こちらもご覧ください♪

« 明洞 @神戸市長田区若松町4丁目4−10 | トップページ | 韓国カフェ 流れる千年 @大阪市生野区桃谷4-4-10 »

2012年7月 6日 (金)

王チャジャン @大阪府大阪市天王寺区舟橋町19-5

Photo

最近噂の鶴橋駅前 「王チャジャン」 韓国文化研究会4人で攻撃してみました。

王様のレストランで紹介され超新星ってK-POPの皆さんが来店したお店として

かなり有名になってしまった一見そこらの中華屋 王チャジャン。

けどここ普通と違うのは韓国風中華料理屋さんだということ

Photo_2 

店名にもなっている韓国中華の不動の帝王 「チャジャン麺」 

この麺を頂くのが今回鶴橋訪問の主要目的ございました。

普通のチャジャン麺の他に海鮮チャジャン麺、特別チャジャン麺などがありました。

けれど我々、味の濃い他の物を先に頂いてからチャジャン麺を食べてしまいあまり正確な味がわかりませんでした。

皆様同じ間違いを犯さないように、最初にチャジャン麺を食べましょう

Photo_5 

倭人にはどうも理解不能なのですが、韓国でチャジャン麺と沢庵は切っても切れない関係なのだそう。

生の玉葱はお酢をかけお味噌を付けて頂くと美味しい口直しになります。

そうそう、ここ何気に予約入れてみたら可能でした。4組くらいで満席なので予約がベターかも。

Photo_3 

韓国中華の世界でチャジャン麺と双璧をなすこちらタンスユ 「酢豚」

中華の酢豚より酸っぱさがマイルド、あんはかなり甘めです。

けどこの甘さが後に続く激辛料理から我々を救う救世主となりました。

美味しいです 昼Bがんがん進みます

Photo_8 

こいつも常にドラマに登場する 「チャンポン」 

お味はこの色の通り、偽り無しの辛さでございます。下手に食べるとむせます。

Photo_9 

「鶏の辛口かけ」 辛口とあるので予想して食べましたがそれ以上に辛いです。

青&赤の唐辛子と炒めてあるのでピリピリです。

Photo_10 

「チョルミョン」や「ムルマンドゥ」も、まだまだ攻略の余地ありです。

韓国に行きたくなったらまた訪れてみましょう。

Photo_11 

料理担当のおじ様はかなり日本語ができそうです。

我々の後から数組倭人のお客様が続きました。

皆さん一様に「超新星の座った席はどこですか?」って質問されていました。

K-POP人気も重なって、韓流ブームはあと5年は続くと思いました。

Photo_12 

忙しくてなかなか鶴橋まで行けないわってそこのあなた・・・・・

電話してみたらいかがでしょう?神戸までこれ↑で出前有りかも

だって韓国は「○○公園の噴水前のベンチにいるからチャジャン麺2つ」

なんて出前も受けてくれるらしいから

END

※ 当り前ですが出前はこの周辺のみだそうです。

« 明洞 @神戸市長田区若松町4丁目4−10 | トップページ | 韓国カフェ 流れる千年 @大阪市生野区桃谷4-4-10 »

コメント

チャジャンミョンは脂ギッシュかつ甘いので、とても苦手。
圧倒的にチャンポン派で、一時期韓国に行くたびに食べてました。
ソウルの例の定宿の数件隣にある中華屋のチャンポンが絶品でして(笑)

トンチッ(砂肝)大好きです!
昼B&夜B、どららにも合いますよね。

天王寺にこんな本格的な韓国中華の店があったとは!
すばらしい情報をありがとう!

ビョン様

そうだと思いました、ブログにチャジャン麺登場しないんだもん
私も3,4回しか食べてませんが脂ギッシュが気になります。

ここのチャンポンはそんなに美味しいとは思えなかった・・・・・
御定宿の近くはどんなお味なんだろう、チキンとチャンポン同時は無理かな。

ここ生野区の鶴橋駅から1分ほどなんですが信号を渡るだけで天王寺区になります。
この両区は大阪でも最もディープでコアなところ、好きです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 王チャジャン @大阪府大阪市天王寺区舟橋町19-5:

« 明洞 @神戸市長田区若松町4丁目4−10 | トップページ | 韓国カフェ 流れる千年 @大阪市生野区桃谷4-4-10 »