こちらもご覧ください♪

« 有次で包丁砥ぎ講習 @京都錦市場内 | トップページ | 南京町で残念な餃子体験してきました。 »

2012年7月16日 (月)

一の傳 @京都市中京区柳馬場通り錦上る十文字町

Photo_2

有次さんでの講習後、お1人様ランチはこちら錦市場からすぐの 「一の傳」 さんで。

祇園祭り中の土曜日だったので一ヶ月以上前から予約しておきました。

こちらは西京漬けで有名、1階で販売2階でお食事が頂けます。

Photo_3

予想以上に2階は広く女性のお客様で満席、きれいな設えです。

女性スタッフは上げ下げの度に深々とお礼、「お料理のご説明をさせて

頂いてよろしいですか?」と、きめ細かな上質の接客でした。

Photo_4

店名の「一」を形どった器に盛られた前菜が登場しました。

きれいに盛られていますね、左は「すっぽんの煮凝り」まずこれを一口。

う?あれ??・・・・・・その次のトウモロコシのポタージュ、う?

ビールを注文しかかったのを止めました。

Photo_5 Photo_6 Photo_7

その後続いたお料理も、う?あれれれ・・・・の連発でございました。

見た目綺麗なんですけれどね、デザートのマンゴは冷たくて美味しかったです。

Photo_8

が!このお店の名誉のために述べさせていただきましょう。

「銀たら蔵みそ漬け」 は美味しかったです。1階で630円で売ってました。

けど・・・・クミョンは神戸そごう地下の魚九さんの粕漬けでもOKだわ。

隣席とはパーテーションを隔てたすぐ近く、女性4人のお話が筒抜けでした。

「来月どこ食べにいく?○○は?」「あそこ不味いって誰か言ってたわ」

「○○さんの旦那、女おったらしいわ!」「うそ!あの禿が!」

壁に耳有り障子に目有り、皆様も重々気をつけましょうね

Photo_9

この日は祇園祭りの宵宵宵山でした。構えの立派なお店はお祭りに合わせて凛々しく正装。

Photo_10

去年も14日に来ましたね、この日から山や鉾が辻々に居並びます。

クミョンはこの菊水鉾のファンです。去年の粽をお返しして今年も頂いて帰りました。

今年の祇園祭りは宵山3日間が3連休と重なってものすごい人出

いつもなら1分くらいで通れる通りも10分くらいかかったり、むせ返っております。

Photo_11

ふらふらになりながら人混みを抜けて蛸薬師通りで 「うめぞの」 さん発見

中に入ると超満席、1人だったので奥のお席にもぐりこむ事ができました。

Photo_12

シャープな削りの氷を頂きました。黒糖白玉 850円

ここは倭国です、まぜまぜしないでそっと頂きました。

あっという間に終了、1人で調度よい加減でございました。

人並みをかき分けて地下鉄の駅へ、フォームは立つ余地も無いくらいの人人人。

こんな過酷な京都は始めてでしたがこれも洗礼と考えて、来年もまた来てしまうでしょう祇園祭り。

今日明日に行かれる方、どうぞ暑さ対策充分に起こしください。

END

桑名の兄ちゃん、死んだらあかん、寂しすぎる。

まだまだ セクシャルなごんたくれ でいて欲しいのに、 立ち上がれキング

« 有次で包丁砥ぎ講習 @京都錦市場内 | トップページ | 南京町で残念な餃子体験してきました。 »

コメント

京都のお店を紹介いただくたびに、京都通のつれあいに
「ねぇねぇ、このお店知ってる~?」と聞きまくる私(笑)

ヴィジュアル的にすばらしい一の傳さんを、もう少しで秋の京都旅行のリストに入れそうになりましたが、クミョンさんの感想に、リスト削除いたしました。

うめぞのさんのシャープな氷、これはいただきたい!
来月の京都のリスト入り決定!
黒糖は苦手なんですが、宇治金時白玉があったら、是非攻撃したいですぅ


桑名さん、亡くなったんですか?
知らなかった!
昔○○やってたからかな

ビョン様

おはようございます!!そしてお帰りなさい、今ブログ読んでたとこです。
白飯定食&イケメン!・・・けどもう帰国しちゃうのよね、残念

一の傳、あんまり期待しないで行ったのですが・・・・観光客相手って感じです。
毎度京都に行っている人の行くお店ではないかと、けど百貨店とかには一切
卸してなくてここでないとゲトできないとか。1階の販売も盛り上がっておりました。

うめぞのさんは四条とかにもあるらしいですが、調べたらここが一番かわいかったので
とことこ歩いて行きました。私は逆に抹茶とかアンコが苦手なんです~抹茶金時白玉なら
あったと思います。お客さんが少なかったら落ち着いたいいカフェだと思います。
けどパッピンスにW10000・・・・倭国はなんでも高いよね

桑名兄、今重篤な状態で戦っておられるようです。
けっこう好きでした。なんとか持ち直して欲しいのですが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一の傳 @京都市中京区柳馬場通り錦上る十文字町:

« 有次で包丁砥ぎ講習 @京都錦市場内 | トップページ | 南京町で残念な餃子体験してきました。 »