こちらもご覧ください♪

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

スミヨシヤ @神戸市灘区宮前商店街内

Photo

大晦日は皆と奪い合いになり100%堪能出来なかったので
六甲道の扇矢さんへシャブ肉を買いに行きました。

その近所のお弁当&コロッケなど販売の「スミヨシヤ」さん。
まめ清さんってお豆腐屋さんが消えた後に発生したお店です。

カツカレー680円、移動中にいろいろ散乱してしまいました。

カレーにもお肉が結構たっぷり、豚カツは薄目なれど2段に重なり
びっしり入っておりました。まぁまぁ美味しかったですが完食ならず。

ここで目を引いたのがそのメニュー。。。。。

スミヨシヤ弁当DX 9800円  スミヨシヤ弁当VIP15000円

どなたか、剛の者がおられましたら、お買い求めくだされ。

扇矢さん、前日のサッカー観戦でちょっとお疲れだったのか
1万円札と5千円札をお間違えに・・・・黙ってたらよかったしら

Photo_2

新之助もやっぱり猫ですね、箱があったら入らずにはいられない。

入るわけないやん、そんなでかいケツ

END

菅総理ダボス会議が行なわれたスイスから昨日帰国・・・・・

アホやなぁ、クミョンやったらその専用機をぐいっとエジプトまで飛ばして

缶詰になってる日本人の女子供だけでも拾って帰ってみせるわ。

そしたら次の選挙、民主党万々歳やったのに

2011年1月29日 (土)

ベトナム食堂 タンカフェ @神戸市中央区三ノ宮町1-8-1さんプラザ B1F

Photo_10

甘いマスクでお馴染みのタン兄さんのお店「ベトナム食堂 タンカフェ」

「お帰りなさ~い」ってご挨拶、毎度戸惑っちゃうけど慣れましょう

タンカフェ定食 850円、魚の煮込み大葉巻きミンチ、スペアリブスープ

生春巻きは作って時間が経っているのか・・・・・硬い
全体的にお味もちょっと、別のにすればよかったのかしらん。

Photo

ミニサイズのフォーも付いています。

タン兄さんがわざわざお箸を取ってお椀に
乗せてくれました。し、し、し、親切過ぎ

Photo_2

蓮茶のサービスも有りでした。タン兄さんのお兄さん、タン兄兄が全く
日本語がわからないままフロアでサービス。

偶然昨晩NHKでこちらが紹介され、タン兄さんは「イケメン」と言われて
おりました。故郷に4階建てのお家を建てて親孝行、兄さんやるやん

Photo_3

自分で言うのも何ですが。

似てます、真横で食べたので不思議な感じでした。

午前中、美容学校でジェルネイルをしてもらいました。

Photo_5 Photo_7

上海では「無口で大人しい嫁」をする関係で手爪のデコは控えめです。

生徒さんを4人はべらせて、およそ2時間で3000円、激安でございます。

END

何回もタン兄さんって書いて、ファンなのかって?

アジア人はもう飽きました

2011年1月28日 (金)

T様宅で辛パーティー @芦屋市某所

Photo

Photo_3

芦屋のT様宅にて昭和の乙女達3人と

あっちゃん、ひさみちゃん、クミョンの6人が

集合して新年辛パーティーが開催されました。

早くから用意してくださって、恐縮です

Photo_5

〆は生ラーメンにチーズを投入で雰囲気いきなりイタリアーン

美味しいわぁ~んお腹がはち切れるほど頂きました

これで終わったと思ったら大間違い。。。。。。

Photo_7

ペルシャ絨毯+仁寺洞で購入の韓流テーブル+お手製フルーツぜんざい

Photo_8

六甲道モリナカのケーキ、阿弥陀くじで配分

お昼12時にスタート、気付けば夕方の6時・・・ずっと何か食べてましたね

2

韓国旅行の写真で復習をしながら次回のプランを練る昭和の乙女達。

うっかりしてたらこっちが先に逝っちまうのではないかしら?と思うほど
この3人様お元気でございます。

楽しい老後は何より健康が大切だと、つくづく思うのであります

邪魔者はおらず、豊富な財力、有り余る自由時間・・・・・・

向うところ敵なしのゴールデンウィドウズ  まんせー

END

T様&あっちゃん、何から何まで大変お世話になりました。
ありがとうございます。ひさみちゃん、ガトーハラダ コマッスミダ~

2011年1月27日 (木)

鴻華園 @神戸市中央区中山手通2-21-12

Photo

陶芸教室の新年会が執り行われました。

場所は生田警察の上辺り、奥まった路地の中にある人気のお店

越南広東料理「鴻華園」さん、6時からスタートいたしました。

ベトナム系の中華です、この蒸し春巻きはマストアイテム

続き、で画像大量放出させていただきます。。。。。

続きを読む "鴻華園 @神戸市中央区中山手通2-21-12" »

2011年1月25日 (火)

ロイエット @神戸市中央区加納町4-7-3

Photo Photo_7

北野坂にひと際目立つタイ国旗。「ロイエット」さん。

北野の帝王の妻まーりんさんとランチしてみました。

Photo_2

クミョンは↑のガイパッパカパオ(鶏の炒め物)

久々のタイ辛~に休眠打破~

スープとタピオカのデザート付き1150円

タイ国内売上げ№1ビール、チャーンもいっとこか

Photo_4 Photo_5

まーりんさんのは「バッタイ」タイ米麺のやきそば。セットで980円

お好みで4種類の調味料をかけて。バッタイとはタイを炒めるという意味らしいです。

それほどタイを代表するお料理?だけど辛くないのが不思議。

Photo_6

陽気な女子がフロアでサービス、日本語もお上手でした。

ランチ、ちょっとコスパ悪いかな・・・・アラカルトでもオーダーできます。

メニューは充実していたので夜使いの方がいいかも

Photo_8←横にあった置き物・・・・

サイケデリックという言葉が数十年ぶりに頭をよぎりました。

水でクルクル玉が回転する仕組みになっています。

見ていたら、意味無くハイになれそうな、コップンカー  

END

これから成功するには「異脳」が必要だと、昨晩NHKで言うてはりました。

クミョンのは「胃脳」、太るだけで役立たずです。

2011年1月24日 (月)

Cafe haru @神戸市中央区北長狭通り7丁目1-8

Photo

徳永英明と不倫しながら歩いていたら・・・・

耳だけね、耳だけ

オキニなCafeを見つけてしまいました。

阪急花隈駅から西へ300mほど、カフェ・ハルさん。

今回3回目でやっとモーニングの時間に間に合いました。

トースト、サラダ、半熟玉子が付いて500円。

ホンワカした感じの女子がお1人で運営、カウンターのみ8席くらいの
小さいお店です。初回からすっかりくつろげちゃいました。

この場所で彼女のおばあちゃんが同名の美容院をしていたそうな。

萩原珈琲の豆使用、ネルドリップの一杯立て、これがなかなか
美味しいのです。珈琲は400円くらいから。

この時頂いたオーレは泡立て器でミルクを別に泡立てる物で
とってもクリーミーで美味しゅうございました。

Photo_3

急な階段を2階に上がると・・・・・

Photo_4

こけし展が開催中でした。沢山のお目めに見つめられながら鑑賞。

Photo_6

この手の人形って、以前はどこのおうちにもありましたよね。

なんだか昭和で和みます。2階ではいろいろワークショップの企画も
あるようです。美味しい珈琲でほっこりしたい人は是非どうぞ

END

江波杏子女史のファンなので普段は見ない倭ドラマ「冬のサクラ」
とやらを見ています。なぜだかチェ・ジウ嬢が友情出演。

「トッキョウ ノ ソラハ クッキ ガ スンデ キレ」

あれだけですかい?

2011年1月22日 (土)

ルセット @神戸市中央区山本通2-2-13 シルクハイツII B1F

Photo

シロチャンと遅めの新年会、北野のフレンチ「ルセット」さんでランチです。

こちらはクミョンが10年くらい前からオキニなレストランでございます。

いつ伺っても安心して楽しめる、そんな数少ないお店の1つです。

クミョンのメイン「牛タンのグリエ、タイムの香る有機玉葱のロティ添え」

続きを読む "ルセット @神戸市中央区山本通2-2-13 シルクハイツII B1F" »

2011年1月21日 (金)

シェリ 見てきました。

Photo

「クレアモントホテル」で惚れた、ルパート・フレンド様を見たさに
新開地アートビレッジセンターまで馳せ参じました。

邦題は「私の可愛い人 シェリ」 フランスの女流作家コレットの原作です。

40代の超高級娼婦 vs 19歳のルパート君

そうかそうか、その手があったか、ぐーんと年下の男子って手が。
その前に10kgほど痩せなきゃ、絵にならないわね

けど、無理は禁物。最後は「老い」に気づいた男子に逃げられて
拳銃で頭ぶち抜いてらっしゃいました。身近なもので我慢しましょうね。

Photo_4  Photo_3

本来の目的はこの写真展を見に行くことだったさ

KOBE*HEART ~神戸をうたう写真家たち~

映画の前のランチ、グリル一平にも雲南食堂にも振られて・・・・

Photo_5 Photo_7

湊川パークタウン内のお好み焼き屋さん「とみちゃん」

創立65年になろうという老舗でごさいます。
クミョンはまだ物心つかない頃からお世話になっているお店です。

お店の方は、もう限界ってほどお年を召しておられます。

後継者、急募中 難しいことはいりません。

「お好み焼を愛し、下町根性を持った人」それが条件です。

END

2011年1月20日 (木)

ア○ニム @神戸市中央区某所

Photo

先週♂が新年会で遅くなる夜がありました。しめしめ、そんな日は・・・・

北野の帝王の妻まーりんさんと夜のお出かけです。

人の行く 裏に花咲く 株の道

Photo_2

鯉川筋の裏の小道、え?こんな場所にお店が?

フレンチビストロ「エスパス トランキル」さん。
12月に元のお店を一旦終了されて、今回こちらに
お名前も電話番号も、そしてお料理内容もがらっと
進化させて、新しい店舗をオープンされました。

お知らせのハガキに「お花、インターネットでの
紹介はお断りさせて・・・」とありましたので、
お名前、場所の公表は今回控えさせていただきます。

ま、食べログとかに出るのも時間の問題でしょうが・・・・・

だって、すごーーーっく モードなお料理で、びっくり

加古シェフのシアターへようこそ、な2時間半でございました。

続きを読む "ア○ニム @神戸市中央区某所" »

2011年1月19日 (水)

幸せの雨傘 見てきました

Photo

ジャージ姿のドヌーヴ見たさに「幸せの雨傘」を見に行きました。

朝のランニングシーンから映画は始まります。
おん年68歳、普通の女性ならこの格好で映画出られます?

お話はちょっとコメディタッチで、ちょっとエッチで、軽めな内容でした。
1977年という設定なのでその頃のファッションも楽しめます。

Photo_2

シェルブール時、20歳のドヌーヴ。

この映画って全編台詞は歌、もう一回見てみよう。

Photo_3

Photo_5

美しすぎて同じ人類とは思えなかった頃。

それ故に常時「大根」と言われ続けた彼女。

今それを払拭しようと色々な役にチャレンジ
されていて、女優魂を感じます。

お棺に入るまで女 そう思わせる映画です。

映画の後はサンチカのフードコートで簡単ランチ。

Photo_7

北野のインド料理「アールティー」さんが去年末にオープン。
チキンカレーにチーズのトッピング(+100円)

マイルドで普通に美味しいカレーでした。
お皿を温めていないからすぐに冷めてしまうのが残念。

Photo_8

ナンが無いのが残念。椅子がグラグラで座りにくい。

神戸市直営なのに、サンチカは家賃が高いのです

頑張って下さい

END

2011年1月18日 (火)

静かにおうちご飯

Photo

扇矢さんの「たたき」、今回は脇役でございます。

見ていただきたかったのはガラスの器。

沖縄読谷村、サトウキビ畑の中にある工房で1人黙々とガラスを
吹いているガラス工芸家、與那原みよさんの作品です。

「日月」 工房内は撮影不可でした。
閉じ込められた気泡は沖縄そのもの。

Photo_2

沖縄やら、年末の買出しに活用したトランク、掃除しようと開けたら
すぐ猫野郎に占領されました。なんだか少し不安顔。

トランクが出てくると♂かクミョンのどちらかがいなくなる、と思っています。

来月彼を襲う過酷な運命、もう気づいているのかも知れません。

END

昨日神戸の町は静かでした。

あの日を体験した私達は忘れたくても忘れ得ることではありません。

1月17日でなくても、これからどこに暮らそうとも、それは変わりません。

だから、それ以前の穏やかで楽しかった神戸に少しでも戻そうと考えるなら、

全てを悲しみ色にリセットしてしまう、式典やらマスコミの対応やら、

もうそろそろ Leave us alone って思うのですが。。。。。

2011年1月16日 (日)

紀茂登 @神戸市中央区中山手通3-2-1 山手ザコウベタワー114

Photo Photo_2

昨年から照準を合わせていた「紀茂登」さん。

OZW真理ちゃん、K女史、クミョンの3人で初攻撃でございます。

Photo_3

オープンから半年たらず、美しい木肌のカウンター、とてもすっきりとした店内です。

入店直後にビンゴな予感、その通り、お料理も器も存分に楽しめる
素晴らしいお店でございました。

続きを読む "紀茂登 @神戸市中央区中山手通3-2-1 山手ザコウベタワー114" »

2011年1月14日 (金)

なかみ汁 @沖縄みやげ

Photo

昨日は、いやいや昨日「も」手抜きな晩御飯になっちまいました。

沖縄でゲトした「なかみ汁」食べたことがありません、どんなんでしょう。

Photo_2

結論から申し上げると・・・・臭くて、食べられませんでした

♂は「まだまだ修行が足りないのぉ~」とか言いながら美味しそうに
完食なさいました。あっさり味がネックです。せめて味噌味にして欲しい。

Photo_3

「炙りサーモンとズッキーニ」

見た目は悪いのですが美味しい、クミョンと一緒

そのクミョン、久々に体重計に乗ってみたら・・・・・未知との遭遇

何なのこの数字は・・・・この5っていう数字は・・・・
脳がくらっとなるほど肥えちぎってますがな

努めてウォーキングをする事にいたしました。

けど、何事も形から入ってしまうクミョン、またこんな無駄使いを。

Photo_4

ただ歩くじゃつまらない、ipod nanoをゲトしてみました。

便利な世の中になったものです、この小さすぎて失くしてしまいそうな
物体の中に膨大な数の曲や画像が入ってしまうのですから。

Stingが英国の名門ロイヤル・フィルハーモニック・コンサート・オーケストラ
と一緒に、ポリス時代やソロのヒット曲などを演奏したアルバム
「symphonicities Sting」を早々に落として聞いてみました。

おおおおお

いつものしっけた駅前もたちまちニューヨークの街角に、三宮の雑踏も
なんだか映画の一場面を見るような、周りの世界が一瞬に変貌するMP3。

家事や属家族に悩まされているそこのあなたも、装着をお勧めします。

END

その昔、真夏に車の中に放置したテープが伸びきってしまって
イーグルスが浪曲の様になってしまったなぁ。遠い目。

2011年1月13日 (木)

SOURCE @神戸市中央区栄町通5-1-1

Photo

陶芸教室が今年もスタートいたしました

初教室前のランチは、OZW真理ちゃん乙仲通りにあるイタリアン
「SOURCE」さんにて。2Fに中華の明楓さんがあるビルですね。

Photo_2

ピッツァランチとパスタランチをわけわけいたしました。
オムレツの添えられたサラダ、ランチに出てくるサラダとしては高得点。

Photo_4

ここの驚きはこのでっかいフォッカッチャ
3種類から選べます。これ2人分ですがピッツァと同じ大きさでした。

Photo_5

パスタランチ、お勧めの「牡蠣と小蕪のリゾット」を選択いたしました。

これ、ものすごーく美味しい一品でございました

Photo_7 Photo_8

石窯で焼かれたピッツァ、美味しかったのですがフォッカッチャと
これは少々重たい組み合わせなりぃ~ お腹ばんばん

これに食後の飲み物が付いて1200円くらいから。

席数も多く、貸切でパーティーとかにも使えそうな空間です。

Photo_9

ピッツァ担当の長井君、研究熱心な方でございます。

乙仲通りでもかなり西側のエリアなので、OL様が押し寄せることも
なさそうです。静かにお食事したいときにベリグなお店でございます。

END

2011年1月12日 (水)

クレアモントホテル 観てきました

Photo

イギリス映画「クレアモントホテル」

最愛の夫に先立たれた老婦人、1人ロンドンの長期滞在者用ホテルでの
生活を始めます。そこには同じ様な境遇の老人がたむろしていました。

失望感の中、彼女が偶然知り合う26歳の青年との世代を超えた
交流と流れていく夢のような時間・・・・・・

Photo_2

この青年を演じる、ルパード・フレンド君。

なんとも王子様的花男子であります。

こんな男子とイチャイチャ出来たらもう
いつ死んでもかまへんわ~

妙齢×3くらいの女子で館内満席でございました。

原作は英国の有名女流作家エリザベス・テイラー(クレオパトラの
人じゃないよ)作、映画的には少し間の空いた流れの部分もありで、
原作を読んだ方がじっくり感動できるのかも。

ま、現実社会の中、孤独な老婦人は沢山いるだろうけれど、こんな
キラキラの男子が近寄ってくるなんて、詐欺師以外何者でもないだろうな。

卑屈なクミョンは上演中ずーっとそう思って見ちまいましたよ

この日は時間がなくて映画前にこんな物にかぶりつきました。

Photo_4

去年の第一弾もちょっと美味しかった
テキサスバーガー、強力になって再登場。

「420円」もしましたが、試食してみました。
ご大層な箱に入っとります。

Photo_5

バンズが美味しそうですね、べろーんと飛び出したベーコンが不気味です。

内容もカロリーも表示無し?なのにビーフ100%を強調、って猫でも
入っていた時があったのかい?

Photo_6

ピリ辛のチリビーンズが結構いけます。

アメリカでカウボーイをしていた頃が
懐かしい・・・・・そんな味です。

並んでいる時に高校生らしき男子2人の
会話が聞こえました。

「こんなごっついのん食べられへんわ」
「僕も普通のにするわ、なんか重そうや」

ああなさけなや男子たるもの、こんなもん
5個くらいいっぺんに食べんとあかん

この小食国家の行く末が危ぶまれます・・・・・・・・・

END

老婦人役のジョーン・プロウライトは名俳優ローレンス・オリヴィエ氏の
奥様であらせられます。撮影時は80歳くらいと思われます。

2011年1月11日 (火)

茶屋 すーじ小 @那覇市壺屋1-15-23

Photo_13

公設市場でお腹を満たしたあと壺屋ヤチムン通りの近くにある
「茶屋 すーじ小」でまったりと休憩いたしました。

沖縄ぜんざいです、餡子が嫌いなクミョンですがこの小豆はいけました
サトウキビのアイスクリームを添えて。うまうま~しまうま~

Photo_14

こんな道を通っていくと・・・・・・・・・・

Photo_15

現れたのは築70年の古民家を使用したカフェ「すーじ小」
麺類も美味しいお店だそうです。

Photo_16

12月ですが初夏のような空気に包まれて、気持ちの良い日でした。

Photo_17

ここにも看板猫さん他、数匹がいらっしゃいました。

今回の陶芸研修旅行もそろそろ終わりに近づきました。
沖縄の皆さん、楽しい思い出を沢山ありがとうございました。

公設市場の内容は少々グロ画像が入るので続く・・・に載せました。
妊娠中の方、心臓の弱い方は閲覧をご遠慮ください。

と、書いたら・・・・見たいよね

続きを読む "茶屋 すーじ小 @那覇市壺屋1-15-23" »

2011年1月 9日 (日)

きらく食堂 @那覇市松尾2-10-1第一牧志公設市場 2F

Photo

ま~だ、沖縄引きずるさ~

沖縄最後のお食事は牧志公設市場2階の「きらく食堂」さん。
沢山食堂が並んでいますが、なぜだかここに来てしまう。3回目です。

フロアを仕切るのはお向かい中国の福建省から渡って来たお兄さん。

帰ったら当分沖縄料理はいりませーん、ってほど食べつくしました

続きを読む "きらく食堂 @那覇市松尾2-10-1第一牧志公設市場 2F" »

2011年1月 7日 (金)

ラ・レゾナンス @神戸市中央区中山手通3-2-2

Photo

OZW真理ちゃんと今年の「初ランチ」攻撃でございます。

選んだお店は勝手に「2010年度 新人賞」と認定させて頂いた
トーアロード北、高層マンションのショップエリアにあるフレンチ、

「ラ・レゾナンス」 とっても素敵なお店です。

知りませんでした!お節(1万円)も販売してらしたそうな。
3月で1周年を迎えるこのお店、今年もちょくちょくお邪魔させて頂きます。

続きを読む "ラ・レゾナンス @神戸市中央区中山手通3-2-2" »

2011年1月 6日 (木)

沖縄あれんこれん

P1020500_2

ふー、最近仕事が忙しくて、まだまだ続くさ沖縄がー

帰る日にやっと20度近い沖縄らしい晴天になりました。
夕方の飛行機の時間まで精力的に見て回りました。

Photo

浦添って所はアメリカさんの住宅が並んでいます。
引っ越して出ていった、そのままの姿で数十件が残っています。

今はそれを利用してショップとかに変わりつつある一画がありました。
まだまだ発展途上ですが、次来るときは素敵なエリアになってるかも。

Photo_2

沖縄は自動販売機も南国ですね。

見た事も無いドリンク類。
それと、本土からは大昔には撤収してしまった
A&W(ハンバーガー)が沢山ありました。

ルートビアー、飲みたかったなぁ。

Photo_3

ここには猫が一杯いました、というか沖縄ってどこ歩いても猫人口すごいです。
先生を見ると猫の方から寄ってきます。きっと良い香りがするのでしょう。

Photo_4 Photo_7

Photo_5

「首里琉染」という紅型と珊瑚を使った染物の
工房兼店舗に向いました。

時間があれば体験もできたみたい、残念。

Photo_6

こちらの人間国宝級の紅型は想像以上にお値段がぁ~
顔立ちのはっきりとした沖縄女性がまとったら美しいのだろうなぁ。

そんなこんなで、お昼時になりました。
さて最後の晩餐は・・・・・もちろん沖縄料理でございます。

END

尖閣や独島はどうでもええ、今年の目標は嘉手納奪還だ
跡地を「沖縄ディズニーランド」にしたら収入も雇用もOKやんさー

2011年1月 5日 (水)

バーレスク観てきました

Photo

初夢、初風呂、初仕事・・・・・

初映画は何にしようか迷いましたがお正月らしく、ド派手でちょっぴり
エロティな「バーレスク」に決定。大混雑のMINT神戸で鑑賞してきました。

年末公開なのでもうご覧になった方も多いと思います。

「歌手を夢見るアイオアの田舎娘がハリウッドに出てきて成功する」

ストーリーは1行で書けちゃうくらいですが、映画初出演のクリスティーナ・
アギレラの歌唱力の凄さ、アメリカ版淡谷のり子、シェール64歳が大迫力。

ああ、これがドラムスの響きよねって、じっと座ってられないくらいの音楽
が素晴らしい。特に「ようこそ、バーレスクへ」のタンゴバージョンが秀逸です

この映画をみたら思わず厚化粧で腰振っちゃいそうになりますよ。

三宮の街頭で、ギラギラのアイシャドーに網タイツで踊る女がいたら、それはクミョンです。

Photo_2

恋人ジャック役のキャム・ギガンデッド君。涙袋が素敵な男子です。

他にHEROESの高速少女役、クリスティン・ベルも出てますよ。

ヤマトもノルウェイも3Dもあんまりねーって時に、是非ご覧あれ

END

アメリカも戦争せんと、こんな映画ばっかり作ってたら、ええ国やねんけど。

2011年1月 4日 (火)

mintama @沖縄県中頭郡読谷村字長浜

Photo_2 Photo_3

年をまたぎましたが沖縄旅行の後半もハイサイといっときましょう。

2日目のディナーはイタリアンの「mintama」さんを攻撃です。

イタリアンのはずなんですがー、メニューを見るとなんだかやっぱ
沖縄料理とのフュージョンが。そうなるとTチャンは「泡盛」ってことで。

「島蛸のマリネ」普通の蛸との違いはわからねど島蛸なのだ。

Photo_4 Photo_5

Photo_6 Photo_7

Photo_8

もちろん正しくイタリアンなお料理もありました。

お味もなかなかいけますよ

ここはがっつり食べるところと言うよりは
お酒と共にってお店ですね。

真理ちゃんはワインを美味しそうに・・・・
なんかブッブー、が入りそうな単語を連発

「mintama」の意味は「目の玉」なのだそう。

沖縄口(沖縄方言)の母音は「え」「お」無しの3つ、それと長母音5つから構成されています。

「あいうえお」が「あいういう」になります。なので米(こめ)はクミ、
豆腐はトゥーフー、星はフシ、夜はユル、心はククル。

この変換さえゲトすれば沖縄言葉ぺらぺらになれるさー☆

Photo_12 Photo_13

ソーキの入った焼き飯、カッペリーニじゃなく素麺チャンプルー。

ここも沖縄民家的な造りでお昼はアウトドアで楽しめるみたい。

さてお腹も一杯になったところでホテルまで30分のドライブです。

そうそう、センセェとクミョン、代行運転させて頂きましたが請求書は
どちらに出したらよろしいのかしらん?

END

2011年1月 3日 (月)

あけまちておめでとにゃん

Photo

新之助からもご挨拶いたしたい、との事でございます。

人間の皆様、「にゃんが新にゃん」「初にゃん」ですにゃん。
食べ物ばかりで僕の登場回数は減る一方ですが、これからも
どうぞよろにゃんです

今年も良く食べ良く眠り良く出し、元気で過ごして欲しいと思います。
1月2日♂撮影の新之助でございました。

END

2011年1月 2日 (日)

2011年 明けましておめでとうございます。

Photo

あけましておめでとうございます。
皆様もお正月を楽しくお過ごしのことと思います。

灘の実家で6人が集まり(風邪で2人欠席)、年越しパーティー開催。
大晦日、二ノ宮の韓国料理屋さん「味楽」でキムパをゲトして持ち寄りました。

Photo_2←これで半分量~

8人集合の予定で牛1kg、豚800gを六甲道の「扇矢」さんで予約しました。

2人が欠席してくれたお陰でタラフク美味しいお肉を食べられました。

紅白、お目当ての人を見るためには、見たくないものも沢山見なくてはなりません。
演歌は今までの日本を支えてくれた文化の一つと我慢しましょう、しかし・・・・・・

バイ バイ バイヨン・・・・・何ですか、あれは?のけぞりました

Photo_3

今年は帰って来られなかった佐世保の従姉妹から、美味しい九州の
練り物セットが届いていました。

どうもありがとう、サッカーに、勉強に、今年もがんばれー

弟のXBOXでボーリング、卓球、ダンス・・・老若男女で萌えました。
あっと言う間に午前3時、帰りのJRは初詣の人で満員でした。

Photo_4

起きたらとっくにお昼は過ぎておりました。

当家の雑煮は少し中華風、ミニ青梗菜に若布、猫型人参。

新之助もにゃんにゃんと元気なお正月を迎えました。

今年もこんな調子でございますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

END

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »