こちらもご覧ください♪

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月31日 (月)

trattoria kappa @神戸市垂水区平磯4-2-10

Photo

土曜日は垂水まで行ってみました。2号線に面したイタリアンでランチです。

「トラットリア カッパ」さん、かわいい入り口ですが戸が重い・・・
ランチはサラダ&パスタで1000円

Photo_2

シンプルですが美味しい生ハムのサラダでした。

クミョンは1人だったのでふらっと来て席がありましたが12時前にはもう
「本日は予約で満席」の札がでました。週末は特に人気なのかも。

Photo_4

店内は細長い空間、入るとカウンターが8席並びその奥に6人テーブル
が1つあるだけです。けど天井が高いので圧迫感がなくて良いです。

まだ20代のご夫婦?が運営。真剣にお料理中のシェフ。
帰り際にお顔をじっくり拝見しましたが、笑顔の可愛い男前でしたよ

Photo_5

こちらのパスタは全て手打ち麺だそうです。

「ひき肉といろいろキノコのカッチョ エ ペペ」
チーズと胡椒の香りが食欲をそそる美味しい一品でございました。

他2種類ありましたが大方のゲストはこちらのパスタを選んでいました。
夜はパスタのみで1400円~なのでランチはかなりお得かも。

Photo_7

+300円のデザートも頂いてみました。栗のティラミス、ジェラート、
柿やイチジク・・・と小さいけれど内容豊富でした。

アウトレットや太平の湯からは少しだけ反対方向ですがいいお店みっけ♪

この後ウォーキングがてらアウトレットで2時間ほど過ごしました。
予定では撮影を終えた♂が迎えにくるはずでした・・・・・が。

いくら待っても連絡がありません、電話してみると 「あ、忘れてた。
西へ行くの止めて今箕面にいるから行けない。ごめん」 と

何か災害が起こったらきっと♂は私の手ではなくまずカメラを持つことでしょう。
自分の身は自分で守らねばと、目前の海を見ながら誓った午後でした。

END

2011年10月29日 (土)

蕎麦ふくあかり @神戸市東灘区御影山手1-4-20

Photo_8 

久々に阪急御影駅北のお蕎麦屋さん「ふくあかり」を攻撃です 。

OZW真理ちゃんは昼の松花堂セット1890円、せいろは手臼玄挽と生粉打ちの2種盛りです。

Photo_9

松花堂セット、始めの一品蕎麦豆腐、お料理と器のコラボが素敵なお店です。

Photo_10

松花堂、美味しそうですね。お酒が頂きたいところですがこの後
お殿様の作品拝見なのでぐっと我慢です。

Photo_12

クミョンは「ふくそばランチ」1490円、京鴨つくねおろし蕎麦を選択。

今回は汁そばにしましたが、本領発揮はせいろのようですね。

Photo_13 Photo_14

ランチの季節前菜盛り合わせ。どれも美味しい内容でごっつあんでした。

12時に入りましたがほとんど予約で満席です。今も人気のお店のようです。

Photo_17 陶芸仲間の細川君が近くの香雪美術館
で個展を開いています。
細川君も頑張ってますね・・・・・
なんて1回言ってみたかっただけさ

お殿様の茶器と書を拝見いたしました。

生臭い連中とは会ったりせず、陶芸三昧
でこれからもお過ごしくださいね。

そしてクミョンを腰元にしてください。

他意はありません、あしからず。

Photo_20

この辺りは関西屈指の素敵なお屋敷町です。
古き良き時代の優雅な雰囲気がまだ漂っているような御影。

この後新生堂さんでお買い物をして帰路につきました。

お殿様の書 「明日は御座なく候」 そうそう、日々楽しまなくっちゃ。
体重が増えようと、貯金が減ろうと、50年もすれば皆しゃれこうべですから。

あら?解釈間違ってますかしらん。

END

Photo_22

来年早々に大阪で弥生ちゃんだ 楽しみ

2011年10月28日 (金)

韓食堂 トリョンニム @神戸市中央区元町通4-1-6

Photo

陶芸前OZW真理ちゃんとランチです、元町も新大久保化がじわじわと・・・・?

「韓食堂 トリョンニム」さんでピリ辛スジ豆腐チゲ850円を頂きました。
辛さが少し物足りないけどお味はウマッ!でございました。

パンジャンは4品、どれも美味しい、倭人向けな味ですがここなかなかやりまっせ

見た目ほぼ同じなので載せませんが真理ちゃんのテンジャンチゲも美味しかったみたい。

Photo_2

赤い入り口が女子好みでかわいいです、店内言うまでも無く韓流イケメン男子の
ポスター満載、韓国のテレビ垂れ流し、それに違和感を覚えない方はどうぞです。

元町商店街、仏壇の浜屋をまだ西へ、元町映画館の次の横筋を南へ
少し降りたところにあります。ランチは月~金までのようです。

パンジャン7品が付く日替わりの韓定食もよさげです。

Photo_3

夜はこれにマッコルリが入って登場かしらん。

古女子会に使えそうなお店みっけです。夜のメニューいっときますね。

Photo_4

小さなお店です、週末は予約しての攻撃がよさそうです。

トリョンニム、若旦那って意味ですよね?

ドラマの中で美人兄嫁が義弟に向って「トリョンニム・・・・」と呼ぶのって
なんか甘美なムードが漂っているようでH、午前中からこんな夢想を
しているクミョンって何者

さ、現実に戻って銀行振り込みから仕事開始です。

END

先日の「ぬるぬり会」のこぶしさん勢ぞろいです。

みみみ堂さんから画像拝借いたしました↓

前列右から3番目がルーシー・ティーちゃんの熊太郎君、1番左がクミョンの
周リンリンちゃんです。

今は会津若松「漆の芸術祭2011」の会場で全国から集まったお仲間と
楽しく暮らしています。その様子はこちらでご覧ください。

http://hatopo.mo-blog.jp/blog/

2011年10月26日 (水)

BISTRO近藤亭 @神戸市中央区山本通2-1-1

Photo

久々にチトミさんとランチいたしました。

彼女のご要望で北野の 「BISTRO近藤亭」 さんを攻撃です。
存在は知っていましたが観光客目当てのお店だと敬遠しておりました。

クミョン、前菜はパテにしてみました。なかなかいけますやん

Photo_2

おっと、最初に小さなキッシュも出てきました(小さ過ぎ!)。
この日はラタトゥーユのキッシュ、クリーミーで美味しいです。
こちらは近くにキッシュ専門のお店もあり買って帰ることも出来ます。

Photo_3

チトミさんはスープを選択。ちょっと味見したかったなぁ
チーズをたっぷりかけて、とろっと美味しそうでした。

Photo_4

チトミさんのメインはバベットステーキ。柔らかくてがっつり量もありました。

Photo_5

2人の予定が空いていたので日に決めましたが・・・・・

偶然パパリンのお誕生日でした。グラスワインで南無~しました。
存命ならば82歳です。もう少し一緒にいたかったね、パパリン。

Photo_8

クミョンはサーモンのポアレ。火入れも素晴らしくソースも美味しかったです。

なかなか使えますやん、ここ。ランチは満席、予約必須の様子でした。

Photo_9

デザートも悪くありませんでした、これで2000円、女子が群がるのも納得です。

ただ・・・・他の方のブログとかを拝見すると、長期に渡ってメニューが同じ
なのがちょっと・・・・いつ変わるのかしらん

Photo_10

少し雑な感じの店内も気取りがなくて、ランチにおしゃべりに調度良しです。

それと特出すべきはこの頭部からかなり光線を発しているおっ様の
接客です。ものすごく好き嫌いはあると思いますが、面白いです。

メニューも貼っておきましょか。このお値段でアラカルトなのも○よね。

Photo_12

11月2日に斜め前のビル2階に 「ランチとワインとキッシュの店」 を新たに開店されるようです。
攻撃してみようかしらん

味とコスパが合格なお店でした。秋の北野はこれからがよろしいなぁ

END

先日朝の番組でテリー伊藤氏が 「眞子様は美しいですね、AKBとはまた
違う美しさですね」やと。あの人ちょっと賢いって思っていましたがアホ?

2011年10月25日 (火)

甘ったれうどん @神戸市某所

P1050018

新生堂でゲトした玉子、最後の1個となりました。

東北は宮城県のヒット商品「甘ったれうどん」で有終の美を飾ることにいたしました。

北大路魯山子の新作に盛り付けてみました。

新之助はどうしてるんだ?とのお声に今日は登場して頂きましょう。

Photo

こいつは変な癖があり、ランチョンマットでお昼寝するのが大好きなんです。
大きな図体をマットに合わせて彼なりの安眠スタイルで爆睡中です。

Photo_2 Photo_3

で、一枚の時と2枚並べた時で実験してみました。

2枚になると油断が生まれて尻尾が出てもかまわないようです。

Photo_4

しかし、手作り市でゲトしたこれには絶対乗らないのです。

先客がすでにいると思っているのでしょう・・・・・・か?

そろそろ冬が近いのか、最近飼い主と供に爆食傾向です。

END

2011年10月24日 (月)

あほや新開地店 @神戸市兵庫区大開通2丁目

Photo Photo_2

久々に予定も無くまったりとした週末でした。

ウォーキング途中に発見したたこ焼き&ぺちゃ焼きの「あほや」さん。

ぺちゃ焼?

3 たこ焼きを3個に玉子とチーズ。

Photo_3 5秒ほどプシューっとプレス。たこ焼残酷物語。

Photo_4 出来上がりはこんな感じ。

冷めても美味しいよっとの事でしたので仕事場で頂きました。

「あほや」って書いてある袋を持ってJRに乗るのは少し勇気が要りました。

Photo_5

虫押さえにはなりますね。ここまでソースはかけなくて良いかも。

兵庫県内ではこちらと水道筋、住吉宮町の3店舗。
大阪圏には沢山支店があるようです。

てな感じで・・・・・B級で地味な週末だったので追加画像を1つ。

Photo_6

整理整頓をしていたらこんな骨董品を発見いたしました。

クミョンの初代携帯です。JPHONE なんてもう知らない人の方が多いかも。

高架下に出来た中古携帯取り扱いのお店、これ買い取ってくれないかな

クミョンまだまだ未完成なスマホには手を出さないつもりです。
日本で最後の二つ折れ機種所持者になってやる・・・・意気込みでいます。

現在機種変更しようか迷っているそこのあなた、わかり易く説明している
こちらをご覧下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=xjFFz4Grwe0

クミョンはどちらか言うとipadが欲しいなぁ。

http://www.youtube.com/watch?v=fu69vGf-qYU

END

2011年10月22日 (土)

至極の玉子かけご飯 @御影新生堂南店

Photo

先日西宮の帰り道、海沿いの道を転がしていると・・・・・・

「御影新生堂 P43台」の看板を偶然発見してしまいました。
ここって某マダムのブログでお話が出ていた所ではあーりませんか

広い駐車場です、一見普通のディスカウント酒屋さん?
違う・・・・色んな楽しい食材がわんさか置いてあります。

で、そこでゲトしたこの1個50円の玉子。三田の某有名ロールケーキにも
使用されているそうな。早速玉子かけご飯にしてみました。

Photo_2

うまっ むっさ黄身の味が濃いです

比較しようと近所のKO☆YOの玉子で実験してみたら全然違いました。
画像ではそのままご飯にのっけてますが別容器で醤油と合えてから
ご飯にかけたほうが王道の味が楽しめると思います。

50円の幸せ・・・・誰にもあげない、独り占めさ
けど一応♂に「食べたい?」って聞いてみたら、「生の玉子!げっ!
そんなの食べるのは日本人だけだ!」とのお返事でした。

この美味しさがわからないなんて、何が3千年の歴史だ

あと、ベーグルもなかなか美味しかったです。2階にはカフェと鶏料理屋さん
も併設されているようです。再訪間違いなしです

END

雨で楽しい企画が流れた週末・・・・オデン恋しいやほーいほい。
なんだか「安寿と厨子王」という物語を思い出してしまいました。

2011年10月21日 (金)

ぬりぬり会に参加しました @みみみ堂 神戸市中央区下山手通4-14-1

Photo Photo_2

ルーシー・ティーちゃんと一緒に「みみみ堂」さんで開催されたワークショップ
「うるしのこぼしさんぬりぬり会」に参加しました。

これは何かっちゅーと、現在会津若松市内で開催中の「会津・漆の芸術祭」
のジオラマに展示する、小さな起き上がりこぼしさんを「東北に起き上がって
もらおう」という願いと祈りを込めて作って持ち寄ろうという企画です。

Photo_3 Photo_4

ちょっとわかりにくけれど、左は 「こぼし村」 会場での様子ですって。

製作するこぼしさんには各自がキャラを設定して作ります。

Photo_7 本漆を使用するので手袋をはめて・・・・・

Photo_5 Photo_6

Photo_8

ここでもクミョンは不器用振りを発揮、けれどなんとか完成いたしました。

ルーシー・ティーちゃんの「くま太郎君」とクミョンの「周リンリン」ちゃんは
バスに乗って他の皆さんと一緒に会津へ向いました。
12月末には「こぼし村」の住民票を頂いて帰ってくるそうです。

会場を訪れた方が一瞬でも災害の事を忘れニコッして頂けたら、そう思います。
会津では毎年家族の人数+1つの小さな起き上がりこぼしを縁日などで
買ってお家の神棚などに供えるという風習があるのだそうです。

Photo_10

もちろんランチも頂きました、夜勤明けのルーシー・ティーちゃんはがっつりご飯大盛りでした 

ピクルスと小さなデザートが付いたチキンカレー850円。

Photo_11

この日はアコーディオンの生演奏もあったりして・・・・・

いいですよ、ここ。ふらっと立ち寄ってみてね

END

2011年10月19日 (水)

東京竹葉亭西宮店 @西宮市鞍掛町5-1白鷹禄水苑内

Photo Photo_2

秋晴れの日、クミョンママと西宮の「竹葉亭」さんでランチです。

「ひつまぶし」を頂いてみました、こちらは東京風ですので鰻はふっくら
お上品です。威勢よくピビンしたらお姿が消えてしまいますからご注意を。

Photo_3 Photo_7

お葱、山葵、煮山椒。もう少し山葵がほしかったです~

「行く秋や 手をひろげたる 栗のいが」
芭蕉の句がよろしいなぁ、2人でしみじみ秋を感じながら頂きました。

人生も春夏秋冬があるのだと、この頃思います。
クミョンもそろそろ冬支度をしなくては・・・・・

Photo_8

12時頃はほぼ満席でございました。昔の酒屋作りの内装が和みます。

今週またあの「お騒がせグルメ本」が出版されるようですね。

大阪あたりの鰻のお店が入ったようですが、倭人以外が鰻を食べて
その良し悪しがいかほどわかるのか?かなり疑問です。

奈良公園の鹿が言いました 「鹿煎餅にも☆1つ付けて下さいね」

END

2011年10月17日 (月)

堂賀で蕎麦打ち体験 @神戸市中央区加納町4丁目

Photo

北野の帝王の妻まーりんさんにお誘い頂いて、NHKカルチャーの
「新そばを打つ」に参加させて頂きました。

クミョン○十年生きてきて麺を打つのは初体験でございます。
ドキドキワクワク、気合入れての攻撃でございます。

場所は神戸蕎麦界の雄、「堂賀」さんです。今回は1人でひと通り、
更科の粉に水(宮水)を加える所から蕎麦切りまで全てするようです。
まず大将のお手本を拝見させて頂きました。

Photo_2 Photo_3

Photo_5 Img_7130

水分は粉の40~43%その場の湿度で。赤ちゃんの耳たぶ位の堅さに
なった生地をめん棒でどんどん延ばし、最終的に大きな四角になるまで延ばします。

引っ付かないように途中で打ち粉をしながら細く細く切る。

簡単やん、こんなん、屁っへっへ~のかっぱやん・・・・・

Photo_8

嘘です、大嘘です。悪戦苦闘とはこの事でございます。

「そこと違うがな、そこと」「指切っても知らんで~」「そんな太いのはウドンや」

この道30余年の大将、クミョンのあまりの不器用振りに唖然です。
優しく微笑みながら丁寧にご指導頂きました。ありがとうございます

帰ると♂が「何やってきたの?」ってびっくりした表情です。
紺色のスニーカーが真っ白になっていました。

出来上がった蕎麦は持ち帰り、湯がいて頂きました。
美味しかったかって? 汗が出るほど苦労した割りには・・・・・。

今回の収穫は、「美味しいお蕎麦はお蕎麦屋さんで食べましょう」

一生で1回の蕎麦打ち体験はこの言葉で締めくくりたいと思います。

END

「堂賀」さんってドウガではなくドウカと読むそうです。初めて知りました。
現在はお昼だけの営業だそうです。

2011年10月15日 (土)

北海道の物産と観光展 @神戸そごう本館9階

Photo_2

行くだろうなぁ~って思ってた方も多いので御期待を裏切らないよう行ってきました、
そごうで開催中の 「北海道物産と観光展」 どうして北海道という言葉に
こうも人民は弱いのだろうか、雨の平日にも係わらず会場熱気ムンムンです。

K女史とイートインで函館の味噌ラーメンを攻撃です。
「ずん・どう」さん、変わったお名前です。名前の由来はなんでしょう?
けど・・・・・この味噌ラーメン・・・・・・

ウマッ!! スープ!! 麺!! ウマッ!!

ちょっと高いかなと思いつつ2色丼とのセットにしてみました。計1659円

Photo_4

小さいながらテンコ盛りのイクラと雲丹。

これもウマッ! ウマッ!!

イクラの量は半端ではなく鮭にごめんねと言いながら最後は少し残したくらいです。
雲丹も口の中で甘さの広がる、ラーメンとのコラボにしては美味しい雲丹でございました。

平日であれでしたから土日はものごっつい人出と思われます。
会場が狭すぎですよね、そごうさん、こうなったら9階全フロアを会場にするとか・・・・
噴水効果で全館もっと潤いまっせ

Photo_5

この日K女史と会った目的は、このクリームをお渡しする為でした。
韓国MISSHAの「睡眠クリーム」、名前から察するにナイトクリーム。
ちょっと画像ではわかり難いですが、でかいんだこれが。
入ってた箱もでかい。クミョンのでかい顔でも長持ちしそうだわ

鶴橋のお店で試供品を頂き使ってみたら、なかなか良い感じでしたので
OZW真理ちゃんにまとめてネットで購入して頂きました、コマオヨ

Photo_6

もひとつ驚くのがこの蓋のデザイン、なんとまぁ昭和チックでございましょう。

やっぱ韓国ってミラクル いろんな意味でミラクル

これ塗って寝たらこんなに可愛くなるのかしらん・・・・・・・・

Photo_7

NHKで放映中 「トンイ」 で主役を務める彼女、倭国で宣活中です。

第二のイ・ヨンエになれるかな? 

END

今見ているシットコムで女の子が「パンクトックン」って叫ぶのですが
「クソバカ」と訳されています。この訳で正しいのでしょうか?
「パンクトックン」の解析をどなたかしていただけませんか?

2011年10月13日 (木)

トラットリア イタリア @神戸市中央区元町通4-6-11

Photo

元町4丁目ですので元町商店街の真ん中あたりですね。
北の脇道、イタリア国旗が目印です。細いビルの入り口から急な階段で3階まで上がります。

Photo_2

「トラットリア イタリア」 だからイタリア料理です。

ここお店?みたいな小さい空間です。5,6人入れば満席ですね。

ローマ人のパウロさんの哀愁を帯びた背中を見ながら出来上がりを待ちます。

Photo_3

1500円のランチセットです。まず前菜登場。
ワインが頂きたいところですが陶芸前のランチなのでぐっと我慢です。

Photo_4

パスタは3種類ほどから、トマトとベーコンのにしました。

これが本式マンマの味なのだろう。普通に美味しいです。

Photo_5

真理ちゃんは12月にイタリア旅行の御予定です。

新しいデジカメをゲトで今回は熱心に試写されておられました。
いいなぁ、イタリアかぁ、新幹線で行けたらなぁ。

Photo_6

美味しいピッツェリアはここ、ジェラートの名店はここ、と古いローマの地図でレクチャーを受けました。

イタリアではピッツアは昼ではなく夜食べるものだそうです。ご存知でした?
「そしたら昼は何食べるの?」 「パスタ」 だそうです。
そしてリストランテでもトラットリアでもランチとディナーの値段は同じだそうな。

イタリア語の教室もここで開いておられるとかです。
神戸ビエンナーレにも参加中、ちょっと変わった空間にご興味のある方はどうぞ

END

Photo_7

陶芸教室にて。先日90歳で亡くなられた男性の所持されていた陶芸用の判子を
先生が譲り受けられたとか。その方の人となりを彷彿とさせる素晴らしい遺品でございました。

2011年10月11日 (火)

Hajime Restaurant Gastronomique Osaka Japon @大阪市西区江戸堀1丁目9-11

Photo

「ハジメ レストラン ガストロノミック オオサカ ジャポン」 さん。

店名は恐ろしく長く、そのHPはフランス語を解さないと読み進めないくらい
スタイリッシュで繊細、そして関西では数店しかゲトできなかった三ツ星取得。

予約は2ヶ月前から、K女史にご苦労をおかけいたしました、ありがとうございます。
OZW真理ちゃんとクミョンの3人で満を持してのランチです。

まず最初のお料理、石鯛を極々薄い生地で巻いた一品。
少し甘いです、指で摘んでとの事、オシボリは出ましたがのっけから指は使いたくない。

いろんな点で特別なお店なのでちょっと評価が厳しくなります。
その点をご了承の上読んで下さいね。

Photo_2

2品目はこちらの名物玉子料理。上部は冷たく下部は暖かく不思議。

こちらも少し甘さを感じるお料理。面白いけれど驚く程の味では無いような。

Photo_4

3品目、クスクスの上に帆立、適度な火入れで美味しいお料理でした。
小さなお店ならメインにでも充分OKな一品です。

12時の時点でゲストはまだ2組ほど、1時くらいにほぼ満席となりました。

Photo_5

そしてこれからが本番とばかりに「ミネラル」と称される美しい前菜が登場です。

数十種類の野菜を使用、この一皿で地球を表現しているとか。
1つ1つ味わって食べてみました、しかし最近流行りの小さめのカトラリー
は食べにくいです。このお料理には合っていませんでした。

ここでほぼ1時間くらい経過しています。

Photo_6

パンには有塩と無塩のバター、岩塩、オリーブオイルが用意されていました。
美味しいパンです、けど歯の治療中の方には不向きです。

Photo_7 Photo_8

最初のメイン、焼き塩のみでシンプルに調理されたフォアグラ。

これは3人とも唸るほどの絶品でございました。
こちらの真骨頂にここで初めて触れることが出来た、そんな感じです。

食器はいたってシンプルな物が多いようです。

Photo_9

赤外線で2時間かけて丁寧に火入れを施された仔羊。

生のように見えますがそうではありません、しっかりと香りは残したまま
外側には香ばしい焦げ目が、これも絶品でございました。

こちらのシェフは元は建築家であられたとか、お料理に対する観念が
他のお店とは違う、計算のされ方が緻密です。

この辺りで2時間経過。

Photo_11 Photo_12

デザートは素敵なデザインの2品。

左はスカンボのソルベ、右は中に洋梨が閉じ込められた繊細な黒糖の一品。

Photo_13

プティフール3種、他に小さな2品、たっぷりのコーヒーで締めくくられました。

こちらも指で摘む必要が、フィンガーボールを用意すべきだと思います。
たっぷり3時間、大人のランチを頂く事ができました。

・・・・・・と〆てもよろしいのですが、発言したい事項があります。

クミョンの席から厨房の入り口が丸見えで自動ドアの開け閉めがうっとおしく、
中で何回もゴミ箱の蓋を落すのが見え、それを持った手でフロアに戻る、
出入りするところが狭くぶつかりそう、ここまで大きいグランメゾン様式
のレストランで一席でもこんな席を設けるのは・・・・・駄目です。

カトラリーをまっすぐ置けない女子スタッフ、総勢何人スタッフはいるのか?
数は多いけれどゲストの数も多く、万全とは言いがたい対応。

Photo_29

極め付きはこれでした、記念日と申し出るとバラの花一輪と名前を書いた
飴でデコレーションされた物が提供されるようです。

事前に情報を得たのか何組もこのサービスを受けていましたが、ここで
こんなことをする必要ある?なんだかチンケな感じがしました。

そしてゲストの服装、これには参りました。予約時から「フォーマルで」と
店側が要求するためか変に「入学式の親」みたいな格好の人が多く・・・・・

ここは来春から1日1回の営業(多分ディナーのみ)、お値段ももっと挑戦的な
価格になるとHPにありました。多分ランチに来るこの手のゲストを排除するのが
狙いと思われます。ならばスタッフのレベルアップも必須でしょう。

Photo_30

席に着くと渡されるシェフからのメッセージ・・・・・

お暇な方はクリックして読んでみてください。

辛口の内容になりましたが、お料理のレベルは高いです。
ただ、好きなお店かと聞かれたらクミョン的には・・・・・

END

2011年10月10日 (月)

こうべガーデンカフェ @神戸市中央区みなとのもり公園

Photo_14 Photo_15

お天気に恵まれた三連休ルーシー・ティーちゃんと三宮駅から南の
みなとのもり公園で開催された 「こうべガーデンカフェ」 を散策しました。

パンにお菓子に雑貨。インド、ネパール、南アメリカ、多種多様なお店が結集で
楽しく2時間半遊べちゃいましたよ

カセント近くのSPARKさん、スコーンとレンタルサイクルのお店です。
写っている小さな男子はクミョンとは何の関係もございません。

Photo_16

お!夙川のル・ベナトン参戦です。シェフ始めイケメン総動員ですが
お値段少し高めのせいか苦戦・・・・・・

Photo_18 Photo_19

まず一品目は神戸一怪しいお店と評判の 「kukuri」さんの
タンドリーチキン入りのチョウメンとネパールの餃子モモ。

ここは後日実店舗を攻撃予定です。ご期待ください。

Photo_20Photo_21

Photo_22Photo_23

自分で搗いたお餅が一皿300円だったり、サンシンで歌う女子がおりーの、
暑いので手拭い被りのプーちゃんもおりーの、素敵な2人も歩いてる・・・・・

ぼんやり芝生に座って観察するだけでも楽しいです。けど真夏並みに暑かった

Photo_24 Photo_25

パレルモさんのケイジャン料理 「ガンボ」と「ダブルス」 ゲトです。
初めて食べた「ダブルス」はカレー味の揚げパンの中にチキンと豆の煮込み。

この本山のお店は2年かけて世界各国のお料理を提供するという
「世界のごちそうアースマラソン」なんてのを開催中ですぜ。

Photo_26 Photo_27

板宿の老舗「黒田蒲鉾」さんの鉾犬? 「ボコドッグ」 はイベントでしか味わえません。
というか、お家でパンに蒲鉾を挟んでケチャップとマヨをかけたら出来上がります

けれどこの男子、炎天下に2時間「めっちゃ旨いボコドッグ、ブログやFACEBOOKに載せてんか~」と
声をからして営業してましたので、貼り付けといてあげます。

ええ男かどうかは・・・・クリックして見るべし。

Photo_28

こちらのドッグズは左からお婆ちゃん、お母さん、遊び盛りの孫2人、
ちょっと顔つきの違う下の1人はお友達だそうです。

新之助も連れてくれば良かったなぁ

他にもフロマージュリー・ミュウ、ムラート、MOMOCA、ベル・ターブル、
グリーンズコーヒーロースター、にじゆら、箸屋、アールティー・・・・・etc

こうべガーデンカフェ、お天気が良ければお奨めです

END

2011年10月 8日 (土)

JICA兵庫食堂 @神戸市灘区摩耶海岸通

Photo_2

クミョンママと一緒に兵庫県立美術館西のJICAでランチいたしました。

10月の月替わりエスニック料理はウガンダへの青年海外協力派遣10週年
を記念してウガンダ料理です。因みに10月9日はウガンダの独立記念日です。

Photo_3

アココール、エムチェーリ、マラグエ、エキャベジ、・・・・

って何?って感じですよね。日本語に訳すと↓

鶏肉のトマトスープ、炊き込みご飯、豆の煮付け、キャベツと玉ネギのサラダ。

お味は名前ほど不可思議なものではなく美味しく頂きました。

Photo_5

デザートの「ゴンジャ」、焼きバナナでござーい。クミョンこれ苦手

Photo_6

クミョンママはベジタリアン定食 「クスクスとラタトゥーユ」

長い人生でクスクスは初めてだけど大好きになったようです。
良かった良かった、連れてきたかいがありました。

Photo_7

このベジタリアンメニューを食べることで自動的に Table for Two 
に参加できます。一食に付き20円、レジでスタッフが募金箱に入れます。

こちらはダイエット、あちらの子供は元気に、素晴らしい

横のテーブルではハイチからの方が賑やかにお食事中、こんな雰囲気の
中でランチができる所はそうありませんぜ。

来月はモロッコ料理だそうです。

Photo_8

美術館の帰りに是非、JICA食堂へお越しやす。

END

いつも空気のようにみていた夕方のニュース番組が視聴者無視で
トウトツに再編され変わってしまった。

ぬるい雰囲気がいい番組だったのに、あの時間帯に苦虫をかんだ様な
顔の面々ばかりで、息苦しい。

お気に入りのはきなれたパンツ、古いが柔らかいタオルを勝手に捨て
られたようで不快。4は嫌だし、8か10?皆さんはどれみてるの?

2011年10月 7日 (金)

加齢なランチ @神戸市灘区某所・・・

Photo_2

クミョンママの足腰の具合が思わしくないのでトレーニングを受けることに
なりました。週一回こちらの施設に通います。ここを選んだ理由が
「レストランがきれいでお食事が美味しい」でした。

クミョンも体験日に同伴してみました

他の方もたくさんお座りだったので全体は写せませんでしたが
窓からは緑が見えてまるでカフェみたいな雰囲気の中、一緒に
↑の日替わりランチを頂きました。入会すると500円だそうです。

Photo_3

ホキって食べたの初めてです。おかずは小さく切って食べやすい工夫がしてありました。
お味噌汁も美味。毎日食べると飽きそうですが週一回なら大丈夫かも。
431kcal、ダイエットになりますやん。

Photo_5 

新しい施設です。2階からは有料老人ホームになっています。
フロント部分↑が美しく最初場所を間違ったのかと思ってしまいました。

若いお兄さんお姉さんの介護士さんが親切丁寧に指導してくれるので
クミョンママはこちらが気に入った様子、頑張ってレッスンを受けて頂きましょう。

Photo_8

食後は脳トレの時間が設けられていました。

クリックしてテストしてみてください・・・・・クミョンは1ヶ所間違えました。

END

ここでも「仕切り婆さん」がいました。職員の方がする仕事もしてしまうのです。

どうりでこの曜日だけ空きがあるはずです。クミョンママが苛められないか心配です。

2011年10月 6日 (木)

嘉門 芦屋コリアン亭 @芦屋市船戸町3-18

Photo Photo_2

今月末に韓国突撃の昭和の乙女達4名様、少し早めの壮行会が
芦屋駅から北西に5分ほど、山手幹線沿いにある 「嘉門 芦屋コリアン亭」 さん
にて開催されました。あっちゃんとクミョンはオブザーバーとして参加です。

クミョンはヘルシーな 「キムチ納豆定食」↑ を頂きました。

Photo_3

以前はお豆腐専門店だったらしいです。きれいな店内、鶴橋にある韓国料理
のお店とはかなり趣が異なります。さすが芦屋でんがな・・・・・・

12時を過ぎると満席になりました。人気店なようですね。

Photo_4 Photo_5

定食にはおかずが5種ついてきます。どれも美味しいです。

メニューの詳しい内容はクリックしてね

Photo_8

プルコギ定食、すき焼き風の関西人が好きな味です。辛さゼロのメニュー。

全体的に刺激的なお味のお料理は無く、倭人に合わせた内容でした。

クッパ定食の画像が・・・・・湯気で不作でございました

Photo_9

あ・・・・・、と気づいた時にはあっちゃん様の石焼ピビンパは完食近し、でございました。

Photo_6

お決まりのサイドメニュー、キムパ&チジミもオーダー

JR芦屋駅からすぐ、芦屋マダムの溜まり場になるのもうなずけます。

こちらのお店は釜山出身の方が運営です。
今週末は釜山国際映画祭が開催されアジア各地の映画人が集まるそうな。

今回も昭和の乙女達が楽しいソウルの旅を過ごせますように。

END

「ミョンドンには何回も行ったけど、ソウルには行ったことないわ」って
仰け反るような発言が

美しくボケるって至難の業でございますね

2011年10月 5日 (水)

今回のお土産は・・・・・

Photo

今回♂は超多忙で超級市場(スーパー)に行く時間がなかったようです。

ご期待に副えるような変態商品はございませんでした。
ホテルの近所にあったコンビニみたいなお店で数点ゲトのみ。

こちらは・・・お酒というか、オヤツというか、昔日本でもあったらしいです。

Photo_3

お粥と間違えて買っちゃう?かもしれませんね。

一度空けるとどんどんアルコール度が高くなるとか、実験してみよう
♂の幼少時はお家でみんな作って楽しんでいたようです。

後に置いてある大きなザクロ、美味しかったです。
中国でも秋は果物が沢山、けれど去年の倍ほどの値段になっているそうです。

Photo_4

梅ジュース 「酸梅湯」 名前のイメージそのまんまなお味です。

これも大昔から老若男女に愛飲されているジュースだそうです。

Photo_5

日本でも生の金針菜を見かけるようになりましたね。

日常では中国の家庭でも乾物を使用します。物価が上がったとはいえ
これで60円ほどだったそうです。

上海では接待でカラオケに行くことが多いのだとか・・・・・

しかし単にカラオケといっても中国はスケールがでかいです。
今回行ったところはセーラー風の制服を着たシャオチェが常時300名、
定員10人の個室が40室あったそうです。

お値段は2時間ほどで1人約15000円、お持ち帰りも可能とか。
そのお店のオーナーは他に7店舗同様のお店を持つ大金持ちだそうな。

上海ドリームはまだまだ続きそうでございます。

Neko

僕いろいろ知ってるねん・・・・けど、何も話さないでおくわ。

それが家内安寧の秘訣やから。

END

2011年10月 3日 (月)

第15回 西宮酒ぐらルネッサンス @西宮市社家町1-17

Photo_4 Photo_5

今年もやってきてしまいました 西宮神社で開催の酒ぐらルネッサンス

勿論、無論、目的はこちらの日本酒呑み放題、試飲会場の攻撃ございます。

同じ穴のムジナが昼前から沢山集結なさっておられます

Photo_7 Photo_8

今年からエコ対策で試飲用のコップが1人1個となりました。

注いで貰ってる時は皆さんにんまりしたお顔になっておられます。

Photo_9

クミョンも負けじと金鹿、大関、白鹿、白鷹 etc

K女史とティーちゃんには到底及びませんが いっときました。

その隣の宮社では・・・・・・

Photo_10

お祭りでものすごく騒々しい中、結婚式が厳かに執り行われておりました。

賽銭箱からこっち野次馬で黒山の人だかりでございます お幸せに

西宮関連の出店あり、地方からの出店あり、多種多様で楽しいです。

Photo_14Photo_15PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

毎年10月の第一土曜、日曜の二日間開催されるようです。

これに合わせて近くの商店街でも物産展があったり、結構楽しめるイベントです。

Photo_5

3人揃ってしみじみと秋の幸せを噛み締めました。

野外活動クミョン大好きです。次はどっこ行こうかな~

END

お酒に投入したハブって3年くらい生きてるってご存知でしたか?

そう力説する奄美から出店のブースのお兄さんに「本当に本当に本当?」

って何回も念押しすると「飛び出してくるから3年は蓋を開けない」

というお答えでした・・・良く見たら器具でハブを押さえてありますよ・・・

2011年10月 2日 (日)

はんげしょう @西宮市本町9-5

Photo

K女史、リーシー・ティーちゃん、クミョンの3人で西宮に参りました。

その目的は後述するとして、まず讃岐うどんの 「はんげしょう」 さんで
ランチでございます。阪神西宮駅から南へ3,4分、大繁盛のお店でございますね。

↑ちくわ天ぶっかけ(720円)

Photo_2

↑ K女史の 「牛蒡天と茄子のぶっかけ」 テレビでも紹介された一品。

きりっと冷えたおうどん、美味しいお店です。は○く○、よりも美味しいぞ。

近くにあればすぐ再訪したいです。次は海老天カレーうどんを是非

Photo_3

この後西宮神社で開催の「酒蔵ルネッサンス」を3人で攻撃いたしました。

酒が呑める酒が呑める酒が呑めるぞ ただで の内容を一緒に

掲載しようと思いましたが次回に持ち越しです、画像も多く何より・・・・・・

今日♂がご帰還あそばします、今から部屋の掃除洗濯仕事と超多忙です。

新之助にも鰹のタタキを進呈して口封じしておきましょう。

END 

2011年10月 1日 (土)

So-Bar 月 @神戸市中央区中山手通 1-22-1

Photo_2

今回の♂の出張は短くて、貴重な夜のお出かけは1回だけでございました。

北野の帝王の妻まーりんさんと3軒目に攻撃したこちら、素敵なお店ですよ。

「SoーBar 月」 さん、北野坂の小さなビルの中に存在しています。

Photo_4

女性お1人で運営、入り口で暗証番号を入力して入店するシステムです。

常連さんには毎月変わる番号がメイルで送られてくるそうな。

Photo_5

江戸っぽい和、を意識したような内部、倖田 來未風の女性が応対。

お客さんが次々現れては消え、常時満席状態でございました。

Photo_6

まずは、なぜだかトコロテン登場。冷酒を頂きました。

Photo_7

そして頃合を見計らい、こちらの店名にもなっているお蕎麦が登場です。

最初情報を得た時、「女が蕎麦打ってるバー?格好だけちがう?」とクミョン

そんなに期待はしていませんでした。が・・・・・・・

このお蕎麦、むっちゃ美味しいのです マジです、美味しいです。

信州の有名処にも決してひけを取らないようなお蕎麦です。

夜の8時から営業、なかなか行けないタイムゾーンなのが残念です。

Photo_9

お蕎麦の前は 「栄町 MOON LITE」 さんを久々に攻撃いたしました。

このお店も20歳、クミョンも古くなるはずでございます。

Photo_10

一軒目はこちら、まーりんさんのお知り合いがお店を開店されました。

場所は神鉄湊川駅南辺り、鉄板焼き 「Salt」 さんです。

12_23

45

お料理は・・・・・研究の余地大かもしんない

けど頑張ってご近所に可愛がられるお店になってくださいね

この日は計4軒、6時半から日付変更線を越えるまで呑んでしまいました。

タクシーの中で爆睡、運転手さんに「着きましたよ~どのマンションですか?」

と聞かれ違うマンションを指さしてしまい・・・・50メートルくらい歩く羽目に。

ドアを開けると猫が冷たい目で睨んでいました。合掌

END

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »