こちらもご覧ください♪

« 海鮮味噌チゲ | トップページ | メタセコイア と JUNDOG  »

2010年11月25日 (木)

レオニー 観てきました。

Photo

世界的な日系アメリカ人の芸術家イサム・ノグチの母親レオニー・ギルモア
の物語「レオニー」、中村獅童が嫌いだけれど観てきました。

100年以上前のアメリカ、一流女子大学を卒業したレオニーは編集者を
求めていた詩人野口米次郎とニューヨークで出会い恋に落ちます。

自由奔放に生きるということは普通の生活を捨てるということ、それは
多分に普通以上の苦労と問題を抱えて生きるということ。

クミョンもそれは身に滲みて実感しております。はい。

あの時代にそれをやってみせたレオニー、ご立派でございます。

本妻さんがいるとも知らず2歳のイサムを抱えて横浜に降り立つレオニー。
案の定彼女は半ば捨てられ、子供2人を抱えて(妹は父親が違う?)
金銭的にも苦労を重ね知人から資金援助も受けるような生活だったようです。

え?イサム・ノグチって誰さ?っていう方も

これ Photo_2 とか Photo_4 これは

ご存知だと思います。彫刻だけにとどまらずインテリアデザイン、作庭、
舞台美術、陶芸、などなど沢山な作品を残しておられます。

かなりのイケメンで女性遍歴も激しかったようで・・・・・

クミョンが始めて彼の名前を知ったのは「李香蘭の夫」としてだったっけ?
(4年の結婚生活で2人が暮らしたのは北大路廬山人の邸宅内!)

日本人の女性監督が7年の歳月をかけて製作した本作品は衣装、
装置、全て細やかで丁寧で日米両国のどちらの人がみても違和感は
ないと思われます。

「お母さん、僕はあなたの創造物だったのですね」

エンディングの札幌モエレ沼公園のシーンが印象的です。

END

今日は40回目の三島忌です。彼が存命なら今の極東情勢を
どう見たか、今こそクーデターをと叫ぶ姿が思い浮かびます。

« 海鮮味噌チゲ | トップページ | メタセコイア と JUNDOG  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レオニー 観てきました。:

» 『レオニー』お薦め映画 [作曲♪心をこめて作曲します♪]
明治の外国人女性の一代記。隣の芝生は青い。自分は平凡な人生を送っていると思っている方は、その幸せを噛みしめて欲しい。困難でも妥協せず自分流にという方は彼女の生き方を参考にして欲しい。お薦め作品だ。... [続きを読む]

« 海鮮味噌チゲ | トップページ | メタセコイア と JUNDOG  »