こちらもご覧ください♪

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

南座検証してまいりました。

Photo

陶芸のセンセェ、OZW真理ちゃん、Tちゃんとクミョンの4人で
研修を兼ねた京都散策に行ってまいりました。

その様子は後に述べるとして・・・・・・

渦中の南座前で「まねき」をチェックしてみました。

海老様のまねき、まだ上がってますやん
引きずり下ろしてやろうかと思いましたが何分の高さゆえ諦めました。

Photo_3

さすがに演目表からは名前が消えていました・・・・・

近年今年ほど注目された顔見世はないのでは?
海老様の顔も心配ですが歌舞伎という倭国を代表する文化も
陥没骨折を受けたような気がしてとても残念です。

先ほどWeb松竹のサイトでチケットの状態を調べてみました。

後半の売り出し2日目ですが花道サイドの席も空いていたり。
贔屓筋が動いて席は最終的に埋まるということですが
1番の被害者は松竹さんではないかと思われます。

その後花見小路のカフェでまったりと1時間ほど休憩いたしました。

Photo_4

N I T I  さん、あの佳つ乃さんが「やまがた」というBarをしてらした場所です。

Tc1_search_naver_jp2 当時の店内での佳つ乃さん

この水割り一杯、いったいお幾らほどだったのでしょう?
ま、氷1個が千円以上したことは確かだと思います。

現在はモダンな家具を配した落ち着けるカフェです。

Photo_5

今回クミョンがこちらで頂いたのは柿の果実がたっぷりのかき氷。

日光の天然水を自然に氷らせた氷を使用、1200円。

Photo_7

皆さんがご注文のケーキと山椒のアイスクリーム
も美味しそうでございました。

少しお高いお店でしたが静かで優雅。

お勧めなお店でございました。

END

2010年11月29日 (月)

参照画像

Up

デスクトップ用にとのお申し出がありましたのでサンプル貼り付けます。

OKでしたら大きな画像を送りますのでご連絡よろしくです。

と、今回は伝達用にアップいたしました。

♂は撮影に出かけたので散歩のついでに1人ランチ。

Photo

とある小さなイタリアンのお店で。「松花堂風ランチ」とか書いてあったので
オーダーしたら・・・・ワンプレートに全部乗ってるってだけでした

飲み物もデザートも無し、これだけで1500円、高! 
まあ、事前調査無しで入ったらひどい目に会うっていう例でございました。

Photo_2

寒くなったので猫は西日のがんがんに当たるところでお昼寝です。
出てきたら湯たんぽみたいに熱~くなっています。

今週は半島の情勢に海老様にと頭がぐるぐる回って疲れました。

キャバクラで酔っぱらうと「俺は人間国宝だぞ!」って叫ぶのが海老様の
常であられたとか・・・・私設ファンクラブ一時休会とさせていただきます。

END

2010年11月27日 (土)

京料理 たか木 @芦屋市大原町12-8

Photo

JR芦屋駅から北へすぐ、「京料理 たか木」さん。
数年前からずっと行きたいと思っていたお店です。

参加メンバーは久々のR兄さん、K女史、OZW真理ちゃん、クミョンの
4人でお昼に伺いました。今回☆☆をお取りになったようです。

スタートの先付けは季節感溢れる内容でございました。

(以下画像多し、御覚悟あれ)

続きを読む "京料理 たか木 @芦屋市大原町12-8" »

2010年11月26日 (金)

L'Ami @神戸市中央区三宮町3-4-3

Photo

陶芸教室前のランチ、OZWの真理ちゃんとトーアロード脇道にある
洋食のラミさんを攻撃してみました。

ここ、大人気ですね~11時40分に到着しましたがもう店内満員、
5,6人並んでいる状態でした。

真理ちゃんはこちらのスターメニュー「カキフライ定食980円」

Photo_3

トロトロ系の大好きなクミョンは「ビーフシチューオムレツ定食800円」

思わず美味しい~って笑顔になるオムレツでした。

今回の驚きはシェフの奥様だと思ってた方が娘さんだったこと。

クミョンも過去に父親の薬指だと思われていた時期があったなぁ

Photo_4

先日こんなパンをゲト。そこで疑問が。

キャッチフレーズは「加古川の朝はアーモンドトーストから始まります」
本当に加古川の人々は毎朝アーモンドトーストを食べていらっしゃるのでしょうか?

これは甘過ぎて食べられたものではありませんでしたが・・・・・・・

END

さすが荒事で有名な成田屋のプリンス海老蔵様、リンク外で大乱闘
10月から1月の東京公演まで超過密スケジュール、いくら若くても
よく頑張るなあ~と感心していたのですが。が。が。が。

神戸の姉からひとこと。。。。。。。

「この大馬鹿もんがぁ

2010年11月25日 (木)

メタセコイア と JUNDOG 

10

週末の六甲森林植物園で♂が撮影したメタセコイアの森です。
アップして欲しそうだったので今年最後の紅葉、御笑覧くださいませ。

このエリアはすごく神秘的でクミョンもオキニな場所です。
園内はもう冬支度が始まっている頃でしょう。

Photo

お給料前なのでおうちでランチ
近くのスーパーで「JUNDOG」なるものをゲトしてみました。

北海道は旭川の名物?だそうです。ずっしりと重いです。
レンジで2分チンした後5分蒸らすのが美味しく頂く調理法だそうな。

Photo_2

北海道版天むす?大きなエビフライが存在感有りですね。
ソースの味がじゅわーっと美味しいです。
けど398円はちょっと高いかな。

紅白、福山君と徳永君とポルノグラフィの出番だけ録画できる方法
ってないかしらん。ご存知な方教えてください

END

レオニー 観てきました。

Photo

世界的な日系アメリカ人の芸術家イサム・ノグチの母親レオニー・ギルモア
の物語「レオニー」、中村獅童が嫌いだけれど観てきました。

100年以上前のアメリカ、一流女子大学を卒業したレオニーは編集者を
求めていた詩人野口米次郎とニューヨークで出会い恋に落ちます。

自由奔放に生きるということは普通の生活を捨てるということ、それは
多分に普通以上の苦労と問題を抱えて生きるということ。

クミョンもそれは身に滲みて実感しております。はい。

あの時代にそれをやってみせたレオニー、ご立派でございます。

本妻さんがいるとも知らず2歳のイサムを抱えて横浜に降り立つレオニー。
案の定彼女は半ば捨てられ、子供2人を抱えて(妹は父親が違う?)
金銭的にも苦労を重ね知人から資金援助も受けるような生活だったようです。

え?イサム・ノグチって誰さ?っていう方も

これ Photo_2 とか Photo_4 これは

ご存知だと思います。彫刻だけにとどまらずインテリアデザイン、作庭、
舞台美術、陶芸、などなど沢山な作品を残しておられます。

かなりのイケメンで女性遍歴も激しかったようで・・・・・

クミョンが始めて彼の名前を知ったのは「李香蘭の夫」としてだったっけ?
(4年の結婚生活で2人が暮らしたのは北大路廬山人の邸宅内!)

日本人の女性監督が7年の歳月をかけて製作した本作品は衣装、
装置、全て細やかで丁寧で日米両国のどちらの人がみても違和感は
ないと思われます。

「お母さん、僕はあなたの創造物だったのですね」

エンディングの札幌モエレ沼公園のシーンが印象的です。

END

今日は40回目の三島忌です。彼が存命なら今の極東情勢を
どう見たか、今こそクーデターをと叫ぶ姿が思い浮かびます。

2010年11月24日 (水)

海鮮味噌チゲ

Photo_7 Photo_8

T様から頂いた韓国土産、海鮮味噌チゲの素を使用して作ってみました。

海老、葱、玉ねぎ、豆腐、エリンギを適当に投入。後はグツグツグツ・・・
韓国のお味噌は小さい時に市場に行くと漂っていた懐かしい
深~いお味噌の良い香りがします。あの頃は日本も量り売りでした。

美味しいです。激辛ではありません。ご飯がススム君です。
後ろは鶏の中国醤油煮と青梗菜のあっさり炒め。

Photo_10

日本人の溜まり場明洞にある小さなスーパーで購入されたのだとか、
日本語の作り方が貼り付けてあります。親切なお店もあったもんだ。

大型スーパーではレジ終了後に宅配の手配をしてくれるサービスまで
あり日本への荷造りもしてくれるらしい、便利ですね。

ところで、先日クミョンは住んでるマンションのエレベーターに
「何」と一緒に乗ったでしょう?

ビビリながら携帯で写したのでピンボケ画像でごさいます。

Photo_11

お散歩帰りのペットです。鷹です。ブログ魂で一緒に乗り込みました。

時々綱なしで大空に放してやるそうです。口笛ですぐ戻ってくるそうな。

犬猫禁止なマンションのはず、あ、だから鷹はOKなのか?

Photo_12

クミョンもこんな猛獣を飼ってるじゃないかって?

いえいえ、何回も書きますが、こいつは我が家の長男です。

一度小学校に連れて行ったことがありますが授業についていけなくて。
それ以後引きこもってます。はい。

END

2010年11月22日 (月)

ビバ!ラブ 見て来ました。。。。。

Photo_2

元町映画館、ただ今韓国映画祭開催中。

このキム・ヘスクさん、コテコテのパンチパーマのおばさんを演じたら
天下一品、クミョンのお気に入りの女優さんです。

彼女が演じる50歳の下宿屋のアジュマが20歳年下の男と、それも
娘がポイっと捨てた男とラブ・・・・・倭国的感覚だとプラトニックかなと
思うところがおっとどっこい、韓国映画はしっかり妊娠までしちゃいます。

「グッモニン プレジデント」「クロッシング」と良い映画が続いたので
期待して行ったら、なんだかとても Shit な作品でございました。

休日なのに観客7人、その内老夫婦が1組、見るに耐えなかったのか
途中で退場されました。

Photo_3

あまりに不味い映画だったので入る前に食べた「卓」さんの
玉子とじ蕎麦の味を忘れてしまいました・・・・・

鑑賞後映画館を後にしようとした時、入り口にかなりの人だかりが。
なぜだか皆さんクミョンに携帯を向けているではありませんか!

「え!私ってとうとうアイドルになったのかしらん?」

違いました。大きく違いました。

Photo_4

身長180cmはゆうに越える小顔の男子がそこにおりました。

皆さん代わる代わる横に並んで撮影会開始!

Photo_5

映画祭は4作品上映されているのですが、その内の「飛べ、ペンギン」に
主演しているチェ・ギュファン君のようです。

けど・・・・・チェ・ギュファンって誰?聞いたことも見たこともないし・・・

なのになんだか興奮して携帯撮りまくってるクミョン
日頃テレビの中でしか見ない韓国男子、実際に「生」で見るとかなりな
量のフェロモンを発生しておりますね。

END

元町映画館、もうちょい上演映画を考えた方が良いのでは?
リバイバルのみの上演なのだから料金設定もあと少しお安くないとね。

2010年11月20日 (土)

あーぼん @芦屋市楠町6-8 くすのきマンション

Photo

年中行事の一つ、「あーぼん」参りでございます。
同行は北野の帝王の妻まーりんさん。

最近画像大きいって?人間年とってがめつくなると画像も大きいのよ

これこれこれ~これを食べに来たのです。
スタートは冬の風物詩、でっかい「蟹足」から始まります。

Photo_2 Photo_3

こちらはお任せでどんどん揚げたてが登場します。
カメラなんて手にしている余裕が段々なくなってきました。

代表的な美人さんだけほろ酔いで写しました。
右はフォアグラの乗っかった濃厚な一本。

Photo_4 Photo_5

生ハムのベールを被ったのとか、右は追加で頂いた子柱に雲丹。
クミョンは最後にデザート串の巨峰をいただきました。

今回はなんだか軽く最後まで到達したような、ポーション小さくなった?
もしかしてクミョン達の胃が拡張した?全部で20本くらいでした。

Photo_6

そうそう、中間地点くらいで小さなお椀の茶そばが現れます。
銀杏の素揚げが出てきたらコース終了でございます。

あとシャーベットと熱いお茶が供されるのですが、この2点が
かなりお粗末なので改善して頂けたらと思います。

前から予約が取れにくいお店なのにミシュラン☆なんて取ってしまい
ますます難関店になりました。次いつ行けるかしらん。

END

ここ「この人たちの関係はいったい何?」ってお客が絶対一組いる
のです。今回も60代くらいのオッ様が3人くらい女の子を連れてて・・・・
これからは☆以降に予約を入れた人達になるから客層も変わるかな。

 

2010年11月19日 (金)

Fromagerie Miuさんで祝解禁 @神戸市中央区京町76-2

Photo

11月18日、今年もボジョレーヌーボー解禁の日がやってきました。

最近は盛り上がりも無く・・・って書いてるメディアもあるけれど
それは違うと思うのよね。騒がれなくなったのはワインという飲み物が
倭国にすっかり浸透して特別なものではなくなった証拠です

Photo_3

京町筋のビル内部にある「フロマージュ ミウ」
さんにて「ヌーボーとチーズが600円」の企画が
開催されておりました(一日限りみたい)

Photo_4

OZWの真理ちゃんとお邪魔しました。
美味しいけれどチーズと合わせるにはやはり普通のワインの方が
いいかもしれません。よそ見してる間に真理ちゃん2杯すーっと完了。

Photo_6

違う日に頂いたキッシュもチーズがたっぷりで
すごく美味しかったです

色々メニューも増えてきています。

「帰りに一杯ひっかけて」どんどんクミョンの
オッ様化が進みそうな危険な店です

END

そうそう・・・・・・

Photo_8

ベルエベルで今年も開催中の生徒さんによるネイルルーム。

「ジェルネイル1500円」に踊らされ行ってしまいました。

「大人の女性の雰囲気でシックに」がコンセプトでしたが・・・・
こんなツタンカーメンの呪いみたいな爪に仕上がりました

2010年11月17日 (水)

Orfeu @神戸市中央区播磨町45番地 The45th 10F

Photo

ソウルから無事戻られた昭和の乙女達3人の報告会が元町大丸東の
フレンチレストラン「オルフェ」さんにて開催されました。

ここはオオバコなので少々おしゃべりの声が高くなっても大丈夫かな
と選ばせて頂きました。案の定、喋る笑うの3時間。。。。

「オルフェスペシャル新鮮魚介と旬野菜のサラダコンポジション2010」

美しい前菜に乙女達もご満足なご様子です。

続きを読む "Orfeu @神戸市中央区播磨町45番地 The45th 10F" »

2010年11月16日 (火)

六甲森林植物園にて 

Photo

森林植物園にて、♂が11月13日に撮影した画像です。
(少し仕事関係が多忙で拝借画像ばかりですね、反省

園内の長谷池の周りは色づいている木も多かったようですが
全体的には6分くらいの紅葉状態だったとか。

Photo_2

充分色づいている木もあったみたいですが・・・・

次の週末辺りがピークと思われます。来園者も多いのでしょうね。

Photo_3

ただ猛暑の影響か痛んでいる葉っぱも多かったとかです。
よく見ると穴だらけです

穏やかな日本の四季が楽しめない様になってしまったら
それこそ日本はおしまいです。

END

15年ぶりにこんな人物が突然現れました。。。。。

Photo_5

クミョンと旧知の方はご存知かと。ラリーさんです

還暦記念に奥様とアジアをあちこち1ヶ月間の旅行中、懐かしい
神戸も来訪、次はベトナム→カンボジアと巡る予定だそうです。

「皆さんお元気ですか?サンフランシスコに遊びに来てください」

とのことです

2010年11月15日 (月)

まだ引きずるか?な木曽路関連最終レポ!

Photo_2

木曽路の最後は「妻籠宿」にちょっと寄り道してみました。

江戸時代の雰囲気を楽しめる所、なようですが観光客目当ての
お土産物屋さんがずらっと並んだ200mくらいの通りでした

調度お腹も減ってきたので3,4軒あった中で1番素朴なお蕎麦屋さん
を選んでみました。「もりそばと五平餅のセット」千円也。

Photo_3

お店の名前もわかりません。だけれどなかなか美味しゅうございました。

スタッフのおば様も大変面白い方で話がはずみました。
気取ったお蕎麦屋さんよりクミョンはこの方がいいなぁ。

Photo_7

ヒノキで出来た商品を取り扱っていたお店がありました。

手前はヒノキのかんな屑を詰めた枕です。
いい香りですが頭を乗せたら痛そうでパス。

この後クミョンが運転をすることになりました。代わるなり♂は爆睡。。。。

結局大津SAまで220k、渋滞のなか4時間運転させられる羽目に

Photo_8

陶芸教室のオヤツタイム。

野沢菜5%入りのプリッツは普通の半分
くらいのミニサイズです。

一味の入った辛いキットカットも信州限定。

Photo_9

Tチャンお手製のスィートポテト、ご実家のお芋使用。
ごっつあんでした

END 

2010年11月14日 (日)

木曽駒高原の紅葉

Img443_2

Img455_2

今回中版カメラであまり良いのが撮れなくてがっかりだったようです。

特に遠景、御嶽山とかは全滅でアップ許可が出たのはこの2枚のみ
でした。重たいカメラと三脚を持って走り回ったのに残念です

デジカメ写真をもう一枚、前回と同じく阿寺渓谷にて。

Photo

黄砂の中、六甲森林植物園まで撮影に行ってきたようです。

神戸の山々もそろそろ色づいてきた様ですね。

END

2010年11月13日 (土)

ル・ベナトン @西宮市寿町4-12

Photo_9

信州では和食ばっかりだったので戻って早々OZW真理ちゃんと
夙川のフレンチ「ル・ベナトン」さんでランチいたしました。

前回春の訪問時は素晴らしい内容でした。さて、今回は。

(ル○ットのマダムからフロアの男子が可愛いのに変わった、との
貴重な情報があり今回はそれも楽しみに、大変ヨコシマ~)

続きを読む "ル・ベナトン @西宮市寿町4-12" »

2010年11月12日 (金)

時香忘 @長野県木曽郡木曽町新開芝原8990

Photo_2

撮影の時はお昼ご飯もパスするようですが今回はクミョンの我がままを
一回だけお願いして、開田高原近くのお蕎麦屋さんに行きました。

「時香忘」さん、国道9号線から361号線に入ったところにある
恐らく?日本一こだわったお蕎麦屋さんです。

パーキングエリアから店内へのアプローチ、橋の下はせせらぎが流れ
鳥の声が聞こえます。練馬、京都、尾張小牧いろんなナンバープレートの
車が停まっています。先客万来で30分くらい待たされました。

Photo_3

神戸にも美味しいお蕎麦のお店が増えてはきましたがこの環境は
信州ならではです。店舗を囲む木々の落葉が美しいです。

Photo_4

「粗挽きおやまぼくち蕎麦 1200円」

蕎麦から自家農園で栽培、粉に引く機械も特別仕様、勿論水は
中央アルプスの湧き水使用・・・・・等々すべてこだわり。

おやまぼくち、というキク科の植物の葉脈を極僅かだけ混ぜているそうな。
なんと厳かなお蕎麦でしょう。ゆっくり頂きました。

Photo_5

出来上がりまで15分くらい待たされるのでその間山葵をすりすり。
これがまた上品な「これこそ山葵」な山葵でございました。

インテリアは蕎麦屋というよりカフェ?スタッフのユニフォームもフレンチ
のそれのようです。ご主人は厨房で奥様とお嬢様?がフロア担当。

Photo_6

器もなかなか素敵です。濃厚な蕎麦湯を最後に頂きました。

蕎麦自体はさすがに美味しいものでしたが、漬け汁がかなり
薄味で頼りない食感になってしまいました。

Photo_7

♂は「粗挽きおろし蕎麦 1500円」を大盛りで。

これも織部と鉄の良い雰囲気の器です。美味しかったけれどこちらの
お出汁も薄くて・・・・・雰囲気は抜群でゆっくり休憩できました。

この道を通ることがあればまた訪れてみたいお店です。
もう少し走ったところにある「高原食堂」も素朴で良さそうでした。

今回はびっくりするほど美味しいお蕎麦に巡り会いませんでした。
御影の「ふくあかり」さんでクミョンは充分かな。

END

良い店なんだけど看板に自ら「幻の蕎麦」って書くのはやめた方が

2010年11月11日 (木)

御嶽山 @信州サンセットポイント百選

Photo_2

♂の画像が遅くなりそうなので今回はクミョンのコンデジで写した
御嶽山です。想像以上にスケールのでかい男性的なお山でした。

壮大な景色を眺めながら車の中で「木曽のなぁ~御嶽山~」と大声で
歌ったらかなりストレスが解消できました。

日本人が誰でも知ってるこの歌ですが始めて聞いた♂はクミョンが
突然狂ったのかとびっくりしていました。

Photo_3

裾野の開田高原で、ぶるぶる震えながらトウモロコシ入りの
美味しいソフトクリームを食べました。

野菜を売ってるオバちゃんに「こんな景色を毎日見られるなんて最高
ですね」って言うと「あの御嶽山が邪魔して陰になってここらは寒い。」と。

クミョン達が「ルミナリエはもおうんざり~」って思うのと同じですね

Photo_4

「日没は逆光になってしまう」ということを愚かな2人は考えて
いませんでした。なんとかアップ出来る画像はこの2枚だけでした。

♂のフィルム写真に期待いたしましょう。
次回はこの日に頂いた人気のお蕎麦屋さんをアップします。

END

また神戸ですかい それより、小泉君の腕に巻かれた緑の輪っか、
あれは何なのでしょう?気になって寝られませんでした。

END

2010年11月10日 (水)

森のホテル @信州木曽駒高原

Photo_2

撮影は天候に左右されるのでホテルを探し始めたのが2日前。
そんな時に宿泊サイトで残ってるところは・・・・・

全く期待しないで行きました。森の中にあるから「森のホテル」
ホテルとは名ばかりでお部屋は10畳の和室、昭和な雰囲気の浴場、
素朴すぎるほど素朴なスタッフの方々。WALDはドイツ語で森だそうな。

Photo_3 (信州サーモンと馬刺し)

けど、その素朴さがとっても和むホテルだったのです。

フロントのオッ様は夕食時の配膳も担当、お布団を引いてくれる人も
食堂で給仕をされておられます。男子3人女子2人くらいで全てを
補う超家庭的サービス。どの方もすごくフレンドリーでした。

夕食も地元の素材を使ったそれなりに楽しめる内容です。
珍しい馬刺しのフィレを頂きました。普通よくあるのはロースだとか。

Photo_4 

「朴葉味噌焼き」 朴葉の上にお味噌と鶏肉を置き蓋をして蒸し焼きに。
6月限定の生の朴葉で包んだ美味しいちまき?が人気みたいです。

Photo_6

国道9号線から少し東に入ったところ、駒ケ岳が望めます。

玄関前、駐車場の向こうはゴルフ場でした。朝靄の中でのプレーは
とても気持ち良さそう。車は霜だらけになり震えていました

Photo_7

朝食に登場した「木曽駒高原牛乳」が美味しかったです。

4時半頃1人撮影に出かけた♂は朝食時間ぎりぎりに戻ってきました。

1泊2食14800円、このお値段なら文句言うのは無しですね。
再訪は無いかもしれませんが、スタッフの皆さんお元気で

END

2010年11月 8日 (月)

錦秋の木曽路

Photo_3

土日1泊で木曽路まで撮影旅行のお供に行ってきました。

通常♂単独で行くのですが今回は「熊除け」になるとかで
クミョンも同行することとなりました。

この様な山中の渓谷で陽のある間はあっちゃこっちゃうろうろ。
午前中は外気温3度、最高気温13度。朝に今年初めてダウンを
着ました。手ぐすね引いて待っていましたが熊は出てきませんでした。

しかし今回「千円ドライブ」の恐ろしさを思い知りました

名神京都南、中央道中津~恵那、25k~30kの渋滞で時速20kで
走行すること2時間、膀胱の小さいクミョンには苦痛でした。

料金は神戸から岐阜県中津川まで片道2350円。千円ちゃうやん

今回1番きれいな長野県の北はもう落葉していたので南部の
御嶽山などの近くを選びましたが・・・・・紅葉は今ひとつでございました。

仕事と洗濯物が溜まりまくっています。
ちょっとアップが遅れそうです。今日はこれにて

END

2010年11月 6日 (土)

優雅な休日 @神戸市西区や長田区や中央区

Photo_2 

優雅な休日の過ごし方、それは「野菜の買出し」でございます。

西区のJA「六甲のめぐみ」久々の攻撃です、テーブルに乗り切れない
くらいの野菜たち、これ以外にまだみかんが12個とお米5kg。

何人家族?2人で~す。文句ある~?

Photo_6 Photo_7

朝食抜きで出かけたので車の中でお腹はなり始めました。
おおお!長田神社前の道に「くらすし」発見

「くらすし」「吉野家」「スシロー」が横並びで競い合っています。

この手の回るお寿司屋さんってなんだか興奮するんです
なんと「おせち」まで回ってきました、百円ではない様です。

くらすしって無添加って大きく書いてあるでしょ?あれ疑問なのよね。
何が無添加なのでしょうか?他の寿店屋は何が添加されてるのでしょう?

Photo_9

びっくらポン・・・・・3回したけどはずれだった

2人で1575円、優雅なランチでございました。

Photo_10

サゴシを六甲のめぐみでゲトした香菜とで蒸し焼きにしました。
味付けは中国醤油、砂糖、酒です。

上海出身のコックさんが作るとなぜだか本場の味になります。

END

(ちょっくら山岳地帯に遠征です、火曜日までお休みさせていただきます)

2010年11月 5日 (金)

ASHIYA EVIAN COFFEE SHOP @芦屋市茶屋之町11-3

Photo_12

そうそう「天かゆ」さんの後、K女史とこちらでお茶いたしました。

神戸元町の名物喫茶店「エビアン」さんで修行された男子が
こちらで開業されたようです。豆もカップも元町のエビアンと同じです。

美味しいコーヒーでした。このあたりを襲撃するとき利用しましょう。

Photo_13

阪神芦屋駅から東へ5,6分、パンタイムさんのまん前です。
よってトーストのパンは必然的にパンタイムのパン。

2階のお化粧室が和みます。和み過ぎて住み着いてしまいそうです。

Photo_14

パンタイムも美味しいけれどすぐ近くのベッカロイのパンが好き

良いバターの香りに吸い寄せられて邪魔しに来た新之助。

猫が来るか来ないかが美味しさのバロメーターにもなっています。

END

パッソの津軽弁のCF聞き取れますか?これは?

http://www.youtube.com/watch?v=NbL-t-pKuTI

2010年11月 4日 (木)

中国酒家 @神戸市中央区北長狭通3-12-1

Photo Photo_2

北風が冷たくなってきましたね、それと同時にお肌の乾燥も急激に
進行していきます。こんな時こそコラーゲン大量摂取が必要です。

豚足だけでは足らず、中国酒家さんで「フカヒレ丼」いっときました。
ほれほれほれ・・・・・フカヒレさん、頼んまっせ~

OZW真理ちゃんは元からお肌ぷるぷるな蛸女、よって飲茶定食

Photo_11 Photo_5

Photo_10 Photo_8 Photo_9

内容豊富(杏仁豆腐撮り漏れ有)で1575円、CPではフカヒレ丼完敗です。

けどいいもん木枯らしなんかに負けないぞ
ダイエットには不向きな季節がまた始まってしまいました。

END

昭和の乙女達は昨夜無事生きたまま倭国に戻りました。
叔母は帰宅するなり大興奮大音量で電話をしてきました。

「ミョンドンの化粧品屋さんでね、イケメンのお兄さんにマニュキア
してもらってん、次の日も行ってしもたわ、ふふふ~」

現在78歳、また寿命を5年くらい延ばしてきたようです。マンセー

2010年11月 2日 (火)

芦屋 天かゆ @芦屋市船戸町10-2-1F

Photo_3

芦屋駅から北へ歩いて数分、ご近所にお住まいのK女史と
老舗の天ぷら屋「天がゆ」さんでランチです。

こんなとこで天ぷら食ったら高いんちゃうん?と恐怖にオノノキ
しそうですが、ランチは1600円~とリーズナボー

Photo_2

揚げ場を囲んだカウンターが2ヶ所、目の前で超ベテランな方が
タイミングを見計らって揚げて下さいます。

まず海老が登場、最後にもダブルで計4尾登場いたしました。

Photo_4 Photo_5

・小鉢1品
・天然海老4尾
・旬の魚2品
・季節の野菜3品
・かき揚げ1品
・サラダ
・粥 又は 御飯
・汁と漬物        こんなに付いて1600円

揚げたてはやっぱ美味しいわ~。人気なのがわかりました。

夏に京都で食べた「点○」とかいうミシュラン☆の店よりずっと
満足感有りで笑顔なランチでございました。

また襲撃したいお店です。

END

揚げ手のおっ様がね。

「これ、お塩ですか?お汁に付けるのですか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

シーメンスの補聴器いいですよ。

2010年11月 1日 (月)

akordu @奈良市富雄北1-1-1

Photo

近鉄奈良線の冨雄駅、生まれて始めて降り立つ奈良郊外の
小さな駅からすぐ近く、モダンスパニッシュ「akordu」さんで
ランチを頂きました。

OZWの真理ちゃんと折角なので夜のコースを選びました。

akorduとは「記憶」という意味だそうです。記憶に残るお料理をと
いうのがシェフの目指すところ、一皿目は紙製の台に乗せられて
登場いたしました。

続きを読む "akordu @奈良市富雄北1-1-1" »

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »