こちらもご覧ください♪

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

チンクエ センスィ @日本のイタリア、夙川

Photo_2

三宮から10分ほど阪急電車に乗るとイタリアに到着してしまいました。

ローマ出身のオーナーシェフ、マウリツィオ ロベルティ氏率いる阪急夙川駅近くの
イタリアンレストラン「 Cinque Sensi 」でマーリンさんとランチです。

世界各国の一流ホテルでシェフ、有名料理学校の講師など素晴らしい
経歴をお持ちのロベルティ氏、素材にこだわる頑固一徹ローマ人
けどお話ししたらすごくお茶目でチャーミング。
パスタとメインを楽しめる2940円のランチを頂いてみました。

続きを読む "チンクエ センスィ @日本のイタリア、夙川" »

2009年5月28日 (木)

ベトナム料理龍子閣 @元町商店街

Photo Photo_2

このトマトスープのフォーがずっと食べたかったのです
陶芸教室の前にセンセェ、OZW真理ちゃん、クミョンの3人は
そろそろ人の出始めた元町商店街でベトナムランチです。

辛すぎず甘すぎず、程よい酸っぱさです。麺も美味しい~
汗が出てくるほど身体が暑くなりますが病み付きになりそうなお味です。

Photo_4 Photo_6 

Photo_5

フォーとサイドメニュー1種類を選ぶ1000円のランチにしました。
生と揚げの春巻き、モチモチから揚げ、チープなお皿がかわいいです。

Photo_8 フォーだけなら800円です。
お得なようで???次は麺だけにします

神戸市長さんが「ひとまず安心宣言」。
マスクの人もかなり少なくなりました。

END

2009年5月26日 (火)

抗ウイルス食・・・・

Sakura Miraku_2

お医者様が言ってました、マスクは予防になりません。
まずは手洗いウガイですと、そして何より栄養のある物を食べて
良く寝ること・・・・・

で、最近ダイエット放棄して食いまくっています。
仕事場の近くで連日赤い料理三昧しています。

左「さくら」の豆腐チゲ定食700円。2ヶ月ほど前からお昼の営業を
始めたようです。メニューにはないのですが無理いってチゲ。全く辛味なし。

右はその横の「味楽」でかなり辛めの豆腐チゲ定食850円。
体内毒素を洗い流すには唐辛子とニンニクが一番です。

Eki

日曜の昼2時頃のJR三宮駅です。
ひっそりとしてゴーストタウンの様、週があけて学校も再開して
かなり人は増えましたが不況とのダブルパンチで神戸は喘いでいます。

そこで神戸活性化にこんな案を考えてみました。
天皇皇后両陛下にご降臨頂き有馬温泉にて高峰三枝子と上原謙の
ごとく(古)入湯していただく、その後北野のフレンチレストランで御会食、
三宮、元町を馬車に乗って御幸頂く。あかんか?

その昔ハンセン病患者の膿を口で吸って看病されたという奈良時代
光明皇后の前例もございます。何卒。。。。。。

ホテルオークラが一泊5000円で宿泊開始しました。ディナーは半額
とかでございます。なにやらお得な気配もしてきました。

END

2009年5月23日 (土)

板垣 @芦屋

Photo_3 芦屋の懐石料理「板垣」さんで昭和の乙女達とランチです。
インフル騒ぎの最中ですが店内満席でございました。スタッフの方もマスクなし、もちろん客もマスクなしのツワモノ揃いの店内です。

ま、食べることは生きること。今ひと時全てを忘れて楽しみましょう。

Photo_4

2800円のお昼のお弁当を頂きました。今回は来月のお楽しみ計画の
打ち合わせを兼ねていました。しゃべくりまくって何を食べたか定かでは
ありませんので悪しからず。

Photo_5 先付け、豆乳の蒸し物でした。

今回も各人すべて器が違います。
ここは3回目ですが毎回始めての器に出会います。どのくらい揃えているのでしょう。

Photo_6 小玉葱の煮含め,魚のしんじょう、ジュンサイ、優しいお味。

盛り付けの趣味のよさ、お味、価格すべて揃ったいいいいお店です。店内があと少し広ければ申し分ないのですが。。。。。

Photo_12 Photo_9

Photo_10 Photo_11

Img_1292 美しいお弁当の設え、いつも見とれてしまいます。金接ぎまでされた器はこんなに小さいのです。

おままごとの様ですが完食すると充分な量です。
今回は良い子ちゃんしてクミョンはアルコールなしでした、残念

日本酒呑みて~

Photo_14

デザートはパイナップルのシャーベット。甘さは抑えてあります。
駅から5分くらいです、予約必須のお店ですがお勧め

END

Image145

オレオレ詐欺がATMでお金を下ろそうとしている画像ではありません。
もうそろそろマスクをするの飽きてきました、ってーか暑い
こんな格好して出歩かなくても良い日はいつ?

2009年5月21日 (木)

新之助は7歳になりました

Photo

インフル騒ぎで1人息子の新之助の誕生日をスルーしてしまうところでした。

20日にめでたく当家の雑巾猫も7歳になりました。
おめでとう毎日百回のかわいさをありがとう

「遊んでくで~」とにゃんにゃん泣くのを無視し続けると
最近はでっかい身体でモニターの前に居座ってストを決行します。

Photo_2

猫と暮らすという事は猫毛との戦いが毎日続くということです。
一日に何本か吸い込んでるんだろうなー
部屋の中こそマスクしたほうが良さそうな。

EMD 

2009年5月19日 (火)

神戸のマスク事情

Photo

クミョンの本業でもマスクを着用しようということになりシャッチョウから
マスク探しを依頼され三ノ宮と元町を捜し歩いたが1個もみつからず。

ネットで検索しても暴利を得ようと虎視眈々のサイトが法外な値段で
出品しているものばかり・・・・・
これでも文明国家か?この蔓延地帯に集中してマスクくらい配布しろよ!

このマスク不足、多くは企業がごそっと買占めたり東京に流れたりして
神戸の一般店舗まで十分にやってこないのが現状のようだ。
うむむむ・・・・・・

そこで↑を見つけた。インフルは対人の飛沫浴びが原因とされている。
マスクなんかよりこの方が頭全体をカバーして万全ではないだろうか?
「羊のメリーさん」を被って三ノ宮を歩く人がいたらクミョンです。

END

鼎泰豐 @京都高島屋

Photo_5 歌舞伎のあと南座からすぐの高島屋でおやつです。

台北でこのお店の小龍包を食す機会がなかった二人。
まさか京都で食べることになるとは。

Photo_2 Photo_3

Photo_4 小龍包4つ、海老しゅうまい2つ、
デザートに愛玉がついて840円。

世界10大レストランの1つとやらですが。。。
本場上海や台湾の味と比べる事はしないまでも、ちーとオソマツ。

海老しゅうまい、まじゅ

京都も何がしかインフルの影響で旅行者が減ってくるかもしれません。
関西全体に与える経済へのダメージが底知れず不安です。
怖がってばかりなら猿でも出来る、何か対策を急がねば

END

2009年5月18日 (月)

小笠原騒動 @京都南座

Photo

関西がインフル騒動に本格的に巻き込まれる前日、そうとは知らず
OZW真理ちゃんとクミョンは京都まで歌舞伎見物に出かけていました。

真理ちゃんにお手配いただいた席は2階ですが良い眺めのお席でした。
平日の11時公演、ほぼ満席のようです。

「小笠原騒動」という明治時代に作られた4幕10場の通し狂言です。
江戸時代、実際に九州のとある藩で起こった事件が題材になっています。
歌舞伎という引いちゃう人も多いだろうけれど、そんな方はこれを
見ると認識変わっちゃうかもです。

Photo_2

本来の歌舞伎の決まり手に加えて本水を使ったアクロバティックな場面などは「黒部の峡谷」並みに前4列まで水被りです。中村橋之助、片岡愛之助など若手がそれぞれ2役で熱演し4時間ですが見せ場たっぷりでとっても楽しめました。

狐の着ぐるみ、泣かせる子役、叶姉妹?なども登場して笑いを誘います。倭人の伝統芸歌舞伎、機会があればどんどん見に行ってみようと思いました。

Photo_6 Photo_5

歌舞伎の楽しみ、幕間のお弁当です。今回は25分しか休憩時間が
なかったので館内の「花萬」さんで「姫小重1600円」を購入して
席でいただきました。今回の歌舞伎の悪者「お大の方」にちなんで
作られています。虫やしない的な量ですがとっても美味しく大満足。 
楽しい一日でございました。

翌日神戸は全国から冷たい目線を浴びる街となってしまいました。
最初は神戸高校、次は兵庫高校という地域一番校の生徒さんばかり
なので「ははぁ、今回のインフルは頭のいい人間しか感染しないな、
これは安心だ」と思いましたがそうでもないようで・・・・

神戸という街のブランド力も地震以来ズタボロでございます。
「ギブミーマスク!」「ギブミータミフル!」 早くの終息を願います。

END 

2009年5月16日 (土)

焼肉処きわめ  @兵庫区駅前通

Img_1231

チラシがポスティングされていた焼肉処「きわめ」さん。ランチの時間に
半韓半台のユイチャン、宋ちゃんとクミョンの3人で初襲撃してみました。
場所は兵庫駅から西へ5分ほど高架の山側の道を歩いた所です。

2週間ほど前にオープンされたみたいです。兵庫駅の北にある焼肉
「かね竹」さんで長くシェフをされた方が独立してのお店なので
同質のお肉がリーズナブルに味わえるとかでございます。

Img_1233 Img_1234

今回は「特選牛の焼肉丼1300円」を頂いてみました。
お肉がお箸で切れるほど柔らかくて美味~
添えられた3種の料理は美味しいですが量がちょっと寂しいかな。

お昼は2300円でお得な焼肉ランチがあるそうな
今回のお肉の質から想像するに、再訪決定ですね

END

2009年5月14日 (木)

叔父の3回忌 @ホテル竹園芦屋

Photo

早いもので叔父の3回忌がやってきました。15人集合。
この間亡くなった方とかもいて、これからはどんどん。。。。

それは兎も角、古い芦屋の住宅地は道幅が狭く全くと言って
良いほど一般の駐車場がありません。駅から遠い叔母の家は親戚が
集まるには不便なので駅前の竹園ホテルで行なうことにしました。

Photo_2 Photo_3

お参りのお部屋とお食事のお部屋を2部屋使用して部屋料は
3時間で5000円。「花がさね」という3段重のお料理が3500円。
こじんまりとした集会などにもぴったりだと思いました。

Photo_4 デザートといい香りの珈琲も付いています。
椅子席でもお座敷でも座り方は選べて年齢が高い方々も
ゆったりと座れました。

ただ仏事を行なってる隣の部屋で別の家族が
お婆ちゃんの古希のお祝いをしてるってことも
あるかもしれません。

叔母は「ヨン様の館」と化した家を片づける手間もなく満足げでした。
次は7回忌ですね、同じ面々が揃うことを願って、南無~

END

2009年5月13日 (水)

グラシアニ @中央区山本通り

Photo

GWの間、陰を潜めていた北野の帝王の妻マーリン&クミョンの
ペアがぼちぼち動きだしました。

静かになった北野でゆっくりランチです。
かつてはフランス人の住まいだったメゾンでのフレンチ「グラシアニ」
以前から気になっていたお店、クミョンは初攻撃でございます。

お値段設定はホテルのメインレストラン並みです。
まずは「本日のお口直し」登場。クスクスの上に帆立など。
薄味ですがオイリーです。少し首を傾げるスタートとなりました。

続きを読む "グラシアニ @中央区山本通り" »

2009年5月11日 (月)

ベトナムダウニー

Photo

コストコの会員さんじゃなくなってから久しく、とうとうダウニーがなくなり
ネットで検索してると・・・・・

こんなもの見つけちゃいました、ですぐゲトねでかいのが1900円ほど。
購入したところは送料無料でした。ベトナムのダウニーらしいです。
なんだかイラストもアジアンで香りも南国の花園って感じです。
洗濯機にまで匂いがこびり付き隣りの浴室までベトナムです

クミョンはこの手の香りが大好きですがダメな人は気絶ものだと思います。
試してみたい方、少しおわけしますよ

END

2009年5月 9日 (土)

青島近郊 @♂の中国出張

Photo

先月末♂はまたまた青島に出張でございました。
どんなところに取引先があるかっていうと、こんな風景のとこです。

青島から車で1時間半くらい飛ばすともう赤レンガの町並みです。
このすぐ近くにある工場で検品作業をしてきたとか、ご苦労様。

P1020722

この地域で一番のレストラン?でのお食事。
素朴な田舎料理ですが野菜はとても美味しかったらしいです。
手前のターピン(パン類)も美味しそうですね。

けどナニゲにグロなんです。左、揚げた魚の近くに黒く写っている
物体は雀の姿揚げだそうな。奥の方、キュウリの上はセミです。
辛うじて羽根は取ってあるみたいです。

さすがの♂も口にできなかったとか。
別に特別な料理ではなくここらでは普通に食卓に上るそうな。
次回は是非味見をしてきて欲しいものです。

END

2009年5月 8日 (金)

皇后鶴橋行幸 @大阪市東成区

Photo_9 連休のある日、東播の皇后が妹君とその姫を
ご同行になり鶴橋へ行幸とあいなりました。

鶴橋初体験の3人様です。
クミョンもこんなに人がマンタクレの鶴橋は
始めてでございます。

Photo_10 Photo_11

かなり内部まで侵入したところで発見した一皿500円のホルモン焼き。
お肉屋さんがプロデュース、これが上手かった
が、特別販売らしく次に焼くのは12月24日だそうな、遠い目

トッ(餅)屋さんで出来たての暖かい小豆の乗ったお餅をゲト。
甘くなくさっぱりしたお味、一枚800円。

4

この夜は神戸に戻りクミョン宅にて晩餐とあいなりました。
大宴会の食卓は一斉に襲い掛かった猛獣達に食べ散らかされて
鶴橋でゲトした物の画像しか現存していません。
倭中韓の料理を5人で食った食った

Photo_12 鶴橋は排水溝の中も真っ赤っか

今回の初体験を脳裏に焼きつかせて
戻っていった3人様。

次の日もBBQをなさったとか。
東播の韓国化も加速しそうです。

END

2009年5月 7日 (木)

楠公 松濤庵 @中央区湊川神社横

Photo_3 湊川神社の手作り市の帰りチトミさんと入った
路地裏のお店、結構いけました

「楠公」と書いてありますが楠木正成様も
こちらで食べたことがあるのでしょうか?

それは兎も角。。。。。。。

Photo_4 Photo_5

きつね550円、なんとまぁオアゲさんの大きいこと。
讃岐うどんが持てはやされ、この手の腰抜け関西うどんは最近
陰を潜めておりますがクミョンは小さい頃を思い出す、こんなうどんが
時々無性に食べたくなるのよね。。。。

Photo_6 Photo_8

チトミさんのカレーそば700円、これまた刺激の薄いカレーの出汁が
柔いソバと相性よろしいのでございます。
ミニ他人丼、これは普通のお味で400円はちとコスパ悪し。

こんな風に地味で静かなGWは始まり終わっていきました。
さぁ、本領発揮の日常に戻りましょう。

END

2009年5月 4日 (月)

グロワール @中央区トーアロード

Photo

トーアロードのTSUTAYAの少し上あたりにあるフレンチ
「グロワール」で北野の帝王の妻マーリンさんとランチです。

この手の入り口好きちゃうな・・・と一抹の不安を抱きながら店内へ。

Photo_2 Photo_3

前菜は普通に美味しかったです。ホタルイカの下にはクスクスが。
スープの容器とかが・・・・いつもながらダメだしの多い二人です。

Photo_4 Photo_5

左のマーリンさんがチョイスした牛の方が正解でございました。
クミョンの子羊のトマトソース煮は・・・こんなもんか、だってここ
観光客御用達な雰囲気が漂っています。

小寒い日だったのに入り口は開けっ放し、男子がそこで通る人を
勧誘していました。中で食事中の客の身にもなっておくれ、寒いし。

Photo_6 Photo_7

デザートもお子チャマ向けです。チーズケーキ風のものが美味しかった
ですが他のは・・・・・またダメ出ししてしまう2人です。

グラスワイン一杯とこのお料理で3000円近いのは如何なものか?
ですが、ここは一回訪れて欲しいお店なのです
ものすごくユニークな男子がいらっしゃいます。
クミョンよりずっと♀って感じ。ハーヴティーに入れる蜂蜜を出しにく
そうにしていたらそっと近寄って手を差し伸べて下さいました。
その様子はまるで・・・・・・

END

2009年5月 3日 (日)

あんたのいない日本なんて。。。。

Iwamanokiyoshiro1

兄さん、逝くには早すぎますぜ。
これでまた一段と日本は面白くない国になってしまいました。

みんなで最後にもう一回歌いましょう。

END

2009年5月 2日 (土)

楠公さんの手作り市 @中央区湊川神社

Photo_2 Photo_7

神戸駅から北へすぐに鎮座まします「湊川神社」では2年ほど前から毎月1日に
手作り市が開催されています。チトミさんと一緒に始めて攻撃してみました。

Photo_3 地元っ子は誰でも知ってる親しみ深い湊川神社。
立派な入り口をくぐった右側、楠が生い茂るあたりに
今回は60店舗くらいが並んでいました。

Photo_4

Photo_6 10時過ぎに到着しましたがまだ準備の出来ていないお店も、
まったりとゆるいムード。

ごったがえす京都の有名な手作り市などと違いとってもなごやかな雰囲気のなか お買い物できます。

Photo_8

Photo_10 Photo_11

フエルトで作る小物のお店、またしても普段買わない様な物を買ってしまいました。
中に鈴の入ったヒヨコは新之助のオキニになりました。

Photo_12 Photo_13

漆器のお店で木目の美しい赤いお椀を@800円でゲト。
少し難あり品ですが百貨店に出している商品だそうです。
おまけに「あすなろ」で出来た菜箸を4客も付けていただきました。

規模はまだまだ小さいですがこれからお店もお客さんも増えて
成長していきそうな予感がしました。またのぞきに来てみましょう。

END

2009年5月 1日 (金)

花の生涯ー梅蘭芳 を観てきました

Photo_2

中国京劇界の最高峰「梅蘭芳」の半生を清国末期の廃退的で且つ
妖艶な美しさを漂わせる北京を舞台に画かれた映画です。

京劇に疎いクミョン、実は梅蘭芳役のレオン・ライ様を久々に拝める
という理由で特別公演、一切の割引なしで2000円也にも関わらず
足を運んだのでありますが・・・・・

肝心のレオンライ様はなんとまぁ、ぽっちゃり系のオッサマ顔に。
唯一チャン・ツィイーと歌を合わせる上の場面のみ見応えがありました。
「ラブソング」から15年は経っているでしょうか、オッサンで当然です。

チャン・ツィイーが久々に、多分「初恋の来た道」以来とても素敵です。
ハリウッドでお金儲けもよろしいがやはり中国映画の中の
彼女が一番光るように思うのですが。

映画的には前作の「覇王別妃」の方が数段良かったような。
はめ込まれたストーリーが複雑過ぎ上手く繋がっていません。
主張したい部分がぼやけてしまい秀作とは言えませんでした。

けれど前半、青年時代の梅蘭芳を演じた少年の美しいこと!
舞台の姿は息を呑むほどです。お値打ちでございました。

特別公演はどうして?もしかしてこれがもらえるから?

Photo

北京の由緒あるお寺で祈念したお守りだそうな。
ピンピンアンアン(平平安安)で過ごせますよう財布に入れて
おきましょう。

END

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »