こちらもご覧ください♪

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月31日 (火)

二位 @中央区北長狭1丁目

Photo

東急ハンズの東南、アンテノールの横辺り、先日の「汐彩」と
同じビルに入っている中華料理の「二位」
久々にK女史、そしてOZWの真理ちゃんと3人でランチです。

Photo_2 お昼のメニューは主菜3種から選ぶ2000円くらいのセットのみです。
中国茶がポットでサービスされます。
まず前菜登場、お味は薄めで繊細なお料理。

店内はカウンターとテーブルが二つのみ、キャパは10人くらいか?
圧迫感があるくらい狭いです。

Photo_3

この「ジャスミン風味の桜粥」がいい香りで印象的でした。

メインは3種から選びます。3人なので3種でオーダーしてみました。

Photo_5 エビチリ 上品にピリッときます。

Photo_6 海鮮3種炒め プリプリしています。

Photo_7 卵と木耳、野菜の炒め物。

3種とも美味しいのですが少ない少し怒るくらい少ない
3人で分けたらまるで試食会の様でした。
卵の炒め物に関してはクミョン宅の方が美味しい(きっぱり)

Photo_8 Photo_9

赤米のご飯、中華のお漬物の風味が高くとても美味しかったです。
デザートの杏仁豆腐、画像はなしですが小さなスープも付きます。

う~ん、「女性好みのカフェ系中華」と申し上げておきましょう。
がっつり食ってやるぜって方には不向きかもしれません。

しかし中華料理の奥深いところまでシェフは知ってらっしゃると
思わせるメニュー内容です。夜に来たら本領発揮なのかもしれません。

Photo_10 夜のメニューを貼っておきます。
クリックしたら大きくなって読めますよーだ。

Photo_11

そごうに鎮座していたデコデコでキラキラのキティーちゃん。
彼女も今年で35歳になるそうです。

END

 

2009年3月30日 (月)

日清のおにぎり♪

Photo

クミョンの仕事場近くのファミマが新装開店でおにぎりやらが50円引き。
ゆるくうれしいそこで始めて見かけるこれらをゲトして試食してみた。

Img_0761

「出前一丁」の内部。サイズもぴったしなチャーシュー。その下には
薄いナルトが潜んでいた。全体的にものすごく味が濃い塩辛い
久しく「出前一丁」は食っていないがこんな味か?違うだろ?

Photo_2

「チキンラーメン」はなんと煮卵が半玉デコレーションされている
そして特筆すべきは「そば飯状態」にご飯とチキンラーメンがミックスされていることだこれだ、これが世界に誇る日本の底力、創造と技術力ではあるまいか味も薄めでなかなかいけるぞ

1個で200kcal以上するのでリピート買いはないだろうが倭国も捨てたものではないと気づかされた、そんな貴重な体験だった。

END

2009年3月28日 (土)

汐彩 @中央区北長狭通

Photo 東急ハンズの東南、韓国料理「サランバン」が一階に入っているビルにあるお店「汐彩」さんで久々にランチしてみました。

昭和のお嬢様3人と個室を予約しました。
かなりお安く楽しめるお店と以前から評判です、平日ですがカウンターまで満員でした。

年に何回かDMが届きます。
年中無休?!お商売熱心なお店ですね。今回は2100円で以下のお料理が次々と運ばれてくる特別懐石にいたしました。

■先付・・・・・・・特製胡麻豆腐
■椀・・・・・・・・・桜鯛酒蒸し吉野仕立て
■造里・・・・・・・季節の造り盛り二種
■炊合せ・・・・・筍豆腐の鰹すり流し
■強肴・・・・・・・舌平目のアスパラ巻き湯葉包み揚げ
■焼物・・・・・・・和牛フィレステーキ~山葵醤油添え~
■酢物・・・・・・・神戸トマトの酢の物すだちゼリー掛け
■食事・・・・・・・山菜と桜ますのおこわ
■留椀・・・・・・・春大根と京揚げの赤出し
■水菓子・・・・・季節のデザート二種盛り

Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_7

Photo_8 Photo_10

 Photo_9 Img_0757

お料理の繊細さ、器や雰囲気という点で「板垣」や「なが坂」とは
比べようもないです。ですがお食事よりもお話しが主体の昭和の
お嬢様達は文句なしだったようです。

11時半からと1時半からの入れ替え制です。到着が遅れたので
ちょっと慌しく席を立たなくてはいけなかったのが残念でした。
5年後にまた再訪ありかな

END

 

2009年3月26日 (木)

梅龍鎮元町店 @中央区元町商店街

Photo_2

陶芸前のランチ、今回はセンセェ+生徒4人が集結いたしました。
元町商店街ナチュラルハウスの2階にある「梅龍鎮」さんで
お得な飲茶ランチ1000円を頂きました。3月末までの期間限定だそうな。

Photo_3 Photo_4

Photo_6 華人スタッフの説明では20種類の飲茶が出てくるとありましたが、11個しか出てこないじゃん。お値段からしてこれでもコスパは十分いいかな、美味しかったから文句なしです。

Photo_7 加古川にある支店で東播の皇后と盛り上がったことあり。あちらも美味しかったですがこの元町店もなかなか。2階にあるので見過ごされがちですが穴場です。観光客で一杯の南京町よりゆっくりお食事できるかもです。

Photo_8

寒さがぶり返して冬のようです。弱猫新之助は少し風邪気味。
季節を問わず愛用の中華タオルケットに包まって休養しています。
皆様も体調管理に十分お気をつけあそばせませ。
(昨晩から完全復活、カリカリを爆食しています)

END

2009年3月25日 (水)

青島の蛸 @中国山東省青島近郊

Photo

♂が先週の青島出張で遭遇した半生の蛸料理です。
さすがグロ天国チャイナです、何の工夫もなく蛸そのものですね。
酸っぱいたれに付けて頭からがぶっと。。。。まずかったそうな。

Photo_2 黄ニラと卵の炒め物

倭国では黄ニラの存在は薄いですが中華ではこっちの方がメインに使われます。

すごく美味しいので行かれた時は是非食べてみてくださいね。

Photo_3 鮑と蟹身の煮物

がっつり1個大きいのが入っていますね。日本円で千円しないかったとかです。これは美味しかったらしい。

Photo

結構飲んでこれだけ食べて5000円弱だったそうな。
けれど青島はホテルも食事も上海に比べて低レベルなので
あまり行きたくない場所だとか。

Photo_5 Photo_7

日式の昼定食、すごくまじゅそうです
ストレートにまじゅかったとか。1人1000円近く払ってこの料理です。
皆さん中国に行ったら中華料理を食べましょうね。

Photo_8 こんな空気を吸いながら。。。。。。

END

2009年3月23日 (月)

全州 @中央区二宮町4丁目

Photo

WBCを見ていたら韓国料理が食べたくなりました。
三ノ宮駅からほど近いこの辺りは長田地区同等韓国化がかなり進んだ地域でございます。

Photo_2今回かわいい弟と襲撃した「全州」さん。スタッフもモノホンの韓人、食した「豚三段バラ焼肉」は本場を彷彿とさせるワイルドな豚の厚みです。
15枚くらいで1500円!二人だとこれとビールで十分お腹一杯になります。

Photo_3 野菜も倭国の店にしては沢山付いてきます。巻き巻きして食べるのが初体験の弟は不思議の国のアリスな状態で食べていました。

Photo_19 ただ換気は放置プレーなので帰りのJR内でクミョンはかなり「焼肉の女王」臭を放っていたと思います。

Photo_16 Photo_13

Photo_17

包み野菜とは別にこれも一緒に巻いて下さいとヤンニョム和えのニラとモヤシが付いてきました。キムパは不参加だったクミョンママへのテイクアウトです。

キムチが別料金だったのは残念。
普通にありそうな牛肉の焼肉はないようでした。

Photo_14

テンジャンチゲを〆に選びました。プッコッチの辛さがピリッと効いた美味しいチゲでした。ランチ営業があればいいのですが夜の営業のみだそうです。飲み物は3杯でしたが1人2500円ほどで韓国気分を満喫いたしました。

Photo_15 最後はナンチャッテヤクルトが出て来る微笑みのサービス。
ここ穴場かもいいとこ見つけたのかも
全州鍋3人前2500円隣が食べてたチジミも美味しそう、
再攻撃ありの予感です。

END

 

2009年3月20日 (金)

LA'mi @中央区三ノ宮町3丁目

Photo

Photo_5 トーアロード脇の人気の洋食屋さん「LA'mi」で北野の帝王の妻マーリンさんとランチしてみました。1時前でしたがカウンターのみ15席ほどの店内は満員、マジ人気店ですね。少し待って着席、こちら一押しの「ビーフシチューオムレツ」とご対面です。

ふんわり焼きあがったオムレツとまろやかな味のシチューが良く合っています。じっくり煮込まれたお肉も充実度アップに一役かっています。女子ひとりでランチって時に重宝しそうなお店です。エビフライカレーも美味しそう

Photo_6 ご飯とお味噌汁はお替り自由で800円。サラダと小さなデザートも付いています。他のメニューも千円以内でこの内容です。絶え間なくお客さんがやってくるのも無理ないですね。カウンター内のオバサマの機械的な接客もロボットだと思ってしまうと文句なしです。

Photo_8

帰ったら猫がひとりで「カレー食パン」を食べていました。
というのは嘘ですが先日試験購入してみたトミーズのカレー食パンは
かなりいけました。チーズもころっと入っています。

END

2009年3月18日 (水)

かもめ食堂 @中央区鯉川筋

フィンランドに行かなくても神戸に「かもめ食堂」がありました。

Photo_4

鯉川筋から路地を少し入ったあたり。
い草製麺所の近くです。

Photo_8

ずばり元祖かもめ食堂を意識しているということです。
オーナー母娘さんの雰囲気も映画の中のようにまーったりとしてユルイ感じ。

2時半まで販売しているお弁当などをイートイン可能です。
お惣菜と有機栽培のお野菜など、2品を購入。

Photo_9 Photo_10

豆腐のグラタン、じゃが芋とキュウリのサラダです。
う~む、お味もユルイ。ちょっと薄すぎて頼りないかも
お弁当を買いに行くかどうか、ちと微妙。

END

2009年3月16日 (月)

ビストロ ウズラ @中央区トーアロード

Photo ヘルプのチトミさんとランチです。

目当てのお店が2件ともお休み。すでに飢餓状態。 
トーアロードまで来て途方にくれている時名前がかわいいという理由だけでこの「ビストロ ウズラ」さんとやらに突入してみました。

Photo_3

オムライスのランチ1000円、ものすごく普通のオムライス。
しかもちっちゃい。3口で食べてしまえそうなくらい。
ガキの使いやあらへんで!と怒るのは気が早かったのであります。

Photo_5 なんと、中から生黄身がぷるっと現れました!
こんなオムライス始めてです~

ええ年してこれくらいで叫ぶなって?添えられたピクルスも美味しかったですよ。

Photo_6 最初に出てきたサラダ?の野菜達もしっかりお料理されていてなかなか上手い

具たくさんのスープもかなりいけました。

Photo_7 ミズナとベーコンのパスタは普通かな。。。

夜もメニューが豊富なようです。自家製季節のサングリア(今はイチゴ)とチーズ窯のリゾットが気になります。

Photo_8

決して好きな雰囲気の内装じゃなかったですけどね。。。。。
スタッフの男子は甘いお顔でソフトなサービス、これ目当ての女子も
夜は多かったりして。クミョンは食う気ないです(きっぱり)

70年代からやって来たような雰囲気のギタリスト件支配人のJAKEさん。
ランチなのになんだかとっても夜な雰囲気も味わえてお得なお店かも

END

2009年3月15日 (日)

ソウルのお土産♪

Photo

先週ソウルから戻られた半韓半台のユイチャンからお土産を頂きました。

おおお個別包装の柚子茶なんてあるのですね
この手のレアものはあちらでないと手に入りません、うれしいです。

そして明洞で争奪戦となっている韓国コスメ。
今回「MISSHA」の漢方フェイスマスクを選んでくださいました。
これクミョンのオキニです。どうもありがとうございました

Photo_3 ウォン安のこの時期、ソウルを襲撃したいものですがなかなか決行できません。

韓国に行けなくて拗ねているクミョンを見かねて♂がトッポッキで中華料理を作ってくれました。
ありがとう。。。。。けどコチュジャンでマッカッカにして食いたいって、密かに思うクミョンなのでした。

END

2009年3月14日 (土)

いかなご インフレです~!

Photo

マンションの玄関先で沈丁花がプーンと匂う頃は例年階下から
いかなごを炊く匂いがワラワラとしてくるはずなのですが・・・・

Photo_2 1kg 2980円!!
誰も寄り付きません。

12日(木)の値段ですが驚きです。
例年なら2000円でも高いほうなのに。

昨日は2580円でした大きさは今調度いい感じですね。ここら辺は手に入れ易いとかで遠方から買いにくる主婦もおられます。

コチュジャン風味のいかなごを作ろうと思っていたのですが
今年は遠慮させていただくことにしました。
去年3月8日のタンカー事故で流出した油をこの子達の親はたっぷり
吸い込んでるだろうし、水銀含有量も気になります。

END

2009年3月12日 (木)

シャミアナ元町店 @中央区元町2丁目

Photo Photo_2

元町商店街から南京町に通じる路地にあるインド料理店「三味穴」
もとい「シャミアナ」さんでOZW真理ちゃんと陶芸前のランチです。

Photo_3 左の安ゲな旅行社も気になりつつ細い階段で2階へ。カウンターが8席ほど。12時になると満席になりました。3階にテーブル席もあるそうな。

予想外に倭人の男子(オッサマ)お二人で切り盛り。小奇麗で几帳面さを感じさせる店内。棚には木彫りの薔薇の彫刻が。ぷ~んと匂う。。。香辛料とある種の空気

Photo_4 Photo_5

さて、どっちがキーマカレーでどっちが海老カレーでしょう?

正解  左 キーマ、右 海老

ではどっちが辛いでしょう?

正解 海老カレー

水を一滴も使わずに作ったカレーらしいです。クミョンの海老カレーは
あっさりとしていますがかなりパンチの効いたお味でした。
真理ちゃんのキーマカレーはマイルドです。他にチキンカレーもあります。

Photo_6 Photo_7

小さなサラダのオレンジ、白、緑はインド国旗の色かな。
美味しいチャイが付いて880円でした。

神戸にはいったい何軒インド料理屋さんがあるのでしょう?
全店制覇された方はいらっしゃるのでしょうか?知りたいです。

END

2009年3月11日 (水)

7つの贈り物観てきました。 完全ネタバレ!

Sumiya_vrs69411

ベンジャミンもオーストラリアもパスして・・・・
結末についてかなり意見がわかれているウィル・スミスの
「7つの贈り物」をじっくり鑑賞することにしました。

原題は「7 pounds」。7つの借財、罰と考えるといいでしょう。
高速道路を運転中に携帯をいじり大事故を引き起こし自分の過失で
最愛の彼女を含め見ず知らずの7人の命を奪ってしまいます。

主人公はその呵責の念により自らの身体を切り刻み(臓器移植)
与えるに値すると判断した人を全く勝手にピックアップしていきます。

肺の疾患に苦しむ弟に肺葉を提供したことから始まり
角膜腎臓肝臓骨髄液二回、そして最後は。。。。心臓です。

提供する相手が真に「良い人間」であるかどうか、主人公は税金の徴収員に
扮して接触し時には過酷な方法で確認します。
盲目の人に向かって口汚く罵りその人がいかに忍耐強く心優しいかを
確認するあたりはちょっと常軌を逸しているようにも思えます。

最後に自分と同じ稀な血液型の女性が心臓病でマッチング率
3~5%の移植を待っていると知り近づきますが計算外?に彼女と
恋に落ちてしまいます。移植の前に彼女を頂いちまうんですがこれは
余分かも。だって計画を追行すると彼女とはさよならだし。

どうやって心臓を提供するかって?
クラゲですクラゲ!小さい頃から興味のあった猛毒を持つクラゲさん。
「僕は自殺しますのですぐ来てください」って自ら911にダイアル。
その後浴槽を氷で満タンにしその中に横たわりクラゲを放つ。。。。。

う・・・・・暗いです。この方法しかなかったのか?
もっと沢山の人を救える方法があったはずだろうに。これは善なのか?
見終わって一晩経っても彼の行動の是非がグルグル頭を悩ませる。

これがこの映画の狙いなのかもしれません。

END

2009年3月 9日 (月)

モンテ @中央区山本通5丁目

Photo_2 元町駅から北西に15分ほど、相楽園の横に静かに存在するフレンチ「モンテ」さんで北野の帝王の妻マーリンさんとランチしてみました。

Photo_3 エントランスも店内も装飾を極力控えたとてもシックな雰囲気、

ランチは前菜+メイン+食後の飲み物の2000円のみ。6000円8000円の夜と同様のメニューもありますが今回は初回ということで2000円のコースをチョイスしました。

Photo_4

Photo_5 まず美しい前菜のプレートが登場しました。
薄く削いだアボガドでアスパラガスを巻いた一品が面白いです。
どれも美味しく手の混んだお料理です。

クミョン今年初のホタルイカ。
今日は控えるつもりが素敵な前菜に心揺らぎ2人揃って
「ワイン、白のグラスくださーい」となりました

Photo マーリンさんのメイン。鶏のグリエ

Photo_2 クミョンのメインのお魚。
ニョッキが添えられています。

調度良い焼き加減でシェアすることも忘れぺろっといっちゃいました。

Photo_3 デザートは+500円となります。
いけいけで頂いちゃいました

ソースにもイチゴがたっぷり、添えられたシャーベットも美味しいです。上質なお料理、静かな環境。大人のランチをゆっくり楽しむことができる良いお店だと思います。

その立地ゆえ苦戦を強いられるかもしれませんが頑張っていただきたいです。すぐ近くのラ・ファームさんは休店?されている様子でした。

4月5日(日)は横の相楽園で相楽市(あいたのしむ市)が開かれ
フリマの様な催しがあるそうな。その日は入園無料で開放されます。

Img_0638 すぐ近くに人気のパン屋さん「ブリエ」もありますよ

END

2009年3月 6日 (金)

かつくら @三ノ宮MINT

Photo

期間限定で現れるヘルプのチトミさんと近くのMINTでランチです。
京都「かつくら」で年に一回食べるか食べないか?のカツに挑戦

Photo_2 まず胡麻がやってきます。カツを待つ間にごりごりごり、
1時半くらいでしたがほぼ満席です。

「筍、蕗、上人麩の生湯葉コロッケ海老かつ膳」1480円
豚がメインのお店ですがこの中肉中背の海老かつはかなりいけました。

Photo_3 季節の京野菜が見え隠れする和風なコロッケはこんな感じです。

優しいお味で美味しかったですがどこに麩?どこに湯葉?
ソースをつけ過ぎると繊細なお味が行方不明になります。

Photo_4

で、お目当ての「特選米沢三元ロースかつ膳」120g1550円登場。
三元とは3種の豚を交配させて出来た豚さんだとかです。
う。。。。ん、期待していた程ではありません。普通でした。

揚げ油が上質なのか確かにあっさりとして食後のもたれはありません。
キャベツ、味噌汁、ご飯(麦雑じり)がお替り自由なのは太っ腹。
山盛りのキャベツをお替りしてなんとか脂肪摂取を抑えようとあがきましたが
夜の体重計は正直に500g増加を示しておりました。南無~

END

2009年3月 3日 (火)

ひなまつり

Photo

女真っ盛りの人も、上がりかけの人も、とっくに上がってしまった人も
すべての女子に幸せが訪れますように今日はハッピーひな祭り

Photo_3 昼頃から冷たい雨が降ってきました。仕事ではストレスたまるし、何か癒されるものはないかと大丸のデパチカを歩いていると。。。。。

イグレックの本日限定「おひなさまプリン」発見。
高さ6,7センチの小さな陶器のおひな様です。
こういう入れ物付きのに弱い~
中身は結構おいしいプリンでございました。

今日はこれにマッコリを入れて呑むとするか。

END

2009年3月 2日 (月)

上方鰻 柴藤 @大阪中央区高麗橋

Photo_6

Photo_2 近くの美術館に行く前に老舗の鰻屋さん柴藤(しばとう)で「おひつまぶし」を頂きました。地下鉄御堂筋線淀屋橋駅から5分くらいです。

江戸時代から続く老舗だそうな。鰻にキメが細かいという表現はおかしいかもしれませんが,まことにやさしい顔をした焼き加減。ご飯に絡まるたれの分量も適量、甘さも調度良く、上手い

もっとここの鰻を堪能したかったぞ、「まむし」(うな重)にすればよかったかも。「まむし」って鰻が蝮に似てるからそう呼ぶのかと誤解してました。暖かいご飯の間にいれて蒸す,という意味だそうな。

Photo_7 最初はそのまま、2杯目は海苔、葱、山葵を混ぜて、3杯目はこれぞ上方な薄味のお出汁をかけてお茶漬け風にしていただきます。小さい方にしましたが調度満腹です。

器がプラなのと男性本位の化粧室がマイナスでした。

お昼の店内はダークスーツのハイレベルなリーマンで満席。クミョン浮きまくり.でした。

Photo_9

食後は中ノ島の市立東洋陶磁美術館にて濱田庄司大先生の特別展を堪能してまいりました。今回は茶碗と湯呑が圧巻でございました。

先生のお言葉「形はロクロまかせ、絵付けは筆まかせ、焼きは窯まかせ」
この境地になるのにいったい何年かかるのでしょう、きっと凡人には一生かかっても無理なのだろう。

もう「陶芸やってます~」なんて人に言うのはやめにしよう。
「土さわって遊んでます~」がいいところだろう。

END

2009年3月 1日 (日)

3月

Img370

いろいろ世知辛い世の中も3月になりました。
今年は少し春が早いような気がしません?

いろんなブログを見ていたらデジイチ画像が幅をきかせて
見応えのあるページが増えている。
欲しいな、デジイチ。昨晩もそれとなく♂にオネダリしたけど
すんなりと無視されてしまった。

どなたか要らなくなったデジイチ、下さい
悔しいから♂の画像を盗んできて貼り付けます。

END

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »