こちらもご覧ください♪

« スクールフード @大韓民国忠清南道天安市 | トップページ | 天安市郊外のひなオンマさん宅へGO! »

2011年12月13日 (火)

天安はどんなとこ?こんなとこ。

Photo

天安というとお堅い方は韓国のジャンヌダルク柳寛順(ユ・グァンスン)
を思い浮かべるかと思います。

え?誰それ?・・・・そんなこと韓国で言ったら血の雨が降りますよ
日本の統治下、抗日運動を先導したとして捕らえられ1920年に
17歳で獄死した梨花学堂(現梨花女子大学)の学生さんです。

あら、また自然と話がドス黒い方向に向かっちゃったわさ。

天安と言えばホドカジャ(胡桃饅頭)、ホドカジャと言えば天安

Photo_2

一口サイズの小さいお饅頭です。中に優しい味の餡子と天安名産の
胡桃がちょろっと入っています。

温かい内に食べないとすぐ硬くなるので持って帰れないのが残念。
帰国便の機内でお食事のプレートにも一個ころっと乗っていました。

「ココホド」っていう全国に130店あるチェーン店が明洞にもあるそうな。
訪れた時はチェックすべしなホドカジャ君。

Photo_3

天安一番の目抜き通りはこの新世界百貨店のある500mのみ

韓国もクリスマスのイルミネーションがとってもきれいです。

Photo_4

その500mの大部分がある一族が所有する土地だそうな。
そんなファッ○ン大金持ちが前衛的なオブジェを集めて作った
私設美術館が近くにありました。次回は入ってみたいですー

Photo_5

次の日に向かう全州までのバスチケットと全州からソウルへのKTXの
チケットも購入いたしました。

。。。と、偉そうに書きましたが在韓10年韓国語はネイティブ並の
ひなオンマさんに窓口対応をお願いして買って頂きました
何から何まで大変お世話になりました。

Photo_6

バスターミナルの楽しい売店。倭国とよく似た感覚ですね。

Photo_7

バスに乗る前にお食事できるお店もいろいろありました。
こちらは「上海チャンポン」 美味しそうに麺をすする皆様。

そうそう、寒い冬といえばこれが欠かせません

屋台で温かいホットクにぱくつきました。

Photo_8

お顔を隠さないといけないのですが、この画像の芸術性を保ちたくて
そのままにさせて頂きました。この場所でホットクを焼いて10年のアジュマ。

一度こんな方と語り明かしてみたいと思うクミョンです。

Photo_10

めっちゃ熱い中身がたらーっと出てくるので注意を要するオヤツです。

そしてこの後はひなオンマさんのお宅でずっとずっと会いたかった
シャオラン君とご対面です

END

« スクールフード @大韓民国忠清南道天安市 | トップページ | 天安市郊外のひなオンマさん宅へGO! »

コメント

ホットクのおばさん、いい味出してますね~♪
人生の色んな話しが聞けそうですよね。

次回はぜひ、あの美術館にも~☆

ひなオンマ様

今回400ショットくらい写真を撮りましたがその中でも1,2を争う
出来栄えの画像でございました。

良く見たらお帽子とエプロンはおそろいの生地、店内も普通の屋台の
ように雑然としてなくてきれいでおば様の気配りを感じました。
また次行かれましたらよろしくお伝えくださいませ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 天安はどんなとこ?こんなとこ。:

« スクールフード @大韓民国忠清南道天安市 | トップページ | 天安市郊外のひなオンマさん宅へGO! »