな簡単にできるなんて、蒸し器を出してくるのが面倒な時に便利です。

株やネットで濡れてに泡を思わずに「芋食ってドラマ」に満足していたら、テロも不況も無いのではないだろうか、ふと人間の原点がわかったようなオヤツの時間でした。

END

2008年11月27日 (木)

海岸楽園

Photo

栄町通りの南、乙仲通りにある中華料理の「海岸楽園」
なんちゃって中華だと思っていましたら列記とした本格中華屋さんのようです。
オッ様~突っ立ってないでどいて欲しいんだけど

Photo_2

1階(禁煙席)と2階(喫煙席)にわかれた狭い店内、ランチ時だったのでリーマン天国です。お目当ての前菜が並んだ「彩華セット1500円」は1時からとかで残念

今日のメンバーは陶芸のセンセェ、OZW真理ちゃん9ヶ月ぶりに奇跡の復帰を果たしたジェットスプレイのヒトミちゃん、クミョンの4人です。内二人が食した海鮮焼きそば800円。

Photo_3

牛ばら焼きそば700円。結構美味しかったけれどポーション少なくてちょっと物足らない倭人の男はこれで満腹になるのか?戦争したら負けるはずだ。
今回ふられたが彩華セットを食べずにはいられない。
また来てみることにしよう

END

2008年11月26日 (水)

Cafe Sion

Img_9612

仕事場のすぐ近くにあるカフェ「Sion」が改装したようなのでなんとなく1人で利用してみました。
3年くらい前を通っていますが入ったのは始めてです。

Photo

「ほっこりランチ」とかいう日替わりもあるようですが内容がパスだったのでミンチカレーの方にしました。麦混じりご飯にとろっと卵がかかっています。若いお母さんが小学生の子供に作ってあげた様なマイルドなお味です。無害無臭と申しましょうか。

Photo_2 店内は設えも、全員毛糸の帽子のスタッフもかわいさとホームメイドを強調した路線です。お客もHanakoを見て来ましたって感じの女の子ばっか。

Photo_3 お尻がむずむずしてきました。クミョンが1人平均年齢をがっつり上げているようです。デザートの杏仁豆腐風のものを一口だけ頂いてすぐ退散いたしました。

690円ほどでしたがものすごく無駄金を使ったような気分になったのはなぜでしょうカフェは用心して利用しなくてはなりません。来るのが30年ほど遅かったのか。
思えば遠くに来たもんだ

END

2008年11月23日 (日)

なが坂

Photo

中山手通りの西村コーヒー店から少し西に歩いたところにある懐石料理「なが坂」さんでK女史、OZWマリちゃん、クミョン、淑女3人のランチでございます。
お昼の営業は火曜から金曜のみ、お席も6人程度、雑誌にも度々登場したこともあり予約がかなり難しいお店の1つです。

お昼は3段階の設定で今回は中間を選びました。
さてその内容は?

続きを読む "なが坂" »

2008年11月21日 (金)

冬の風物詩

Yunikuro_2

冬が来ーれば思いだす~♪
クミョンの冬はユニクロ無くして語れません
ヒートテックにマイクロフリース、今年もお世話になりそう。

今はまっているのは下からビローンって感じで延ばして着るスタイルアップ下着です。ガードル+腹巻の暖かさ、3色揃ってしまいました。8分袖があればと思っていたら別のお店で酷似したタイプの8分袖がユニクロよりお安く売ってて地獄落ち~

Photo_9

今朝体重計に乗ると先頭に「4」というこの10年来見たことのない数字がご褒美にこんな邪悪な物をランチに。これも冬になるとテーマソングが耳に付く、マックのグラコロ。戒めにコアリズムを朝夕2セット挙行いたしました。が、就寝前にはすんなり「5」に戻っておりました。朝見たものは幻か?

END

2008年11月20日 (木)

連休のご予定は?

Img266_2

六甲森林植物園での♂の一枚です。
次の連休は紅葉のピークになるところが多く出かける方も多いことでしょう。

クミョンはゆっくりお仕事でもして、岩盤浴かな。
だって寒いの嫌いなんだもーん。

END

2008年11月19日 (水)

CHADA THAI

Photo 神戸も寒くなってきましたね。けれどもクミョンはタイ料理。北野の帝王の妻マーリンさんとハンター坂にある「チャダタイ」さんでランチいたしました。

Photo_3

マーリンさんの「タイ風焼きそばセット」
焼きそば、生春巻き、卵焼き、バジル炒め、サラダ。

Photo_4

クミョンの「チャダタイセット」
焼きそば、生春巻き、揚げ物、カレー、トムヤムクン

普通に美味しく観光客でもOKのマイルドな辛さ。

Photo_6 北野は狭い地域の中にインドタイトルコベトナムパキスタンスペインフランスイタリア中国韓国などなど。

Photo_8

♂♀さんも歩いてるし、ボーダーレスな町ですね。

Photo_7

シェフがWBCバンタム級チャンピオンの長谷川選手とお友達みたいです。この日もお食事されていて実物を拝見できました。クミョンがケリを入れたら勝てそうな普通の兄ちゃんでした。

END

2008年11月18日 (火)

鯖だ鯖だばだ鯖だばだ。

Img_9547

イタリアンで幸せになった後、錦市場でお買い物しました。今晩の手抜き惣菜まで手に入る京都はやはり偉大な町です。

鯖の串刺し600円也。レンジで1分半ってオッ様言いましたが我が家のレンジには大きすぎて入りませんでした、やむなく串を引き抜くとバラバラな無残な姿に。おまけに昼も焼き鯖定食だった♂には大変不評でした

Photo_13

お惣菜屋さんでの2種。結構濃い目の味付けが意外でした。普通においしいのだけれど二つで800円近かったのは痛い。

Photo_14 阪急に乗る前にちょっとオヤツ、河原町通りにある「六曜社珈琲店」さんです。

1950年から営業されているそうな。

Photo_15 マスターじゃなくママさんです、あしからず。順不同で置かれたCDの山、下敷きになったチューナーが哀れです。

6時からBarタイムになるようです。
こんな頑固なお店が未だ存在しているというのも京都らしいと思います。

Photo_16

なみなみと注がれた珈琲+甘さ控えめの自家製ドーナツで550円。皆さん静かに時を過ごしておられる大人のキッチャテンです。ここでは間違っても大声で笑ったりしゃべったりなさりませぬように。

END

2008年11月17日 (月)

IL GHIIOTTONE CUCINERIA

Photo

Photo_2 OZW真理ちゃんと京都のランチでございます。京都でイタリアンというとまず浮かぶのがギオットーネですがこちらは先月オープンしたその姉妹店です。

ここはリストランテよりもちょっとカジュアルな雰囲気。入って階段を下りたところに客席が20席ほどの小さなお店です。

鴨川の風景を楽しみながらのこの日のランチの内容は。。。。。。

続きを読む "IL GHIIOTTONE CUCINERIA" »

2008年11月15日 (土)

似合うでしょ?

Photo

パリコレのモデルさんみたいでしょ?
グレイッシュな毛皮にスパイシーピンクが映えています。

Photo_2

「ネタがない日は何させられるかわからんわ!下を向いたら苦しいからご飯食べられへんし。えらい迷惑やから早よ取ってくれんかのー

END

2008年11月14日 (金)

神楽 2回目

Photo

昭和のお嬢様達を喜ばせようと、また平目がポン酢の中で泳いでいる所に来てしまいました。三ノ宮のステーキハウス「神楽」さんにて総勢6人でランチです。

081110_12550001 お嬢様達にはパーフォーマンス大受けでございましたが2回目のクミョンは「あー次レモン投げよるわ・・・」って冷めたランチでございました。

前回はがらーんとしていましたがこの日は広い店内ほぼ満席でした。

Photo_3 ここはお値段のわりにお肉が美味しいのです。生中一杯とお野菜などの付いたセットで2200円ほどでした。

10g単位でお肉を増量できるのも嬉しいシステムです。このセットは90gでしたが昭和のお嬢様達には調度の量だったみたい。

Photo_6 今回担当の男子はポートピアホテルの但馬で勤務されていたそうな。因みに巨人ファンだそうで、一緒に来年こそは!と誓い合いました。

お嬢様達の際どい突込みにも笑顔で応対。担当のお客様によっては苦労の耐えない職場だと思います。

デザートまでペロっと終了して解散となりました。
帰宅後しっかりコアリズム。矛盾した毎日だなぁ

END

2008年11月13日 (木)

NUDE DINER

Photo_2

陶芸教室前の恒例ランチでございます。
OZW真理ちゃんと元町駅西南、楽しいお店の並ぶ乙仲通りにある「NUDE DINER」で頂くことにしました。

お昼は1050円のセットが3種。真理ちゃんはパスタのセット、クミョンは痩せ我慢?でサラダのセットにしてみました。

Photo_3

かぼちゃのポタージュ、とっても濃くておいしい!
ここは美味しい予感がします。

Photo_4

真理ちゃんの自家製ベーコンと小松菜のパスタ。
ベーコンが香ばしく美味しい上等な一品でございます。

Photo_5

Photo_6 パスタの良い香りの前でクミョンはサーモンサラダです。ドレッシングは数種の中から選びます。胡桃のドレッシング、岩塩と粒胡椒もお好みで。量がたっぷりで満腹です。

こちらのパン、ジャムなどは自家製、バスケットでサーブされたパンはかわいくて美味しかったです。

Photo_7 

クミョンのプリンのデザート

Img_9496_2  

真理ちゃんの柿のムース

果物の添えられたデザートは+250円でした。
千円台のランチとしては大変よろしいのではないでしょうか。他のお料理も食べてみたいお店です。
いつか再訪してみましょう

END

2008年11月12日 (水)

ネイルサロンM 北野店

Photo

どーしてネイルサロンで芋?その釈明は後述

OZW真理ちゃんに教えてもらった「安納芋」これ、はまります。ふかすとサツマイモより黄色くてとってもお上品な甘さ。ダイエットの強敵なれどむっさうまいおまけにPPPにも良いらしい北野の帝王の妻マーリンさん宅で一緒にぱくつきました

Photo_2今回はネイルの実験台、じゃなく人柱、いや生け贄、いえモニターとして参加させて頂きに参りました。

本格的にスクールに通って3ヶ月、ほとんどプロ並の域までマスターしていらっしゃるようです。お道具も、ほれこの通り。

Photo_4

今回はカルジェルを施して、きんきらきーん

Photo_5

次回のクリスマスバージョンもご期待ください。

END

2008年11月11日 (火)

大邱家&生内野聖陽

Photo_4

久々に従妹のCちゃんと大阪での楽しい一日です。

メインはこの後なのですが、まず鶴橋でランチ。
呼び込み激しい焼肉ストリートにある「大邱家」さんで焼肉ランチ1500円を頂きました。もやしスープとおかず数種がつきます。

Photo_5 柔らかくて美味しいお肉でした。このお値段なら大満足です。久々の鶴橋でしたがキョンチャルの摘発が頻繁になり「パッチモン」の陰が薄れ少し寂しくなってしまったように思います。お店のオモニ達はめげずに頑張っておられるようでしたが。

けど鶴橋って後を引くのよね
行ったらまたすぐ行きたくなっちゃいます。

Img_9450_2

NHKの「ふたりっこ」に出演した頃から目をつけていた内野聖陽様を生で。シアターBRAVAにて「私生活」という演劇を鑑賞いたしました。

文学座研究所の同期、寺島しのぶさんとの身体を張った共演です。実際まじで平手打ちの大喧嘩を繰り広げます。たった4人の出演者、3幕の構成中ほとんど台詞の応酬のみです。見事な脚本、それ以上に役者達の演技力のすごさに圧倒されました。

久々にしっかりと演劇を観た余韻に浸ることができました。「タレント」とか「お笑い」とかに越権されている倭国の芸能界ですが内野君や寺島しのぶさんがなんとか最後の敷石になってこれからも頑張って欲しいものです

END

2008年11月10日 (月)

愛農人

Photo_2

JR本山駅近くのオーガニックレストラン「愛農人」でランチしてみました。OZW真理ちゃんと一緒に日頃体内に貯まった毒物を洗い流そうという魂胆です。

由緒正しい野菜達で作られたおかず4品とスープorお味噌汁、玄米と胚芽米ご飯を半分ずつ。おかずは5,6種類の中から選びます。クミョンの仕事の都合で1時に入店しましたがすでにおかずが品薄状態。12時に襲撃した方がよさそうです。

Photo_3 これで1000円、高いと思うか安いと思うかは各人のご判断にお任せいたします。安心して口に運べることは間違いないようです。

Photo_5 レストランの奥では調味料からお野菜までオーガニック三昧です。生まれてこの方○十年、サッカリンからチクロに至るまで毒物をしこたま蓄積してきたこの身体、今更無農薬食品を食ったからって変化はないでしょう

Photo

雑貨屋さん巡りを終えて日本茶カフェ「ひとひ」さんでほっこりお茶タイムです。真理ちゃんは静岡のお茶「天竜」とサツマイをポンジュースで煮た杏仁のデザート。

Photo_2

クミョンは「じょうみょう」という宇治のお茶。おからで出来たお菓子付き。妙に着物の似合う顔つきの女子スタッフがいました。彼女を見ているとなぜだかげげげの鬼太郎の「猫娘」が浮かんできます。日本茶飲むだけだけれど麻生さんの食べるカップラーメンより高いです。

Photo_3

この町に来たらなぜだか衝動買いしちゃうのよね。

END

2008年11月 8日 (土)

だるまや

Photo_12

奈良ホテルの次はどーんとホルモンで軌道修正です

Img_9382 新長田駅の山側沿いの道を少し東に歩いたところに鎮座まします「だるまや」さん。かわいい弟と襲撃してみました。

Photo_13    

店内はかなりスタイリッシュ、余分な物がなんもないのですー
こういうのクミョン好きです。

普通の焼肉メニューもありますが今回は肉入りミックス(中)3500円を頂くことにしました。かなりの量です。

Photo_16

生キャベツとキムチ付きでございました。付けタレがうまい!そしてこの白菜キムチがめっちゃ美味しくて帰りにお持ち帰り(500円)しました

Photo_18

肉入りってありましたが肉が余りにも少ないですー
ミックスにしないで普通のメニューから選べば良かったかも。

Photo_19

明太スープ、これが旨かったお昼も営業しています。
可能ならキムチだけ買いに来てもいいかも~

(ミックスなら映ちゃんの方に軍配かな・・・)

END

2008年11月 7日 (金)

三笠

Photo

Photo_2 奈良のお食事処情報があまりなく、カフェっぽいところで食べて浮きまくるのも敬遠したいのでマトモに奈良ホテルのメインダイニング「三笠」でお昼を頂くことにいたしました。

天ちゃんファミリーもお墓参りの際には訪れるというだけあって重厚な趣のホテルです。こんな所でお泊りする時の相手は75歳くらいの大富豪でPhoto_3 「痴人の愛」みたいな・・・・あ、話しがそれましたね。

ダイニングはシックな昭和初期の空気そのままです。

あれだけ正倉院は混んでいたのにここは別世界です。窓からは東大寺、奈良公園、よい眺めです。

Photo_4 スチームは今でもこれを使うのでしょうか?クーラーも古いタイプの据え置き型でした。こんな天井の高い広いお部屋で夏冬の空調は大変でしょうね。

Photo_5 サービスは木製の素朴なワゴンで静かに行なわれます。スタッフの笑顔はとっても鹿的、柔和でいい感じ。ホテルでお食事してる安心感がありました。

Photo_6

とうもろこしのポタージュ。普通に美味しいです。

Photo_7

飾り気ゼロの素直なサラダ。
ドレッシングをかける仕草がホテルでした。

Photo_8

フィレ肉のステーキ。鹿肉ではありませんでした。
こんな原型のお料理はどなたかの結婚式以来です。

Photo_9

デザートもお料理と統一がとれた素朴な基本形。

お味がどうのというより、このホテルのダイニングのお料理はこの形式でよろしいのだと思いました。

北野でフレンチを頂くのと同じくらいの料金でした。半分はこの空間の使用料と理解するべきでしょう。

Photo_10

Photo_11

歴史フェチにはたまらない場所です。
あの博儀様もこちらでお食事されたのですから。

日本を代表する大倉陶園の食器はいつ見ても素敵。
異次元空間をたっぷり楽しんで奈良の一日は終わりました。

END

2008年11月 6日 (木)

鹿男とデート

Photo

秋晴れの一日、5年ぶりに鹿男に会いに行きました。
煎餅屋のオバちゃんの横で待機中はこのようにまったりしていますが、買う人を見かけた途端突進してきて150円「も」する煎餅は15秒足らずで消え失せます。

Photo_2 京都が美しい熟女なら、奈良は田舎に残してきた昔の恋人って感じでしょうか。

派手さはありませんが、天平そのものがまだそこに残っているような気配すらあります。

Photo_3 お目当てはこちら。連休明けを狙って行きました。7時半に神戸を出て到着9時半、すでに館内超満員。退出時の11時半には1時間待ちの列が出来ていました。

けど・・・・地味な展示物だったわ目を引いたのは手のひらに乗るくらいのテンのミイラかしら。これだけ入場者が多いのですから一般の日、老人の日、遠足の日、という様に閲覧を区別すべきだと思いました。まったく興味のない学生を引率してくる学校も一考をお願いいたします。

Photo_4 帰りに寄った興福寺の国宝館の方が見ごたえあったかも。阿修羅像を始めてゆっくり拝見しました。向田邦子のドラマ「阿修羅のごとく」を思い出してしまいます。来年奈良遷都1300年記念で東京に行くようですね。写真で見るよりもっと美しいお顔でした。

Photo_5 一部紅葉も始まってすがすがしい景色でございました。歩き回っているとお腹が空いて来ました。

Photo_6 ランチはこんな所で頂きました。ランチの様子はまた明日。

Photo_7

Photo_8 2回目のならまち、どんどんお店が増えて観光色テンコ盛りになってしまっています。クミョンが入ると完全離脱状態になってしまいそうなカフェばかりで、少し散策したのみで退出いたしました。

一刀彫の工房前の猫だけが印象に残りましたのでご覧下さい。遷都君よりましでしょう。ここのお家の方とお話しがしてみたかったです。

END

2008年11月 5日 (水)

ぼて

Photo_3 

JR六甲道から南へ、2号線沿いにあるラウンディングスタイルスシバー「ぼて」さんでディナーです。
参加者は財布、じゃなくクミョンママ、チトミさんとクミョンの3人です。

ここはラウンドしてるけど侮れないお店と噂は聞いていました。かなり待ちがあるので今回は5時に急襲、奥のテーブルにすぐ通されました。けど30分後にはもう待機のお客さんがいっぱい。

Img_9347  Img_9349

Img_9350 Img_9354_3

Img_9357 Img_9358

Img_9359_2 Img_9361

Img_9364

Img_9368

Img_9369 Photo_2

回転寿司ですので乱れ打ちよろしくです
特徴のあった物のみアップしました。蒸穴が美味しい、マグロの頬肉もジューシー、蟹フェアーだったので食べた足もグー、赤だしもしっかりしたええお味でおます。

20皿以上食べて(1人が特に多かったが
生中2杯とで7000円ほど。安い

Img_9351_3

店名が「ぼて」なのでてっさもいっときました。
980円にしてはまぁまぁかしらん、ごっつあんです

お寿司もダイエットの敵、まぁいいか幸せならば。
いつもの逃げで

END

2008年11月 3日 (月)

レッドクリフ 観てきました

Photo

上海で拾ってきたDVDは役立たず・・・、トニーレオン様と金城武君を同時に観察できるとあって休日でごった返すMINTまで足を運びました。

Part1,2に分かれているということは・・・で予想はしていたのですが、長江の川面を埋め尽くす曹操率いる船団80万の大軍、それに赤壁で対峙するは周瑜と孔明の連合軍!赤壁の戦い前夜、曹操が「これで戦いの準備は万端整った!」と豪語するクライマックスで今回は終了。

一瞬観客は椅子からズルッとなります。が、「金返せー」とスクリーンに座布団を投げつける気持ちではありませんでした。良かったんです2時間半の映画でしたが引き付けられるようにするっと見てしまいました。

Photo_2 戦闘シーンが大迫力です。特にフー・ジュン演じる趙雲子龍の勇猛なお姿にホレボレ。孫権役のチャン・チェンもええ男でございます。中華のセックスシンボル、トニーレオン様勿論しっかり一発行なっていらっしゃいました。そして金城君の諸葛孔明は?しっくりこないような予想だったのですが、これがなかなか、ちょうど実年齢と合う雰囲気でちょっとお茶目な孔明がとっても魅力的でございました。なぜだか中村獅童も紛れ込んでます。

Photo_5 小喬を演じるリン・チーリンはF4のジェリー様の元彼女らしいですね、後半はこの絶世の美女をめぐってお話しが展開して行きそう。前半良かったので今回見た人の多くは後半も見に行くだろうな。きっちりジョン・ウー監督の作戦に引っかかりました。

けど、ご損はないと思います。これは絶対劇場で見るべき映画でしょう。で、PART2はいつ?
2009年4月公開ですってさ!半年先じゃん

そうそう、この戦闘シーンをみて「こんな時代に生まれなくて良かったなー」などと思うオノコがおられましたら、クミョンが玉をちょん切ります。オノコたるもの銭勘定だけで人生終わったら1800年後に名前を残すことはできませんぞー、株がどうした!老後がなんだ!義に向かって馬を馳せ、オー

END

2008年11月 2日 (日)

ノニで人体実験

Photo_13

「痩せる」この3文字に敏感に反応してしまうクミョン。
今回はこんな物に手を出してしまいました。

陶芸のセンセェ御用達の「ハワイアンノニ」
ネットで色々調べたら燃焼を助ける、免疫力を高め癌予防になる、などなどありがたい効用がある?そうな。日本では「八重山青木」というお名前です。

Photo_14 生で食べると悶絶するくらい不味いらしい。これは透明カプセルに粉末状のノニが入っている。

匂うと確かに臭い。。。。。

これで痩せるのか?
人体実験、2袋ほど試してみます。

END

2008年11月 1日 (土)

じゅわっち 2回目

Photo

♂の居ぬ間に半韓半台のユイチャンと夜の盛り上がりです。先日お邪魔して大感激だった新開地のお好み焼「じゅわっち」さんに再攻撃をかけてみました。

まず前菜「生ハムと大根のサラダ」この美しいお仕事、飾られたワンタンの皮も揚げたてでございます。この一品を見ても普通のお好み焼屋ではないのがおわかり頂けると思います。

続きを読む "じゅわっち 2回目" »

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »