こちらもご覧ください♪

« 三ツ輪 @神戸市中央区三宮町2-5-7 | トップページ | これが!!!!!  @中国某所 »

2011年11月22日 (火)

N●d● @神戸市中央区某所

Photo

いろいろな情報誌、Allabout、食べログなど、はたまた門上大先生まで超絶賛なお店。
北野の帝王の妻まーりんさんと数ヶ月前から予約しての訪問です。

まず述べておきたいのは、以下は私たち二人の素直な、超~素直な感想です。
十人十色で舌もそれぞれ、そこの所をお含みの上ご覧ください。

スペインはバスク地方の有名店で薪焼き料理の修業を1年したというシェフ、
フロアはアランシャペルで経験ありの男子で仕切っておられるとか。

入店したとたん・・・・・・ぞわーーっと悪い予感がいたしました。
開店前からそのままか?日本語のワラワラ聞こえるJーPOPが店内に
流れておりました。私たちスペイン料理を食べにきたんですよね?

Photo_2

テーブルは白いクロスでレストラン風、しかし回りの壁にはべたべたと
客が感想を書いた紙が貼られております。

まーりんさんと目が合いました。彼女も同じような衝撃を受けたようです。
この日のお昼は他に女性客6名様の団体様だけでございました。

そうそう、こちらは昼も夜も同じお値段のコースのみです。

まず一品目(最初の画像)登場、半生のチョリソ。これは燻製の香りも
相まって美味しい。けど・・・・出てきたグラスワインの白が最低でした。
いつ抜栓したのだ?と思うほど香りも味もどっか行っちゃってます。

Photo_3

次、自家製バターにパン粉、これも面白い。ワインが美味しければ
もっと良かったのですが、残念。野菜の仕入先はカセントと同じファームらしい。

Photo_4 Photo_5

次、鰯。外側はパリッと内部は生。素材をできるだけありのまま・・・・・
それがモットーらしいが塩加減が弱く生臭い。

こちらは楢の薪を3時間じっくりと炭にしたものでお料理を熾き火調理
するお店、以下どのお料理もその香りがまず鼻に来ます。

この風邪引きで鼻水をすすりながら薪持ってる男子がアランシャペル?
マジで?信じられないサービスについては後述いたしたいと思います。

Photo_6 Photo_7

品数だけは多いので次々いっときましょか

左、大貝。これは絶妙な火入れで美味しかった。けど関西の人間にとって
大貝はお好み焼きの材料として身近な素材、珍しいと説明があったのが不思議。

右、川蟹。殻が固く割れない、鼻をすすりながらのフロアの男子が素手で
割ってくれました。けど中身が取り出せない・・・・・結局赤い子の部分を
ちょろっと食べただけなので評価はいたしません。

Photo_8 Photo_9

トリッパ(はちのす)と野菜。チーズの味しかしない、香ばしいとも思えない。
何の味もないトリッパを食べ続けるのは苦痛以外何物でもなし。

サラダも普通・・・・工夫なし。

Photo_10 Photo_11

次、三田の卵と生ポルチーニ。これは味がはっきりわかって美味しい。

烏賊・・・・・「素材を活かす」と「生」は違います。何が言いたいのかわからん一品。

何匹も飛んでいる小蝿と格闘しながら食べました。テーブルに置いてある
花が原因かな?と、思っていたらまーりんさんのワインに一匹浮きました。

パソコンに夢中のフロアの男子に言うとお取替えしてくれました・・・が。
2杯目の白も底に残ったワインを平気で注いで・・・・これもまたまじゅい。

Photo_13

ここでお魚のメインは「そい」

先日クミョンママと一緒に体験参加したデイサービスの500円ランチに
出てきた魚ですね・・・・・無用に大きい、これも味がない。

Photo_14

そして満を持して?4週間ドライエージングさせた「チュレタ」登場。

肉食系熟女二人、美味しければ骨までかじってやりますが・・・・・・・
わからん、これのどこが美味しいのか、理解不能でございました。

1,2枚無理矢理頂きました。ここまで来たら拷問です。
お持ち帰り可能とのことでお願いすると非常にびっくりする事がおこりました。

フロアの男子、残ったお肉を下げる際二人の使用済みのカトラリーも切り分けた
食べ残りの脂身もまるでゴミを扱うようにこのお皿に我々の目の前で
ガシャガシャと集めて持って行きました

ぞーーーっとしました この人本当にアランシャペルにいらしたの?
クミョンの属してたホテルでもこんなことしたら手首切られますよ。

直後に近くの料理人さんの所でこのお肉を味見していただくと・・・・・
「不味い肉やな」の一言でございました。残りはそこに放置して帰りました。

お味もですが、フロアの男子最悪です。あの時直接バシッと言わなかった
事をかなり日数の経った今でも非常に後悔しているクミョンです。

Photo_15 Photo_17

デザート2品。左すっぱい林檎。煙の香りがするアイスクリン。

デザートまで燻してるのはポリシーを感じましたが美味しいか?と
聞かれたらノン。飲み物は強制的に薄いほうじ茶のみ。

悪夢のような2時間半でした。鼻の奥まで燻製臭に塗れたい方はどうぞ。
この内容でグラスワイン一杯でほぼ諭吉一枚です。
退店後大丸に到達してもまだ二人の鼻息は荒いままでした。

この日の材料が悪かったのか?主婦の多いお昼の客は相手にしたくないのか?
夜にパーティー気分で騒ぎながら不思議なお料理と共に、がいいお店?

クミョンはもう行きません。

END

カセントのシェフと親友?オープン時には京都の桜田さんからお花?
信じられませんわ

☆は獲得しなかった模様・・・・文章削除いたしました。

« 三ツ輪 @神戸市中央区三宮町2-5-7 | トップページ | これが!!!!!  @中国某所 »

コメント

クミョン 様

よくぞしっかり 偽り無くUPして下さいました
この日は、もう、時間とお金を 無駄遣いしてしまい悔しい限り
グラスとはいえ あんなに抜けたワインは、初体験
鰯も蟹も生臭い・・・
安い素材でも旨みがあれば調理次第で美味しくなりますが、、、
全て同じ燻しで 味に変化無く 烏賊で拷問も限界、退出したくなりましたが。。。熟女は、我慢という言葉を思い出し~~た。ものの、
☆レストランで 「ソイ」 マジュイ
カ・○ントに行ってたら良かった~リベンジに行きましょうね

まーりん様

よくぞコメントくださいました
あの持ち帰り肉の対応、今もまだ怒りが癒えません
貴重な時間と諭吉を返せ~
どっかでリベンジしないと気がすみません。
大阪の●ajimeでもかなりがくっときましたが、ここはそれ以上でした。
カ・○ントさんお昼はどんなメニューに変更したのでしょうね?

クミョン 様

コメント 許されるなら あと20行は、悠々
でも、熟女は、もう、鼻汁ジュルジュルでサービスするようなレストランは、相手にしません

カ・○セント 昼夜1種類メニューになってますよ

まーりん様

20行でも30行でも心の内を吐露してくださいませ
ほんまに、何回寝ても起きても悔しい思いが消えませぬ~。
ジュエンヌにいったらよかった・・・・アノニムの方が何倍か美味しい・・・・
うどん一杯のほうがましだった・・・・などなどぐるぐるします。

入った時のあのBGM何?そこらのカフェでもあんなの
流しませんよね?趣味悪~・・・・・・
ホワイトペンで名前書いてるボトルも、居酒屋か?

赤本を見て東京などからわざわざ来て腰抜かす人もいるのでは
と思います。

はじめまして もしや?こちらは佳景さんのお向かいでしょうか?
なんのお店やろ?と思っていましたが。。。。
うっかり入ってあ痛たたたと。。。ならずに助かりました ありがとうございます

佳景さんをチェックしてこちらにたどり着きました 
楽しく拝見しています これからもご活躍期待しております

rica-maria様

はじめまして、ご訪問ありがとうございます。
そしてコメントも残してくださって感謝感謝でございます。

そうです・・・・・佳景さんの・・・・・・
けどこれはクミョンの受けた印象であってもしかしたら
rica-maria様が行かれたらまた違う印象かもしれません・・・・・

各所で絶賛されていることは間違いないので・・・・・

それと、例の赤本では☆はとっていない様子です。
その内容は削除いたしました。

これからもいろいろなお店と格闘してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: N●d● @神戸市中央区某所:

« 三ツ輪 @神戸市中央区三宮町2-5-7 | トップページ | これが!!!!!  @中国某所 »