こちらもご覧ください♪

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

平和園 @明石市西新町

Photo

韓半島言語研究会の新年会に潜入させて頂きました。
明石から西へ一駅、西新町の「平和園」さん。2回目の攻撃です。

今回のメンバーはユイチャン、宋ちゃん、イグラオンマさん、Yちゃん、
Wちゃん、クミョンの計6人。まずは「蛸チジミ」です。
お目当てのサムゲタン以外にもいろいろ食べてみました。

続きを読む "平和園 @明石市西新町" »

2009年1月30日 (金)

グリル吉祥 @中央区元町1丁目

Photo

Photo_3 陶芸前のランチです。
OZW真理ちゃんと元町通りの脇道を入った所にあるビルの2階、
「グリル吉祥」さんに突入してみました。

入り口の看板、メニュー構成からして期待薄で入ったのですが・・・・・・・・

続きを読む "グリル吉祥 @中央区元町1丁目" »

2009年1月28日 (水)

鮨きらく @中央区加納町

Photo_2

Photo_3 三宮駅からフラワーロードを北に上がったあたりに前から
暖簾が気になっていた「鮨きらく」さんがあります。
イグラオンマさんと二人でコチュジャン抜きのランチです。

イグラオンマさんはご夫婦で夜に利用されるお店だそうです。
お昼は財布にやさしい設定だとかでクミョンも突撃してみました。

続きを読む "鮨きらく @中央区加納町" »

2009年1月26日 (月)

恭喜大家発財!

Photo

農暦も明けましたアジアが平和でありますようにご近所で旧正月に盛り上がらないのは倭国だけ。
クリスマスやバレンタインはしっかり反応するのにね。だから「小美国」って呼ばれるのかな。
(美国=アメリカ)

Photo_2

上海の旧正月にはもう5年ほど帰っていません。
今頃爆竹が鳴り響いて街中大変な騒ぎになっているでしょう。
マッカッカが好きな国だなぁ。

END

2009年1月23日 (金)

ピッツェリア デル・レ @中央区トーアロード

Photo_2

Photo_3 トーアロードのNHK近くにある「ピッツェリア デル・レ」さんで
北野の帝王の妻マーリンさんとランチです。

ピッツアを焼く窯に入れる薪が目印です。
この辺りはピッツェリア激戦区となっています。

前菜+パスタ+ピッツァ+メインで2800円のコースを頂いてみました。

続きを読む "ピッツェリア デル・レ @中央区トーアロード" »

2009年1月20日 (火)

はらドーナッツ @兵庫区湊川市場

Photo

Photo_2 湊川の一角にらしからぬ様子のこじゃれたドーナッツ屋さんがあります。

この時お客さんはまばらでしたが土日は並ぶほどの盛況ぶりだとか。
すぐ近くのマルシン市場内にある原とうふ店さんがプロデュースらしくオカラが入っているそうな。

ランチ代わりに頂いてみました。小ぶりのドーナッツですが中身はもっちり詰まっています。2個で十分な食べ応え。

Photo_4

甘さを抑えた美味しいドーナッツでした。はちみつ、みかん、などなど
種類も豊富で100円から130円と優しいお値段です。

Photo_3 このゆるいラッピングがよろしいではありませんか。
関東にも数店進出しているらしいです。
今日は自宅→ユイチャン宅→湊川界隈→元町とかなりの距離を
ウォーキングいたしました。

ドーナッツ2個は消耗できたかな?

END

2009年1月18日 (日)

おうちでスンドゥプチゲ

Photo

風邪が長引いております。こんな時には辛い料理で一気に病原菌を吹き飛ばしてやろうと
アサリ、豚バラ肉、えのき、豆腐でスンドゥプチゲを作りました。

Photo_2 半韓のユイチャンに頂いたモランボンのレトルトを使ってみました。
2種のスープの素がいい味だしてます。
豆腐は山口とうふ店の白木綿を一丁どばっと大胆に投入。

辛味調味料も付いていましたが♂は四川の出身ではないので半分にしました。おいしいのでまた見つけたら買ってみましょう

Photo_3 Photo_4

東灘の田中町交差点近くにある韓国食材の「華山」さんで買ったチジミでソウルフルな夜です。
こちらは小さいお店ですが品揃えは豊富です。
チジミはべたっとしてちょっとでしたが蛸キムチと白菜キムチはいけました。
けれど新長田に近いクミョンはここまで来る必要はなかったかも?

Photo_5全く話題は変わるのですが韓流華流の次は何だ?
これです情熱のラテンドラマらしいのです。

ベタな恋愛ベタな復讐劇を濃い~~い俳優達が安っぽいセットで真剣に演じています。 でも引き込まれるらしいですよ。

男子出演者がクミョンの好きな濃い系ばっかだし。
最近薄い顔に飽きてきました。次はスペイン語習わなきゃ

☆モーターサイクル・ダイアリーズが2月6日NHKBShiで放映されます☆

END

2009年1月16日 (金)

牛処 月の輪

Photo

Photo_17

JR住吉駅から北へすぐにある飛騨牛の「牛処 月の輪」さんでイノシシ山のMちゃんとランチしてきました。

炙り牛とろにぎり寿司うま

続きを読む "牛処 月の輪" »

2009年1月13日 (火)

チェ 28歳の革命 観てきました。

200pxguerrilleroheroico1

待望の「チェ28歳の革命」を鑑賞してまいりました。
1964年NYの国連で演説を行なう為NYを訪れたゲバラがインタビューを
受けながらキューバ革命の推移を回顧する流れになっています。

42歳のデルトロ様に28歳のゲバラはちょっときつかったですが、
喘息を患いながら山地を行軍するゲバラを上手く演じています。

ただカストロとの出会い、キューバの貧窮した様子、軍事政権とアメリカとの繋がりが
あっさりと説明されているだけなので「チェ・ゲバラって誰?」「キューバってどこ?」って方にあえて
強く鑑賞をお勧めはいたしません。途中退場の方もちらほら。

クミョンはデルトロ様をたっぷり2時間半見つめることが出来ただけで大満足でございます。
第2部はキューバ革命後、本当のゲバラの戦いが始まるともいえる時点から始まります。
クミョンが鼻たらしてチロリン村を見ていたころ同じ地球でこんなことが起こっていたという事実。
中東とアメリカの手下イスラエルの現状がとても重なる今日この頃。

ゲバラの言葉「資本主義で生きることは巨大な利権の大きな檻の中で生かされているだけのこと。
得られた富もそこからの施し、自分で得たと錯覚してはならない」
株の崩落を見て身に沁みるお言葉であります。

END

2009年1月11日 (日)

L' ATELIER

Photo

今年始めての韓国文化研究会の集まりはユイチャン、イグラオンマさん、クミョンの3人です。

場所は元町駅から南にすぐの「ラトリエ」さん、有名なエビアンさんの2階です。店内はカウンターを数席残して満席でございました。フレンチかイタリアンか分別に困りましたが本家の「マロニエ」さんがフレンチなのでフレンチにしておきました。

Photo_2

2480円のランチを選びました。
お魚たっぷりのサラダ風前菜です。マリネしてあるのか?していないのか?少しお味があっさり目です。お魚はとっても新鮮でした。

Photo_4 Photo_5

Photo_6

パスタとメインは3人別々でオーダーしました。
う・・・ん、極普通のお味でした。

Photo_7

Photo_8

メインのお魚料理です。どちらもきれいに仕上がっています。ここまで素敵なメインを供出できるお店なのですからパスタは出さずにフレンチビストロとしてメニュー構成をしてもいいのでは?と思わせました。

Photo_9

クミョンの丹波鶏のグリエも焼き加減がほど良く美味しい一品でした。

Photo_11 ガトーショコラ

Photo_12 柿のシャーベットに柿をサンドしたケーキ

Photo_13 レンズ豆が添えられたプリン。ソースはぜんざい風味という不思議な一品。

デザートもそれぞれ工夫が感じられる美味しいものでした。少しゴテゴテ感のある店内のインテリアが気になりますがこの内容で2480円、立地も抜群で女性に人気があるのも納得ですね。

ウォン安の韓国攻撃を実施したいものですが、オデンも凍る-8度のソウルで耐えられるのかどうか自信がありません。天候と為替の戦いを見守るしかありません。

END

2009年1月 8日 (木)

Ca sento

Photo Photo_3

北野の帝王の妻マーリンさんと新年会ランチです。
元町から北へ、密かな場所にたたずむモダンスパニッシュレストラン「カ・セント」
まずはドイツのリースリングで乾杯でございます。

きゃ新年1発目からやっちまいました。。。。
デジカメ忘れてもーた醜い携帯画像でごめんちゃい。
けれどこちらのお店ピカイチでした。ご覧あれ

続きを読む "Ca sento" »

2009年1月 3日 (土)

明けました。

Photo

2009年もなんとか始まったようですね。
夜明け前が一番暗いと申します、昨年がそれであって欲しいと湊川神社に100円寄付して神頼み。正月とも不況とも縁のなさそうな猫、人間以外の動物って偉い。

Photo_2 所有の写真集からで恐縮ですが右は1945年8月15日終戦の日の太陽です。倭国はあんな修羅場さえかいくぐってきたのです。

しかしあの時のように進駐軍は助けにきてくれそうにありません。今回の状況を変革の入り口と成し得るかどうか?倭国の運命が決まる一年になりそうです。

END

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »