こちらもご覧ください♪

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

洲本温泉でソー会 @兵庫県洲本市海岸通り・・・・

Photo_2

年に一度のソー会、その昔は箱根や沖縄だったソー会を兼ねた
恒例行事の旅行もとうとう今年は淡路島・・・・・

それも海水浴客専用かここは?ってなくらいの旅館。

伊勢えび美味しそうって?殻は1匹なのにしょぼーい身が2切れ。
出席者は約100名の大宴会 殻だけ綺麗に洗って使いまわし?

他のお料理はカメラを向ける気持ちが萎えるほどでございました。
申し訳ありませんが半分以上残してしまいました。

Photo_4

コンパニオンのお姉さん、8人ほどいましたね。

無駄な費用使わないでエクシブくらいに泊まらせろ って隣の方が
仰っておられました、クミョンも激しく同感。

Photo_6

アワビ アラ マルコゲータ

浴衣の襟は擦り切れてるわ、布団はとても清潔と言えない代物、
翌朝の朝御飯なんてもう。。。。嘘やと思う人は泊まってみてね。

Photo_7

遠くの山頂に洲本城が望めます。左の松林のすぐ横が海ってことが取り得かしらん。

宴会時の極めつけは、近くにお座りの老舗の会長さん、鍋料理の
固形燃料が切れて困っておられました。

近くでお茶を入れていた関取並の体型の仲居さんに頼むと
「ここ~燃料替えたって~」大声で遠くにいる人に叫びました。

替えたって・・・・・そんな事言われたことなど未だ嘗てない会長さん。
呆然としておられました

END

Photo_9

去年に引き続きバンバン登場、杉田二郎さんも初参加。

戦争を知らない子供達も60代になりました。

2011年6月27日 (月)

コリアンキッチン SURA @宝塚市宮の町7-1

Photo_2 Photo_3

宝塚にてK女史とコリアンランチでございます

冷たいスープにキムパ、なかなか倭国ではお目にかからない
ケランチム(茶碗蒸し)も頂いてみました。

Photo_4 Photo_5

え?紀香がここに来たの? とにかく彼女お気に入りのタッケジャンも
頂く事に、倭人向きの辛さですね。 鶏は捜索するも見付からず

Photo_6 Photo_7

もっちりしたチジミがマシッソヨ ビューティー欲張りセットやらに
したので登場した サンファ茶 香りだけで10年は長生き出来そう。
養命酒が駄目な人は一口で失神するでしょう。

阪急&JR宝塚駅からは少し歩きますが良いお店でした。

けど・・・・・・これに行く前に韓国料理を食べるの、多分私達だけでしょうね。

↓ 

Photo_8

宝塚歌劇を攻撃してまいりました。

クミョンは おえ~タカラヅカ~キモ~! な人なのですが

ご招待とあれば行かねば損、怖いもの見たさで観劇いたしました。

Photo_10

宝塚駅に着いて「はなの道」を歩くあたりから歌劇ムード1色です。

客席も真っ赤っか、シャンデリアきらきら。幕が開くとそこはもう別宇宙。
ファントム2幕が終了後ミラーボール煌く中でのラインダンスが始まり、
男役トップが大階段を羽根飾りを着けて降りてくるあたりでクミョンの
オメメの中にも沢山のお星様がチカチカしておりました。

Photo_11

おまけに幕間の抽選会で娘役 蘭乃はなさんのサイン入り色紙まで
当選しちゃいました 家宝にしたいと思います

P1040506_2

花組トップの 蘭寿とむ なんて素敵なお姿でございましょう。

あ・・・・・いけない、危ない世界に引きずり込まれるところでした。
猫がトイレを掃除しろと鳴いています。現実に戻りましょう

END

明日から出張(宴会?)で3日間ほどブログアップ不可でございます。
よろしゅうに

2011年6月25日 (土)

新中華料理 青青 @大阪難波高島屋 ダイニングメゾン9F 

PhotoPhoto_2

大阪中華の雄、桃谷楼系列の新路線 「青青」 中国語読みしたら
危ないですね、素直に せいせい と読むそうです。

難波高島屋の7,8,9Fに展開するダイニングメゾンにはレストランが
35店舗。たくさんあり過ぎてどこに入るか何回も行ったり来たりです

Photo_4Photo_5

桃谷楼の血を引く店らしく、化学調味料不使用、薬膳スープは
ほのかに漢方の香りがして深い味わい。なぜだか生春巻き登場。

実は訪問はだいぶ前なんです 忘備ファイルに入れたままポアしてました。
1800円くらいのランチセットだったと思います。

Photo_7Photo_9

客層の年齢は高めだか器はかわいい。小さい蒸しパンがころっと出てきました。

お粥も薄味で本格的でございました。なかなかやるぞ、ここ

Photo_8

メインも海老の炒め物と酢鶏の2種楽しめます。
どちらも美味しくいただきました。

今回一人で孤独に頂きましたが広いお店なので大人数の利用も可能ですね。

ただフロアのおばちゃんのサービスが大衆食堂並みでした

Photo_10

大人の雰囲気が楽しめる難波高島屋、梅田に負けじと頑張っています。

クミョンは伊勢丹より高島屋派かな。
9Fは他に吉兆、フレンチのルミエールなど名店が連なります。

Photo_11

その昔こちらの大食堂入り口にあった岡本太郎さんの壁画です。
因みにこれはレプリカ、本物は別フロアにあるそうです。

今年は日本のピカソ岡本太郎さん生誕百年、太陽の塔を始めて見た時の
衝撃は忘れられません。 あの頃の倭国は元気だったなぁ

END

第1弾の柚葉ちゃん 5ヶ月でこんなに大きくなりました

110610_105302_3

2011年6月23日 (木)

ラトリエ @神戸市中央区元町通1-7-2

Photo_3

陶芸前のスピードランチ、OZW真理ちゃんと元町駅から南へ
エビアンコーヒーさんの2階にある 「ラトリエ」 さんで頂きました。

パスタランチ1500円にいたしました。

まず小さな 「淡路玉葱のビシソワーズ」 玉葱の水分以外は入っていないそうです。

そんなに期待しないで入店いたしましたが、これ美味しいぞ

Photo_4

前菜は普通に美味しい、商店街からもすぐで便利な立地です。
男子スタッフ2人だけで厨房もフロアも頑張ってます。

Photo Photo_2

クミョンの 「天然鮮魚のクリームソース」

竹墨を練り込んだ生パスタ(+500円)、もちっとした食感。
面白いけど注文時に竹墨のこと一言もなかったです。

そしてこの中には、こんな魚が入ってるそうな。

Photo_5

「ヤガラ」 体の半分が顔って特種な奴ですね。刺身でもいけるらしい。

クリームソースが重厚。2万カロリーくらい摂取した様な食後感

Photo_8

真理ちゃんオーダーの 「イタリア産リコッタチーズのトマトソース」

同じく生パスタ、タリオリーニで。これもなかなか美味しいぞ。

Photo_7

デザートもかわいくて合格、 千円台のランチです、大満足

けど、ちょっと駄目出ししてよろしいか?

兄ちゃん2人、もうちょっときれいにしようよね。
お姉さんがバリカンでそのモサモサの髪の毛刈り上げてあげようか?

あ。。。。今回はこんなことうだうだ書いてる場合じゃない。

陶芸のセンセェが イムシンヘッタゴ !!

日本語で言うと ご懐妊なさいました !!

陶芸教室の話題はそれ一本、作陶もそっちのけで盛り上がりました。

END

2011年6月21日 (火)

京料理 たか木 @芦屋市大原町12-8

Photo_3

まーりんさんとクミョンの合同聖誕祭第2弾はクミョン一押しのお店
芦屋の 「 京料理 たか木 」 さんでのランチとなりました。

紫陽花の花が添えられた美しい八寸に2人うっとり。
日頃のウサウサウザウザを吹き飛ばす、楽しい時間でございました。

Photo_5

お出迎えのお料理は、山芋に小豆 じゅんさい添え。

この雨の季節も風情のあるものだと 心が涼やかになる一品でスタート。

Photo_7

なんとまぁ倭人であったことに幸せを覚える この椀物。

今年初の鱧、絶妙な火入れの冬瓜、下には極細のお素麺。
ほのかに梅の香る小さな白玉、単なる梅肉でないのがこのお店。

Photo_8

Photo_9

乾杯のビールから日本酒に移行いたしました。

お福ちゃんの解説は今回もすばらしく、銘柄選びも楽しい時間です。
このまーりんさんご推薦の十四代、あぶないです、するするいけちゃいます。

Photo_10 Photo_12

お造りの上に・・・・油断してたら近くの池に飛び込みました。

そしてこの後最初の画像の八寸登場でございました。

鱧の押し寿司うま~!西京焼きうま~!穴子の巻き揚げうま~!

あ・・・・いけない地が出てしまいました。もとい。

Photo_13 Photo_14

後姿も美しい炊き合わせはミニコーン いんげん、穴子ときくらげの蒸し物

糸の様に包丁の入った茗荷と大葉が圧巻。

Photo_15

土鍋ご飯の後はお薄とデザートで〆でございます。

とろとろの杏仁豆腐と作りたての蕨餅。

今回も美味しく頂きました、高木氏に感謝でございます。

さぁ、これからも耳には耳栓口には美味しいもの、でなんとか
頑張って暮らしていきましょう。われらの人生はまだまだこれからですぞ。

END

Photo_16

客席から望む中庭も季節それぞれの景色で目にもご馳走・・・・・・

ですが、前回も今回も「らしからぬ客層」の存在が雰囲気を損ねます。

どこからお越しか知りませんが、ここに来るのにお願いやからカウボーイ
みたいな格好やジュディーオングみたいなヒラヒラの服着てこないでね。

2011年6月20日 (月)

雨の日の晩御飯

Photo_2

雨の日に耳を食べると縁起がいいということわざが中国には
・・・・・ないです、そんなもの

余ほど食べたかったのか♂は自分で買ってきました。
リアル過ぎて超グロな切る前の豚耳画像はやめときましょね。

切るのも炒めるのも食べるのも、全部お任せいたしました。

Photo_4

雨の日にはチジミを食べる風習が韓国にはあるらしい、これ本当。

お好み焼のはずでしたがクミョンが作るとなぜだかチジミ風になりました。

Photo_5

「もろのきゅうり」 採れたて胡瓜をいただいたので
塩ですりすりしただけで充分美味しかったです。

Photo_6

東北物産展でゲトした牛タン味噌漬けをさっと焼いてみました。

うまうま~、茗荷を包んで頂いきました。

Photo_7

新生姜を漬けたのでお揚げさんと炊き込みご飯にしてみました。

キムチ納豆を乗せてしまい生姜の風味がどこかに吹っ飛んでしまいました。
大失敗です、良い子は真似しないでね。

END

命の次に大事な、多分♂よりも大事なHDDプレイヤーが壊れたみたい。
録画が撮れなかったり途中で終わっていたり・・・・・・

ギョワエー! 昨晩のJINの最終回 撮れてないやぁ~ん!

どなたか撮ってませんかぁ?千円で見せて~

と、嘆いていたら真理ちゃんが来週が本当の最終回だと教えて
くれました。これで枕を高くして寝られます。

2011年6月18日 (土)

明石 魚の棚うおうお・・・・

Photo

美味しいお寿司を堪能した後は魚の棚商店街を散策でございます。

リアルな蛸が目印のこちらで名物の「まだこ丸揚」をゲト。

Photo_2

左は「穴子一匹巻」 どちらも600円とかわいくないお値段ですが
食べ応えありです。

神戸の百貨店にも出店されていますが「まだこ丸揚」はここだけでしかゲトできません。

Photo_3 Photo_5

明石は干物も豪快に鯛です。帰って新之助に披露しましたが大きすぎて
怖いのかこの距離をキープしたまま近寄りませんでした。

K女史やセンセェは穴子などをゲト、海の近くまでお散歩をして
かなり無理矢理小腹に隙間をつくりました・・・・・

Photo_7 Photo_8

やっぱ「明石焼き」を食べずして帰るわけにはいきません。

けど、この辺りは1人前15個なんですよね、お店の方にお願いして
1人前を3人でわけわけいたしました

たこ焼き煎餅なるものに触角が動きゲトしてみましたが大失敗でした。

Photo_9 魚の食べすぎか?変わった毛並みです。

思うより近いです、またふらっと遊びに来てみましょう。

END

2011年6月16日 (木)

希凛 @明石市魚の棚商店街内

Photo

明石、魚の棚商店街にあるお寿司屋 「希凛」 さん。

数年前から横目で睨んでいたこのお店、今回 K女史、センセェ、クミョン
の3人で始めてお昼に攻撃とあいなりました。

明石といえば蛸でございます。一発目のこの生蛸で3人とも完全に
ノックアウトです。うまい、うますぎます

今まで食べてきた蛸はいったい何だったのでしょう?と、思うくらい
美味しいです

Photo_2

市場内では異色な雰囲気をかもし出しているおしゃれな外観のお店
なのですが、入ると良い意味でも悪い意味でも裏切られました。

小狭い店内に居酒屋的ノリの男子スタッフが5人、
客層もいろいろで始めてなのに緊張感なく頂けました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

あまりに美味しかったので順不同で大画面供出しておきます。

シャリが凄く小さいのでネタの味を邪魔せず、しっかり味わえます。
女子にはうれしい大きさでいくつでも食べられそうで怖い

3 Photo_7

テーブルで頂きましたが食べ頃を見計らって順次登場します。

赤だしも立派なアラが入ってて美味しい。

蒸し穴ものすごくソフトでうま~烏賊もうま~

3人とも感嘆の声を上げながら食べまくりでございます

Photo_8

Photo_9

Photo_10

そして驚きは、これだけのネタで(10貫+巻き+赤だし)
なんと3150円なのです。
☆が付いてるお店なんかだと軽く2万は越えそうな内容です。

きゃぁ~何リピする?もう一巡食べちゃう?とか悩んでいたら〆に・・・

Photo_11

葱トロ巻き登場です。質量ともに大満足

季節ごとに内容はがらっと変わりそうなので再訪必須でございます。

さすが某有名ブロガー様御用達のお店です、納得いたしました

さ、お次は魚の棚を散策してみましょう

END

街中のすーっとしたお寿司屋さんを想像していくと駄目かもです。
靴を脱いで着席するので冬は遠慮したいような気もします。
市場の中ということを鑑みてもお化粧室は店内にあってほしいです。

ま、これらの点も美味しかったからケンチャナヨ

2011年6月15日 (水)

空飛ぶヤコブさん  @神戸市中央区ポートアイランド

Photo Photo_2

久々にポートアイランドのIKEAを単独攻撃してみました。
平日はオバケが出そうなくらい閑散としています、まずは腹ごしらえ。

「空飛ぶヤコブさん」 499円
注文するときかなり恥ずかしいネーミングです。

チキントマトクリームシチュー、甘味が強いけどかなり美味しい。
けどヤコブさんって誰?

先日受けた健康診断の結果が出ました。

総コレステロール 245、 LDL 149 これって人間霜降りに近いです。
基準内ですが中性脂肪も去年の倍!総合評価は C で治療を必要の
一歩手前でございました。

あかん、ヤコブさんとアーモンドケーキなんて食べてる場合じゃなさそうです。

ああ、この頃に戻ってやり直したい

        ↓

Photo

じゃぁ~ん 第2弾が先日6月1日早朝に無事お出ましになられました。

半韓のユイチャンとこの王子様 「将汰君」 でございます。

これまた将来楽しみなイケメンです

END

2011年6月13日 (月)

尼崎COCOE うろうろ

Photo

週末はおうちで静かにと思っていたのですが尼崎に行くことに。

JR駅前COCOE内のお好み焼屋さんで、♂のカメラを使用しましたが
油が飛ぶからとこれ以後の撮影は許可されませんでした

途中で「5歳のお子さんを探しています」と迷子の放送がありました。
そこまではよくある状況なのですが、しばらくすると 「先ほどの迷子さんは
無事発見されました。ご協力ありがとうございました」と放送がありました。

結末を伝えるこんな丁寧な放送、始めて聞いたような気がします。

Photo_3

入店しているスーパーでゲトした野菜達、気がつくと日本縦断野菜祭り。

北海道の長いも、福島県のスナップエンドウ、茨城県のほうれん草、
愛知県のトマトに高知県のナス。。。。

可哀相に、どこ産であろうと我が家で料理されると全て中華料理に
なる運命の不幸な野菜達でございます。

来週はばたばたするので本日は地味~な内容でスルーです。

END

2011年6月11日 (土)

赤い非常食

Photo

如何なる場合でも辛い物が食べたくなる人にぴったりの非常食です。

お湯が少しあればピビンパが出来上がるという優れものを
ゲトしたので早々作ってみました。

Photo_2

アルファ化米なので宇宙に行くときも携帯可能ですね。

お湯を少しだけ注いできっちり蓋をしてしばし待ちます・・・・・

因みにこのかわいいスプーンも中に入っていました。

Photo_4

袋のまま食べた方が雰囲気ですが、ご覧頂くために器に入れました。

付属の辛そうな粉末と胡麻油をかけ混ぜ混ぜ・・・・
軽く1膳分かな、結構ガツンと辛いです、なかなかいけます

10袋くらい常備しようかと思いましたが、いつものサイトではすでに
売り切れて在庫はございませんでした。

Photo_5

↑余談ですが、世界一高いピビンパ、大韓航空のファーストクラス
で出てくる特別ピビンパはこれだ。食べたことないけど

あの日から3ヶ月が経ちました。未だに何万人もの方が避難所で生活
なさっておられるこの国は嘗て「経済大国」と呼ばれた頃もありました。

暑い夏ですが、病気にならない程度に節電いたしましょう。

今何かを手放すことで、遠い昔になくしてしまった貴重な物がもう一度
戻ってくるかもしれないと、尊い犠牲が教えて下さったような気がします。

END
 

2011年6月 9日 (木)

ジャガルチ @神戸市中央区元町通1丁目

Photo Photo_2

陶芸教室前のランチは赤い料理で気合を入れることにいたしました。

元町のジャガルチさん、5月25日のオープンですがクミョンもう3回目です

まずセンセェは「ピビンパ」、目玉焼きの下は・・・・指でつまんどるし
ここのおかずは毎度キムチともやしのナムル、ピビンパにもモヤシが
乗っかりますから変化が欲しいところですね。スープ付いてましたっけ?

Photo_3

真理ちゃんのスンドゥプチゲ定食。小さい入れ物です。辛さは控えめ?
愛犬ロクピちゃんが大手術を受け入院中です、ご心労で何を食べても
今は一緒という状態なようです。全快をお祈り申し上げます。

Photo_5

最近韓国ドラマにはまったという午前の生徒さんはピビンネンミョン。

癖になりそうな辛さです。クミョンも大好き
韓国って茹で卵好きですね、電車の中、チムジルパンで、遠足のオヤツ、
いろんな場面で登場します。きっと戦場にも持っていくのでしょう・・・・

Photo_6

クミョンはプデチゲ定食にしてみました。

投入されているキムチがしょっぱいので酸味のきつい味でした。
ラーメンが少ない・・・・お試し用といったところでしょうか。

スンドゥプチゲが680円、他は980円でした。
う~ん、ちょっとコスパの悪さを感じます、お味はアラカルトを食べて
いないので評価できませんが・・・・ランチは普通に家庭的。

梅雨が始まりジメジメしてまいりました、雨の日韓国ではチジミを焼いて
マッコルリを呑んで、メランコリーな雰囲気ですごすそうな。

焼く時の音が雨の降る音に似ているからだとか、結構ロマンチカですね。

END

ひなオンマさんのブログで異様な物を発見してしまいました。

Image060611

直径3.5cm 高さ2.2cm・・・・・これ何だと思われますか?

健康診断の時のアレ入れる容器だそうな・・・・・でかい、これに
ギューギュー詰めるの?スプーンで?すごい、凄すぎます

韓国ってやっぱ敵に回さないほうがいい国です。

2011年6月 7日 (火)

KEZAKO @京都市東山区祇園町南側570-261

Photo

京都祇園にあるフレンチ 「KEZAKO」 さん、3年ぶりでございます。

1階はカウンター、2階はテーブルの設えです。今回は2階でお淑やかに。

梅雨晴れの日、OZW真理ちゃん、K女史、センセェ、クミョンの4人で
総攻撃をかけてみました。お初の方はまずこのテーブルセッティングに
魅せられて、そして登場したのはこちらの看板メニュー・・・・

Photo_3

フォアグラを奈良漬で巻いた・・・と書くと、何?って思いますがこれが
絶妙な組み合わせなのです。これだけでワインがどんどん進む君

フランス人のオーナーシェフと日本人の奥様、そんなお店ならではの
一品でございます。

Photo_4

2皿目はとても不思議な2品が登場いたしました。

スープ状のお料理とナッツや小エビの香ばしい一品。
美味しいです、こんなメニューをあみ出す頭脳って、解剖してみたい。

Photo_6

これまた素晴らしく美味しかったホーボーのお料理です。

添え野菜、と言うにはもったいないくらいの野菜達もそれぞれ
存在感大でございます。基本京野菜を仕様されているようです。

Photo_7

この豚さんを低温調理したお料理、以前も頂きましたが皆様
うなるほど柔らかく美味しい一品でございました。

茗荷とソバージュ、アスパラが添えられています。
ソースがまた美味しくてパンで余すところ無く頂きました。

Photo_8

フェミニンなデザートは今回のメンバーにぴったりです

京都に来るとどうしても和食になり勝ちですが、ここもトレビアンどすえ~。
純然たるフレンチでないと駄目って方には不向きかもしれません、けど
クミョンはやっぱここ大好き 季節を変えてまた

Photo_9

〆のショコラも美味しくて、4人大満足でお店を後にいたしました。

なんでここがミシュランに入らないで、あそこが入るのだろう・・・・
あの本もいろいろ裏で圧力とかが働いているらしいです。

京都は梅雨が終わるとこんこんちきちんが始まりますね。
今年は本当に大きな災害に見舞われた日本、政府もあるやなしやの状態
もう残るは神頼みしかないかもしれません。

END

そうそう、美味しかったワインはこちらでございました。

Photo_10

2011年6月 6日 (月)

KOBE FIESTA 2011 @神戸市中央区みなとのもり

Photo

またまた今年もやって参りました KOBE FIESTA 開催です。

会場は三宮から歩いて12,3分の「みなとのもり公園」に移転しました。
10時過ぎに到着いたしましたが、もうすでにルセットさんなどには
100人以上並んでおられます~

午後からも来るわ来るわで大賑わい今回お姉さま方のご都合が悪く
センセェとクミョン2人での攻撃でしたが、たっぷり楽しみましたよ

画像多めですが、行ったおつもりでご覧下さいませ

続きを読む "KOBE FIESTA 2011 @神戸市中央区みなとのもり" »

2011年6月 4日 (土)

日の出製麺所 @神戸そごう 四国物産展

Photo

「私、揚げたらすごいのよ」と言いたげです。ぶっかけうどんに
寄り添う竹輪の天ぷらってどうしてこんなに美味しいのでしょう。

香川県坂出の「日の出製麺所」が出店されていました。

このお店現地では営業時間が1日1時間? そりゃ食べなきゃね。
ツルツルシコシコ、これぞ四国のうどん。かけ汁も美味しくて満足

けど量が・・・・オヤツ程度でした。隣の徳島ラーメンを食べようかという
欲求にかられましたが、なんとか押さえました

Photo_3

お目当ての「まるごとみかん大福」は小さ~いのがナンと1つ398円、
呆れ返って購入中止。誰も寄り付いてなかったわ

で、おうちディナーに 「骨付鳥 一鶴」 さんのこちらをゲトしてみました。
「ひな」と「おや」の2種類。ひな870円にしてみました。

Photo_4

お味は想像以上にスパイシー、ビールが進む君で美味しいです。
またリピしたいくらい 西梅田と心斎橋にお店があるみたいです。

新之助も美味しいのがわかるのか、残り香をくんくん・・・・・

Photo_5

「徳島の鱧団子をおうちで炊いたん」

鱧が入ってますよっ、て言わないとわからない団子でした。
外せない玉葱も入っているようです。

ちょっと梅雨が一休みの週末、お出かけは今日がよろしいようで。

END

2,3日前からまた東北、信州、そして鳥取に至るまで地震が
びりびりと起こっています。なんだかお尻がむずがゆい、不安です。

2011年6月 1日 (水)

moncurry @神戸市中央区中山手通1-11-1

Photo_3

やっぱ携帯の画像ってよぼよぼですねー、美味しいカレーでしたが
小さい画像でよろぴこでございます。

三宮から北野坂を上がっていったところにる小さなカレー屋さん。

「moncurry」さんでさくっとカレーランチです。

茄子とキーマのカレーとチキンカレーのハーフ&ハーフ 800円。
お水を使わないで煮込んだ優しいお味のカレーです。

Photo_4

サラダとピクルス類はセルフで好きなだけ頂けます。

ここは平日の5時までがカレー屋さん、夜はBarに変身するお店です。
玄斎さんやらモゴットさんとかのお名前が出てくるグルメな20代の
女子お一人で運営されております。

+200円で焼きカレーに変身できるみたい。

先日の検診で 「メタボのメ」位なので気をつけるようにって忠告を
受けました・・・・運動がてら歩いて帰ろうと思ったら大雨になりました。

わたし・・・頭悪いから・・・前から・・・疑問に思っていることがあるのです。

傘をささず雨の中を100m移動する場合、濡れるのが少ないのは
どっちでしょう? 1.早足で歩く  2.走る

走ってもその先にも雨が降ってるわけで・・・

END 

正解 車に乗って移動する

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »