こちらもご覧ください♪

« 上海の自由市場 @上海市長寧区義理姉の家近く | トップページ | 王家沙 @上海南京西路 »

2011年2月14日 (月)

春節イベント @上海君麗大飯店

Photo

今回は義姉の家に近いホテルを選びました。

大飯店、というにはちょっと小さいビジネスホテルでしたが駅近で
サービス良し、お部屋も小さいながらきれいで1泊400元(約5000円)

庶民的な地域に隣接しているのでベタな雰囲気もたっぷり楽しめました。

お正月の午前にフロント付近で例祭が行なわれました。

Photo_2

春節の期間、ゲストは少なくてスタッフともアットホームな雰囲気です。

獅子舞が入場して賑やかに執り行われました。

前夜の爆竹の発火点はこれです・・・・

Photo_3

ホテルの玄関前で1万発の長~い爆竹がスタートです。

今夜はいったい何万発の花火や爆竹が鳴らされたことでしょう。

夜が明けるまで市内はゴォーーーという地響きのような轟音に包まれます。

命がけで近寄ってまるで戦場カメラマンの様に撮影しましたが、
この動画では少ししか感動をお伝えできなく、悔しいです。

けれど本当にすごいのは「初五」といわれるお正月から5日目の夜の
花火と爆竹だそうです。

この夜は中国人の大好きな「財」の神様が降りて来られるので
みなさん必死に「こっちに来て~」とばかりに火を付けるのだそうで
大晦日の夜よりもっとすごい事になるそうです。

春節当日あたりは年中無休のお店も閉まっていたりします。

なので初五の日に到着して夜爆竹を楽しむのがベストでしょう。

END

クミョンも買って爆竹を鳴らしてみたいと思いました。
すると義姉が「人様がしてるのを見てるのが1番賢いのよ」って
思考回路は姉と弟で同じなのだなぁとだと思いました。

« 上海の自由市場 @上海市長寧区義理姉の家近く | トップページ | 王家沙 @上海南京西路 »

コメント

日本の女子がこのお料理見て、ふーん美味しそうと言い切れる年齢の
ボーダーラインは何歳だろう

わたくしは相当のおばさんですが、豚の丸焼きと、鳥の頭ちょん切りには
チョットひいてしまいます。

もしかしたらお飾りで、食べるわけではないんでしょうか?

マリーちゃん様

豚さんや鶏さんはお供えでございます。
食べたら怒られると思います。

このお料理も獅子舞とセットのようで、中に入っていた
オジサンは料理を持って次の契約場所へとさっさと行って
しまいました。大忙しの様子でした。

豚さんの目に入れてあるのは
何なのでしょう??すごく気になる。

韓国でお供えに使う豚さんの頭は
お供えのあと、お店に持って行って圧縮してもらって
ハムみたいにして食べるんです。

一度食べたことがありますが・・
あまり美味しいものではありませんでした。
ごめんね。豚さん。

ひなオンマ様

私も気になってじーっと見たら、なんかプラスティック製
の物で、豚の目玉専用?♂も良くわからないみたいです。

えええええ!!!あれ食べるんですかい!!!
きっと捨てるに忍びないから食べるって乗りなんでしょうね。

今回はダンサーとバンド(汗)のおっさんがすたこらさっさと
素早く着替えてさっとお持ち帰りなさってました。

この子豚は美味しそうにみえるのですが・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春節イベント @上海君麗大飯店:

« 上海の自由市場 @上海市長寧区義理姉の家近く | トップページ | 王家沙 @上海南京西路 »