こちらもご覧ください♪

« ノニで人体実験 | トップページ | ぼて »

2008年11月 3日 (月)

レッドクリフ 観てきました

Photo

上海で拾ってきたDVDは役立たず・・・、トニーレオン様と金城武君を同時に観察できるとあって休日でごった返すMINTまで足を運びました。

Part1,2に分かれているということは・・・で予想はしていたのですが、長江の川面を埋め尽くす曹操率いる船団80万の大軍、それに赤壁で対峙するは周瑜と孔明の連合軍!赤壁の戦い前夜、曹操が「これで戦いの準備は万端整った!」と豪語するクライマックスで今回は終了。

一瞬観客は椅子からズルッとなります。が、「金返せー」とスクリーンに座布団を投げつける気持ちではありませんでした。良かったんです2時間半の映画でしたが引き付けられるようにするっと見てしまいました。

Photo_2 戦闘シーンが大迫力です。特にフー・ジュン演じる趙雲子龍の勇猛なお姿にホレボレ。孫権役のチャン・チェンもええ男でございます。中華のセックスシンボル、トニーレオン様勿論しっかり一発行なっていらっしゃいました。そして金城君の諸葛孔明は?しっくりこないような予想だったのですが、これがなかなか、ちょうど実年齢と合う雰囲気でちょっとお茶目な孔明がとっても魅力的でございました。なぜだか中村獅童も紛れ込んでます。

Photo_5 小喬を演じるリン・チーリンはF4のジェリー様の元彼女らしいですね、後半はこの絶世の美女をめぐってお話しが展開して行きそう。前半良かったので今回見た人の多くは後半も見に行くだろうな。きっちりジョン・ウー監督の作戦に引っかかりました。

けど、ご損はないと思います。これは絶対劇場で見るべき映画でしょう。で、PART2はいつ?
2009年4月公開ですってさ!半年先じゃん

そうそう、この戦闘シーンをみて「こんな時代に生まれなくて良かったなー」などと思うオノコがおられましたら、クミョンが玉をちょん切ります。オノコたるもの銭勘定だけで人生終わったら1800年後に名前を残すことはできませんぞー、株がどうした!老後がなんだ!義に向かって馬を馳せ、オー

END

« ノニで人体実験 | トップページ | ぼて »

コメント

くみょん様、お久しぶりです。
レッドクリフに反応しました。
三国史は学生時代から大好きで、私も趙雲子龍が数多き三国史キャラの中でも最も好きなキャラです。
2作で赤壁の戦いが完結とは聞いていましたが、来年4月ですか・・・ボケが始まってる私にとって
は、来年の春に去年のことを覚えているか心配ですわ。しかし、くみょん様はアスラからレッドクリフまで、いわば、映画の悪食女王ですなぁ~♪

イノシシ山のドン・ホセ様
殿、お久でございます。クミョンが中国に惹かれた要因の1つに三国志がありました。オキニキャラは対照的ですが趙雲か呂布ですね。CGだとはわかっていてもその壮大さに驚愕の映画でした。ハリウッド映画ではなくアジアで作られたということに感激です。なんだか北京オリンピックの開会式を彷彿とさせるなーと思ったらエキストラには多数の人民解放軍がまた出演していました。是非ごらんあれ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッドクリフ 観てきました:

« ノニで人体実験 | トップページ | ぼて »