こちらもご覧ください♪

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

レストラン プルミエ @神戸市兵庫区大開通8-1-23

Photo

お口直しに倭国にちょっと戻りましょう。

半韓のユイチャンと2人で釜山ツアーの打ち上げランチでございます。

兵庫駅から北へ5分ほど、生パスタの美味しい 「レストラン プルミエ」さん。

Photo_2 Photo_3

パンか食後のデザートどちらか選らんで1100円

ご近所のママ友さん達とかご家族連れでお昼は満員の人気店です。

楽しかった釜山もあっと言う間に終わっちゃって、もう早次の計画を

話し合っているビョーキな2人です

Photo_5

上海の友人宅の猫ちゃん、男の子もうすぐ1歳。

クミョンはファイリングクラーク(平たく言うと事務員)の仕事をしているので
この月末月初は決算で年に一回だけ超忙しいのであります。

その上マン活の予定も入りで、土日月の3日間ちょっとお休みさせて頂きます。

よろしゅうに

END 

2012年3月29日 (木)

メットゥルスンドゥプ @慶尚北道慶州市北軍洞

Photo_3

慶州でのお食事はサンパ(葉っぱで包むお食事)かスンドゥブチゲが定番のようです。
今回のお昼はこちら 「メットゥルスンドゥプ」 さんで手作り豆腐チゲを頂きました。

メットゥルとは碾き臼、海老やアサリに茸類、内容物も豊富で程よい辛さの
美味しいチゲでございました

Photo_4

シーズンには行列が出来るお店だそうです。
この日も結構賑わっておりました。

「皇南メットゥルスンドゥプ」という似た名前のお店もあるようです。
元々慶州には名物料理は無く、どこで頂いても同じという節もあり・・・

Photo_5

こちらはオカズの種類が多くて美味しかったです。

ムッ、さんま、海苔にキムチ。生玉子はチゲに入れてかき混ぜます。

1人W8000、昨晩のサムギョプサルディナーよりお高いです

Photo_6

終盤はこの様に斜めに置くと食べやすい、韓国の知恵

Photo_7

金色の額縁がやけに目立つイ・ミョンバク大統領のサインです。

慶州は韓国の京都みたいな場所だからいろんな人が来訪するのでしょう。

Photo_8

単一メニューでこれだけお客さんが入ったらめっちゃ儲かりまっせ
ご馳走様でした

かけ足で見た慶州国立博物館、もう少しゆっくり見たかったです。

立派な桜並木がありました、満開の時はさぞや美しいと思われます
仏国寺庭園の紅葉が燃えるような秋もいいかもしれません。

Photo_9

今回運転&案内して下さった 任さん

「釜山たび」 http://www.busantabi.com/ の社長さんですー。

約8時間チャーターしてW200,000、4人だったのでお安くて楽ちんでした。

任さんは日本で就労経験も有り、日本語はとても堪能であらっしゃいます。

「韓国ではオバサンが3人集まるとうるさくて皿が割れるといいます」

それって私達のこと?帰りの車内は真逆に静かな熟睡タイムとなりました。

いろいろお世話になりました。また会える日までお元気で

END

クミョンが初渡韓した1977年頃、任さんは3年間の兵役中だったそうです。
79年に朴正煕大統領暗殺事件が起こる微妙な時期ですね。

お互い「日本女性と韓国がこんなに親密になるなんて、世の中変わりましたね」
と感慨深くお話いたしました。

それと今は兵役も2年になり友達同士で同部屋になれたりと、以前の様な
厳しい軍隊生活とはほど遠くそれがこれからの国防にどう影響するかも
少し憂いていらっしゃいました。

2012年3月28日 (水)

屋根のない博物館 慶州

Photo

二日目は釜山を9時に出発して古都慶州に向かいました。

今回は素直な観光客目線でいっときますね。

こちらは「仏国寺(プルクッサ)」 新羅が最も栄えた頃(西暦774年)創建。

広大な敷地に大小様々な仏閣、美しい庭・・・・・・・があったはず

しかしここでも出た~加藤清正~!!

国宝とされている階段こそ残った様ですが基礎部分から上は1593年(文禄の役)
により全焼、他の建物もほぼ焼き尽くされたそうな・・・・・ごめん!!

Photo_2

ちゃあんと当時の焼け跡↑を残してありました・・・・もう一回ごめん!!

Photo_5

新羅の空気が感じられる仏国寺・・・・・・赤い服のおっ様邪魔。

Photo_4

かの有名な新羅統一に貢献した善徳女王様の御陵にも参っておきました。

死を予感した女王は自分を埋葬する場所をここと指定したそうな。

回りを一周いたしましたら女王のお声が聞こえ・・・・たりはしませんでした。

歴史ドラマ「善徳女王」をご覧の方には興味深々な場所でしょう。

Photo_6

御陵に辿りつくまではこの様な林を抜けてかなり歩く必要有でした。

昭和の乙女達にはちーと無理かもしれない。

今回時間の都合もあり極々一部のみ観光した程度でございました。

300 Photo_7

築350年越えの民家は今もお酒の醸造をしているご一家がお住いです。

「校洞法酒」 一日生産20本という貴重なお酒だそうでこの時も車で
買いに来られた男性がおられました。

飛行機搭乗時、手荷物に液体は持ちこめないので購入はあきらめました。

Photo_8

この家の主のようなニャンコがおりました。韓屋と猫って似合います。

我々がキャーキャー猫を撮影していたら 後ろの障子がいきなり開いて
ぬっとお婆さんが顔をだしました。びっくりしたぁ

後でわかりましたがこのお婆さんが法酒造りの伝統を守っている
有名な永信ハルモニだったのです。サインしてもらえばよかった。

Photo_10

朝鮮王朝はかなり得意なんだけど、三国時代あたりの歴史を把握していない
クミョンにはちょっと難解な慶州。

善徳女王をしっかり見てお勉強してから再訪ありかも。
本来は1泊か2泊しないと回れない場所ですね。

さてさて、お腹がぐ~っとお昼を告げております。
次回は慶州での美味しいランチをご紹介。

END

LCCピーチ5月8日関空ー仁川就航開始でございます!!

なんと燃油サーチャージ込みで片道5280円!
そして就航記念キャンペーン価格 片道2500円!

これはゲトだ!と思い喜んだのもつかの間でございました。

6月30日までのキャンペーン価格2500円期間のフライトは一日一往復のみ。

行きは仁川着20時30分、帰りは関空着22時55分。

帰りバスも電車も乗れません、空港近くで一泊余儀なくされるわけで・・・・
7月からは一日3便就航、熟女は7月まで待ちましょう。

http://www.flypeach.com/Portals/1/pdf/schedule01_i_j.pdf

2012年3月27日 (火)

済州家 @大韓民国釜山市釜山鎮区釜田洞

Photo

2日目の朝ご飯は倭人観光客御用達にこちら「済州家」さんで鮑粥です。

鮑のメッカ済州島から空輸されてくる鮑を使用だそうな。
うにスープ定食なんてのも魅力だけど、ベタに鮑粥を攻めてみました。

だけれど残念ながら普通なお味でございました。
5年前に済州島の「ユビン」や「珊瑚あわび」の味を知ってしまっている
半韓のユイチャンとクミョンには特に驚きゼロでございました。

あああああ あの済州島の鮑 絶対もう一度食べに行きたい
ここの鮑粥で済州島ラブが増幅してしまいました。

Photo_2

手前のテーブル席で頂きました。韓国には掘りごたつの風習はないですが
足が辛くなったら片方の足を立てて座ってもお行儀的に無作法とはならない
のでチャングム風に優雅に片膝立てて食べましょう。

Photo_4

西面のロッテホテル裏、駐車場の入り口向かいあたりです。
泊まったモーテルからもすぐ、便利な場所ですね。

南浦駅近くに本店があるようです。南浦といえば・・・・
ロッテ百貨店でこげな噴水ショーがありました。

1

2

休憩がてら、4人でおとなしく前に座って眺めました。

毎時00分に開催、ずっと上を見ていたら首が痛くなりました。

ロッテ系って派手な設えが好きですね。
写すのを忘れましたが西面のロッテ百貨店地下にあるトレビの泉みたいな
噴水と石膏像には笑ろた ロッテホテルのベルボーイの制服もみものです。

朝食後車で1時間ほど離れた慶州へ観光に出かけました。
日本から予約しておいた観光タクシーでモーテル前を9時に出発。

新羅王国の首都、善徳女王の活躍した慶州へGOGO

END

全く関係ないんだけどさー、フジ系列で唐沢君とオ・ジホ出演の日中韓
合作のドラマありますよね?関西では見られないの?

奇想天外なストーリーで??だけど、オ・ジホ様見たい

2012年3月26日 (月)

松廼家 @神戸市中央区三宮町1-10-1

Photo_6 Photo_9

ちょっと倭国に戻らせて頂いてと・・・・

三ノ宮駅隣接の交通センタービル9F 「松廼家 (まつのや)」さんにて
K女史と帰国後初の和食ランチでございます。

和食を食べるのは何日ぶりかしらん 平日限定和定食 1575円
落ち着いた店内、三宮では貴重な年配の方でもゆっくりお食事できるお店ですね。

Photo_3

松廼家さんは花隈発祥の老舗料亭ですね。

昭和45年オープンだから 「ディスコ45」、なんてのを経営されていたのも
この料亭らしい。クミョンより少しお兄さんお姉さんならご存知ですよね?

見晴らしも良いです。雨の日だったせいもあるけど、こう見ると神戸って
なんか寂しいくないかい?なんて考えつつ地下街を歩くと・・・・

Photo_4

知らぬ間に新しく阪神三宮駅に東口が誕生しているではありませんか

電車が到着するとワラワラと人が現れますがそれ以外はシーン・・・・

既存の改札口に比べたら利用率どうなんでしょ?利便性もよくわかりません

Photo_5

サンチカの食堂街の突き当たりだったところに通路が出来て駅と通じています。

MINT地下のスーパーKOHYOへは行きやすくなったかな?
近所に高層マンションも出来るのでお客さんは増える?かもしれない。

Photo_10

スーパーKOHYO内のジェラート屋さんで始めて頂きました。
う。。。。。ん、普通。 お値段も高め。

卒業式シーズンです。袴をはいたお嬢様方を拝見するのは楽しいです。

横のお席では娘さんを連れたお母様がなにやら袋から取り出しました。

「神戸大学」の卒業証書でございました。公衆の面前で誇らしげに
しっかりと広げて見せたいそのお気持ち、痛いほどわかります

そそそそ・・・・・ご卒業おめでとうございます。
けどね、女の人生そんな紙切れでは決まらんのよ、これからわかると思うけどぷぷぷぷぷぷ。

END

2012年3月24日 (土)

クイーンズモーテル @.大韓民国釜山市鎮区釜田2洞

Photo

今回のお泊りはこちら、地下鉄西面駅を降りて5分くらいの便利な場所にある
「クィーンズモーテル」さん。 ダブルでもツインでも 一泊4270円

クミョンは1人で使用いたしました。広いです、テレビのモニターもでかいです。

PCがありましたがキーボードとマウスが少しきちゃない?のでポア。
PCなしの部屋だと3800円くらいからあるようです。

ベッドのリネン類も綺麗で硬さも丁度良く寝心地良かったわ。

Photo_2 Photo_3

西面のロッテホテルのすぐ裏にあるので夜も賑やかです。
ロッテホテルには空港へのリムジンバスも停まるので帰国時も便利。

最初到着した時はこのゴテゴテな外観に少しタジログ4人でした。
駐車場の奥にある入り口からエレベーターで2階へ上がるとフロントがあります。

フロントでは優しい女子が応対、倭国で言うラブホな感じは全くありません。

Photo_5 Photo_7

浴室もシャワーが二つ、浴槽が3角形でロマンチック
シャンプー、コンディショナー、ボディーシャンプー付き。使わなかったけど。
ジャグジー付きみたいだけどビクとも動きませんでした

石鹸(新品)有り、けど歯磨きチューブは使い回し、歯ブラシ無し。
タオルは・・・・少し年期が入ってるようなので上半身には不向きです。

冷温浄水がいつでも飲めるのはうれしかった。
インスタントコーヒー、お茶などの用意有り、紙コップとグラス有り。
冷蔵庫には無料の缶入りオレンジジュースとトウモロコシ茶

Photo_9

部屋にも何故だか水道が、ちょこっと手を洗うのに便利でした。

化粧水、乳液、ヘアブラシ、ヘアゴム、ヘアジェル、ヘアスプレーetc
緑のは虫用スプレーだから間違えると怖いね

コン○ームも置いてありました。残念ながら使う機会はありませんでした。

Photo_13 Photo_14

2階フロント横には小さなキッチン部屋があって朝食をセルフで頂けます。
トースト&玉子焼き、飲み物もフリーです。トースト1枚焼いて試食しました。

ツインの部屋も大きさは同じでしたが2人でも十分な広さです。
ツインだと1人1泊2千円ちょっとで泊まれちゃうわけで・・・・

小さなモーテルなのに我々の様な日本人のお客さんも数組おられました。
なんだか普通にラブホ使用する方がかなり神経使っちゃうかも。

ここ、お勧めです 再訪ありかもしれません

ただ、難点も少し。窓の鍵が壊れていました。9階だったから許す。
部屋に入ったとき下水?臭がかなりいたしました。気になる方は消臭剤
を持参した方がいいかもしれません。2泊目からは鼻が慣れました

韓国ではモーテル=愛の館では決してありません。
お安いし広いので超お勧めでございます。

今回の特種宿泊施設、レポートは以上でございます。

END

Photo_15 Photo_16

モーテルから西面の繁華街まで歩いてすぐ、食べるところ満載

屋台が並ぶ通りも・・・・・だけど朝に放置された屋台を見てショッキングな事が。

トッポッキの鉄板は汚れが残ってドロドロ~ん、横には残った材料が
すっからかんに乾いた状態で風に吹かれておりました。

ま・・・・次の日もまたコチュジャン入れて煮えたぎらせたらインフル菌も
O157も、大腸菌も何もかも消えていくのだと・・・思いたい光景でした。

2012年3月23日 (金)

トネヌ @大韓民国釜山市西面

Photo_2

最初のディナーはロッテ百貨店やロッテホテルのある賑やかなエリア
「西面」で頂くことにいたしました。 特種宿泊施設もこの近くです。

「トネヌ」 さん。全国にチェーン展開されているようですね。

Photo_3

ここは藁焼きサムギョプサルのお店です。
表面をうっすらと燻製?させた状態のお肉が登場、1人前W5800、これで3人前。

Photo_4 Photo_5

分厚く切ってありましたがジューシーなお肉で食べ応えがありました。

ベーコンを焼いているような感じです。普通に美味しい

Photo_6

カジュアルな店内、人気店らしく普通の日の8時頃でしたが次々入店があります。

お肉を包む野菜はセルフサービスで取り放題、けど残したら罰金って書いてありました

だけどクミョンがここで食べたかったのはお肉ではなく・・・・・・

↓この 「テンテンイ トシラッ」 おさぼり弁当って意味だそうな。

Photo_7

昔懐かしいアルミのお弁当箱に入ったキムチやナムル、ご飯に目玉焼き。

このまま食べたら・・・・・駄目駄目駄目

Photo_10

しっかりと蓋を閉めて。そして両手でこれを思いっきり振り振りして混ぜる

これでもかと言うまで混ぜる 振り回す

Photo_12

そしてこれが完成品。 ピビンパが出来上がったわけであります。

画像を見て、きちゃない~って思ったそこのあなた、それは不幸というものです。

これが4人とも仰け反るくらい美味しかったのです。まじで。
1個しか頼まなかったのが悔やまれます。

Photo_13

豚肉は余っちゃうくらいの量で、お弁当箱で盛り上がって、ビール2本飲んで
スタッフのお兄ちゃんイジクッて、これで1人約500円

嘘だ?・・・・と何回計算しても1人500円でした
釜山マンセー 韓国マンセー

Photo_14

この日はホワイトデー前日、ド派手なプレゼントを売る屋台が目立ちました。

こんなの貰って下げて帰るのって恥ずかしくないのかな?

籠の中身はキャンディーなど、結構なお値段でございました。

次の日に備えて「安くて広くて素晴らしい宿泊施設」に帰りましょう。

END

2012年3月22日 (木)

南浦洞 元祖もち米ホットック @大韓民国釜山市中区

Photo

Photo_2

チャガルチ市場から信号を北へ渡るとすぐのPIFF広場にやってきました。

そうそう、警告しときますが今回クミョンは釜山初めてなもんでこれからの
内容はるるぶや釜山ナビなんかと変わらないベタな内容です。
初めて釜山に行かれる方には少し役立ちますが、熟練者はポアです。

お目当てのホットク屋さんは・・・・・ぐるぐると長蛇の列が取り巻いているので
すぐわかりました。韓国のお店って「元祖」好きだねぇ・・・・・・

Photo_3

「はみ出さないで~」「お金はここ入れて~」とかお店のスタッフがウザウザ

マーガリン使用だそうで、揚げるがごとくな焼き方ですね。
毎日食べてたら癌への道一直線 女子が休むまもなく焼き続けてます。

Photo_5 Photo_6

苺のエプロンがかわいいお兄さんが中にナッツ類を入れてくれて完成。

頂いてみました・・・・・・・・・・美味しくなくはなくなくない

小さな声で言うけど、12月に天安で食べたホットクの方がもっと美味しかったですぅ。

すぐ横にも並んでいないけど同じようなお店があります、そっちでも同じ味かも

Photo_7

PIFF広場からまた少し北へ、南浦駅まで続く道沿いにはコスメショップが
点在しています。そこで今回面白かったお店がここ

「too cool for school」 最初何のお店かわかりませんでした。

入るとアートなディスプレイがめっちゃ楽しい
パッケージが泣くほどかわいくて、ファンになっちゃいました

こんな感じ↓

http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=3986

3

お店のスタッフとも楽しくお話しいたしました。
右の女子は日本語ぺらぺらです。了承を得て可愛い3人アップです。

「日本の男子はどう?」とふってみました。すると・・・・

「可愛い~、オダギリジョーとか小栗旬とか~、東京行きたい~」
との夢に満ち満ちたお答えが帰って参りました。

是非日本に遊びに来てくださいね。待ってるからね~

Photo_8

とか散策していたら日も暮れて参りました。

折角ここまで来たのです、目の前にそびえる釜山タワーに登ってみましょう。

エスカレーターを何回も乗り継ぎ(帰りは階段地獄だった)やっと展望台へ。

Photo_9

夜景は・・・・・期待したほどではありませんでした。双眼鏡も故障しとるし。

W4000払って滞在5分で降りてきました。クミョンの主観的意見ですが

悪いことは言いません、釜山タワーは下から眺めるのが一番です

Photo_10

お魚いっぱいの市場の横にはコスメショップ、ガーリーな物から超ゲトゲト
おばさんグッズまで混沌としている釜山の町を一日目から堪能です。

地下鉄で「西面」エリアに戻り晩御飯といたしましょう。

END

ねぇねぇ、PIFF広場って釜山国際映画際とかがあるとこで俳優さんの

手形とか路面にあったはずよね?私達ってそんな事全く忘れてホットク

に突進したわよね・・・・・

ソン・スンホンシーとかチャン・ドンゴンシーとかの手形を踏みつけにして

2012年3月21日 (水)

チャガルチ市場でヒラメいっときました。 @大韓民国釜山市中区

Photo

関空発が11時15分、特種宿泊施設(後日述)に荷物を置いて地下鉄に乗り
3時にはチャガルチ市場に到着いたしました。

想像以上に近いです釜山、そして想像以上にどろっとしてます釜山。
ソウルだけが別世界なのでしょうか?これが真の韓国の姿なのでしょうか?

今回釜山&慶州はかれこれ10年近く前から韓国にどっぷり嵌っている
半韓のユイチャン、宋ちゃん、Yちゃん、そしてクミョンの4人で決行いたしました。

Photo_2

地下鉄1号線「チャガルチ駅」を上がると海の香りがぷーんといたしました。

屋根がカモメの形をした大きなビルがあり、入るとずらっとお店が並んでいます。
ここで魚を選んでもOKなのですが今回初めてなので素直に2回の食堂へ
直行いたしました。

Photo_3

海側の座席から釜山港を眺めながら遅めのランチです。

チャガルチは値段交渉が怖い・・・とか言いますが、始めから食堂では
メニューを見せられてセット価格がわかるので安心です。
因みに選んだお店では韓国人にも我々にも同じメニューを見せていました。

Photo_4

ヒラメがどかんと登場いたしました かなりの量でございます

お醤油もさほどマジュクなくて美味しくいただきました。エンガワも付いてますよ。

Photo_5

こちらではお刺身も葉っぱ類に包んで食べるのか恒例。

おかず達。生の人参は歯が折れそうなほど硬い、小さなサツマイモ、キムチなど。

黄な粉を振ったキャベツのみじん切りが不気味。

Photo_6

おしゃれな髪型のお姉さん、「沢山食べてねー」優しい方でした。

観光シーズンではないからかビル全体静かでゆっくりできました。

Photo_8

お刺身を食べ終わるタイミングでぐつぐつ煮える「あら鍋」が登場です。

日本人とみて加減してくれたのでしょうか?心地よい辛さでした。
鱸?かな? お出汁が美味しくてご飯が進む君でございました。

Photo_9

近くの席で盛り上がる旅行中の団体さん達。
最近の熟年世代はスポーツウェアが主流みたいです。

2階はお店ごとに小さなブースで仕切られています。
強引な呼び込みもなくて初めてでも楽しめました。

基本のセット(お刺身+おかず+アラ鍋)とビール1本とご飯で
1人約W15000、日本円で1200円ほどでした。 

12月に来たときに比べかなりウォンが上がってきています

Photo_10

勿論このビル周辺は魚介類を売るお店が所狭しと並んでいます。

赤いホヤを売る赤いアジュマ。売り手は99%女性です。

まだまだ見所がありそうな韓国一の水産市場チャガルチ、機会があれば
別のアングルからまた攻めてみたいと思います。

お腹一杯の4人、近くのPIFF広場から散策スタートいたしましょう。

END

大韓航空の機内食は簡単なロールサンドでした。

食べ終わった頃に「スープはいかがですか?」そしてそのスープはなんと
お味噌汁だったのです、薄い薄いお味噌汁 何考えてんだ大韓さん?

帰りはチーズサンドwith味噌スープ、機内を充満する味噌臭に
隣のアメリカ人のおっ様はしかめっ面におなりでございました。 

2012年3月13日 (火)

お留守番してます~

Photo_5

こいつにお留守番と♂の世話をお願いして釜山に行ってまいります~

ちょっと不満そうな顔をしていますが・・・・・頑張ってもらいましょう。

帰宅後は仕事の整理や画像の処理で忙しくなりそうです。

復帰は早くて21日頃だと思います。しばしお休みいたしますが

どうぞご了承くださいませ

END

2012年3月12日 (月)

ご当地グルメ甲子園 @阪神百貨店梅田本店

Photo_2 Photo_3

マン活後のランチ、梅田に事前検索なしで来てしまいうろうろいたしました。

目に留まったちらしを頼りに阪神百貨店7階の「ご当地グルメ甲子園」会場へ。

平日の午後なのに、なんじゃこの人だかりは 大阪ってやっぱ恐ろしい
入り口部分から中に入るのも一苦労でございます。

Photo

押し合いへしあいでろくに店の前で止まることも出来ません。

イートインはさすが阪神です、スタンディングで頂くシステムの所もあり。
けどあまりに騒がしいので座って頂けるこちらで盛岡冷麺を頂きました。

20分くらい並んで食べたからか・・・・・・?

ムッチャ美味しかったです この後横の方を真似てキムチを麺に投入しました。
北朝鮮の冷麺がルーツというだけあってトンチミの風味いっぱいの
スープがとってもマシッソヨ

どうやったらこんなに麺が冷たくシャっきりと仕上がるのでしょうか。

「HOT JAJA」というジャジャ麺も美味しそうでした。
岩手県の盛岡を拠点に東京銀座にまでお店があるサクセス冷麺です。

END

今朝テレビをつけたら国会で会計委員長が石井一(まだ生存していたのだ!)。
質問者が自民党の類人猿山本。
朝一番に縁起が悪いなぁとすぐチャンネルを変えました。

2012年3月10日 (土)

一ソ十 @神戸市兵庫区新開地1丁目4−16

Photo_10

半韓のユイチャンと湊川駅近くのお好み焼き屋さん 「一ソ十」 さんへ。

いそじゅう、と読みます。神戸の震災前まで営業していた花街福原の
名店「美丁」でおられた方が開いたお店です。

お店の雰囲気もお客さんも、ちょっとそこいらのお好み焼き屋さんとは
一線を画した感じです。

Photo_11

ここではお好み焼きのことが「粉焼」となっています。謎の解明は次画像へ。

そして、ほら。「焼きそば」ではなく「そば焼」とありますね。

鶏なんて具も有です。

Photo_12

ここは生地にキャベツとかがほとんど入りません。

そしてものすごく小さい・・・・・
「あまりお腹一杯になったら具合悪いお遊びをする前に、小腹を満たす
程度に食べるお好み焼き。」という解釈を聞いたことがあります。
大人にしかわからない内容でごめんなさーい。

Photo_13

そば飯の時になぜだか添えられるスプーンとお沢庵。

玉子を鉄板の上で薄焼きにしてコテでささっとカットする方法が軽快です。
女性の焼き手さんが丁寧に焼いてくれる贅沢お好み焼きでした。

美味しくなくはなくないないない・・・・のだけれど、クミョンはこの近くの
「とみちゃん」とか新長田の市場系なお店の方が好きかな。

土日のみお昼の営業があるようです。
湊川温泉の家族風呂入り口があった近く・・・・って誰もわからんやん

END

3月11日は日本人にとって忘れられない日となりましたが、本日10日も
我々が決して忘れてはいけない日です。

1945年3月10日、日付が替わってまもなく、東京の下町上空に飛来した
米軍B29の編隊300機により2時間にわたり爆撃がなされたこの日、
日本人の死者は10万人を越えました。焼夷弾による無差別大虐殺です。

クミョンの祖父があと一歩浅草の橋を渡るタイミングが違っていたら
今ここにクミョンはおりませんでした。

自然災害は回避できませんが、戦争は人智で止めることが出来るはずです。

けど、名古屋の河村君よ~。もしアメリカの議員さんとかが
「東京の空襲なんてなかったんじゃない?」なんて言ったらどう思う?
冗談は顔だけにして欲しいと思います。

2012年3月 9日 (金)

檜垣 @神戸市中央区栄町通2-9-4

Photo_6

元町商店街南のお寿司屋さん 「檜垣」 久々に伺いました

2月の節分にゲトできなかったリベンジです。

8人ほど座れるカウンターがあるのでお店で頂くこともできますが
今回は予約して持ち帰りました。

Photo_7

「押し寿司」って言う人がいるけどクミョンは「箱寿司」のほうが美味しそう
なので箱寿司でいっときます。

穴子大好きなクミョンママと実家で頂きました。

穴子の箱寿司と巻き寿司、このお店は穴子で有名なのですが
今回久々に食べてみて・・・・昔ほどの感動はなかったわ

お値段も2100円、かなり値上がりしたような?

Photo_8

巻き寿司は大きな玉子や他の具も甘すぎず美味しかったです~

海老の箱寿司もあります。店内でのお食事は1500円くらいからです。

Photo_9

デザートは仙台銘菓 「萩の月」 ほんわか優しい味のお饅頭です。

介護認定を外されてしまったクミョンママ、納得いかないらしく
もう一度認定を受けなおすと言い出しました。

施設にハンサムな爺様でもいたのでしょうか????

首を傾げながら実家をあとにしました。

END

ココログの管理が事前の報告なしに勝手にデータ移動したせいか
昨日今日とサイト上で現れない時間帯があったようです。

アップ内容も書いては消え・・・・困るなぁ 

2012年3月 6日 (火)

八鶏飯蔵 茶色い石巻やきそば @神戸そごう 東北六県の物産展

Photo

もうすぐ1年か・・・・と思いながら神戸そごう「東北六県の物産展」
初日の昼過ぎに攻撃をいたして参りました。

「わんこ蕎麦の食べ放題」なんてのもソソラレタがあんな狭い場所で
ハイ、ハイ、ハイとか言われながら大勢の前で食べる勇気はなく諦める。
実際だれも挑戦していなかった、テーブルセッティング悪すぎ

お兄ちゃんが1人黙々と焼いていた 「石巻名産茶色いやきそば550円」 をゲト。

麺を2回蒸すことによってふっくら仕上がるらしい。

Photo_2

ソースは後がけ、関西ではめったにない食べ方である。
まずソース無しで味わう、出汁の風味が多分魚介類?ジワーっと味わえた。

でもなんだか締まら味なので特製ソースをかける。赤い生姜はどける。
これもまた関西にはない醤油?みたいなあっさり系のソース。

出来上がってから5時間後に食したせいか?関西人には理解不能な
代物であった。第一「やきそば」じゃなくクミョンらは「そばやき」でないと。

けど・・・・・・・・

東北 がんばれ  

Photo_3

また甘ったれうどんを買ってしまった。2人前を1回で食べない様に注意しよう。

田沢湖のご当地ビール525円。
折角きれいな薄紅色のビールだったのに撮影を忘れて全部飲んでしまった。

Photo_4

「松前漬け」の売り場で、お客の年配女性が「これ包んで」と売り場の男子に
小さなパックを渡したら「7800円です!」

さっきまで「東北は大変やなぁ、皆で助けたらななぁ」とか(多分)言っていた
女性の顔つきが変わった。 「なんでやの?ここに1260円て書いてあるやない」

この場合関西人なら「いや~お客さんかなわんわー、数の子ぎょうさん
入ってますねん、許したって~」くらい言うけど東北男子は口数少なく・・・・

「それは100gの値段です」←きっぱり

女性はぶつぶつ言いながら立ち去りクミョンは試食だけさせて頂いた。
強気やの~東北人は。

けど・・・・・・・

東北 がんばれ 

END

昨夜NHKで震災関連の番組冒頭に「この後津波の映像が流れます」という
テロップが出た。あの日ライブでその惨状をテレビで見たり、その後
繰り返し写された映像を見てからトラウマになった人がいるからだろう。

クミョンも久しぶりに見たら寝つきが悪くて3時くらいまで悶々としてしまった。
実際にあの波に揉まれたり肉親を側で失った方は、と思うとなんとも
いたたまれない物がある。

2012年3月 5日 (月)

日本料理 かこみ @大阪市北区堂島1丁目5番

Photo

草間弥生展の前にOZW真理ちゃんと堂島ホテルエルセラーンの地下、
アシェット・ドージマ内の 「日本料理 かこみ」 さんでランチいたしました。

2周年を迎えたばかりの美しい空間の店内、期待に胸ばこばこ。
お昼のおまかせ3200円を頂いてみました。

和食のお献立には八寸とか椀物・・・と普通書いてありますが、こちらは違いました。

上は「雨水」と名づけられておりました。
蛍烏賊、白魚、山菜、カリフラワー、鰆、お浸し、金時人参のムース、しめ鯖
などなど各地の素材を活かした品々。 豪華な八寸です。

Photo_2 Photo_3

「貝類」

かわいい器の中は浅利や青柳、帆立などの春の貝類が玉締めに。
旨出汁のジュレかけ、まだ肌寒い日に暖かくて美味しいスタートです。

Photo_4

「鮮魚」

鯛に雲丹、手前には鯛の肝。女心をくすぐる器が続きます。

こちらのご主人は神戸のルセットさんでも修行された経験をお持ちだそうです。

Photo_5

「潮仕立」

水から炊いた鯛の出汁と塩のみの味付け。
うどに菜の花、上品な瀬戸内の香りが漂う一品でした。

この後最初の画像 「雨水」 が登場、ゆっくり味わいました。

Photo_6 Photo_8

「筍」

春らしい器には日本一早い鹿児島で育った筍の一品。
桜花の餡かけがまったりと美味しかったです。

Photo_9

信楽焼きの立派な土鍋で炊かれた 牛蒡と浅利の炊き込みご飯登場。

Photo_11 Photo_12

香の物までしっかり目を楽しませて頂けました。

2膳目はおこげをよそって。美味しいお出汁をかけて、あられが香ばしい。

Photo_13

最後のデザート4種、お腹いっぱいでしたが全部頂きました。

お抹茶orコーヒーを別料金で頂くことが出来るそうです。

いやはや、小じゃれたホテルの地下でどんなもんかな~と
斜めに構えての訪問だったのですが、なんのなんの

大満足な時間を過ごさせて頂きました。
正統派の、例えば桜田さんとかのお料理と比べるとまた別種の
お店ではありますが、この料金です。奮闘されていると思います。

季節を変えて再訪間違い無しのお店でございました。

やっぱ大阪はワンダーランド、これからも開拓の余地大です。

END

同じアシェット・ドージマには 「CHINGU」 なんて韓国料理屋さんも有

2012年3月 3日 (土)

草間彌生-永遠の永遠の永遠- 展に捧ぐ

Photo_2

OZW真理ちゃんと崇拝する草間大先生の展覧会にやっと行くことが出来た。

Photo_3

最寄の駅からすでに草間ワールドは始まっていた。

Photo_4

敷地内に入るとこれらがお出迎えしてくれる。

Photo_6

もちろん国立国際美術館の入り口ドアもこの通り。

Photo_7

エスカレーター横の巨大な展示も作品だ、しばし見惚れる。

Photo_9

数箇所撮影可能なのがうれしかった。

最初のエリアにあるこの文章をまず読んでいただきたい。

Photo_10

「私は 生きたい。 心の限りも。」 の一節に先生の永遠を感じる。

巨大な1室に展示された 「愛はとこしえ」 シリーズ50点が圧巻だ。

そこだけでも優に1時間はたっぷり堪能できる。

Photo_11

「戦いのあとで宇宙の果てで死にたい」 原文まま

先生が死をすぐそこの隣の部屋に感じておられるのがわかる。

行かないで、と心のままに叫んでも時間が連れ去るのを止めることはできない。

P1030604

↑もちろんこれもおる。

Photo_12

先生の生声や最後にはお歌まで聞くことの出来る音声ガイドは
必ずゲトしよう。

Photo_13

展示室を出たところで今まで覚えのないような頭痛に襲われた。

入り込んだのだ。 先生の何か その1部が 頭蓋の隙間から入り込んだのだ。

大阪駅で巨大なピンクの象と目があった

鼻には血の滴る堂島ロールを巻きつけ 尻尾にはストラップの様に

阪急百貨店と阪神百貨店がコロンコロンと奇妙な音をたてながら揺れている

大きくジャンプしたその象は宙を飛び 淀川に飛沫を上げて潜りこむ

近くで「全裸スイミング」をしていたジョン・レノンとオノ・ヨーコが

ブラボーブラボーとおおはしゃぎ

緑の太陽が甲山を焼き尽くすまで 楽しいハプニングは続いたのだった

END

Photo_14 Photo_15

この手の俗なコラボはあまり好きにはなれないなぁ。

先生いつまでも お元気で とこしえに LOVEFOREVER

2012年3月 1日 (木)

消費期限切れなカレー

Photo

♂の中華土産がパントリー(平たく言うと乾物用の引き出し)の奥深くに
隠れていて1ヶ月ほど消費期限を過ぎてしまっていました。

消費期限は過ぎたけど賞味期限はまだ先だろうという勿体無い精神で
2つの内1つ食べてみることにしました。

ロシアンルーレットみたいだなぁと思いつつ牛肉をチョイス。

Photo_2

中国ハウスのレトルトカレー、お味はものすごくマイルドなお子ちゃまカレーでした。
普通に頂けました、24時間経ちましたが生きています。

中華のレトルトって時々漏れがあったり????なんですよね。
最近中国製白胡椒に発ガン性の物質が含まれていると報道にありました。

この手のレトルト食品にもどんな香辛料が含まれているのかわかりません。
日本の原発と中華の危険食品、どっちもどっちdeショ~

Photo_3

先日こんなものが届いていました。

「外国人登録証」がなくなり「在留カード」とかになるらしいです。

ご丁寧に中国語と日本語のパンフ、どちらもものすごく読解力の必要な
書き方でいったいどう改良されたのか、よくわからないのです。

変更するのにかなりの費用がかかると思うのです、経済低迷時の震災復興に
いくらお金があっても足りない時です、こんなこと今必要なのでしょうか?

神の愛さんとこには英語のが届いたと思いますが、どう思う?

END

国家公務員の給与2年間7.8%減で約6000億円が復興費用として算出可能。
20%くらい減らしちゃったらもっと・・・・って算数に弱いクミョンも思いました。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »