こちらもご覧ください♪

« チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 | トップページ | 明洞はいつも明洞 @韓国の渋谷 »

2009年6月12日 (金)

サマセットパレスソウル @ソウルのレジデンス

Photo Photo_2

今回宿泊したのは鐘路区、地下鉄の安国駅から徒歩5分くらいにある
「サマセットパレスソウル」です。
世界中でレジデンスを展開しているアスコットグループが経営するレジデンスで
3泊ですがプチソウル生活を体験しました。

結論から言うと、ここものすごくお勧め超お勧め
今までロッテ、新羅、他いろいろ泊まりましたが立地、価格、お部屋、
どれを比較しても最高の得点を差し上げます。
仁寺洞まで徒歩5分、景福宮まで徒歩5分、お店や屋台の並ぶ鐘路を
南に20分ほど散策しながら歩くと明洞にも到達する便利さです。

Photo_3 Photo_4

少し贅沢ですが3人は宿泊可能なお部屋を1人で使用しました。
50㎡以上あります。奥のベッドの前にも小さなテレビがありました。

Photo_8 Photo_9

Photo_10 Photo_11

Photo_13 Photo_14

2ベッドルームの100㎡を越すお部屋まであるので家族で長期滞在
も快適だと思います。最近流行のプチ家出にも最適ですね
今度は1ヶ月くらい過ごしてみたいです。チ・ソンと1週間、カン・ジファンと
1週間、ウォン・ビンと1週間、最後は疲れたから一人で1週間(逃)

このタイプで一泊13000円ほど、ロッテなどで数万円払うことを思うと
断然こっちだと思いますが朝な夕な明洞でお買い物しないとソウルに
来た気がしない、日本人と日本語が回りに氾濫していないとどうも
不安だ、とか言う人には不向きです。

Photo_15

Photo_17 Photo_16

なんと簡単な朝食も含まれていました。
2階にビジネスセンター(ここにいたネーチャンだけ態度悪くて×)やジム、
美しいビリアードのお部屋、子供の遊戯場、PC(高くてコスパ悪し)、
そして朝食のいただける広いお部屋がありました。

入り口で卵を調理してくださるアジョシが毎朝にこやかな笑顔でお出迎え。
ヨーロッパ系南米系インド系東南アジア系、お客様は様々で今回日本人率
は少ないようでした。
屋上からは景福宮を見渡せ、時々滞在者が集まりBBQが催されるらしいです。

英語が少し話せる、タクシーくらい地図と手話でなんとか乗ってみせる
って方、次回はこちらでどうぞ。部屋には日本語の説明書がありましたが
フロントに日本語が話せる人はいない?みたいでした。

Photo_18

ホテルの真ん前には地味目な日本大使館が鎮座しております。
タクシーで帰る時ホテルの名前がなかなか通じにくいので「イルボンデサグァン」の前と
言うといいでしょう。大使館は常時警察の車両で厳重に警備されています。
この撮影時もっと近寄って写そうとしたら「シッシッ!」みたいなそぶりで追い払われました
部屋からも大使館が丸見え、どこぞのやばい国のスパイがこのレジデンスに滞在して
スパイ活動してるかも・・・・けど大使館のガラス窓には白い覆いが施され
中の様子は一切伺えないよう工夫されていました。

今回日本を発つとき空港で「わが国は北朝○と現在かなりやばい状態です、
いかなる用事があっても絶対行ってはいけません。どないなっても知りません。」
みたいな事が大きく書いてありました。

朝鮮半島は倭国のニュースでみるより緊張度合いは高まっているようです。
戦争。。。。なんて言葉が聞こえてくるかもしれません。

END

« チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 | トップページ | 明洞はいつも明洞 @韓国の渋谷 »

コメント

こんにちは~(^^♪
さっそく遊びに来ました!

私、次回ソウルに泊まる時は絶対ここにします!
プチ家出の時もここにしよう~っと。

また遊びに来ますね~。^^

ひなオンマ様
遠くからご来訪ありがとうございます。
ひなオンマさんのアドバイスで楽しいお食事ができ感謝感謝です。
けど水原計画は実行できませんでした。
北村の散策もあの年代3人連れては無理でした。
いろいろまだ後ろ髪引かれる思いで帰ってまいりました。
これからも後半部分垂れ流しいたします、時々覗いてくださいませ
あのレジデンス良かったですよ、声はありませんでした

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サマセットパレスソウル @ソウルのレジデンス:

« チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 | トップページ | 明洞はいつも明洞 @韓国の渋谷 »