こちらもご覧ください♪

カテゴリー「2011 天安&全州」の17件の投稿

2012年11月 7日 (水)

鮨とピザなランチ @神戸市中央区界隈

Photo_9

久々に北野の帝王の妻まーりんさんとのランチ。

ここ、もう3回目くらいのアップです、三宮駅から北へ5分くらいの某寿司店。

まずぶっといマグロからスタートです。
後からこのブットイというフレーズで2人は泡吹くことに・・・・・

Photo_10 Photo_11

Photo_13 Photo_14

前回も同じような不満を噴出させていました、また来てもーたわdash 

女子スタッフが居酒屋かファミレス並、化粧をして中でお料理はいかんわ。

なんとなくカウンター内の乱雑さも気になる・・・・・

Photo_15

美味しい茶碗蒸しが楽しみだったのですが、松茸の土瓶蒸しが登場。

10月いっぱいのサービスだそう。香りのない外人松茸なら茶碗蒸しの方が良かった。

Photo_16

そして、今回の極め付きはこの鮑。むっちゃブットイ、だがむっちゃ硬いsign03

噛み切れる物ではなく必死で噛む、噛む、噛み続ける。二人無言。

お客の事を考えて握っているとは到底思えません。窒息寸前になりました。

怖いくらい無愛想な握り手、挨拶もなし・・・・・・

昼のお客をここまで差別するなら夜だけの営業に徹してください。

食後の腹立ちは身体に良くありません、それを解消するにはまた食べ直すしかありませんsweat01

Photo_17

15分ほどウォーキングをした後、けろっとピザを食べてました私たちcat

リニューアルされた六甲荘、名前も「ホテル北野プラザ六甲荘」になってます。

入り口横のベーカリーカフェにて通り過ぎる観光客を見学しながら2回目のランチ。

さすがにお腹いっぱい、お鮨は完全に過去のものとなりました。

この後ウォーキングして1万歩達成、ちょっとした言い訳ですけどねsweat01

END

2012年1月15日 (日)

山川・碧帝ボンピヤン @大韓民国ソウル市ソウル駅

Photo_2 Photo_3

泣いても笑ってもこれが最後の 2011天安&全州 最終章でございます。

ドラマ食客にも登場した碧帝グループのお店 「山川」 を攻撃してみました。

ソウル駅に隣接する都心空港ターミナルの地下2F。
仁川空港まで直行するAREXの改札前という便利な場所にあります。

クミョンは平壌式ムルネンミョン(冷麺)を頂きました。
12000W(約800円)・・・・・ソウル値段でございますね。
本格的な麺、スープも美味しいお上品な冷麺でした。

けどクミョンは現代百貨店地下フードコートの冷麺の方が好きかも。

Photo_4

ルーシー・ティーちゃんは 「韓牛カルビタン」11000W。
かわいいヒョウタン型のトッポッキ、発酵の具合がなんとも上品なキムチ。
お味もソウル的で辛さもマイルド=なんだか物足りなさも覚えました。

そもそもここって高級料亭らしいですね・・・・・・

Photo_5

先月オープン、綺麗な店内。個室も6室用意されています。

まだ知る人も少ないのか?広い店内クミョン達だけでしたsweat01
並んでレストランが2件ありますがどこも閑古鳥が・・・だだだ大丈夫かぁ?

Photo_6

今回空港に向かうのに利用したこのソウル駅の空港ターミナルと
AREXはかなり便利、かつ帰国日に時間の節約にもなると思うので
韓国ファンの為にご紹介させていただきます。

まず最後のお買い物はソウル駅にあるロッテマートでゲトです。
奥の方のサービスカウンター横でトランクを預かってくれます。

購入品をトランクに詰めて同じフロアを横に行くとソウル駅に到着します。
(ロッテマートに用事が無い人はホテルからソウル駅に直行すべし)

コンコースをずずずーーーーっと奥に歩いて行くと隣接する空港線のビル
に着くのでエレベーターに乗り地下2Fへ。

大韓航空かアシアナを利用して帰る人はここでチェックインできちゃいます。
しかしこれは搭乗3時間前まで、なおかつ仁川空港利用者に限ります。
(2011年12月現在の状態です。これから変更はあるかも)
トランクとはここでさようなら。朝早くから受け付ているので早くに預けて
余った時間手ぶらで観光も可能ですね。

その横で出国手続きも済ませます。この後でも市内に出たり行動は
自由なのでご安心ください。

すぐ横にAREKのチケット窓口があるのでそこでお姉さんに飛行機の
チケットを見せると割引した額(13000W→11000W)で搭乗時間に合わせた
AREXのチケットを購入します。自動販売機もあります。

その横にある改札を入り、地下6階までエレベーターに乗って降りれば
仁川空港まで43分、AREX直通特急のプラットホームです。
普通電車(各駅)は別の階になるのでご注意ください。

ぜいぜいぜい・・・・・・

Photo

指定席なのですが・・・・・がらがらでした。

各駅でも10分しか変わらない、おまけに料金は4000Wくらいとあって
直通のAREXはあまり人気がないのかもしれません。

Photo_3

仁川駅から空港へは未来都市みたいな空間がひろがります。
韓国って長いエスカレーターが好きですね~dash

今回午後7時10分発の飛行機でした。ソウル駅を4時半発のに乗り
ましたがかなり時間が余りました。

広い空港でウォーキングをしたいって人以外はソウル駅出発は
搭乗2時間前でも十分間に会うと思います。

Photo_4

空港内免税店エリアを練り歩く王様と皇后の行列。
最後までホスピタリティー溢れるcoldsweats01趣向ですね。

倭人のオバちゃんが「また来るからね~」と王様に握手を求めていました。

何回韓国に行ったら気が済むのって?
その質問って 何年日本に住んだら気が済むの?

クミョンにはそれと同じに聞こえます。
何回行っても面白いんですよ、韓国sun

END

2012年1月 6日 (金)

PARIS BAGUETTE @大韓民国全州市

Photo_2

えへへ・・年を越してしまいました2011天安&全州 
あともう少しだけお付き合いをcoldsweats01

全州の韓屋村ともさようなら、最後に朝食を頂いたのはこちら
韓国全土?にチェーン展開している 「パリ バゲット」で頂きました。

韓屋をイメージした素敵な外観です。

Photo_3 Photo_5

一階で好きなパンと飲み物を購入して2階へ、目の前には韓屋マウルの
象徴「慶基殿」が望めます。

韓国のパン食に対してクミョンはあまり良い体験がありませんでしたが
今回こちらで頂いてみて目から鱗でございました。美味しいやんsign01

特にサンドイッチなど中身たっぷりで花丸でございました。
仁川空港の中にもありました。パンの種類は倭国のとクリソツです。

Photo_6

韓屋マウルをタクシーに乗り出発、15分ほどで威風堂々な全州駅に到着です。

韓国って改札で切符拝見がないのですか?どの駅でも?
入ってそのままホームまでするするって行けちゃうのが不思議体験。

Photo_7

原隊復帰の兵隊さんでしょうか?哀愁漂う冬のプラットホーム。

Photo_8

来た来たsign03 KTX初体験のクミョン、かなり興奮してしまいました。

ここからソウル市内の龍山駅まで約2時間15分、最近乗り換えなしで
行けるようになったようです。京釜線はソウル駅まで行けるのに
この湖南線は行きません。ソウル駅まで直行できたらもっと便利なのにね。

Photo_9

リッチに優良車両に乗ってみました。普通車と700円しか違いません。

全州→龍山まで3000円ほど、時速300kmまで出ました。
新幹線と比べたらかなりお安いですね。

席もゆったりしていて快適です。飲み物やスナックは自動販売機で。
食堂車はありません。大きな荷物は別に置く場所がありました。

車掌さんが見回りに来ますが切符のチェックはありません。
到着後も龍山駅でチケットの回収はなかったです・・・・・ってことは????

Photo_10

全州駅のプラットホームにて

お母さんの実家に遊びに来ていた3歳のお兄ちゃんと2歳の妹ちゃん。
大きくなったら日本に遊びに来てねーsign03

END

食べログのやらせ投稿が取り上げられていますが、あるある神戸にも
何であの店がいつも上位なの~って思う店sweat01
けど今回のことで一番驚いたのは、カカク ドット コム じゃなくて
あの会社 カカク コム だったんですね。ずーっと カカク ドット コム
だと思っていました。どっちでもええけどdash

2011年12月31日 (土)

이름 없는 카페 名前の無いカフェ @全州韓屋マウル内

Photo_2

韓屋マウルには入ってみたくなるカフェが沢山点在しているのですが、
今回はこちら、天井までのガラス窓が素敵なこのお店にしました。

Photo_4

ビンゴでした。床材からテーブル、椅子、何もかも計算されたデザイン、
けれどもとっても暖かみの感じられる店内。

Photo_6

ガラス窓の横の席で外を眺めながらゆっくり休憩いたしました。

東京や大阪にあっても引けをとらないオサレーな空間でした。

P1020600

勿論コーヒーも美味しかったのですが画像ピンボケ。
そしてもっとボケたのが・・・・ここの店名がわかりません。

ビョン様・・・・よろしくお願いいたしますsweat01

###########

ビョン様にコメント頂き店名がわかりました。ありがとうございます。
「名前のないカフェ」 ほほぅ、どこにも書いてないはずですね。

###########

壁のオブジェも素敵でございました。

Photo_7

そして極め付きはこのワンコ、このカフェの主でございます。

愛嬌を振りまくわけでもなく、ただひたすらスタッフの邪魔をしておりました。

コーヒーのお値段は倭国と変わらないくらい500円以上と
少々お高いですがここお勧めでございます。

Photo_8

韓屋を上手に利用したカフェやお店が沢山並んでいます。
こちらはお寿司のお店のようです。黒板にはオデン定食とありますね。

韓国人の観光客で一番盛り上がっていたのはカレー屋さんだったのが
不思議でした。

てなことで・・・・・年内に収めるべき韓国旅行記・・・・終わりませんでしたdash

Photo_9

皆様今年も拙いブログをお読みいただき、ありがとうございました。

2012年はもっともっと我侭な内容になると思いますが

どうぞよろしくお願い申し上げます。楽しいお正月をお過ごしくださいね。

END

2011年12月28日 (水)

冬のお土産はポンシ

Photo

この季節のお土産はポンシで決まりでしょうcat

熟し柿です。今回のは「テポンシ」だから「大ポンシ」ってことで少し高かった。

Photo_2

トランクの中に潜ませて持ち帰ったので少し潰れてしまいました。

冷蔵庫で冷やすとグーなのだfuji 余談だが柿も女も熟熟が美味しいのだdash

お正月用に冷凍庫で2個カチカチにしてあります。

Photo_3

あれ?いつの間にか冷蔵庫にこんなものが・・・・note

えへへ、空港へ行く前にソウル駅隣のロッテマートでゲトした豚足とキムパ。

下は全州の町で壁に貼り付けてあったスーパーのチラシなり。

Photo_4

骨ばかりでなく肉の多い豚足は韓国でないとゲトできません。

♂と二人でむさぼり食って一発でなくなりましたsweat01

何故だか「わさび醤油」と書かれたタレが付いています。

Photo_9

この種のきゅうりが美味しいのだ。皮は硬いので剥いて使います。

韓国でも生産者さんの顔入りで安心感を高めているようです。

Photo_8

ベタですがレトルト入りのキムチも今回購入してみました。

桃谷の山田商店さんの方が倍ほど美味しい・・・・・

気温の低い冬は普段持ち帰れない危険な密輸品もゲトできるので
寒いけどがんばって行ったかいがありました。

半分冷凍しておいた豚足も食べてしまったし。
来週くらいまたソウルにお買い物に行こうかな→嘘

年末ってあと何日ってわかりきっているのに何回もカレンダーを見て
しまいません?お尻に火がついてきましたがきっちり食べるぞあと4日impact

END

2011年12月26日 (月)

チョンニョンヌリポム(千年の世の春) @全州市完山区慶園洞2街53-1

Photo_3

今回の旅のミッションNo.4 「ヤカン de マッコリ」

お米の里全州は美味しいマッコリ万歳の町でもあるのです。
マッコリを飲ませる居酒屋の並ぶ有名な地域があるのですが
韓屋マウルからはタクシーで行く必要があったので近場のこちらに決定。

このお店はビョン様のブログで発見、観光案内所のお兄さんもお勧めでした。
ちょっと観光客向けで美しすぎる店内、日本から来た美女二人dashなので
店側もやかんを選らんだのか、ボコが少ない美しいヤカンが登場。

ここではちょっと虎にはなれん雰囲気・・・・・・・・・・

Photo_3

全州マッコリ居酒屋のシステムは2L入りのヤカンごとのお会計。
このお店ならW20000(約1400円)、それに自動的に沢山おかずが付いてきます。

マッコリをお替わりするとまた新しいオカズが並びます。そしてなんと
そのお値段は2杯目からお安くなるという、うれしいシステム。

マッコリ通り三川洞のお店はもっとオカズが出てくるらしいですが
初心者の我々には十分満足のいく数量でございました。

Photo Photo_2

最初の画像以外にも数品出てきました。左はムッ、どんぐりの粉から
作るお料理です。倭国で食べるものより数段美味しいsign03

右はトビコ、これも海苔に巻いてごま油をつける?美味しかったです。

秋刀魚も美味しかったのですが、最初の画像の左下に写っている白いトウモロコシ。

これが今回ディスカバーした食品です。生まれて初めて食べました。

倭国で出回るトウモロコシとは全く違う歯ざわりと味、「もち米とうもろこし」
その名の通りもち米のお菓子を食べているような不思議なトウモロコシです。
これ倭国のどこかでゲトできないかしらんsign03

Photo_5

韓屋マウルの夜は早く終わってしまうお店が多いです。
この日も「あと40分くらいですが、よろしいですか?」だったので
マッコリはヤカンに沢山残ったままさよならいたしました。

あの残ったマッコリはどうなるのかしらん・・・・・と観察していますと
回収したあと再利用coldsweats01されているように見受けられました。

ご心配なく、オカズはごちゃごちゃになって片付けてしまうようです。
倭人は「もったいない」とついつい思いますが、もし韓国のオカズが
半分に減ったら韓国の魅力はきっと半分以下になってしまうことでしょう。

郷に入ったら郷に従えで飲み散らかして帰るのが礼儀ですbell

Photo_6

マッコリの前にこちら 「韓屋スパ」 を攻撃いたしました。

これは昼間に写した画像ですが夜はガラス窓がボワーと光り少し異様な
感じでございましたが勇気をだして突入いたしました。

中は・・・・・地元パンチパーマのおば様がいっぱい、更衣室も風呂場も
壮絶な女体盛りsign03
韓国って前を隠さないのね、そこでタオルで隠して下向いてると余計に
目立つんですよね。
「おらおらおら・・・・通るわよー」って感じで対処いたしましょう。

END

ダムは出来るかもしれませんが、民主党はこれで崩壊ですねshock
だから選挙行っても無駄だっちゅーたやんsign03

2011年12月25日 (日)

ちびサンタ登場!

Photo

皆様、メリークリスマスです。

こんな可愛いサンタさんが携帯に届きましたlovely

OZW真理ちゃんとこの綾乃姫5ヶ月。

「寝ている間はみんな子供、起きてもそのままの心でいられたら・・・・・」

イルカさんの歌だったと思います。

楽しいクリスマスをお過ごしください。

END

真理ちゃんにクリソツやん・・・・・・・・・

2011年12月24日 (土)

芙蓉軒 @全州市完山区校洞24-11

Photo

今回の旅のミッションNo.3 「全州の韓屋で民泊初体験」

韓屋マウル観光案内所で紹介されたのはこちら 「芙蓉軒」 
化粧室、シャワーが別棟という民泊が多いのですが部屋に付いていると聞き
少し韓屋マウルの中心から離れていますがこちらに決めました。

左となりにはドラマ「成均館スキャンダル」の撮影が行われた全州郷校があります。
最古の大学といわれる朝鮮時代貴族の子弟が通った学校です。

けど、ここを探し当てるのに苦労いたしました・・・・・・
到着した時、ある事情によりこの看板が取り外されていたのです。

Photo_2

グルグル回りを何周かしてやっとこさ見つかりました。

門から入るとL字型の建物の中心にはお庭、という韓国ドラマでお馴染みの作り。

この大きな机、物干し台、向こうにはサンドバックも吊ってあるやんheart04
韓国ってどこでもこんな設定なのね、ドラマとクリソツやんheart04

・・・・・・・・・・・・けど実はね、実はね、実はねsign03

この日こちらの韓屋がマジでドラマの撮影現場になっていたのです。
机の上の果物も全~てセットだったんです~sign03

こちらのご主人(60代?女性)は韓国語オンリーだったのですが
「トキョパンソン(東京放送)」と連呼され、何事なんだろうと意味不明な空気が漂う。

後で日本語のお上手な撮影スタッフが来られて事の次第が詳しくわかりました。

来春4月放送開始予定のKARAと超新星のメンバーが主演する韓日合作のドラマ
「レインボーローズ」の宿泊した日が撮影最終日だったようです。

全州の市長さんも撮影現場に来られて激励されたそうです。

この日観光に出かけ戻ったときには撮影は終了しておりました。
全州でかなりの部分が撮影されたとか、テレビ大阪で放映されたら見てみましょう。

日頃KPOPに全く関心のないクミョンのような人間がこういうチャンスに
偶然めぐり合うのだなぁ、とKARAや超新星のファンの皆様には申し訳
無いような気持ちになりました。

Photo_3

お庭から部屋に直接靴を脱いで入ります。
最近新築?されたような綺麗な韓屋でした。房子は5室くらい並んでいました。
入り口の戸は2重になっていますが、やはり少し隙間風は入ってきます。

Photo_4

お部屋は6畳くらいでしょうか、テレビとお布団以外は何もなくいたってシンプル。
小さなタオルが2枚床にじか置き、テレビの上にはトイレットペーパーsweat01
トイレにも備えられていました。韓国では食堂でもこのロールペーパーが
壁に垂れ下がっていたりするのでテレビの上にあってもOKなのだ。

化粧室はテレビの右側の戸から入ります。お部屋はオンドルの熱で暖かい
のですが化粧室はかなり温度差があり寒かったですcrying

Photo_6

戸締りはこの南京錠一つのみ・・・・・・・

寝るときは内側から、外出時は外側にかけて鍵を持って出かけます。
出掛けに撮影スタッフから照明を入れるためお部屋を使うかもしれません
と言われましたが戻ると確かに誰かが入っていた形跡がありました。
ま、撮影に協力したということでOKといたしましょう。

Photo_7

シャワー付きとあったのですが、見当たりません。

良く見ると洗面台にシャワーヘッドが置かれてありそれとわかりました。
冬にここでのシャワーはいかにクミョンと言えど風邪引きそうなのでご遠慮
申し上げ韓屋マウル内にあるチムジルパンを利用いたしました。

初韓屋宿泊体験はなんとかツツガナク終えることが出来ました。
設備の整ったホテルとは比べ物になりませんが、経験として一度
泊まってみるのもよろしいのでは?夏は虫の攻撃がすごそうです。

けど帰りに会計をしてビツクリ・・・・・二人で70000Wtyphoon 安ぅ~crying
1人1泊2500円くらいです。都合でご遠慮しましたが朝食付きのお値段です。

Photo_8

この辺りも新しいお店がぼちぼち出来ていきそうなエリアです。
カフェの外壁を自分達で塗装する人達、和む風景でございました。

次回全州に来たらもっとお店も増えて、道も綺麗になっているのでしょう。
けれど昔懐かしい雰囲気は大切にしておいて欲しいなぁと切に思います。

そうそう、あれからまだ食べ続けたのです、私達coldsweats01
次回は全州名物マッコリナイトをご紹介いたします。

そういえば、クリスマスですね。
最後まで読んで頂いたそこのあなたに。

メリークリスマスwine 

END

2011年12月22日 (木)

オウォンチプ @全州市完山区太平洞

Photo_2

お昼のピビンパを消化しようと韓屋マウルの北側、スーパーや
中央市場のある辺りも散策いたしました。

けどこのスーパーのフードコートで見かけたサンプル・・・・、見るだけでまた
お腹一杯になってしまいました。店名はかわいく「ビアモンテ」、 ゲロップdash

Photo_3 Photo_4

若者の集まる通り・・・・だそうですが、夕方まだ6時くらいなのに
がらーーーーんとしておりました。 全州は健全な若者が多いのだろう。

しかしここにもあるあるコスメショップがぁsign03

エチュードハウス、イッツスキン、MISSHA・・・・などなど数軒ありました。
日本語で各商品に説明書きがしてあるしcoldsweats01、オマケも沢山いただけます。

そうそう、今回も毒蛇のシートマスクを発見することは出来ませんでした。
TONYMOLYというブランドのお店で聞くと、シートマスクは毒蛇クリームと美容液?
のセットを購入した時に付いてくるオマケ的な物らしいです。

マスクだけでは駄目、クリームを塗らないと全く効きません・・・・・
とかなり強引に高価なセットを薦められましたがお断りしました。

Photo_5

巨大な鶴橋みたいな中央市場も探検してみました。

韓国に行ったら市場の攻撃は必須のクミョンです。

Photo_6

倭国と似ているようで似ていない物も沢山あります。

白菜は外葉は剥いて真っ白い状態でないと売れないようですね。
大根は太っとくてたくましいこの種類がキムチやお料理に合うのだろう。

倭国とは逆ですね・・・・・・・・・

Photo_7

そして市場の中をかなり探し回り、執念でたどり着いたこちら・・・

「オウォンチプ(5ウォン家)」 ビョン様のブログで拝見して以来狙いを
付けていたお店です。ここに来たかったから全州に来たのかもしれないchick

Photo_8

キムパと甘辛く炒めた豚肉・・・・・これだけ見ると、それが何か?なのですが。

Photo_9

このお店では野菜に上記の2品と大蒜を包んで頂くのですsign03

目から鱗ですよね?これがなかなかいけるのです。
ビールががっつり進む君bell

Photo_10

キムチなどの他にオデンスープも出てきました。

Photo_11

メニューはなく自分で伝票に書き込むシステムです。ハングルが読めない方は
上から一番目と三番目に数量を書き込んだら今回のお料理が出てきますよ。

下から2番目はビールです。ハイトかカスか銘柄を選びます。
クッパや烏賊の炒め物などもあります。今回これにビール一本飲んで
二人で900円弱・・・・・激安sign03 ありがとうございましたfuji

奥の座敷ではおっ様達がおーーきなお声で 盛り上がっておられました。
そんな環境が大好きって方には是非お勧めしたいお店です。

END

2011年12月21日 (水)

全州てどんなとこ②

Photo_11

伝統韓屋も素敵ですがこんな昔懐かしい、倭国で言うなら昭和の香りが
する建物が並んだ通りがありました。

実際に文房具屋さんだったり、トッポッキの食堂だったり現在もお店は
運営中で学校帰りの生徒さんが買いにきていました。

Photo_12

軍足さんもおりました・・・・・・・・

Photo_13

倭国にもありましたよね、ベッコ飴を上手く割れたらもう一枚っての。

見るからに都会から来ました風のマダーム達がキャーキャー盛り上がって
おられました。
因みに手前の紫のバッグは真正ではなくプリントねdash

Photo_14

居酒屋さんの壁、米どころ全州は美味しいお酒の産地としても有名です。

Photo_15

全州の文化を展示している韓屋も所々に点在しています。

P1020618_2 Photo_16

全州伝統酒博物館にて、韓紙で作られた人形がほっこりさせてくれました。

Photo_18

歴史を深く感じ、伝統と技術を学ぶことの出来る韓屋マウル

皆様も一度お越しになってはいかがでしょう・・・・

と、なんだか観光案内すぎて面白くないと思ったそこのあなた

これをご覧ください ↓

Photo

全州韓方文化センターにて

PCで簡単な質問に答えると自分の体質を判定できる四象体質テスト
の質問です。絶句の後爆笑typhoon 不便・・・・・・

訳した人の顔が見てみたいです。

END