こちらもご覧ください♪

« 2009年の夏に | トップページ | 同源の薬膳プリン @灘区岩屋北町 »

2009年9月10日 (木)

ココ・シャネル 

090407_chanel_main1_2

久々に映画館に足を運びました。永遠の憧れ「ココ・シャネル」

ガブリエル・シャネル、後のココ・シャネルを演じるのは自身もシャネルの大ファンと
いうシャーリー・マクレーン婆さん(失礼)。口元の皺も気にすることなく熱演して
いらっしゃいます。映画は70歳当時の世界と過去を織り交ぜての展開です。

映画の構成としてはあまり上等ではありませんでした、英語で語られるこの世界にも
しっくりいかない物を感じました。
しかし今まで憧れだけであったシャネルですがその生い立ちやエピソードを知ることで
少しだけ身近なものになったようにも思えます。

ココって猫の名前だったんですね、あの白いくちなしの花も真珠のネックレスも
理由があったのです。女ってやはり大きく影響を受けた男は忘れられない生き物なのだ。

最後のメゾンでのショーはため息ものです。あのツゥイードのスーツを着てみたい
と思う願いはきっと叶わないだろうけれど、死ぬまで女であることは忘れまじ。

フランス版でアメリの女優さんがシャネルを演じる映画も近く公開予定ようです。
そちらも気になりますね。

END

« 2009年の夏に | トップページ | 同源の薬膳プリン @灘区岩屋北町 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ココ・シャネル :

« 2009年の夏に | トップページ | 同源の薬膳プリン @灘区岩屋北町 »