こちらもご覧ください♪

« 玄三庵 odona店 @大阪市中央区今橋4-1-1 | トップページ | 韓国家庭料理チョウォン(草原) @尼崎市潮江1-4-5 アミング潮江3F »

2012年8月11日 (土)

和ごころ泉 @京都市下京区四条新町下ル四条町366番

Photo_9

OZW真理ちゃんと京都で和~なランチ 阪急烏丸駅から5分ほど歩いた所にある

「和ごころ泉」さん、その店名にかなり違和感だったのですが払拭されました。

この日の京都はとても涼しくて・・・・は、大嘘で外は36度。

そんな酷暑も忘れるほどのおもてなし、まず先付けは虫篭の演出で登場。

Photo_10 

中にはきりっと冷えた冬瓜の一品。

接客のお着物が似合うお若い女将さんはとっても穏やかな方です。

客席は個室が3部屋のみ。他の方を気にすることなくお食事できます。

Photo_11 

椀物は丁寧にお料理された鱧でございました。

先日の淡路の鱧は「野生男子」って感じでしたが、こちらの鱧は「深窓の令嬢」。

骨なんか全く感じません。絶品にお料理された鱧でございました。

近くの名店「桜田」さんにおられた方とか。

お出汁は薄めですが頂いた後に美味しさがこみ上げてきました。

Photo_12 

お造りの太刀魚の美味しいこと。

こちら、材料の選別が秀逸なお店とお見受けいたしました。

Photo_13 

かわいいお塩の器、ゲランド?お魚にも良く合います。

お気づきの様にこちらの器、ものすごく素敵なものばかりでした。

Photo_14 

一品一品、じっくり拝見いたしました。ため息ものです。

↑八寸の取り皿です。

Photo_15 

そして八寸、地味目な盛り付けですがどれも丁寧なお料理で美味。

6時間焼くという玉子カステラ(隠れています)、ほっぺた落ちそうでした。

Photo_17 

加茂茄子に白味噌、グラタンみたいなお料理でした。

Photo_18 Photo_20

ご飯はほっこりと 「もろこしご飯」 余った分はお握りにして持ち帰りました。

磁器だけでなく土物も楽しい器が沢山登場いたしました。

Photo_22 Photo_23

スイカとブランマンジュ、黒大豆のお菓子、お薄で〆でございました。

内容豊富で大満足。京都は本当に奥深い、また良いお店に巡り会ってしまいました。

Photo_24 

真面目を絵に描いたようなご主人。

お2人のお店がこれからも益々ご繁盛なさいますように。

楽しい時間をどうもありがとうございました。また伺います。

END

« 玄三庵 odona店 @大阪市中央区今橋4-1-1 | トップページ | 韓国家庭料理チョウォン(草原) @尼崎市潮江1-4-5 アミング潮江3F »

コメント

あれほど言ったのに、また鱧食べちゃったんですね!
やめてぇ~!!!
まさに私好みのお店ですが、個室3室のみって、どんだけ豪華なランチしてらしゃるんですかっ。
お料理のお値段を紹介する場合としない場合がありますが、何か基準があるんでしょうか?
こちらのお店は、お値段を聞いたら(いや聞く前から高いってわかるけど)、行けなそう(苦笑)

ビョン様

また鱧に巡り会っちゃいました 9月くらいまで関西で和食を
食べたら必ずと言っていいほど鱧ちゃんが出てきます

値段表記・・・・さすがビョン様や、するどい所を突かれたわ。
うふ、ヒンシュク買いそうな時は書いてないねん
食べる以外は清貧な生活しとりますです、はい

けどー、月に2回韓国行く人なら許容範囲内だと思うけどー
全州川には鱧泳いどらんですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 和ごころ泉 @京都市下京区四条新町下ル四条町366番:

« 玄三庵 odona店 @大阪市中央区今橋4-1-1 | トップページ | 韓国家庭料理チョウォン(草原) @尼崎市潮江1-4-5 アミング潮江3F »