こちらもご覧ください♪

« ビストロ・ダ・アンジュ @大阪市中央区心斎橋2丁目 | トップページ | ル・ベナトン @西宮市寿町4-12 »

2010年5月10日 (月)

ブレスレス(息もできない)観てきました。

Photo

撮影終盤には借金して製作したという「息もできない」
神戸では上映なし、一人シネマート心斎橋まで見に行きました。

俳優ヤン・イクチュンが製作、監督、脚本、編集、そして主役。
監督自身の内部に積もり積もった情念を爆発させている映画です。
韓国の底辺で生活する人間達のどうしようもない葛藤と歪曲していく
人生を二人の主役がリアルに表現を重ねます。

イケメン俳優も整形美女も出てきません。
そこんとこヨロシクでご覧ください。

Photo_2

ヤン監督演ずる男サンフンは借金の取立て屋。
幼い頃父親の暴力により母親と妹を失ったサンフンは
父と同じく暴力でしか自分を表現することが出来ない。
ただ一人そんなサンフンを全く恐れない女子高生ユニ。
ユニ役のキム・コッピ、感情を押し殺した表情が良い。

韓国には優秀な俳優さんが五万とおりそう、当分
倭国はこの分野で太刀打ちできない状態が続くだろう。

「韓国の父親は最低」監督のこの言葉を象徴するような二人の父親。
ベトナム戦争従軍の影響、貧窮の泥沼的継承、お隣韓国も倭国同様
逃れられないカルマがあるようだ。

最近神戸にこの手の映画が全く来なくなったような気がする。
パク・チャヌク監督の最新作「渇き」も大阪の小劇場であっという間に
終了で見逃してしまった。

ひなオンマさんが紹介されていた韓国で100万人が見たという
ウォナンソリ(カウベル)はいつ来るのだろう。

アバターやアリスもいいけれどクミョンはやっぱし生身の人間の
汗や匂いを感じ取ることの出来る映画の方が好きだなぁ。

これ良さげだけどちょっと暗そうでだめだわ。。。って方に。

Photo_2

天下のイケメン、チャン・ドンゴン氏の「グッドモーニング・プレジデント」
これどうよ7月24日までお待ちください

END

丸川?きん枝?堀内?中畑?岡崎友紀?あぁ、惨議院選挙。
本日追加、ヤワラちゃん・・・・・・

« ビストロ・ダ・アンジュ @大阪市中央区心斎橋2丁目 | トップページ | ル・ベナトン @西宮市寿町4-12 »

コメント

「息もできない」ご覧になったんですね。

派手なアクションや3Dもたまにはいいですが
やはり、人間の汗の匂いがする映画っていいですよね。

今年のカンヌ映画祭に出品された「詩」という映画もよさげです。
次回はこれを見にいこうかなぁ・・と考えております☆

「詩」ですね、覚えておきます。
内容検索してみましたがジワ~とくるいい映画みたいですね。

日本は興行的に難しいものは神戸なんて田舎には来ないみたいです。
東京まで見に行ってやろうか!怒!って事も多々あります。

ミヤリッチ、も思わず検索してしまいました。
チャンファ、も美しいナムジャの登場は期待できないのですね。。。。
見る気なくすんですよね。けどドロドロ好きなもんで。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブレスレス(息もできない)観てきました。:

« ビストロ・ダ・アンジュ @大阪市中央区心斎橋2丁目 | トップページ | ル・ベナトン @西宮市寿町4-12 »