こちらもご覧ください♪

« 又来屋 @ソウル中区 舟橋洞 | トップページ | 国立中央博物館 @ソウル竜山区二村 »

2009年6月15日 (月)

植むら @中央区中山手通1丁目

Photo

ここらでちょっとソウルはお休みして倭国の美味しい懐石でもどうぞ。
10ヶ月ぶり2回目の「植むら」襲撃です。
ランチ族のクミョンにはうれしいお昼の営業を開始されたと伺ってから
半年近く、やっとお席がゲトできました。

K女史、OZW真理ちゃん、クミョンの3人でなんと貸しきり状態でした。
初夏らしいお料理で楽しい時間が過ごせました。

Photo_2 先付けは「しし唐と梅肉の水晶寄せ」
丁寧に包丁の入ったしし唐が美しい。

Photo_3

Photo_4

神様と旦那様に感謝しながら昼間に日本酒で乾杯でございます。
立ち杭のコレクションからぐい飲みを選びます。

Photo_5 紫陽花の花があしらわれた八寸登場。
残念ながらこの紫陽花は使いまわしで
ございましたが。

一つ一つ細かい作業の伴うお料理に
感嘆の声があがりました。

Photo_6

Photo_7 Photo_8

鱧の骨きりをご披露、大将植むら君はその饒舌と共に健在です。
椀物はその鱧で、夏向き?少しお味が薄いようですがここ流かしらん。

Photo_9

Photo_10 Photo_11

3人3様のお皿に盛られたサラダ仕立てのお造り。
伝助穴子と千草和えサラダ。

Photo_12

Photo_13 Photo_14

焼き物は時鮭の西京漬け、セロリの佃煮、枝豆。
とり皿が素敵でございました。

Photo_15 Photo_16

天ぷらの素材をお披露目、ひもピーマン、島らっきょう、モロッコインゲン、
新生姜。この季節の旬の野菜達が勢ぞろいです。
山椒と塩であっさりといただきました。

Photo_17 Photo_18

あかん、真坊我慢堪らんわい!ビール!
このガラスの器の薄いこと、美味しさ倍増でございます。

Photo_19 Photo_20

合鴨農法の日の光は炊き上がりの蒸らす前のものを一口いただいてから。
添えられた鰯の紅梅煮、べったら漬け、自家製ちりめん、肉味噌がまた美味。

Photo_21

〆のデザートも涼やかな一品でございました。
前回は始めてだったので植むら君の青さが目立っていた感がありましたが
ここはそれを楽しむ所と思い望んだので今回はゆっくり堪能できました。

Photo_22 伺った前の日がオープン2周年だったそうな。
神戸の日本料理のホープ、これからも頑張ってね。

また季節が変わったら攻撃したいお店です。

Photo_23 かわいい一休さんもいるよ。

END

« 又来屋 @ソウル中区 舟橋洞 | トップページ | 国立中央博物館 @ソウル竜山区二村 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植むら @中央区中山手通1丁目:

« 又来屋 @ソウル中区 舟橋洞 | トップページ | 国立中央博物館 @ソウル竜山区二村 »