こちらもご覧ください♪

« 草間彌生-永遠の永遠の永遠- 展に捧ぐ | トップページ | 八鶏飯蔵 茶色い石巻やきそば @神戸そごう 東北六県の物産展 »

2012年3月 5日 (月)

日本料理 かこみ @大阪市北区堂島1丁目5番

Photo

草間弥生展の前にOZW真理ちゃんと堂島ホテルエルセラーンの地下、
アシェット・ドージマ内の 「日本料理 かこみ」 さんでランチいたしました。

2周年を迎えたばかりの美しい空間の店内、期待に胸ばこばこ。
お昼のおまかせ3200円を頂いてみました。

和食のお献立には八寸とか椀物・・・と普通書いてありますが、こちらは違いました。

上は「雨水」と名づけられておりました。
蛍烏賊、白魚、山菜、カリフラワー、鰆、お浸し、金時人参のムース、しめ鯖
などなど各地の素材を活かした品々。 豪華な八寸です。

Photo_2 Photo_3

「貝類」

かわいい器の中は浅利や青柳、帆立などの春の貝類が玉締めに。
旨出汁のジュレかけ、まだ肌寒い日に暖かくて美味しいスタートです。

Photo_4

「鮮魚」

鯛に雲丹、手前には鯛の肝。女心をくすぐる器が続きます。

こちらのご主人は神戸のルセットさんでも修行された経験をお持ちだそうです。

Photo_5

「潮仕立」

水から炊いた鯛の出汁と塩のみの味付け。
うどに菜の花、上品な瀬戸内の香りが漂う一品でした。

この後最初の画像 「雨水」 が登場、ゆっくり味わいました。

Photo_6 Photo_8

「筍」

春らしい器には日本一早い鹿児島で育った筍の一品。
桜花の餡かけがまったりと美味しかったです。

Photo_9

信楽焼きの立派な土鍋で炊かれた 牛蒡と浅利の炊き込みご飯登場。

Photo_11 Photo_12

香の物までしっかり目を楽しませて頂けました。

2膳目はおこげをよそって。美味しいお出汁をかけて、あられが香ばしい。

Photo_13

最後のデザート4種、お腹いっぱいでしたが全部頂きました。

お抹茶orコーヒーを別料金で頂くことが出来るそうです。

いやはや、小じゃれたホテルの地下でどんなもんかな~と
斜めに構えての訪問だったのですが、なんのなんの

大満足な時間を過ごさせて頂きました。
正統派の、例えば桜田さんとかのお料理と比べるとまた別種の
お店ではありますが、この料金です。奮闘されていると思います。

季節を変えて再訪間違い無しのお店でございました。

やっぱ大阪はワンダーランド、これからも開拓の余地大です。

END

同じアシェット・ドージマには 「CHINGU」 なんて韓国料理屋さんも有

« 草間彌生-永遠の永遠の永遠- 展に捧ぐ | トップページ | 八鶏飯蔵 茶色い石巻やきそば @神戸そごう 東北六県の物産展 »

コメント

私の理想の食事メニューでございます。
「雨水」という八寸から始まり、和食好き、魚介類好きには溜まりませんなぁ。
最後の道明寺(そちらでは桜餅ですね)まで、とても美味しそう。
それにしても、ランチで3,200円とは豪華ですね!
4月の京都&大阪旅行の時に行きたいけど、我が家の予算ではムリかも(苦笑)

ビョン様

4月に関西にお越しなのですか!
こちらはB級グルメのメッカでもあります。お楽しみに♪
まさか・・・・こっち来ても鶴橋?
全州みたいに京都も辻裏に素敵なミンパクが沢山できています。
私は泊まったことがありませんが「ゲストハウス金魚屋」って
いいとかききました。だいぶ北のエリアになりますが静かな地域です。

実は20数年来、京都好きのダンナの影響で4月は桜、11月は紅葉の
時期に京都に通っておりまする。
府立大学前には、行きつけの小料理屋(いや、飲み屋)もあります。
下鴨 芹生(セリョウ)といって、大原の老舗料理旅館 芹生の三男さんが
やっているお店で、安い、旨い、人柄がいいの3拍子揃った店です。
最近は、京都にも飽きて、大阪へ脚を伸ばすことも多く、昨年11月には
鶴橋&桃谷にも行きましたし、チキンラーメン博物館(正式名称忘れた)
にも行ったことがあるんですよ。
B級グルメは好きなんですが、去年の秋、みゆき通り商店街のある店で
食べたタコヤキがめちゃ不味くて、めげました。

ビョン様

たこ焼きは発生の地明石か神戸でどうぞ再チャレンジなさって下さい。
みゆき通りでは・・・・・あかんと思いますわ
旦那様と京都へ年2回、お仲が良くて、羨ましいです
京都にも大阪にも飽きたら神戸にも是非お越しくださいませ。
そうそう、金魚屋ではなく金魚家でした~、旦那様とならちょっと違うかな。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理 かこみ @大阪市北区堂島1丁目5番:

« 草間彌生-永遠の永遠の永遠- 展に捧ぐ | トップページ | 八鶏飯蔵 茶色い石巻やきそば @神戸そごう 東北六県の物産展 »