こちらもご覧ください♪

« 帰ってきてしまいました。 | トップページ | チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 »

2009年6月 9日 (火)

仁寺洞スジェビ  @ソウル鍾路区

Photo

さてさて、今回のソウルは昭和の乙女達を3人お連れしての珍道中でございます。
関空から金浦空港に2時ごろ降り立った4人はホテルから歩いて5分位の仁寺洞で
早々にスジェビを頂きました。
「仁寺洞スジェビ」は伝統的な作りの店内、壁一面にスジェビを入れる陶器が積み上げられています。

Photo_2

スジェビとは?すいとんのことだそうです。湯気でくもっちまいました
乙女達は戦時中を思い起こされたことでしょう(逃)
二人前なのにとてつもない量でした、瓢箪を半分にした匙で
4人に取り分けてもまだ余ります。牡蠣を干したものがたくさんと貝、
海苔、葱?などなど具も沢山入っています。
スープがとっても美味しく倭人好みのお味だと思います。

Photo_3

こちらはパジョンが美味しいことでも知られたお店です。
直径30cm近くある大きさでしたがパリッと焼き上がり美味
人生で何枚かパジョンやチジミを食べましたけれどベスト賞です。
「クルバジョン」とありますから牡蠣の葱焼ってことですね。

実はすごくお腹が空いていたのです・・・・・・・

Photo_4 11時55分発の大韓航空での機内食はオソマツ
でございました。シーチキンみたいなのを詰めた
トルティーヤ?にパイナップルが一切れ。

ここでこそオデンとトッポッキを出せばいいのに。
面白いやんスッチーが屋台のアジュマみたいに
オデンを積んだカートを押して機内を練り歩く。。。

Photo_6 スジェビW5000×2、パジョンW9000で計W19000。1人380円ほどでお腹いっぱい。

お店のアジュマ達は一見ツワモノに見えますがとっても親切で優しい方ばかり。近所の屋台で買ったトッポッキをおすそ分けしてくれたり、一店目から大当たりでございました。
「コルベイン」ってつぶ貝?を甘辛く合えたものに素麺みたいなのが添えられたのもすごく美味しそうでした。
次は夜に来てトンドンジュ(伝統酒)で盛り上がりたいお店です。

Photo_7

Img_1356_2 その後は仁寺洞のメインストリートでかわいいお土産や家具のお店を物色いたしました。W安の影響で手の届くお値段?螺鈿細工の煌びやかな家具たち。

けれどクミョン宅の清貧なお部屋には到底似合うものとは思われず放置。お家で宮廷ゴッコをして遊びたい方には
超おすすめでございます。

END

« 帰ってきてしまいました。 | トップページ | チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仁寺洞スジェビ  @ソウル鍾路区:

« 帰ってきてしまいました。 | トップページ | チンウォンジョポシンタッ @ソウル東大門 »