こちらもご覧ください♪

« 屋根のない博物館 慶州 | トップページ | レストラン プルミエ @神戸市兵庫区大開通8-1-23 »

2012年3月29日 (木)

メットゥルスンドゥプ @慶尚北道慶州市北軍洞

Photo_3

慶州でのお食事はサンパ(葉っぱで包むお食事)かスンドゥブチゲが定番のようです。
今回のお昼はこちら 「メットゥルスンドゥプ」 さんで手作り豆腐チゲを頂きました。

メットゥルとは碾き臼、海老やアサリに茸類、内容物も豊富で程よい辛さの
美味しいチゲでございました

Photo_4

シーズンには行列が出来るお店だそうです。
この日も結構賑わっておりました。

「皇南メットゥルスンドゥプ」という似た名前のお店もあるようです。
元々慶州には名物料理は無く、どこで頂いても同じという節もあり・・・

Photo_5

こちらはオカズの種類が多くて美味しかったです。

ムッ、さんま、海苔にキムチ。生玉子はチゲに入れてかき混ぜます。

1人W8000、昨晩のサムギョプサルディナーよりお高いです

Photo_6

終盤はこの様に斜めに置くと食べやすい、韓国の知恵

Photo_7

金色の額縁がやけに目立つイ・ミョンバク大統領のサインです。

慶州は韓国の京都みたいな場所だからいろんな人が来訪するのでしょう。

Photo_8

単一メニューでこれだけお客さんが入ったらめっちゃ儲かりまっせ
ご馳走様でした

かけ足で見た慶州国立博物館、もう少しゆっくり見たかったです。

立派な桜並木がありました、満開の時はさぞや美しいと思われます
仏国寺庭園の紅葉が燃えるような秋もいいかもしれません。

Photo_9

今回運転&案内して下さった 任さん

「釜山たび」 http://www.busantabi.com/ の社長さんですー。

約8時間チャーターしてW200,000、4人だったのでお安くて楽ちんでした。

任さんは日本で就労経験も有り、日本語はとても堪能であらっしゃいます。

「韓国ではオバサンが3人集まるとうるさくて皿が割れるといいます」

それって私達のこと?帰りの車内は真逆に静かな熟睡タイムとなりました。

いろいろお世話になりました。また会える日までお元気で

END

クミョンが初渡韓した1977年頃、任さんは3年間の兵役中だったそうです。
79年に朴正煕大統領暗殺事件が起こる微妙な時期ですね。

お互い「日本女性と韓国がこんなに親密になるなんて、世の中変わりましたね」
と感慨深くお話いたしました。

それと今は兵役も2年になり友達同士で同部屋になれたりと、以前の様な
厳しい軍隊生活とはほど遠くそれがこれからの国防にどう影響するかも
少し憂いていらっしゃいました。

« 屋根のない博物館 慶州 | トップページ | レストラン プルミエ @神戸市兵庫区大開通8-1-23 »

コメント

スンドゥプ一筋とは、味に自信があるあらわれですね!
どでかいエビちゃんの姿が見えるので、ヘムルスンドゥプなんでしょうか。

私が慶州でお願いした日本語バリバリのタクシー運ちゃんも、8時間20万ウォンで廻ってくれました。
慶尚道内は一律8時間20万ウォンなのかな?
済州島の日本語タクシーは、8時間1万円と破格のお値段だったので、
後から考えるとちょっと高いのかなぁとも思いましたが。

昔は3年間も徴兵されていたんですね。
しかも、今より緊迫した状況だったと思うので、ご苦労も多かったことでしょう。
日本のヘタレな男子たち、ちょっと行ってきたほうがいいと思います(苦笑)

ビョン様

済州島で私達もタクシーをチャーターしましたがいくらだったっけ??
今回は4人でワゴン車だったので20万ウォンだったみたいです。
もし2人で普通車だったらもう少しお安いのかもですね。
他に駐車場etcで2万ウォン+チップとで合計25万ウォンお支払いしました。
釜山のモーテル前まで来てくれて、親切なアジョシでしたよ。
ただ高速は飛ばす飛ばす・・・・120kくらいで突っ走っるのが少し怖かったです

日本こそ徴兵制復活させて欲しいと私も思います。
1977年って・・・・こっちもかなり年ばれましたなぁ、はははは

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メットゥルスンドゥプ @慶尚北道慶州市北軍洞:

« 屋根のない博物館 慶州 | トップページ | レストラン プルミエ @神戸市兵庫区大開通8-1-23 »