こちらもご覧ください♪

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

肉専科 はふう @京都市中京区麩屋町通夷川上ル笹屋町471

1_2

紅葉真っ盛りの京都を単独で攻撃してみました。のだけれど。

到着しデジカメを取り出し・・・・・・麩屋町に立ちすくみ思わず叫んでしまいました。

「F●CK・・・・・」 バッテリーが切れています。
そう言えば先日♂が万博公園の撮影に持ち出していたような、チュゴラ!

今回は携帯によるボロボロ画像であることご承知下さいませ

Photo_3 Photo_4

紅葉の撮影がメインだったので簡単なお店に決めていました。
デジカメを使えなかったのでそれが不幸中の幸いでした。

名前に惹かれて「はふう」さん。ステーキ丼2800円

京都のお店はどこも奥行きがあります。長いカウンターで頂きました。
ピンク色の肉汁がご飯に染みているのは食べていて気持ちの良いもの
ではありません。良いお肉だったので大丈夫でしたがもう少し火入れは
して欲しいような。サラダと小鉢、小さいコーヒー付き、だけど高いかな。

良く歩きました。阪急烏丸駅→麩屋町でランチ→御所まで上がって東へ
→鴨川を越えて→東山の麓まで→永観堂→南禅寺→市営地下鉄三条駅

靴が磨り減るくらい歩いた苦労に免じて携帯画像ですが少し上げさせて頂きます。

2 3_2

4

全て永観堂の境内にて撮影いたしました。

平日ですが想像以上のものすごい人です、土日なんてどうなるのでしょう。

こんなに美しい紅葉の京都は生まれて初めてかもしれません。
そんな時にバッテリーがアウトするクミョンって何? 悔しい~

Photo_5

JR京都駅でほっと一息入れてから神戸に戻りました。

入場料120円払って新幹線の構内にて 「宝泉」 の冷たいお抹茶セット。

噂に違わぬ美味しさです。超満席で落ち着かなかったのが残念。
こちらの本店はとても赴きがあるのですが下鴨まで上がらなくては
なりません。JR京都駅内にあるのはうれしいです。

祇園祭りから4ヶ月ほどご無沙汰していた京都、バッテリー切れという
珍事はありましたが楽しい一日でございました。

会社から戻った♂にクミョンが激しく噛み付いたことは記すまでもありません。

END

 

2011年11月28日 (月)

やきとり 鳥半 @西宮市六湛寺町 15-3

Img_7230

ビールはやっぱり 「アサヒ スーパードライ」 もうええって?
やはり2杯では物足りなかった4人、工場見学の後に向かった先は・・・

帰りの最寄駅のホームは昼間から酔いが回ってハイテンションな見学者が目立ちました。

Photo

阪神西宮駅からすぐの 「やきとり 鳥半」 

丹波産の朝引き鳥を全てその日に手刺し、ネタは40種以上。
外観も内部も本格的な古民家造りで小さいながら立派です。

Photo_3

鳥味噌をつけていただくキャベツがむっちゃ美味しいですわ

キャベツ結局何回お代わりしたっけ?覚えてないくらいです

Photo_4Photo_5

Photo_6 Photo_8

なんじゃかんじゃ食べて2杯づつ呑んでクーポン使用で1人2500円

店内女子率高し、6時には超満席、駅近で便利、予約必須。

これからの忘年会シーズンは大賑わいでございましょうなぁ。

今年って簡単に 「忘年」 していいのか、迷うところですよね。

年賀状に 「おめでとう」 と書くのもはばかられます。

悩んでいる間にも2012年はどんどん近づきつつあります。

END

「維新の会」圧勝でございましたね。
痩せた橋下氏とポーな新知事のツーショットを見て、「大丈夫かなぁ」と
外野の兵庫県人ながら心配してしまいました。健闘を祈る

2011年11月26日 (土)

アサヒビール西宮工場見学 @西宮市津門大塚町11-52

Photo

2ヶ月前にK女史が予約してくださいました、アサヒビール西宮工場見学会を
OZW真理ちゃん、K女史、ルーシー・ティーちゃん、クミョンの4人は
「無料」「ビール」の言葉につられて攻撃です。

阪急今津線「阪神国道駅」、始めて降り立つ駅のまん前です。
甲子園球場4個分の敷地面積があるらしいっす

Photo_2

入ってすぐに鎮座まします 「旭神社」 どうして朝日ではなく旭なのかは謎。

外部も内部も塵一つなく、これが倭国の工場ですね。美しい。

Photo_3

管理人室で代表者の名前を記入後、手を消毒するよう言われました。

工場内にゴミ箱はないそうな、全ての廃棄物はリサイクルされるとか。

Photo_4 Photo_5

ゲストハウスに入ると映写室で10分間の洗脳映像を見せられ・・・・・

この後工場の製造ラインにそって見学が始まりました、が残念なことに
その間は撮影不可でございました。

麦芽やホップに直接手で触れたのは初めてでした。
この日は生産調整日だとかでラインは止まっていましたが、いろいろ
目から鱗なお話を伺うことが出来ました。

工場見学が終わり、我々4人の本来の目的はここからがスタートです。

Photo_6

きれいな試飲会場、土日は満員御礼だそうです。

あさひ側の説明による「適正飲酒」ということでお一人様 3杯 20分
の制限ありなのが寂しいが勿論無料なり

Photo_8

マイスターの資格を持ったお姉さまが注いで下さいます。
出来立てのスーパードライ、今月の限定ビールプレミアム生熟撰の
2種類を試飲させて頂きました。

Photo_9

真夏なら可能かもしれませんが20分で3杯は結構きついです。
4人ともお上品に2杯でタイムアップとなりました。

プラ容器ではなくガラスの器で、しかもおつまみまで付いています。
アサヒビールさん、どうもご馳走さまでした。

Photo_10

正しい缶ビールの注ぎ方も丁寧に教えて頂きました。
イメージ戦略とはいえこのゲストハウス、かなりの経費がかかっていると思います。

Photo_11

福山君とのツーショットも楽しめまぁす・・・・・・・

ショップには工場限定の商品があったり、楽しい見学会でございました。

なんだかスポンサーはアサヒビールみたいな内容ですね。
これだけアサヒビールアサヒビールって連呼したら、なんか良い事ないかしらん

END

2011年11月25日 (金)

ヒンホイ @神戸市中央区下山手通5-8-14

Photo

ウォーキング途中で見かけるこの看板、前から気になっていたので
平日の午前10時半、単独攻撃してみました。

「ヒンホイ」さん、神戸にカレー屋多しと言えどモーニングとしてカレー
を提供している店はここだけではないだろうか?

Photo_2

ヒンホイのすぐ北側にそびえるタワマン。
出来てだいぶ経つけどまだ空きがあるようだ。

Photo_3

店内はクミョン好みのゴチャゴチャ感満載、客は他になく気だるそうな
男子スタッフが一人。飾り物を一つ一つ見ながらカレーを待つ。

Photo_4

モーニングセット390円(朝7時?~11時)

カレーはごく少量、チャパティはでかい。小さいチャイも付いてくる。
カレーというより野菜煮込み的なお味、チャパティが少し苦いのはなぜだろう。

けど390円だ、おもしろいなーっと思った人は行けばってお店なり。

Photo_5

テーブルには各種ハバネロが、これで辛さを調節するシステムだったのかも。
懐かしい「来来 キョンシーズ」のビデオがなぜか置いてある。

カレーは店の外で煮込むのか?男子スタッフが片手鍋を持って出たり
入ったりする横で30分くらい読書をして退店。

楽しい時間をありがとう

END

2011年11月24日 (木)

これが!!!!!  @中国某所

Photo_2

これがカラコン工場だ それが?って 

短い中国出張を終え♂はまたこの時期恒例の物を持ち帰りました

Photo_3

上海人は1個1時間かけて0.1gの身も残さないように食べ尽くします。
美味しくなくはないけれど根気がいるので上海蟹は苦手だなぁ。

今年は何故だか豊漁でお値段も安いそうです。

Photo_4

もう見るだけでも飽きましたよね中国物産展?
イスラム系のおっ様が不気味な「三条料」とかいう麺スープの素はお初です。

「北香山・・」は上海蟹用にと義姉が薦めてくれたお酢です。
中華街で売っているものよりまろやかで美味しいものでした。

関西も冬の気配がしてきました、早々と風邪をひいている人も多いです。
しっかり食べて脂肪をたくわえ、来る本格的な寒さに備えましょう。

END

先日ある所でこんな親子の名前を耳にしました。
父親 「レオ」 長男 「リオ」 次男 「ルオ」

漢字でどう書くかはわかりませんが、ご苗字もお顔も倭人です。
なんだかなぁ・・・とタメ息が鼻からでました。

2011年11月22日 (火)

N●d● @神戸市中央区某所

Photo

いろいろな情報誌、Allabout、食べログなど、はたまた門上大先生まで超絶賛なお店。
北野の帝王の妻まーりんさんと数ヶ月前から予約しての訪問です。

まず述べておきたいのは、以下は私たち二人の素直な、超~素直な感想です。
十人十色で舌もそれぞれ、そこの所をお含みの上ご覧ください。

スペインはバスク地方の有名店で薪焼き料理の修業を1年したというシェフ、
フロアはアランシャペルで経験ありの男子で仕切っておられるとか。

入店したとたん・・・・・・ぞわーーっと悪い予感がいたしました。
開店前からそのままか?日本語のワラワラ聞こえるJーPOPが店内に
流れておりました。私たちスペイン料理を食べにきたんですよね?

Photo_2

テーブルは白いクロスでレストラン風、しかし回りの壁にはべたべたと
客が感想を書いた紙が貼られております。

まーりんさんと目が合いました。彼女も同じような衝撃を受けたようです。
この日のお昼は他に女性客6名様の団体様だけでございました。

そうそう、こちらは昼も夜も同じお値段のコースのみです。

まず一品目(最初の画像)登場、半生のチョリソ。これは燻製の香りも
相まって美味しい。けど・・・・出てきたグラスワインの白が最低でした。
いつ抜栓したのだ?と思うほど香りも味もどっか行っちゃってます。

Photo_3

次、自家製バターにパン粉、これも面白い。ワインが美味しければ
もっと良かったのですが、残念。野菜の仕入先はカセントと同じファームらしい。

Photo_4 Photo_5

次、鰯。外側はパリッと内部は生。素材をできるだけありのまま・・・・・
それがモットーらしいが塩加減が弱く生臭い。

こちらは楢の薪を3時間じっくりと炭にしたものでお料理を熾き火調理
するお店、以下どのお料理もその香りがまず鼻に来ます。

この風邪引きで鼻水をすすりながら薪持ってる男子がアランシャペル?
マジで?信じられないサービスについては後述いたしたいと思います。

Photo_6 Photo_7

品数だけは多いので次々いっときましょか

左、大貝。これは絶妙な火入れで美味しかった。けど関西の人間にとって
大貝はお好み焼きの材料として身近な素材、珍しいと説明があったのが不思議。

右、川蟹。殻が固く割れない、鼻をすすりながらのフロアの男子が素手で
割ってくれました。けど中身が取り出せない・・・・・結局赤い子の部分を
ちょろっと食べただけなので評価はいたしません。

Photo_8 Photo_9

トリッパ(はちのす)と野菜。チーズの味しかしない、香ばしいとも思えない。
何の味もないトリッパを食べ続けるのは苦痛以外何物でもなし。

サラダも普通・・・・工夫なし。

Photo_10 Photo_11

次、三田の卵と生ポルチーニ。これは味がはっきりわかって美味しい。

烏賊・・・・・「素材を活かす」と「生」は違います。何が言いたいのかわからん一品。

何匹も飛んでいる小蝿と格闘しながら食べました。テーブルに置いてある
花が原因かな?と、思っていたらまーりんさんのワインに一匹浮きました。

パソコンに夢中のフロアの男子に言うとお取替えしてくれました・・・が。
2杯目の白も底に残ったワインを平気で注いで・・・・これもまたまじゅい。

Photo_13

ここでお魚のメインは「そい」

先日クミョンママと一緒に体験参加したデイサービスの500円ランチに
出てきた魚ですね・・・・・無用に大きい、これも味がない。

Photo_14

そして満を持して?4週間ドライエージングさせた「チュレタ」登場。

肉食系熟女二人、美味しければ骨までかじってやりますが・・・・・・・
わからん、これのどこが美味しいのか、理解不能でございました。

1,2枚無理矢理頂きました。ここまで来たら拷問です。
お持ち帰り可能とのことでお願いすると非常にびっくりする事がおこりました。

フロアの男子、残ったお肉を下げる際二人の使用済みのカトラリーも切り分けた
食べ残りの脂身もまるでゴミを扱うようにこのお皿に我々の目の前で
ガシャガシャと集めて持って行きました

ぞーーーっとしました この人本当にアランシャペルにいらしたの?
クミョンの属してたホテルでもこんなことしたら手首切られますよ。

直後に近くの料理人さんの所でこのお肉を味見していただくと・・・・・
「不味い肉やな」の一言でございました。残りはそこに放置して帰りました。

お味もですが、フロアの男子最悪です。あの時直接バシッと言わなかった
事をかなり日数の経った今でも非常に後悔しているクミョンです。

Photo_15 Photo_17

デザート2品。左すっぱい林檎。煙の香りがするアイスクリン。

デザートまで燻してるのはポリシーを感じましたが美味しいか?と
聞かれたらノン。飲み物は強制的に薄いほうじ茶のみ。

悪夢のような2時間半でした。鼻の奥まで燻製臭に塗れたい方はどうぞ。
この内容でグラスワイン一杯でほぼ諭吉一枚です。
退店後大丸に到達してもまだ二人の鼻息は荒いままでした。

この日の材料が悪かったのか?主婦の多いお昼の客は相手にしたくないのか?
夜にパーティー気分で騒ぎながら不思議なお料理と共に、がいいお店?

クミョンはもう行きません。

END

カセントのシェフと親友?オープン時には京都の桜田さんからお花?
信じられませんわ

☆は獲得しなかった模様・・・・文章削除いたしました。

2011年11月21日 (月)

三ツ輪 @神戸市中央区三宮町2-5-7

Photo

神戸マラソンで完走なさった方もそうでなかった方もお疲れ様でした。

朝9時半くらいにベランダから見るとドドドドド・・・・っと走り去る集団を
遠かったですが眺めることができました。

夕方6時頃にまだ走ってる?方がいらしたとか。それならクミョンも来年
お弁当2つもって参加しようかしらん

おっと画像は三宮の老舗 「三ツ輪」 さん、クミョンママたち3人の
人生の達人とランチでございます。

↑牛鍋定食850円、ぶっといおうどんが美味しいけれど3本は寂しい。
お肉の量が物足りない人は上牛鍋定食1350円をご注文ください。

Photo_2

お弁当850円、お昼時はリーマンや年配の皆様で超満員なお店です。

店主の女性もかなりご高齢、お客もご高齢、平均年齢65歳な店内でした。
若い人中心に世界は回っている今日、こんなお店の存在は貴重です。

この後クミョン以外の御三人様はパフェを食べてからカラオケへ向かわれました。

Photo_3

叔母からの韓国土産、免税店でゲトしたとかのこちらのパック、全面日本語です。
いかに日本人がカモなのかがよくわかりますね。

今回もいっぱい化粧品を買い込んできた様子、アラエイティになっても
女を忘れないことが元気な老後を過ごす秘訣のような、マンセー

END

2011年11月19日 (土)

ドルチェ ポンテベッキオ @大阪市北区梅田3-1-3 JR大阪三越伊勢丹10F

Photo

柚葉ちゃんに会いに行く前に大阪駅三越伊勢丹10Fでランチいたしました。

平日のお昼前なので安心して向うと・・・・・・・
すでにどのお店も超満員、中には長蛇の列も、やっぱ大阪はすごいや。

時間がなかったのでどなたも並んでいないこのお店に決めました。
ドルチェ、と店名にありますが軽いランチもいただけるメニューがありました。

Dセットの前菜、ビーツ、牛蒡、柿、茸にラズベリードレッシング。
大きく期待はせずでしたがそれを裏ぎる美味しさでした

Photo_3

少し派手目ですが洗練されたデザインの店内。1人なのでカウンターに
陣取りました。気後れしそうなお店ですがこのデザート担当の女子の
対応が穏やかで居心地良かったです。

スフレはオーダーごとに焼くようです、次はこのデザートにしましょう

Photo_4

メインは海の幸とズッキーニのラザニア。

蟹、白身魚、海老、たっぷりの具においしいソース。
フォカッチャも美味しいし、さすがポンテ なお味を軽く楽しめます。

Photo_6

お水は250円くらいで別売り ポンテのオリジナルのようです。

ドルチェとカフェで2100円のセットも有り。お食事メニューは夜も
このDセットのみです。

Photo_7

銀箔をひらひらとさせながらドルチェ登場です。

「銀色に輝く栗の三階建て抹茶のカプチーノ仕立て」

クミョンはデザート類はあまり・・・なのですが、面白い演出に拍手です。
7,8種類の美味しそうなドルチェメニュー、スゥイートフェチには堪らないお店でしょう。

Photo_9

カプチーノも熊さんやハァトではなくすっきりとしたデザインで◎。

スピードランチには少しお高いお店でしたが、大人の女子お一人様に
お勧めなお店でございます。ふと気づくと8席あるカウンターに女子の
お一人様が4人並びました。

お隣は投資家女子でした。「今オリンパスで大忙し」とか。
神戸にはいない人種とめぐり合えるのも大阪の楽しさです。

END

フレッシュなブータン国王ご夫妻が倭国にお越しでいらっしゃいます。

「ハンサムだけどアントニオ猪木に似てない?」とか不敬なことを
思ったり言ったりしてはいけません。

実はクミョンずずずーっと前から現国王のお父様の隠れファンだったのです。
早々と引退されたご様子、お忍びで有馬温泉でもご一緒に・・・・

あら、もっと不敬なことを書いてしまいました。

2011年11月18日 (金)

大山はというと・・・・

Photo_8

で、肝心の大山わっちゅーと、ガスってるわ紅葉は終わってるわで
沢山機材を用意して行った♂はかなりしょげておりました。

折角行ったので記念に一枚揚げておきましょかい
撮影はクミョンのデジカメです。

Photo_9

クミョンはハゲ山よりこっち 

すんごい2台が爆音を轟かせて展望台に到着です。

Photo_10

Photo_11

ドイツから逆輸入のホンダ1800cc あなたのお車何cc? 

メットの中はロマンスグレーの素敵なおじ様でした。
そーよねー、ガキは買えないクラースでございますもの。

こんなの乗ってると 実物×1000 くらいカッコよく見えちゃいます

Photo_12

お連れはオサレーなイタリアDUCATI

このホイールすんばらすぃー、後に乗せてどっかに連れてって

・・・・・・・と、30年前なら言っていただろうなぁ

で、現実わっちゅーと。

Photo_13

狙ったお蕎麦屋さんは30人待ち、牧場のジンギスカンも2時間待ち。

気づくと米子まで来ていました、境港近くの回転すし屋さんでランチです。

地獄はこれでは終わりません、この後♂はこっくりと爆睡してしまいクミョン

1人で米子から神戸まで4時間半(途中2ヶ所激しい渋滞有り)運転する

羽目になりました。堪忍しておくれー

そんなこんなで今回の特別ゲストは浜っこの柚葉ちゃん10ヶ月。

Photo_14

すくすく育ってこんなに大きくなりました。ほっぺが美味しそうです

END

2011年11月17日 (木)

ann @神戸市中央区下山手通3丁目

Photo

久々に北野の帝王の妻まーりんさんとランチです。

「ann」とかいう韓国料理のお店があるとかで、行ってみると・・・・・
あれ?ここって1年ほど前に来た「nakajima」ってお店?でした。

内装も、お皿も、トレーも、メニュー内容もそのまんまでございます

Photo_2

まーりんさんは石焼ピビンパ、日替わり定食にすると1500円以上です。

コスパも以前と同じく・・・・悪い
メニュー内容はどこも同じ、最近まじで韓国料理屋さん増えました。

Photo_3 Photo_4

おかずも普通ですね、8人で満員のお店です。
今年の6月にオーナーが変わったとか。

Photo_6

サービスで頂いた韓方茶の「サンワタン」
少々の風邪なら夜飲むと朝治っているというふれ込みのお茶ですね。

カップは韓国風の器にした方が効能有りにみえると思う。

Photo_7

夜のメニューにちょっと気になるのがあるので機会があればまた。
昼の再訪はないと思います

そしてここ、新しいママさんは倭人なのですが・・・・・
あのペ・ヨンジュン氏の従兄弟さんとお知り合いとか、有名俳優の名前が
何人もお話の中に出てきます。

クミョンは興味無しなので「ペ・ヨンジュンの従兄弟」という言葉が何回も
出てきて少々耳だこでございました。

近くに「アンジャアンジャ」さんもあります。健闘を祈る

END

 

2011年11月15日 (火)

Hiruzen Winery @岡山県真庭市蒜山上福田

Photo

土日1泊で蒜山高原→大山→米子と♂の撮影に同行いたしました。

結論から申しますと失敗な遠出でございました。道は渋滞だらけで
どこに行っても長蛇の列、お昼にまじゅーい道の駅のラーメンを食券
握って並んで食べる・・・・・そんな二日間でした。

そんなベタな行程で「ふぅ~ん」と小感動したのはここだけでした。

Photo_2 Photo_3

館内はワインのショップとカフェ、なかなかオサレーな空間でございました。
近くの村おこしで始めたワイナリー、この蒸留機は1800万円だそうな。
ワインは6機で醸造、現地の山葡萄などが主体のようです。

Photo_4

ティスティングのコーナーの素敵なソムリエのおじ様。しめしめ・・・・

「説明とお味がぴったりだわ~」「まぁ珍しい梨のワイン」「ブランデーもあるわ」

クミョン得意の誘導作戦で全種類飲ませて頂いちゃったわ~ん
申し訳ないのでお正月用に1本ゲトさせていただきました。

Photo_5

他は・・・・・野菜がお安くて新鮮だったのでトランクいっぱい買いまくり。
どこの道の駅も観光ポイントも人でいっぱい。土日って嫌い・・・

Photo_6

産直のお店で調理中の豪快な大鍋おでん。同じ鍋が3つありました。

昔農家にはこんな鍋がどの家にもあったと教えてくれた貫禄体型の女子。
残念ながら次の日の催し用だったので頂くことはできませんでした。

わざわざ蓋を開けて下さいました。おきゃーまの人は親切じゃわ

Photo_7

で・・・・泊まった所はね・・・・聞かないでってくらいのとこで・・・・

決定が木曜の夜だったのでどこもかしこも満員で空き部屋なし。
やむなく「休暇村 蒜山高原」夕朝バイキング付きで1人8000円

Photo_8

ここまで来ても大根キムチを取るクミョン、種類は多いんだけれど・・・・・・

ラドン温泉の展望風呂は高原の牧場を眺めながらまったりできます。
また来ようとは思いませんがお子様連れの方にはぴったりです。

♂の撮影もメインと考えていた「秋津渓」がマイカー規制で入ることができず
怒髪天でございました。事前調査は重要だなぁと思い知った今回でした。

END

2011年11月12日 (土)

第1回神戸豚まんサミット

Photo_8

11月11日は誰が決めたか豚まんの日だそうで。

豚まんサミット。。。こんなベタな催しに釣られて雨の中を南京街へ。
記念すべき第1回だ、来て良かったということにしておこう。
観光客の皆さんに混じってサミット仕様の特別豚まんをゲトしてみました。

テレビニュースで紹介されていたのでもうええって?
まぁ、そう言わずにご覧下さいませ。

Photo_9Photo_11

サミット詰め合わせセット3個500円。

右から老祥記、一貫楼、四興楼。それぞれ特色のある顔をしてはります。
僭越ながらクミョンなりに順位をつけてみました。

Photo_12

1位 老祥記 オマール海老入り

まぎれも無くオマールの姿が垣間見えます。
噛み締めるとじゅわっと海老の旨みが広がります。美味。

Photo_13

2位 一貫楼 蟹と鱶ひれ入り

ジューシーな仕上がりです。1位との差は0.5ポイントです。

Photo_16

3位 四興楼 コラーゲン入り

1番大きかったです、これもこれなりに美味しかった。

3品3様さすが神戸が誇る老舗揃い、美味しい豚まんでございます。

Photo_17

甲南大学の学生さん提供の豚まん↑も売ってました。1個100円
スジコン入りで歯ごたえ抜群、結構な売れ行きです。

Photo_18

かわいい 「豚饅娘」 もお出迎え。

「お母さんはね、昔豚饅娘だったのよ・・・」って将来言うのかな
売上げの一部は東北への支援金になるようです。

豚まんフェチのみなさま、是非お越しくださいませ。

Photo_19

END

週末ちょこっと県外へ脱出いたします。
ブログ復帰は火曜日くらいになると思います。

ヨロピコ

2011年11月11日 (金)

エコーレCPのケーキを頂きました♪

Photo_4

陶芸教室のオヤツタイム、OZW真理ちゃんが近所の製菓学校
エコーレCPさんで開催中の生徒さんによるトライアルのケーキを
持って来てくださいました。

Photo_5 Photo_6

なかなか力作揃いでございました。
お手ごろ価格(200円~)なので毎年人気が出てきてるみたいです。

これからの開催日は 11月16日(水)17日(木)24(木)

11時50分~13時まで売り切れ次第終了ですのでお早めに
併設したCafeでお茶と一緒に頂くこともできますよ。

Photo_7

♂の東京みやげです。

「東京にしか売ってないもの買ってきて~」と無理難題を押し付けました。
確かに後のクリームサンドみたいな物体は東京駅限定でした。

が、前の「シュガーバターサンドの木」とやらは大阪に上陸してますやん
♂は「店員の女の子は自慢げに東京しかないと言ってたのに」としょげています。

生真面目な中国人をまんまと騙した関東女子。。。。やるのぅ、おぬし。
けれど阪急梅田店ではこれをゲトしようと長蛇の列とか、人気商品らしいですね。

END

2011年11月10日 (木)

佳景 @神戸市中央区元町3丁目

Photo

手作り感満載の美味しい和食のお店 「佳景」 さん。

今回は2回目、単独での攻撃でございます。半月の器に入ったお料理。
バッテラ鮨、カレー風味の南瓜などなど。お箸が迷います。

手前の豚肩ロースは炊飯器で長時間かけ低温調理されているお料理だそうな。

今回は冬バージョンの内容に少し模様替えなようです。

Photo_2

先付け風の小さな2品、胡麻豆腐、剣先烏賊と菊菜に柚子醤油。

12時になると予約のお客さんで満席です。早めの予約が良いですよ。

Photo_3 Photo_4

お着物に割烹着という装いで女将さんお1人で運営なさっています。
前から撮りたかったのに顔は駄目だそうです

最初に出される熱いお湯をかけてぎゅっと絞ったこのオシボリ。
エイヤって気合が入っているようで、クミョン好きです。

Photo_5 Photo_6

お塩とお酒、そしてよしる(魚醤)に10分ほど漬けて焼いた太刀魚。

今回はカボチャ、人参、玉葱、緑豆を生米と共に煮込んだ和風ポタージュ。
自然な素材の味のみ、ほっこりといたしました。

Photo_7

そして今回のメイン 冬の佳景名物 「おでん袋」 が登場いたしました。

お箸でお揚げさんの袋を開けたら・・・・小さなオデン4種がこんにちは。
お揚げは別に先に炊いておき後でオデンを入れる手が込んだお料理です。

Photo_8 Photo_9

その場で作る玉子焼き、お隣は玉子二つで左のように美しくなりました。
クミョンは1人だったので右の・・・・・ちょっとブスですが性格はよさそうです。

お料理の先生もなさっているのでレシピもいろいろ教えて下さいます。

「多分今年最後のゴーヤのお漬物」 のレシピ

ゴーヤ 1本

醤油  100cc

お酢  100cc

砂糖  120g

セロリなどでも美味しいそうです。お試しあれ

END

のんき大将さぁ~ん、行ってきましたよ
赤い帯が可愛い女将、今回も元気をいっぱい頂きました。
ご要望通り前回の画像消しておきました

2011年11月 8日 (火)

炭焼肉 石田屋本店 @神戸市中央区北長狭通1-20

Photo

♂が東京1泊出張の隙を狙って、肉肉肉~

シロチャンをお誘いして北野坂近くにある 「石田屋」 さんを攻撃です。
夜の三宮に大変お詳しいイグラオッパ&オンマ御夫妻のご推薦も受けました。
こちら三宮の焼肉界では今1番人気のお店だそうです。

Photo_2

店内は居酒屋風、高級感はありませんがババチクはなく小奇麗です。
平日でしたが予約必須の盛り上がりでした。
男女スタッフは皆さん美形できびきびと元気良くハナマルな接待です

Photo_3

最初に頂いた 「石田屋サラダ」 美味しいドレッシングでございました。

Photo_4

まずは 「上塩たん」 から口火を切る事にいたしました。

網にまず油を引いてくださいと指示がありました。
始めはガスの火で炭に点火、その後は風でいこして焼くシステムですね。
店内は冷房が入っておりました。油避けの紙エプロンも用意されています。

Photo_5

「上はらみ」 これはロースか?と思うほど美味しいはらみでした。

シロチャンもホルモン系や生系が苦手だったので今回は赤身中心です。
隣の女子2人組はがっつり 「生レバ」 から入っておられました
注文の量も半端ではなく、手にはヨーロッパのパンフレット、旅行の
相談をしながら焼肉です。今日本経済は女子力で支えられているのだと実感。

Photo_6

壁のメニューが気になり・・・・・・最初の画像の特選3種盛いっときました。
嫌らしく、もう一回貼り付けときましょか

Photo_7Photo_8

確かに美味しいです、じっくり一枚づつ吟味して頂きました。

お肉屋さん系のお店だけあって良いお肉を出してきます。
なので結論から言うとこちらでは「特選」でなくても「上」のメニューで
充分美味しいお肉が出てきます。
たんまり頂きたいときには「上」で攻めましょう。

Photo_9

とかなんとか言いながら 「特選焼きしゃぶ」 もあっさりとポン酢で
頂きました。とろける様なお肉でございました

Photo_10

〆の 「盛岡冷麺」。(小)をお願いしましたがめっちゃ少ない・・・・
美味しかったので普通の大きさにすれば良かったと激しく後悔。

この時お箸も新しいものを持ってきてくれました。
サービス面でも大変充実したお店です、これは人気があるはずだわ。

お値段も驚くほどお高いということはなく、三宮駅からもすぐです。
またワイワイと再訪できるといいですね

Photo_11

先日○○で味わった悪夢が消え去りました。ありがとう石田屋さん。

近くに同じく焼肉の 「hanare」 とステーキの 「ishida」 もあるみたい。

情報を頂いたイグラオッパ&オンマご夫妻にも感謝ハムニダ

END

忘年会の御予約はお早めに・・・って回し者かい!!

http://www.kobe-ishidaya.com/honten.html

2011年11月 7日 (月)

チモロ セルヴァジオ @神戸市東灘区田中町3丁目19-16

Photo

ルーシー・ティーちゃんとの山ガール企画、これで何回目でしょうか?
今回も雨でお流れとなってしまいました。

悔しすぎるのでランチにお誘いしました。JR攝津本山駅南西5分ほどのところにある
今年4月オープンのイタリアン料理 「チモロ セルヴァジオ」 さん。

Photo_2

パスタランチ1600円、前菜+サラダ+スープ+パスタ+飲み物

まず6種の前菜がきれいでした。丁寧にお料理されていて美味しい

Photo_3

白菜のスープ、ほっこりするお味です。

小さいサラダ、自家製フォッカッチャも美味。ワインが進む君でした。

Photo_4

色調も統一されていて、小さなお店ですが効率の良い素敵なデザインのお店です。
お化粧室も一見の価値ありです。左には小さな窓があり厨房の様子も見えます。
お若いご夫婦が一生懸命お仕事していらっしゃる気持ちが伝わってきました。
12時を過ぎるとほぼ満席、夜のコースも3000円台からあるようです。

Photo_5

ルーシー・ティーちゃんのパスタは 「スパゲッティーニ 豚ミンチと
白いんげん豆のカッチョ エ ペペ」 いい香りがしていました。

Photo_6

クミョンのパスタ 「リングエッティーネ明石産の鱸とホウレン草のトマトソース」

少しお味が濃かったですが美味しいソースでした。

Photo_7

かわいいイッタラの器で頂く芦屋Uf-fuのバラ色のお紅茶。
砂糖入れのガラス器はこの後散策した雑貨屋さんの商品でした。

隅々まで神経の行き届いた素敵なお店です。このくらいの年齢の
シェフが独立して出店・・・・が最近多いですね。少し落ち着いた頃
その先からどう展開していくのか、が勝負の様に思えました。

なんて偉そうな事を書いちまいましたが、美味しいお店が増えるのは
食べ歩きラブのクミョン、大歓迎でございます。

ぎょぎょぎょ~

よくニュースでは見ますが、クミョン実物とのご対面は始めてです。

Photo_8

摂津本山駅から100mも離れていない川で休日を楽しむイノシシの親子連れ。
人が立っているすぐ横はJRの線路です。牡丹鍋にされちゃうわよ~

END

2011年11月 5日 (土)

ルナ パルパドス @西宮市樋之池町10-15

Photo

OZW真理ちゃん、K女史、クミョンの3人、今回は苦楽園口なんて
ハイソでオサレーな町でランチです。

前から気になっていたお店、スペイン料理の 「ルナ パルパドス」 さん。

Photo_3

穴倉のような店内、1番奥の席に通されました。
想像していたより大きなお店でした。

Photo_5

まずはかわいいトマト登場。プチトマトのスペイン風おひたし・・・・・

Photo_6

お次は3種のタパス。スペイン料理ではタパスが楽しみなんだけど・・・

ネック部位のパテのみ美味しかったです。

Photo_7

K女史選択の蕪のスープ、一口頂きました、美味しいです。

Photo_10

パン2種、あつあつでした。あつあつと言えば、この日はまるで夏の様な気温。
少し思考能力も気力も下がっていたのかもしれません。

Photo_8

真理ちゃんとクミョンはアホ・・・・・ニンニクのものすご~く熱いスープ。

ルックスよりお味はあっさりとして、美味しかったです。

・・・・・・と、ここら辺までは普通のテンションだったのですが。

Photo_9

お次の烏賊の前菜がいかんかった・・・・

この前菜が付くとお値段アップだったので必要なかったかも。

Photo_11

勝ち組だった真理ちゃんの豚のメイン。

黒胡椒のソースが美味しそうです。

Photo_12

負け組の魚料理選択は鯛でした。お味は普通。

フレンチでもイタリアンでも出てきそうなメインです。
スパニッシュなのだからもう少し変化が欲しかったな。

Photo_14

デザートは3種。グラスワインを一杯呑んで3130円だったのでコスパは
よろしいかと思います。ご近所のママトモが集合していらっしゃいました。

「お入学式の服は・・・」って入学式に「お」はつけなくていい

この辺りは豪奢なマタニティークリニック有り、素敵なブティック有り、
ミシュラン認定のお蕎麦屋なんかも有り、素敵な町ですね。

また別のお店を攻撃に参りたいと思います、ここらの清楚な空気を乱さない
よう気をつけますので次回はあっちゃんよろしくね

END

2011年11月 4日 (金)

炭焼さんま丼 @神戸市某所

Photo

皆様が山へ野へ楽しくお過ごしの休日のお昼・・・・・

クミョンはおうちでドラマを見ながら「さんま丼」なランチです。

韓国中年女性をめろめろにするセクスィーカリスマ、シン・ソンウ様が
巨乳の揺れるキム・ヘス嬢とドロドロエロエロの絡み合いを演じる
「楽しい我が家」なんてのを見ながらキムチと丼です。

Photo_2

先日新生堂でゲトした↑を使用いたしました。

北海道製、なかなか美味しかったですよ、骨の心配なくさんまが
食べれるのがうれしい。最後は玉子かけご飯にして〆。

Kao

なんでも一応匂いをチェックをしないと気が済まない新之助。

鼻先1センチの所まで近寄りますが決して舐めたり触れたりしません。

Photo_3

久しぶりに近所まで販売にくる淡河のお兄さんのお店で新米をゲト。

2kg850円、100円値上がりしてます。お安いけれど充分OKなお味です。

今11月なんですよね?半袖でも歩けそうな気温が続いています。
イチジクなんかもまだ売ってたりして、嬉しいですが不気味です。

END

2011年11月 2日 (水)

○○ @神戸市某所

Photo

載せないでスルーしようと思いましたがあまりにも怒髪天なので
お披露目することにいたしました。

近くの専門店で車を見てもらっている間に食したこれ・・・・・
このお店は食べログやいろいろな情報誌で神戸の美味しい焼肉屋
の特集などがあれば名前を目にする機会も大変多い有名店です。

20年ほど前に宴会でお世話になり美味しかった思い出もあり、今回
ランチもしているらしいので入店、平日の午後1時お客はクミョン1人。

で、登場したのが↑、見た瞬間その後に訪れる不幸が想像できるくらいの
肉がモヤシの上に乗っていました。これってスジ肉やん。
日常お肉を扱っているのだからこの部位をこんな風に調理したらどうなるか
承知の上で提供しているのだとしたら、料理人とは言えません。

硬い、噛み切れない、飲み込めない。。。。。
添えられた業務用ポン酢の味はきつく、若布スープはインスタントかこれ?

ランチはこれのみ1270円。(1260円ではないのが不思議)
お安い設定なので多くの期待はしませんでしたが、これ500円でも
怒髪天です。吉野家さんの牛丼食べてる方が10倍はマシです。

半分以上残して10分で退店いたしました。それで気づいてくれるかどうか。

ここは夜に大枚を支払う時のみ美味しいお肉を出すお店なのでしょう。
けれど昼とは言えこんな物を出す姿勢の店はもう絶対行きたくありません。

Photo_2

キムチだけが普通に美味しかったです。。。。。。

そしてもう1つ、テーブルに勘定書きが来ません、レジを打つこともしません。
お昼の売上げは捨てる肉を使って全て・・・・・・

憤慨と疑惑のみを得たランチタイムでございました。
車を検査してくれたお兄さんがイケメンだった事が救いでした。

・・・・・とまぁ、クミョンの怒りにお付き合い頂き感謝ハムニダ。

で、全く関係ないけど。道路でよく目にするこれ・・・・・カラーコーン。

180pxroadconessankakuconesjapan1

先日行われた大阪マラソンで使用されたコーンは♂の取引先が納品した
物だそうで、ランナーよりこれに注目していました。

こんな大会の場合買取もありますが、大概はレンタルだそうです。
今回はテレビ放送もあり新品の美しいコーンが多数用意され大会に出場。
で、その後どうなるかというと・・・・・次は神戸マラソンに出場するらしいです。

開催日の関係とは言え、神戸は大阪の使い古しですね
で、その後は全国のいろんな場所に置かれて活躍するという運命のようです。
道端に置かれたコーンもかつては世界陸上なんかで活躍したコーンかも
しれません。そう思って見るとなんだか哀愁が漂っていませんか?

END

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »