こちらもご覧ください♪

« 辻和金網 @京都市中京区堺町通夷川下る亀屋町175 | トップページ | シトロンシュクレ @京都市中京区姉小路室町西入ル突抜町139 »

2010年10月19日 (火)

岩さき @京都市中京区釜座通御池上ル723

Photo_6 Photo_7

10月半ですがまだ暑さの残る京都です、OZWの真理ちゃんと
今回選んだランチのお店は釜座通りの「岩さき」さん。

開店してまだ3年ですが去年☆一つを獲得したお店です。

もろこし茶でほっと一息、食前の一献には新潟のお酒を頂きました。

先付けは焼き茄子に湯葉、雲丹が添えられています。
「食い出汁」と説明のとろっとしたお出汁が美味しいです。

Photo Photo_2

椀物はふっくらとしたしんじょう、白きくらげに大きなホンシメジ。

使われた菊花の美しいお椀は百年ほど前のものだそうです。

Photo_3 Photo_4

ご主人(ええ男でした)が切り分けて登場、向附のお造り。

混ぜてどうぞ、と海から遠い京都らしい演出。自家製のポン酢が
お魚の味を引き立てます。

Photo Photo_3

焼き物 若狭かれい

器はご主人が長年集めていらした骨董物が多いようです。
さすが有名な旅館で長らく腕をふるって来た方だけあってご趣味が
宜しいです。

お凌ぎ ぎんなんがかわいい秋のおこわ。

Photo_4 Photo_5

打ち出しの立派なお鍋登場。多分今年最後の鱧を頂きました。

京言葉がはんなりな女将のお母様が取り分けて下さいました。

Photo_6 Photo_7

調度よい頃合に炊きあがった土鍋のご飯は絶品です。

この「すっぽんちりめん」美味しい~、持ち帰りできるみたいです。

Photo_8

水菓子は梨と葡萄、自家製のわらび餅も絶品でございました。

お料理内容は八寸がないので少し見た目のインパクトに欠けますが
全体のバランスはうまく取れた流れで満足感はありました。

ただ・・・・・・・女将さんとお母様、食事中も途切れることなく会話を
振ってこられます。クミョンみたいに掛け合い漫才が好きな客はよろしいが
落ち着いて静かにお食事を、な方には不向きかも。

凛とした表情の入り口や店内の花の設えがすごく素敵です。
いろんな意味で京都らしいお店でございました。

END

« 辻和金網 @京都市中京区堺町通夷川下る亀屋町175 | トップページ | シトロンシュクレ @京都市中京区姉小路室町西入ル突抜町139 »

コメント

やっぱり。。都は。。すみから隅まで。。ええどすなぁ。。
そうだ。。京都に行こう。。。。

そうだ・・・・京都に来て、帰りに神戸に・・・お越しやす~

いこっかなぁ。。遊んでくれんの。。

新之助がガイドつかまつる~って言ってますよ
猫の歩行に合わせてね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩さき @京都市中京区釜座通御池上ル723:

« 辻和金網 @京都市中京区堺町通夷川下る亀屋町175 | トップページ | シトロンシュクレ @京都市中京区姉小路室町西入ル突抜町139 »