こちらもご覧ください♪

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

豆撈坊 @上海市長寧路1018号龍之夢購物中心8階

Photo_4

上海最後の夜はクミョンのリクエストで火鍋ディナーとなりました。

義理姉、ウェイウェイ、クミョンの3人で中山公園にある「龍之夢」という
大きなショッピングセンターにあるマカオ系のお店に向いました。

Photo_5

ここの特徴は好みのベースを選んで一人用の鍋を使用するということ。

倭国で火鍋というと筒が立ったような鍋を思い浮かべますが、
こちらでは「炊きながら食べる」行為自体を「火鍋=スティームポット」と呼ぶようです。

続きを読む "豆撈坊 @上海市長寧路1018号龍之夢購物中心8階" »

2011年3月29日 (火)

とっくに終了した万博会場に行ってみる

Photo

「万博に行ってみたかったけど終わっちゃった」というクミョンの呟きを
忘れなかったウェイウェイが連れていってくれました。

中国館のみ未だに見学可能とかで地下鉄を何回か乗り継いで到着。
けど到着したのが遅かった、当日のチケットはもう完売でございました

Photo_2

こんな静かな万博会場に行くってすごく貴重な体験
なんて清々しいんでしょう、夕焼けが美しくパビリオンに投影していきます。

↑かなり悪あがきしてます、実はかなり寂しすぎました。

Photo_3

何やら向こうの建物から歩いてくる人たちが・・・・・・・
入ってみると映画館とかレストランがしょぼーく営業中でした。

Photo_4 Photo_5

小奇麗な中華レストランがありました、カフェ利用も可能なのでしばし
休憩することに。珈琲とケーキ?これが?で約80元。

ラーメン1杯が6元の国でこれがいかに過激なお値段かわかりますよね?

Photo_7

すっかり陽は落ちて、連絡橋のド派手なイルミネーションが中華っぽい。
上海最後の夜、若い男子と2人でロマンチックざます。

・・・・・・夢想するクミョンにウェイウェイが呟く。

「来月シンガポールからリンダが来るんだ、ここでプロポーズしようかな」

はいはいはい、次来る時はきっと2人の結婚式でしょう

色気より食い気の親戚のオバサンはお腹が急激に空いてきました。
さっさと最後の晩餐に向かいましょう。

END

お国の経済状態で綺麗に撤去されたパビリオン、廃墟の様になってる
所、それぞれです。あの頃漁船と自衛艦の衝突問題でいろいろあった
ので日本館は真っ先に取り壊しておさらばしたらしです。

2011年3月28日 (月)

豫園で観光客してみる

Photo

3月11日以来心の芯が固まってしまい、それ以前の生活がまるで
夢の中の出来事のように感じます。

そう言えば上海に行ったなぁ・・・・・・・・
没にするのもモッタイナイので、ここらで残りを発表しておきます。

中華にとってこの赤い色は人生そのもの。
出産、結婚、国旗に正月、果ては骨壷を包む布までこの赤い色だから。

久々の上海だったので、ウェイウェイと2人で「豫園」という
昔の庭園と建物を楽しめる観光スポットを攻撃してみました。

あ、座ってるお婆ちゃんは売り物ではありません、悪しからず。

続きを読む "豫園で観光客してみる" »

2011年3月25日 (金)

藁・・・・・・・・・

Vlomoshiro0173731

日本は最後に残った「安全」というブランドまで手放してしまったようです。

見えない敵との戦いはいつ終結するのでしょうか?

今更思う、誰だ、核分裂なんか発見した奴は

http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r76208976

↑27日で消えるかもですが・・・・こんな極悪非道な奴発見

END

追伸

9時間後に開けたら上のアドレスはもう削除されて消えていました。

関西の家庭の蛇口から出る普通の水を 500ml 50円から

ペットボトルに入れてオークションに出してた奴がおった 銃殺だ

2011年3月24日 (木)

続報 塩パニック

1

中国塩パニックの様子をゲトすることができました。

四川省のどっかの町にて、寒い中老若男女が長蛇の列をなして
待つ先には怪しげなワゴン車が。

Photo

漬けもん屋かい?このオッ様は?

倭人はこんな真似しないよね?もっとモラルがあるわよね?

最近は塩を買いすぎた人が返品に押し寄せるという「塩返品パニック」
へと変化の兆しが見えてきているようです。

END

うちも3人家族なのにお米50kから買っちゃったわ・・・・・
って嘆いているそこのあなた、これから気温が上がってきたら穀蔵虫
とか蛾の幼虫がどんどん繁殖するのよね。ある日起きたら部屋中
虫がうじゃうじゃ、なんて地獄絵図が展開されないことを願います。

2011年3月22日 (火)

無題

Photo

やっぱいたんですね、この手のやからは・・・・・

これ、この人たちの金庫とちゃいますよね?
自分のだったらダイヤル回しますよね?

天罰がくだりますよ、必ずや大きな天罰がね

END

神戸でも直後に元町のルイヴュトンが空になったなぁ(遠い目)

2011年3月19日 (土)

猫にもわかるように原発について説明して欲しい

Photo

マイクロシーベルト、ミリシーベルト、中性子、ガンマー線・・・・・・今回の原発事故で飛び交う聞きなれない単語、何がなんだかわからない原発の構造。もう少し理解しておいた方が良いのではないかと思っていたら、かわいい弟からこんなページが送られてきました。↓

子供用に作成されたようですが、ふざけていて不謹慎なようですが、見終わったあと小さく感動しました。

昨日近くのスーパーではお米の棚が空になっていました。みなさん急にご飯を3杯も4杯も食べるようになったのかい? アホな買いだめ買占めはやめましょう、今本当に困っている人に届かなくなります。 地震を経験した神戸市民はどこの人よりも模範になるような、正しい消費に努めましょう!! 放射線ホルミシスという考え方があるらしい。大量では有害な作用をするものが、わずかな量だと人体に生理的な刺激を与えて活発化させるとか。「少量の毒物は刺激的である」と毒物学には昔からこういう法則があるとのこと。ラドン温泉って健康に良いって皆さん行きますよね?有馬温泉や三朝温泉が健康に良いのもこのホルミシス効果が大だからです。

2011年3月18日 (金)

塩パニック

Photo

♂が上海から新聞を持ち帰りました。左の恐ろしい津波による渦潮の
載ったものが発生の次の日、12日の朝刊です。
渦の中には必死で舵をとる船が何隻か写っています。

あれ以後膨大な情報が中央電視台(テレビ局)から24時間放送され
新聞のトップは連日東北関東大震災の内容だそうです。
中には日本では検閲で流されないような画像も・・・・・

おかげて日本にいなかった♂ですがクミョンより情報を得ていたようです。

けど、昨日義姉からの電話で驚く事がありました。

「海が放射能で汚染されて塩が作れなくなってしまうのではないか?」

こんな馬鹿げた噂が広がり、今中国で特に都市部で塩パニックが起こって
いるということでした。どこを探しても塩がみつからない、とのことでした。

アホっぽいですねー、というか意外と玉ちっちゃいですねー中国人。

Photo_2

読めない新聞をぱらぱらめくっていると、いきなりビョン吉登場。

釜山で孤児を支援する為のフェアーが開催されているそうです。
写真家もビョン吉もすべてボランティア、久々の爽やかな彼の笑顔に
しばし癒されました。

END

2011年3月16日 (水)

爺ちゃん、そろそろ潮時ですよ。

クミョンは過激な石原ジィジが大好きでした。

けど今回の発言で「ファン」辞めさせていただくことに致しました。

爺ちゃん、もうお家で静かに小説でも書いてお過ごしくださいませ。

Image4_2

東京都の石原知事は、東日本巨大地震について「天罰だと思う」と述べたことについて、15日の会見でこの発言を撤回し、謝罪しました。

 石原都知事:「日本人のアイデンティティーは我欲。この津波を利用して、我欲を1回洗い落とす必要がある。やっぱり天罰だと思う」
 石原知事は「被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかもしれないが」と言葉を添えたうえで、14日の会見でこのように述べました。この発言を受けて、都庁には多数の意見が寄せられたということです。石原知事は15日の会見で、この発言を撤回して謝罪しました。
 石原都知事:「行政の長である私が使った天罰という言葉が、添える言葉が足らずに、被災者の皆様、国民、都民の皆様を深く傷つけたことから、発言を撤回し、深くお詫びします」

END

2011年3月15日 (火)

ファイティン!東日本!

読んでいて元気が湧いてきたのでWEBから転記しました。
倭国も捨てたもんじゃない。

すごい、涙が出そう。CNNでもBCC でも絶賛されている。「有史以来最悪の地震が、世界で一番準備され訓練された国を襲った。犠牲は出たが他の国ではこんな正しい行動はとれないだろう。日本人は文化的に感情を抑制する力に優れている。」日本人であることを誇りに、冷静に理性的に行動しよう!

ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった

昨日電車がストップしているので歩いて帰宅。マナーを守り自分勝手な事する人は皆無でした。これが日本が世界に誇れる強みだと思いました。

国連の潘事務総長の声明。「日本は、今まで世界で助けを必要としている人達に対する最大の支援国をしてきた国の一つだ。国連は日本国民と共にある。今度は私達国連の番だ。我々は全力を尽くす。」

一回の青信号で1台しか前に進めない中、誰もが譲り合い穏やかに運転している姿に感動した。複雑な交差点で交通が5分以上完全マヒするシーンもあったが、10時間の間お礼以外のクラクションの音を耳にしなかった。日本がますます好きになった。

外国人から見た地震災害の反応。物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。

2歳の息子が独りでシューズを履いて外に出ようとしていた。「地震を逮捕しに行く!」とのこと。小さな体に宿る勇気と正義感に力をもらう。みなさん、気持ちを強く持って頑張りましょう。

日本ってすごい国だね。海外だったらこれを機に強盗とか多発するけど、日本では皆で助け合おうとしてる。本当にすごい国。みんなこんなあったかい国にいるんだから希望を失わないで。頑張ろう”

この規模の地震が他の国で起きたらこんなにてきぱきみんな情報交換して歩いて帰れる人は帰り、避難所に行く人は行き、お店はトイレや飲料を提供し、人によっては避難者を泊め、こんなこと出来る国他にあるかな?私達はもっと胸をはるべきなんだ。

国によっては略奪を恐れてコンビニやスーパーが一斉に閉まるところだが、日本では皆が整然と徒歩で帰宅し、コンビニはサービスステーションとして帰宅者の支援をしている。ということを日本にいる海外メディアが発信している。素晴らしい国だ。

皇居に避難ができるそうです。読んだとたん、なんだか涙が・・・みんながんばれ!超がんばれ!生き抜いて、日本人の底力を発揮しましょう!!

この地震が、きっかけになって、失いかけていた日本人本来の良さが戒間見れた気がする。犯罪はする様子はなく、助け合い、律儀、紳士的。普段日本人は冷たい人が多い…。って個人的に感じてるんだけど、多くの人が今回で「絆」を取り戻しつつあるように見えて、それがなんか感動して、泣けてくる。

挫けるな、お前達日本人は原爆や石油危機、阪神淡路大震災も乗り越えた人、またはその子孫だろ、立ち上がれ、大丈夫、何とかなるって絶対大丈夫だよ”

韓国人の友達からさっききたメール。(日本語訳後) 「世界唯一の核被爆国。大戦にも負けた。毎年台風がくる。地震だってくる。津波もくる……小さい島国だけど、それでも立ち上がってきたのが日本なんじゃないの。頑張れ超頑張れ。」ちなみに僕いま泣いてる

聞いた話でびっくりしたのが、とっさに「入口の確保」と揺れてるにも関わらず、あの状況で歩いて入口を開けた人が居たのが凄いと思った。正直、シャンデリアも証明も何時落ちるか分からないのに、凄く勇敢な人が居た事に感動した。

バスが全然来ない中、バス停の前にある薬局でカイロを買ってきて、並んで待ってる人みんなに配った!
米国人の親友からまた連絡あり。暴動はないか、商店強奪はないか?くれぐれも身の安全を、という事を言われた。暴動も、商店強奪もなく、皆粛々と家路についている、と説明したら日本人の高潔さ、法の順守姿勢はすごい、と驚いていた。これは我々日本人が世界に誇れるものだと思う。

日本人の規律と協調性は世界でさらに広く認識され評価されています。世界は驚いているようです。力合わせて頑張りましょう

みんながどんな気持ちでいるかが、どんな世の中になるかを決めると思っています。喜ばせるとは悲しませないことでもあると思います。つらい人がつらいよって言えるように、元気な人はやさしくいよう。できることは小さいけど本当の喜ばせ隊になりたいと思います

ディズニーシーに一泊した娘、無事帰宅しました!キャストのみなさんが寒い中でも笑顔で接してくれて不安を感じることなく過ごせたそうです。防寒のカイロやビニール袋、夜・朝の軽食と飲み物、おやつまで。ディズニーの素晴らしさに感動です。頑張ってくれたキャストさん、ほんとにありがとう!!

海外のもう何年も会ってない友達が「なにかできることがあれば、すぐに日本へ行く」っていうメールをくれました。「日本人であることを誇れ」ともいってくれました。言葉が出ない。。。

千葉の友達から。避難所でおじいさんが「これからどうなるんだろう」と漏らした時、横に居た高校生ぐらいの男の子が「大丈夫、大人になったら僕らが絶対元に戻します」って背中さすって言ってたらしい。大丈夫、未来あるよ。

ドイツ人の友達が地震が起きた時に渋谷に居て、パニックになっていた所を日本人に助けてもらったらしく、その時の毅然とした日本人の態度や足並み乱さずに店の外に出てやるべきことを淡々とこなす姿にひどく感動し、まるでアーミーのようだったと言っていた。

米紙は「不屈の日本」と題する社説を掲載。地震大国日本の技術力と「備え」をたたえ、「日本は経済が低迷し、政治家の失態に国民の大部分は当惑しているが間違ってはいけない。日本の産業力は依然として偉大だ」。「我慢」という日本語を引き合いに「日本人の忍耐力や冷静さ、秩序は実に高潔だった」。「今後、それらが示されるだろう」と期待。

ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。

ツイッターやUSTでの状況共有と、それに連動するマスコミの動きは、阪神淡路大震災の時とは比べ物にならない質の高さを感じる。もちろん過去の辛い経験から得た教訓を、みんな活かそうとしている感動。

中国では「非常事態にもかかわらず日本人は冷静で礼儀正しい」と絶賛。「こうしたマナーの良さは教育の結果だ。日中の順位が逆転したGDPの規模だけで得られるものではない。中国では50年後でも実現できない」と絶賛。

昨日の夜中、大学から徒歩で帰宅する道すがら、とっくに閉店したパン屋のおばちゃんが無料でパン配給していた。こんな喧噪のなかでも自分にできること見つけて実践している人に感動。心温まった。東京も捨てたもんじゃないな。

スーパーで無事買物出来ましたヽ(´o`; でもお客さんのほとんどが他の人の事を考えて必要最低限しか買わない感じだったのが感動しました(涙)

実際日本すごいよ。昨日信号が一カ所も機能していない御殿場市でもお互いにドライバー同士譲り合ってたし、地元のおじいちゃんおばあちゃんが手信号やってくれてたりで、混乱もなく本当感動した。9時間運転してたけど前車を煽るようなドライバーはもちろんいなかったし、みんな譲り合い精神。

タクシー運ちゃんと電車駅員さんとおばさんと話したけど、みんな遅くまで帰れなかったりしてすごく疲れているのに、苛立つ事なく、言葉遣いもふるまいも丁寧で、逆に気遣われてしまった。「みんな大変だから」という"みんな"って意識があることに感動するし、私も受け継いで大事にしたい文化。

昨日、裏の家の高1になるお兄ちゃんに感動した。 家に1人で居たらしく、地震後すぐ自転車で飛び出し近所をひと回り。 【大丈夫ですか―――!?】と道路に逃げてきた人達にひたすら声掛けてた。あの時間には老人や母子しか居なかったから、声掛けてくれただけでもホッとしたよ。 ありがとう。

警備員の友人何人かが町田~相模大野で夜間警備のボランティアをしていたので手伝ってきた。年齢問わずいろんな知らない人同士が助け合っていて心強かった。ちょっと感動してトイレの隅で泣いた。

僕は感動しました。バイトの先輩が1人でも救うために寒い中紙に「バイクでよければ送ります」と書き駅前で掲げ鳶職のお兄ちゃんを所沢まで送ったそうです。世の中まだ捨てたもんじゃないなって思いました。本当に尊敬です!!自分もなんか人の役に立ちたいと生まれて初めて思いました。

浦和美園からタクシー使えると思ったのが甘かった…30分歩いてたら知らない人が車に乗せてくれた(つд;*) 人間の優しさに感動。ありがとうございました。

昨日、歩いて帰ろうって決めて甲州街道を西へ向かっていて夜の21時くらいなのに、ビルの前で会社をトイレと休憩所として解放してる所があった。社員さんが大声でその旨を歩く人に伝えていた。感動して泣きそうになった。いや、昨日は緊張してて泣けなかったけど、今思い出してないてる。

英紙、一面に日の丸と共に日本語で「がんばれ、日本。がんばれ、東北」のエール。Don't give up, Japan.Dont't give up Tohoku!!!

長女いわく、横浜の避難所に向かう時に、知らない人達と声を掛け合い、場所を教え合っていたそうです。普段は冷たいと思っていた他人の優しさに触れ、感動したそうです。日本人のいざという時の団結力を再認識しました。まだまだ日本も捨てたものではないです。

何時間も歩き続けてたんだけど、至る所でトイレかしますとか、休憩できますとか言うビルや飲食店が沢山あって感動しました。とある企業ビルの人がボランティアで、○○線運転再開ですー!とか、休憩できますー!!って呼びかけてるの見て感動して泣きそうになったマジでw日本も捨てたもんじゃないな

都営大江戸線の光ヶ丘方面行きは、非常に混雑しています。ホームにも、改札の外にも、電車を待つ溢れんばかりの人。でも、誰一人列を崩さず、通路を開け、係員の誘導に従っている。ロープがあるわけでもないのに、通る人のための通路スペースが。その不自然なほどの快適さに、ただただ感動するばかり。

終夜運転のメトロの駅員に、大変ですねって声かけたら、笑顔で、 こんな時ですから!だって。捨てたもんじゃないね、感動した。

サントリーの自販機無料化softbankWi-Fiスポット解放、色んな人達が全力で頑張っててそれに海外が感動・協力してる。海外からの援助受け入れに躊躇したり自衛隊派遣を遅らせたりしてた阪神淡路大震災の頃より日本は確実に強い国になってるんだ。みんな頑張ろう。

今朝の朝礼で「何があっても決して不安な顔は見せずに売り場に立つ以上はおもてなしをする気持ちを忘れずにお客様を安心させてあげてください」ちょっと感動した。がんばるか。開店です!

昨日、信号が完全に機能していなかった鎌倉で、人力車のお兄さんたちが手信号やってたのと、モータープールで停電のために出られなくなってる車を近所の住民さんたちが車持ち上げるの手伝ったりと、人の温もりにすごく感動した

カリフォルニア州サンタマリアCityに住む叔父より連絡あり、帰宅できない人達にキャンパスやオフィスを開放するニュースが全米に流れ、向こうで日本国人は、素晴らしいと絶賛されているそうです。

小さな幸せに感謝しなきゃ。 病気したことや今回の地震でつくづく思う。 明日からまた自分ができること、やらなくちゃいけないことを頑張ろう。 おやすみなさい。

ローマにいる友達からメール。ローマの人々はニュースを見ながらこのような状況でも冷静に対処する日本人に感動し、尊敬の念を覚えながら、非常に心配しているとのことです。

国際情報紙は「日本人の冷静さが世界に感慨を与えている」。普段は日本に厳しい論調の多い同紙だが、「(東京では)数百人が広場に避難したが、男性は女性を助け、ゴミ一つ落ちていなかった」と紹介。凄いよ!日本凄いよ

中国メディア「日本の民衆の『落ち着き』が強い印象を与えている」「日本人はなぜこんなに冷静なのか」といった記事を相次いで報じている。四川大地震では一部で混乱も伝えられており、市民も驚きをもって報道に注目。

中国中央テレビは被災地に中国語の案内があることを指摘。アナウンサーは「外国人にも配慮をする日本に、とても感動します」日本人であることを誇りに思います。

日本って凄い。官僚も民間も、皆で助けようとしてる。トラックの運転手も有志で物資運んでるらしいし、東北の交通整備をヤクザさんがやってるという話も聞いた。最近、日本に対して誇りを持てないことが続いていたけれど、そんなことない。日本は凄い国だ。素直に感動してる。日本国の皆さん頑張ろう!

Twitterの方々の情報とかが一致団結しててすごくたすかります。みなさま親切です!!こういうとき、なんか、感動します。最近は近所とつきあいなかったり冷たい世の中だとか思ってたけどそんなことなかったね。

北京市の女性は新聞記者に対し「すごい。日本人の中には『道徳』という血が流れているのだと思う」と語る。
.
.
.
.
.
.
.

2011年3月12日 (土)

被災地の皆様、どうかご無事で!

P1030795

巨大地震が起こってしまいました。刻々と明らかになる被害状況に
驚きと恐怖を覚えます。被災地の皆さん、どうかご無事で。

遠く神戸からお祈り申し上げます。

END

2011年3月11日 (金)

上海単独的昼食事情

Photo

♂は一日早く帰国の予定でしたが前日からへろへろで部屋から
出られない状態になってしまいました。しかたなく1人近所でランチです。

Photo_2

ホテルの周辺は普通の人民が集うお店が沢山並んでいました。

この店名も何かわからないお店になぜだか足が向いてしまい・・・・

続きを読む "上海単独的昼食事情" »

2011年3月10日 (木)

嵯峨豆腐 森嘉 @京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町42

Photo

松籟庵を出る頃、調度小雨になってきました。

こんなに人がまばらな嵯峨嵐山界隈は始めて、ラッキーだったかもです。
美しい竹林の中を通り抜け、15分ほど歩いてたどり着きました。

楽しいメニュー看板を見ながらお土産を決めます。

Photo_2

入った所がもう作業場になっています。出来立て熱々のお豆腐を
買う事ができるようです。接客もこの白ゴム長の女子スタッフが担当です。

お昼にこちらの湯豆腐を頂いたので、厚揚げとひろうすを少し、そして
こんな微妙に不思議な物も買い求めてみました。

Photo_4 Photo_5

「擬製豆腐」という名前からして、何かに似せた代物なのでしょう。
一辺15㎝くらいのかなり大きなものです。

Photo_7

厚揚げみたいなチーズケーキなのか?チーズケーキみたいな厚揚げか?

味はね、甘いんです。これ以上は企業機密とさせていただきます。
食べてみたい人は1300円だして試してみてください。

きっと後悔・・・・いや、人それぞれですからなんとも
クミョンはまた来ることがあったら、普通のお豆腐を買いたいと思います。

京都は市中ばかりだったクミョン、たまには嵐山嵯峨野に足を伸ばすのも
いいものだと、再確認。ユイチャン、どうもありがとう

END

2011年3月 9日 (水)

松籟庵(しょうらいあん) @京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内

3

半韓のゆいちゃんと京都嵐山「松籟庵」さんでランチしてきました。

細川元首相のお爺ちゃん、近衛文麿公爵の別邸だったという
由緒ある建物を豆腐料理屋さんとしてリメイクしたお店です。

入店時客人は我々のみ、桂川の清流を眺めながら静かなお食事を・・・
と思っていたら、この3人さんがどやどやとご入場

了承を得たので堂々トップで出演していただきました。

向って左から、フィンランドから来た元LG社員で韓国にも住んでいた
A君、真ん中の陽気なB君は南アフリカ出身で現在シンガポール在住、
右の1番大人しいC君は南アフリカのヨハネスブルグから、仲良し3人組
遠路はるばるの来日です。

続きを読む "松籟庵(しょうらいあん) @京都市右京区嵯峨亀ノ尾町官有地内" »

2011年3月 8日 (火)

中国的墓参風景

Photo

今回の訪中一番の目的は6年前に他界した義母のお墓に参ることでした。

お義母様お待たせしました、遂にクミョンがやって参りました。
え?まだ中国語が話せないのかって?アホな嫁をお許しあれ~

Photo_2 Photo_3

お参りする前に、まず銀色の紙を船の形に折った物を燃やします。
これは古代に流通していたお金を模したものだそうです。

折った物が売っているようです、だいたい45Lのゴミ袋いっぱいくらい
の量をどんどん燃やします。この時間が1番長いような・・・・

お葬式やお通夜のときもこれが登場します。

Photo_4 Photo_5

で、これがとても不思議、この黄色い紙はお札の代わりなのだそうな。

本物のお金をまずこの黄色い紙にすりすり・・・・これでお札に変身?
今回なぜだか日本の千円札、お義母様はどこで両替するのか?

これもまた勢い良く燃やしてしまいます。
あの世でもお金に苦労しないようにという、中国らしい風習です。

その後合掌して1人ずつお線香を立ててお参りして終了でした。

Photo_6

殆どが個人墓なのですが、ご夫婦で一緒の場合もあります。
まだ生存してらっしゃる方は顔写真ではなく「寿」の字が入ります。

ものすごく広い敷地に延々とこんな墓石が並んでいます。
次に1人で行けと言われたら・・・・絶対探せません。

Photo_7

♂に「クミョンにもこんなお墓を作ってくれる?」と聞くと

「君の場合は 悪妻 だね」 やと・・・・

END

義理母様の時は30万円くらいでしたが、昨今のバブルでお墓も
もの凄く値上がりして、今は3倍くらいするみたいです

2011年3月 7日 (月)

南麗 浙里 @上海市静安巨鹿路

Photo_10

この日はウェイウェイのパパママが素敵なレストランにご招待して
下さいました。フレンチレストランの様な、おされーな店内。

Photo_11

この辺りはハイソなお客様御用達のお店が点在している地域です。
このお店の前には超有名なご予算1人8000円~の火鍋のお店が
あり駐車場にはずらりと、メルセデスやポルシェ、ランボルギーニも
ぎらぎらしておりました

上海の南、杭州あたりのお料理のお店です。

続きを読む "南麗 浙里 @上海市静安巨鹿路" »

2011年3月 5日 (土)

トラットリア コチネッラ @神戸市中央区中山手通2-17-6

Photo

お互い忙しくて、やっと北野の帝王の妻まーりんさんとランチできました

エスパストランキルさんが「ア○ニム」と改名し、鯉川筋北に移動。
その後に県庁近くにあった「トラットリア コチネッラ」さんが
お引越ししてこられました。 

ランチ1680円、15種類の前菜からスタートです

続きを読む "トラットリア コチネッラ @神戸市中央区中山手通2-17-6" »

2011年3月 4日 (金)

小南国 @上海市黄陂南路 新天地内 

Photo

この日は♂と2人で夕方まで過ごしました。

「新天地」という昔のフランス疎開(居留地)のレンガ建築を
そのまま利用したエリア内でのランチです。

上は「上海乾煎ワンタン」

Photo_3

8年くらい前にここがオープンした直後に一度来た事があります。
現在はかなり広くなって沢山のおされーなショップやレストランが
入店している新上海の一大メッカになっています。

中華臭さに頭痛がしてきた時はここ、新天地でくつろぐと治ります。

Photo_2

お腹も空き空きで、いろいろ探す時間もなくこちらの「小南国」さんに
入ってみました。上海市内に数点ある上海料理のお店です。

Photo_4 Photo_5

Photo_8 Photo_6

籠の入れ物は上海名物揚げ麩とトマトや胡瓜の炒め物。
右はこれまた上海名物の餅(トックみたいな)の炒め物。

スープも頼みましたが撮影忘れてます。
お茶は個別料金。以上で3000円ほどでした、あの日のリンゴ1個
より安いですが普通のお店の倍以上かな。

Photo_7

他にもいろんなレストラン、オープンカフェがありました、けれど
観光客率100%に近いエリアなのでお値段はなにもかも高めです。

Photo_9

時々見かけるこの伝統的髪型の男の子、かわいいですよね

子供といえば・・・・・

Photo_10

こんな親子連れ発見 軽い、安全?、エコ 三拍子揃った秀品です

END 

 

2011年3月 3日 (木)

回転寿司 魚喜 @神戸市中央区元町通1-10-3

Photo

このブログを世界各地からご覧の美しい淑女の皆様。

今日は楽しいひな祭り いくつになってもひな祭り
花の思春期過ぎたとて 更年期障害でほてろうと
最後の一息全うするまで 女でいましょう ひな祭り

きれいなちらし寿司じゃなくてごめんあそばせ

元町商店街の中にあるお魚屋さん直営の「回転寿司 魚喜」さん。
よく前は通るのですが今回が始めての攻撃、OZW真理ちゃんと
高齢、いや恒例の陶芸前のランチです。

Photo_2

この場所以前は違うお寿司屋さんだったような
調べたら同じ店が改装して店名を変えただけのようです。

かなり回転台は長く席数も多いです。お昼時は店内満員。
明石の蛸メニューなんかも、夕方は会社帰りのリーマンが集いそう。

Photo_3

あまりかわいくないお値段の皿が回転です。

今回はお得な「上にぎり寿司定食1280円」にしてみました。
赤だしのあら汁つき、ねたは普通においしい、かな・・・・・

ま、元町でどうしてもお寿司が食べたくてもだえそうって時にどうぞ。
この手なら六甲道の「ぼて」や兵庫駅前の「駅前」がチョワ

END

Photo_4

「花博公園でシルバーのかわいいアメショーの子猫がいっぱい捨てられて
たらしい、新之助をそーっと置いてきて子猫と交換しようか」

って話してたら、ものすごく不安気な顔で私たちをみつめました。
冗談やん、冗談 最近新之助が人間の言葉を完全に理解している
ような気がする時がふとあるのです。

2011年3月 2日 (水)

来るか!生煎ブーム! @上海市玉屏南路辺り

Photo_28

Photo_31

中国人が朝食にオヤツに大好きなのが
これ、「生煎(シェンチェン)」

倭国では小籠包がやたら有名になって
しまいましたが、これも昔から同じ様に
こちらではポピュラーな食べ物です。

4個で5元(約60円)、♂いわく小学生の
頃は10円もしなかったらしいです。

Photo_32 Photo_33

小籠包と同じく中から熱いお汁が飛び出しますので要注意

揚げ麩みたいなのが浮いてるカレー味のスープも頂きました。
10元(約130円)で2人の朝御飯終了です。

Photo_40 Photo_41

きれいなのか、そうでないのか、判断しかねる店内。
さっきまでこの台の上に女子が腰掛けていたと思ったら、いきなり
粉を練りだしたのには少し引きました

細かい事を言う人はこの手のお店を訪問するのはやめましょう

神戸の南京街でも「生煎」の屋台がありますね。羽田空港内にも
専門店が出来たとか、これからブームになるかもしれませんよ

Photo_34

お母さんのパンツ、お父さんのズボン、弟のシャツ・・・・

洗濯ものも上海はなにやら賑やかですね。

「上海人はパンツは人目にさらさないよ!」とのこと。
田舎から移住してきた人たちが多く住むところの特徴だとかです。

Photo_35 Photo_36

親戚やお友達宅の訪問に欠かせない見た目デラックスなお土産。
ものすごく上げ底、過剰包装、貰った方はゴミばかりが多くて困りもの。

大餅(タービン)屋さん、スタッフは西方のお顔をしておいででした。

Photo_37

路上でゆっくり将棋を楽しむ男子3人。

Photo_39

敷石を半紙よろしく達筆を披露するご老人。
筆にペットボトル(中身は水)を巻きつけて、予備のボトル2本も携帯。

残しておきたい古き良き中国がそこかしこ。

最先端でピカピカの上海も良いですが、クミョンはぷーんと何かが
匂うこんな上海が永遠なれと願ってやみません。

END

この夜から♂は本格的に体調の悪さを訴え、全く食べ物が通らなくなりました。
原因は朝食べた生煎とスープに違いないと言うのですが、同時に同じ
物を食べたクミョンはなんともありませんでした。不思議です。
帰国してから回復しました、ご心配なく。

2011年3月 1日 (火)

英国王のスピーチ 観てきました

Photo_2

アメリカでオスカーの授賞式が行なわれているその時間に映画を観に
行ってやろうと目論んだクミョン、もちろんお目当ては「英国王のスピーチ」

ビンゴ見事作品賞他4賞ゲトされました。おめおめ

吃音に悩むヨーク公はシンプソン夫人のおかげ?でいきなり王様に。
王妃が見つけてきた下町に住む男との身分を越えた友情の物語です。

大聖堂での戴冠式は本番の描写がなく、ドイツに宣戦布告したところで
終わっているのでスケールの大きさが余り感じられずに終わってしまった。

見終ったあとシンドラーズリストや海の上のピアニストのような
余韻はなく・・・・けど、2人の男優さんが頑張っているいい映画です。

Photo_3 Photo_3

左、ほんまもん。右は見事主演男優賞獲得のコリン・ファースさん。

普通の日なのに館内オーバー60で満席でございました。
レディースデーに行かれる方は相当お覚悟の上、お越し下さい。

END

当初主役のオファーはヒュー・グラントに行ったらしい。
こんな良い役を蹴るなんて・・・・おバカさんですよね。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »