こちらもご覧ください♪

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

天徳 @神戸市中央区加納町4-9-14

Photo_2

天ぷら専門店 「天徳」 さん。 北野坂からすぐの所に今年移転されました。

店内はすっきりとカウンターのみ15席ほど、テーブル席はありません。

K女史とクミョンは2500円のお昼のコースを頂きました。

Photo_3

スタートは海老の頭とたたみいわし、なんとあっさりとした軽い揚がりでしょう。

驚きです。全く懐紙に油が落ちません。

Photo_5

突き出しの雲丹のお料理。

揚げ油の配合をお伺いすると 「3種をブレンドしています、種類は・・・企業秘密です」とのこと。

冷やした粉に全卵と水を混ぜたものを使用、普通の家庭ではなかなかここまでは無理。

2_3

2_4

3_2

お喋りに撮影にB飲みにと、なんとも忙しい。

お塩、酢橘、天汁で頂きます。たっぷりと添えられた大根おろしがとても繊細。

お皿に絞った酢橘につけて頂くのは始めて。天汁は熱くありませんでした。

Photo_4

天皇皇后両陛下が平成13年に神戸ご滞在の折り、神戸オークラホテルで当時お勤めだった
こちらのご主人が天麩羅を担当されたようです。

その時使用した包丁や揚げ箸が展示されてありました。

店名の「天徳」の天は天麩羅の天ではなく天皇陛下の天か???

Photo

クミョンには少~しドレッシングの味がきつく感じられました。

口直しなら食後に小さなフルーツでも付く方がうれしかったです。

Photo_2 

Photo_3

食べ進みましたが最後まで懐紙に油が染みていないのがお分かり頂けるでしょうか?

ご飯とお味噌汁で〆。食後も全く負担なく、あと5品はOKな軽さでした。

イグラオンマさんは以前夜コースの〆時、お腹が一杯になり食べられなかったかき揚げをと・・・・・

Photo_6

今回は「かき揚げ丼定食」をご指名。

これがなんとも美味しそうでした

次回は1人でこっそりとこれを頂きに攻撃いたしたいと思います

END

アンディー・ウィリアムズのムーンリバーがラジオから流れました。

「ティファニーで朝食を」が見たくなりレンタルしに行きましたが貸し出し中でした。

クミョンと同じ様な思いに駆られた方がいたのでしょう。

ムーンリバー

ムーン・リバー、1マイルよりもっと広い河
いつか私は胸をはって渡っていくわ
遠い昔から夢を見せてくれた
その夢が破れたこともあった
どこへ流れていってもいつもいっしょ
わたしたちは世界を見ようと川を下っている
見るべき世界はたくさんあるわ
いっしょに同じ虹の端っこを追いかけているのね
あのカ-ブを曲がったあたりにいるんだわ
昔からの友達のムーン・リバーと私

2012年9月28日 (金)

Rock of Ages を観てきました。

Tomcruisewcoverrockofages1

トム・クルーズはどうも好かんのですが・・・・・・・・・

大ラブなスティーブ・ペリー様の曲が散りばめられているとかで、行ってみました。

ギャ~~~ むっさ良かったですぅ~ 大興奮 

見た後10歳は若返ります。保障します 

普通の映画と思って行かないでください、コンサートに行くと思って見に行ってください。

トム氏・・・・いきなり 「股間」 からの登場にのけ反りました。

スティーブ・ペリー様のステージスタイルをクリソツに真似たトム・クルーズ。

この人は本当にいろんな役をこなしますね。その点では超一流でしょう。

20120922_13746001

オリビア・ニュートンジョンを彷彿とさせるシェリー役のジュリアン・ハフちゃん。

ダンスも歌唱力もあって見ごたえありました。

この日は期せずしてオリビア・ニュートンジョンのお誕生日でした。64歳、ワァオ
乳癌の手術経験有りで、現在その啓蒙活動もなさっておられます。

ビッチな市長夫人役のキャサリン・ゼタ・ジョーンズ、不思議な関係の中年ロッカー2人、
お猿の「ヘイメン」、などなど脇を固める濃い~人たちも素敵。

Thumbnail10

だけど70年80年代のロックシーンが好きだった人以外には少々きつい映画かな・・・・

東方神起やコブクロがいいわぁって方は駄目かも・・・・・・

あの頃が懐かしくなり帰ってから大音量でジャーニーを聞きました。

なんだか「どこにも錨を下ろしていない感」に襲われました。

中指立てながら「なに韓国ドラマ見てんだよー」と馬鹿にしながら笑っている
あの頃のクミョンが横にいました。

タトゥーが駄目っていう男が嫌いなそこのあなた。

旦那の性別が最近わからなくなってるそこのあなた。

この映画で一発抜いちゃって下さいませ。

END

Photo

映画の興奮を引きずったまま、いつも行く美容院の人ご推薦のカレーうどんを頂きました。

器はヘルメット並みの大きさ、直径と割り箸の長さがほぼ同じでした。

辛い、旨味ゼロでただ辛い、食べてる最中から上顎に脂がこびりつく・・・・・・・

これを美味しいと言う人もいるんだな、人の味覚って本当にそれぞれだと痛感いたしました。

もっとロックなカレーうどんが食べたくなりました。

2012年9月27日 (木)

○ッサンシエル @大阪市中央区

Photo

OZW真理ちゃんと一緒にダイナーズクラブ主催のフレンチレストランウィーク2012に参加しているお店でランチしてみました。

その年の数字、今年は2012円でランチが楽しめるお財布にうれしい企画です。去年から始まり今年は2回目です。

調度行きたいと思っていた大阪のお店が参加していたので予約して攻撃してみました。

小さな雑居ビルの中、エレベーターが開くとそこはもう客席でした。

シェフが目の前で調理するのを拝見しながら頂けるカウンターが主体のお店です。

残念ながら窓際のテーブル席に通されました。そこからしてかなりテンションが下がってしまいました。

1 

一品目のアミューズはフォアグラのお料理。

お味は普通、奥に見えるお皿の下にオリーブオイル、はなんでしょね?気になる物体です。

机の上もこのお皿下のステンレス?のも傷だらけであまり綺麗とは言えません。

フロアの女子は口角が下がったサービスには不向きな表情の人です。

冷たい笑みなら浮かべない方がマシです。

Photo_2 

前菜は薄い衣に包まれたポーチドエッグに野菜とサーモン。

この日はほぼ満席で私達以外は4500円の普段のコースでお食事の方ばかりでした。

シェフがお料理を運んで来て説明して下さいます。

ブリーゼブリーゼに入店している本国でも有名なお店でシェフをしてらしたそうです。

Photo_3 

6時間煮込んだと説明のあった子牛のお料理がメインでした。

う・・・・ん、ビストロ的。お味は極普通。他の方も同じメインでした。なんだか雑な仕上がり。

ここでやっと気になるお皿にパンが盛られました、少し遅い登場だと思います。

違う前菜の前にもう一品、魚料理、少しデザートが豪華という以外は普通のコースと同じ内容の様です。

硬質感を出したいのか?モード系にしたいのか?内装がどうも中途半端で好きにはなれませんでした。

京都のモトイさんや先日のコシモさんに行く前なら普通に楽しめたかも。

Photo_4 

デザートのアイスはとっても美味しかったです

けどここで真理ちゃんが一言 「もうちょっと横にちょんちょんと欲しいのよね」 

2012円はやはり2012円でございました。お試しだったのでこれでよかったと納得しました。

4500円での再訪は・・・・ないかな。両サイドの窓から眺める中ノ島の景色は絶景でございました。

シェフは誠実そうなお方、激戦区の大阪北です、頑張ってくださいまし。

Photo_5 

その後橋を渡って東洋陶芸美術館へ。これ何に見えます?猫ですよね?

・・・・・虎だそうです。加藤清正の虎退治の虎はこんなかわいい虎だったのかもしれませんね。

別室には中国の青花も展示されていました。朝鮮王朝の淡い模様に比べてなんと豪華で青がキツイことよ。

国の威勢が器にも現れていて興味深いものがありました。

END

お店の印象は訪れた人それぞれ、これはあくまでクミョンの意見であって

参考までになさってくださいませ。

2012年9月26日 (水)

韓国の伝統茶を頂きました。

2

先月、クミョンが「韓国全羅北道全州市観光大使」と勝手に命名させて頂いている

ビョン様が神戸にお越しになりました。その時お土産にとクミョンは♂が持ち帰った中国茶を差し上げました。

月に一度は渡韓して全州に行かれるビョン様、先日の訪問時にそのお茶を
姉妹の様なお付き合いをしてらっしゃる 「芸茶院」 のオンニにと韓国まで持参して下さいました。

「芸茶院」 は素敵な朝鮮時代の街並みを残す全州韓屋村にある伝統茶のお店です。

色々な伝統行事の体験教室や民泊もなさって文化の継承に熱心に取り組んでおられるようです。

 http://blog.naver.com/lsa8218/

Photo

お返しにとオンニから高価な「梅花茶」と「トラジ(桔梗)茶」を頂きました。

テトラパックに入ったかわいい梅の花、ご覧になれますかしら?

智異山の青梅花と赤梅花の蕾だそうです。

老いるほどに美しい姿でほっそりとした姿が美しい梅の木から採取した、と説明書きにありました。

そんな梅の木の様でありたい・・・・・(かなり無理)と願いながらお茶を頂きました。

トラジ茶(桔梗の花の根)は風邪による咳などに効くそうですね。

芸茶院のオンニ、お心使いどうもありがとうございました。

中国茶、お楽しみ頂けた様でうれしいです。またいつか全州でお会いできます日を夢見て。

END

昨日OZWの真理ちゃんと淀屋橋のodona2階で「アド・パンデュース」さんのパンをゲト。

Photo_2

クロワッサンは美味しかった、けど他は普通。コムシノワから独立した方が始めたお店のようです。

その前に近くのお店でランチを頂いたのですが・・・・少し悲しい結果になりました。

詳細は後日アップさせて頂きます。

2012年9月24日 (月)

韓日館 @大阪市中央区宗右衛門町1-22

Photo

土曜日、半韓のユイチャンと大阪でランチいたしました。

宗右衛門町から脇道へ、突然現れるドギモを抜かれるこの外観

韓国料理「韓日館」、少し引きましたが入店してみましょう。

Photo_3

店内はかなり広く、民族テーマパーク風。

朝鮮時代の民家でお食事しているような雰囲気です。

Photo_4

ランチタイムバイキング(880円)とメインをいろいろオーダーしてみました。

バイキングは満足感が無いときもありますが種類も多くかなり本格的なお味でお値段の割にはチョワ

2

秋刀魚のコチュジャン煮こみ&豚肉のプルコギ。

トッポッキが生ぬるくて硬いのが×でした。

Photo_5 Photo_6

ケランチム(茶碗蒸し)や倭国ではあまりお目にかからない熟し柿のデザート。

もやしスープ、緑豆お粥、ご飯などなど、これだけでも充分なのに・・・・・

Photo_7 Photo_9

骨付きカルビや画像無しですが冷麺(美味しかった)と純豆腐チゲも食べちゃいました。

お肉も柔らかくお料理もそれぞれ美味しかったですよ、南へ来たらここかも。

けど・・・・・なぜか屈曲したこのお箸、めっちゃ使いにくいです

Photo_10

壁際の席に「チャン・グンソク」と書いてあります。

Photo_11

グンソク、ご来店なさったみたい。このお店のマダムは韓国領事館と懇意にされているとかで

来日した芸能人が立ち寄ることが多いらしい、ファンの方はどうぞ。

Photo_13

釜山から運ばれた梨がどーんと置いてありました。

この1個がものすごく大きい梨(直径20cmくらい)は冷麺などのお料理や

これから始まるキムジャンの季節には欠かせません。

Photo_14

スラッカンの女官風コスチューム、フロアの女子達も明るくて良い感じ。

心斎橋or難波からぶらぶら6,7分でしょうか、大阪らしいお店でした。

しかししかし・・・・・・・この日のメインはこれではありません。

2人がこの後向かったのは イサンウ Fan Meeting in OSAKA  

多分これが最初で最後の経験と思い、人生初の「ファンミ」とやらを攻撃してみました。

イ・サンウって誰?知らないって方が多いと思います。

↓ 

Kanntoku

あ、ごめんなさい。間違えました。

Sannu

イ・サンウ

1980年生まれ、32歳。身長185cm。

「爽やかな好青年」そのもの、こんな息子がいたら旦那いりませんね。

実物も(握手会有りで40cmまで接近)なんとも美形。

握手の瞬間目を合わせてくれます、美容液効果大でござました。

会場を埋め尽くす千人を超すかなり平均年齢の高い女子相手に延延と続く握手会。

可哀想になってしまいました。こんな難しい時期にキャンセルせずに来日してくれてありがとう、そしてご苦労様。

Koukou_3 

↑このくらいの時に拉致しておけばよかった。

END

続きを読む "韓日館 @大阪市中央区宗右衛門町1-22" »

2012年9月23日 (日)

さばのキムチ煮 by コウケンテツ

Photo

よそ様のお店に行って「美味しい」やら「普通」やら偉そうに言ってるクミョンですが

我が家で作ってるのはこんな大雑把な料理でございます。

最近NHKによく登場するコウケンテツ君、彼のレシピは作り易く美味しいので時々パクらせて頂いております。

さばのキムチ煮 (NHK今日の料理より)

① 塩胡椒して臭みを取ったサバを用意、身の太いところに包丁を入れる。

② 水C1に 醤油大2、みりん大1、酒大1が煮立ったらサバ投入。

③ キムチ100gを必ず漬け汁ごと投入、粉唐辛子を好みで入れ落し蓋をし
   弱め
の中火で7分ほど煮て完成。

クミョンは冷蔵庫にあったレンコンを加えましたがコウケンテツ君はニラを散らしていました。

コチュジャンや砂糖を入れないので甘すぎずサバの旨味が楽しめました。

太刀魚+大根なんてのもOKなレシピですね。次の日もお味が染みてうまうまでした。

青魚はボケ防止にもよろしいようです。

Photo_2 

酒豪のOZW真理ちゃんとK女史お勧めのドライブラック。

ほんまに美味しいわこれ 朝夕涼しくなってきましたが、まだまだビールは進む君。

小さい声で壁に向かって叫んでいいですか?

読売大巨人軍 悲願のリーグ優勝 達成いたしました

原さんのオシモ問題露見とかで、どうなることかと思いましたが奇跡の優勝です。

皆さん応援ありがとうございました・・・・・って誰も応援してないか。

END

Photo_3 

コアリズムは年令的に無理があると最近悟りました・・・・・・

で、これにシフトです。「ラジオ体操第1」

真剣に行なうとダイエットにもなるそうな

2012年9月21日 (金)

四季旬菜 いしばし @西宮市南越木岩町7-13

Photo

K女史のお知り合いがお勧めの和食懐石 「四季旬菜 いしばし」 さん。2人でランチしてみました。

阪急甲陽線苦楽園口駅からすぐ、上島珈琲の横のビル2階でした。

カウンターと掘りごたつの席、計16席の小さなお店です。

Photo_2 

大将の石橋勲氏と補助の男子、2人の体制です。

北新地「慶喜」におられた大将が去年11月にこちらを開店されたそうです。

1890円、お昼の「彩(いろどり)」というコースを頂きました。皆さんこのお料理がお目当ての御様子。

11時半に予約を入れて伺ったのですが・・・・・・

Photo_3 

今回何か手違いがあったのか?最初のお料理が出てくるまでに30分かかりました

一品づつ丁寧にお料理された鮮やかな7品盛り。ゆっくり味わいながら頂きました。

作り手のお2人の緊張感が伝わってきてこちらも少し緊張。

Photo_4 

冷製の炊き合わせ。薄味ですが美味しかったです。

14人ほどの女性客でほぼ満席状態、予約無しで来て断られている人も二組ほど。

この後美容院を控えているので顔が猿赤になる昼Bはパス。

Photo_5 

揚げ物、鶴の形に折られた懐紙の上に。お塩で頂きます。

Photo_9

炊き込みご飯、微妙に極々少しお味が薄いかな。

手抜き無しの香の物とお味噌汁も美味しく頂きました。

Photo_6 

デザート製作中の男子、なんだか楽しそうです。

Photo_7 

〆は自家製プリンにアプリコット。

100%女子好みで丁寧なお料理、1890円でこの内容は驚きです

苦楽園マダムに人気があるのも頷けます。

Photo_8 

気合の入ったお手軽で美味しいお料理、ありがとうございました。

まだ暖簾も新しい店構え。これからもオキバリやす

END

お店の方には責任はありませんが、後ろの5人組みの女子が大きな声でお行儀悪くしゃべくりまくり

食事中ものすごく不快。もう少しで切れるところでしたが我慢いたしました。

ここは芦屋や御影と並ぶ高級住宅街のはず・・・・・あんな怪獣が生息しているとは思いませんでした。

2012年9月19日 (水)

MirrorMirror 観てきました

Photo_2

テレビやネットの中華報道で脳ミソどろどろしてきました。

そんな気分を払拭するのにぴったりの映画「白雪姫と鏡の女王」で現実逃避してみました。

クミョンの想像する白雪姫はディズニーアニメの上品で美しいお姫様ですがこちらはなんともヤンチャでクール

まず、姫の眉毛濃い なんとフィル・コリンズの娘さんだそうです

フィル・コリンズってほら、伝説のロックグループジェネシスの、EW&Fの名曲

「EASY LOVER」を一緒に歌ってる・・・・・けど眉毛こんなに濃くないぞ。

Photo_3 

王子様に助けられて・・・・とは真逆で小人さん達(この7人がめっちゃユニーク)と

力を合わせてジュリア・ロバーツ扮する女王と真っ向勝負しちゃうのです。

この王子様、ええ男なんですが間抜けなんですよね。

Photo_4 

いかに美しくても若さにはかないませんでした・・・・・・

この映画の第3の主役は個性的で美しい衣装でしょう。担当は今年亡くなられたアートディレクター石岡瑛子さん。

この映画が遺作となりました。エンドロールで「石岡瑛子さんに捧ぐ」と出てきます。

104分の短い映画です、アニメを見る気分でご覧ください。

グリム童話の初版ではこの悪い女王は継母ではなく生母になってるそうな。

最後は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ死ぬまで踊らされる設定だそうな。おー怖っ

「本当は怖いグリム童話」って本が確かあったはず、アマゾンで探してみようかな。

END

♂は「君は切れると何するかわからないから当分中国には行かないほうが良いかもしれない。」

そんな忠告をされてしまいました。

三島由紀夫ファッションで乗り込んでやろうと思っていたのに・・・・・

2012年9月18日 (火)

コシモ・プリュス @芦屋市業平7-16

Photo 

またクミョンの射程範囲内に素敵なお店が現れました。

今年5月末、京都から移転のフランス料理 「コシモ・プリュス」 さん。

小霜シェフのお手並み拝見、OZW真理ちゃん+K女史+クミョンの3人でランチに伺ってみました。

Photo_2 

JR芦屋駅南西に5分ほど、予想したより店内は広く席間も余裕があります。

オープンキッチン形式で小霜シェフが随時客席に目配りしているのがわかります。

ステンレスを燻した?様な硬質な床と壁面の木質感がスタイリッシュ。

ランチのお安い方のコースを頂きました。

Photo_3 

アミューズ一品目にガスパッチョ登場。

9月半ばですがまだまだ蒸しますね、見た目も涼やかな器。

フロアを仕切るソムリエ氏から「お料理の説明は細かくそれとも簡単に?」
と丁寧にお伺いがありました、勿論細かくとお願いしましたが

何分使用材料が多種多様・・・・・クミョンの頭では到底覚えられませんでした。

Photo_4 

アミューズ2品目は茄子のお料理ですこれ・・・・・・・

黒いソースは茄子の皮の焼き色、3人ともこの辺りからマジになりました。

「ここ、もしかして大ビンゴ

Photo_5 

グラスワインはソムリエ氏に選んで頂きました。

このソムリエ氏の重すぎず軽すぎずの上級なサービスにも驚きです

Photo_6 

そして3品目は最初の画像、低温調理された美味しいサーモンに宝石のような野菜たち。

白いソースが絶品でございました。絵画の様な美しさです。

Photo_7 

席から望遠にて撮影、満席でしたがお料理はそれ程待つこともなくスムーズにお食事できました。

そしてもう1つ特筆すべき点が・・・・・・・

その客層がなんとも The Ashiya  大マダムから小マダムまでおじ様1人を除き

20人程のお客様全員が家庭画報やクラッシーから抜け出てきたような女性ばかり。

ピンクのヒラヒラやら巻き髪を見学しているだけでも楽しかったです。

兵庫駅や新長田の鉄人の近くなどには生息していない人種です。

ま、それはさておき・・・・・

Photo_8 

きゃぁ~って声が上がるほど素敵なスープが登場いたしました。

下には小さな生花が氷のはったお水に入っています。

Photo_9 

アイスクリームが添えられていました。スープを半分、アイスクリームを半分食べた時点で

スープに入れて混ぜて召し上がれと・・・・・・3回違うお味が楽しめる趣向です。

Photo_10 

まずお魚のメイン、ホーボーのグリルです。

添えられた緑の濃いお野菜は口に含むと酸っぱい不思議なお味でした。

Photo_12 

そしてお肉のメイン、大阪府唯一のブランド豚犬鳴豚と子羊。

特色のあるソースがお肉の味をひき立てています。

Photo_13 

デザートも2品登場いたしました。

1品目はサクサクした軽いメレンゲにフルーツが隠れていました。

Photo_15 

最後を締めくくるデザート2品目はこれまた斬新なデザイン。

このコースで充分楽しめます、他のお客様も同じコースでした。

口も目も大満足、満点に近いお店でした、再訪間違いなし

Photo_16 

京都時代から二人三脚でお店を盛り上げてこられた小霜シェフとソムリエ氏は同級生だそうです。

新天地でこれから益々のご活躍 を 次回も期待してますよ~

久々にオキニなお店だったので詳細情報を貼っておきましょう。

END


~キュイジーヌ フランセーズ コシモプリュス~

兵庫県芦屋市業平7-16
TEL.0797-25-0040
営業時間

昼:11:30~13:00(L.O.)
夜:18:00~20:00(L.O.)
定休日:水曜日
http://www.koshimo.net/

2012年9月15日 (土)

沢庵とキムチとザー菜のバラード

Photo

♂の出張みやげ、そのネーミングにちょっと苦笑い(謎)

中国のお菓子やレトルト食材のパッケージは最近かなり洗練されてきました。

Cake と書いてあるので全く別ものを想像してしまいましたが・・・・

Photo_2

あっさりとした甘みの美味しいお煎餅でした。が・・・・・・・・

食べるには缶から袋を出して開けなくてはいけません。きっちりと入っているので出す時に何枚か割れました。

そして出した袋は二度と缶には納まりませんでした。缶の意味は何なのだろう?

不用意に食べると胡麻がパラパラと落ちまくり掃除機が必要になります。

かなり厄介な代物、一筋縄ではいかないのが中国。お煎餅でもわかります。

Photo_3 

昔懐かしいタバコがあったので買い求めたようです。素朴ですね、かわいいです。

25年ほど前始めて行った頃の中国はこのタバコの様な印象でした。

人民服を着て自転車に乗っていたあの人達はどこへ行ってしまったのでしょう?

大中国が小日本をまた揺さぶりにかかっています。

沢庵とキムチとザー菜、お米さえあったら仲良く暮らしていけると思うのですが。

来る9月18日は満州事変の発端となった柳条湖事件が勃発した日です。

中国では普通な何もない状態でも反日感情が高まるとても特別な日です。

数年前調度この日上海に滞在していました。家族で食事の時に突然誰かが反日の歌みたいなのを歌い出し驚きました。

「あ!ジウメイツ(クミョン)は日本人だったね・・・・」ってその場がしらーっとなりました。

18日に大規模デモや反日行動が起こるのは必須と思われます。

現地におられる方やご旅行の予定のある方、お気をつけください。

END

2012年9月13日 (木)

あなご料理山城 @明石市大明石町1-7-30

Photo

イグラオンマさんと明石で渋~く穴子なランチをしてみました。

JR明石駅南西すぐにある 「あなご料理 山城」 さん。

29年続く明石では有名なあなご料理の老舗だそうな。

Photo_2 

穴子を堪能したくて竹のコース(6300円)と柳川定食(1575円)を2人でシェアしました。

久々の瓶ビールが美味しいわ が、このガチンガチンのジュレ?を口にした途端不吉な予感が・・・・・

12時に入りましたが先客はおらず、厨房の方からテレビの音だけが聞こえます。

Photo_3 

「肝の煮付け」 これは普通に美味しかったです。

店内は昭和の残りが漂う純和風なインテリア、クミョンが幼い頃はこんなお店が多かったわ(遠い目)

Photo_4 

うん十年生きてきて始めて食べた 「穴子のお造り」 淡白なお味でした。

竹のコース以上でないと含まれていません。単品でもオーダーできます。

Photo_5 

「蒸し穴子の磯部巻き」

鰻も穴子も蒸しが好きなクミョン、これも普通に美味しかったです。

Photo_6 Photo_8

Photo_9 Photo_10

お後は 「箱寿司」「茶碗蒸し」「天ぷら(穴子一切れ)」「お吸い物(穴子なし)」

極々普通のそこら辺の和食屋さんで出てくるようなお料理のオンパレードでした。

むむむむ・・・・コスパ高いな、けど魚の棚で焼き穴子は一匹3000円くらいするしこんなもんか

Photo_16 Photo_17 

沸々とアチチな画像をお届けしようとしたらブレました、昼定食の柳川鍋。

鍋小さい、穴子が数切れのみ。コメント無しにしておきます。

畳敷きの掘りごたつの席はゆっくり出来そう、そう思ったのですが食事中に

他にする事ないのですか?と問いたいほど何回も何回も「空いてる器はないですか?」と聞きに来る
フロアの女子スタッフには閉口いたしました。むっちゃウザかったです

結局お昼の客は私達2人だけでした。早く閉めたかったのでしょう。

Photo_13 

最後にぽつっと出てきた水菓子も大変昭和チックでございました。

2時きっかりに「お昼は終了しました」とお告げがあり退店。

もう多分再訪はないと思いますが・・・・穴子は好きです

Photo_14 

魚の棚をさらっと通りJR明石駅構内の「くるみや」さんでお茶いたしました。

おっとお茶ではなくソフトクリームですね、これはどう見ても。

沢山お話して楽しかったです。イグラオンマさん、撮影協力ありがとう

またランチで日頃のウサウサを晴らしましょうね

END

 

2012年9月11日 (火)

最後の悪あがき

Photo

先週末♂が出張から戻りクミョンの遅かった夏休みも終了いたしました。

♂の帰宅4時間前まで最後の悪あがき、先日攻撃した兵庫駅近くの「うるおす」さんへ向かいました。

あの日よっぱらっぱーで傘忘れてきちゃったんです で、再攻撃です。

↑ 「エレベーター」 

薄揚げをからっと炙ったものに大根おろし。

もう1回書きますね、うす 上げ を 大根 下ろし・・・・・ でエレベーター

きゃっきゃっきゃっ クミョンこういうの大好き。

Photo_2 Photo_3

「鴨のタレ焼き」 「ヒラメの薄造り」 もちろんビールもいっときました。

普通の主婦モードへのスイッチ切り替えに苦労いたしました。

次の出張はいつかしらん・・・・ええええ!!!年内無いかもって!!!

堪忍!堪忍してくれー

END

尖閣諸島の所有者さん、日本は20億らしいですが中国なら200億くらい出すかもしれませんよ。

交渉してからどっちに売るか決めたほうが賢明だと思うのですが。

所有者さんが売却によって得た利益に対して支払う所得税が多分20億は軽く越えるかも?

それは日本の国庫に入るわけで・・・・・・

え?島が領土じゃなくなるって?きっとアメリカ軍が取り返してくれますよ、オスプレイで

 

2012年9月10日 (月)

インド亭新開地店 @神戸市兵庫区新開地1-2-23

Photo

湊川公園下の「パルシン」で映画鑑賞後ぐびっとビールいっときました。

「インド亭」さん、JR神戸駅近くにもありますがそちらは息子さんが運営されておられます。

こちらはオーナーご夫妻(倭人)とインド人のシェフで、なんとも和む店内でした。

生ビールと鳥の唐揚げ、セットで500円。この下町価格がうれしい。

Photo_2 

これもどうぞ、と酸味の効いたお漬物みたいな物もサービスで頂きました。

女子のお一人様も大歓迎なんだそうな、良いお店だわここ

「パルシン」 いまどき貴重な二本立て興行を行なっている映画館です。

映画を愛する家族経営的なスタッフ、ロビーで待っていると「次のこの映画もいいですよ」と、

口頭で説明がちらっとあったり映写室の見学なんてのもできます。

Photo_3 

にこやかな調理担当のインド人のお兄さん。

次はお昼のカレー&ナンも頂いてみましょう。

見た映画1本はジョディ・フォスターとケイト・ウィンスレット2人の演技派女優のガチンコ 2011年の「おとなのけんか」

「大人はかく戦かえり」という戯曲が元になっているとか、好き嫌いの分かれる映画でしょう。

もう1本は 「ヘルプ」 これは良かった、鬼のクミョンも最後はかなりちびっちゃいました

50年ほど前、そんなに昔じゃないアメリカって信じ難い差別がまかり通る国だったんですね。

黒人が使った食器で食べたり同じトイレを使うと病気がうつる・・・・・・・

最後に黒人女性が白人至上主義バカ女に投げかける言葉「あんたは悪魔だ」

倭国にも残る人種職業身体的要因に対する根深い差別。

あなたの心の中にも悪魔はいるんじゃないですか?

そんな人は Eat my shit !←映画を見たらこの内容?がわかります

良い映画です機会があれば是非ご覧あれ

END 

2012年9月 9日 (日)

Spain Bar Sebasuke @神戸市垂水区平磯4-4-18

Photo

垂水のスパ銭「太平の湯」でまったり過ごした後こちらを攻撃してみました。

阪神御影のSebasuke(セバスケ)さん、JR垂水駅前に2件目がオープンしてました

赤の入り口、店内のインテリアは御影店と同じですがこちらの方がかなり横に広いです。

Photo_3 

フルーツの入ったサングリアにしてみました。

8月にオープンしたとこらしい、JR東口から1分と立地は良いですね。

まだ認知度が低いのかこの日は静かでした。

広い店内にオバハンがカウンターに1人、空気を持て余す

Photo_4 Photo_5

生ハムのサラダと明石蛸のアヒージョを頂いてみました。

お料理のメニューは豊富です。2人以上だとパエリアも楽しめます。

やっぱスペインバールってお客さんぎっしりで盛り上がってないと雰囲気ゼロ。

Photo_7 

右のお兄さんがオーナーさんだとか、垂水でも頑張ってください

垂水もイタリアンの美味しいお店が出来たり、海近ってのが何よりですよね。

次のスパ銭後はどこに行こうかしらん

Photo_8 

垂水駅からは送迎バスが出ています、「太平の湯」クミョンのオキニなスパ銭です。

明石海峡大橋を遠くに眺めながら露天風呂につかっていると頭上を飛行機が飛んでいきます。

塩サウナはないですが薬草サウナがあります、岩盤浴が大小3室あって全て意匠が違います。

目の前に大海原の広がる休憩室が気持ちい良い。

分厚い岩盤浴着は相変わらずでしたが長いこと来ない間にいろいろリノベーションされていました。

今回アカスリを受けてみました。黒の上下の韓国アジュマが担当でした。

お値段は30分3500円と本国の倍以上でしたが丁寧にしっかり施術してくれて最後はさらっと洗髪までしてもらえます。

ただ顔の上に乗せるタオルとかがあまり清潔そうでなく・・・・・・

完全にまな板の上の鯉状態なので神経質な人はどうかな

しばしマンツーマンで韓国語の手ほどきも受け、岩盤浴+アカスリで400gほど体重も減少。

充実したリラックスタイムでございました。

END

2012年9月 7日 (金)

中国料理 四川 @神戸市灘区高徳町6-1-8

Photo_2

阪急御影駅から徒歩10分 「中国料理 四川」 さん、初の夜攻撃でございます。

参加者は陶芸のセンセェ、OZW真理ちゃん、K女史、Tちゃん、クミョンの5人、6時からのスタート。

平日でしたが店内ほぼ満席、早めに予約してて良かった。因みにお昼は予約不可です。

↑「蒸し鶏胡麻ソース」

Photo_3 

「四川オリジナルサラダ」 

注文すると怒涛のごとく待つ間も無くお料理は出来上がります。

王将か?ここは あっという間にテーブルいっぱいにお料理が並びました。

Photo_4 

そうそう、まず恒例の「やらせ乾杯」画像を揚げておかなくては。

皆さんそれぞれいろいろ、乗り切ってがんばろうぜ

Photo_5

「烏賊の天ぷら山椒塩炒め」

ごろごろと唐辛子が、その割りに辛さは控えめで山椒はどこ?だった一品。

Photo_6 

「台湾酢豚」

これヒットでした。甘さを抑えたさっぱりとしたお味。

Photo_7 

「酸らー湯」

小を注文しましたが大きい 

むせいでる人が若干一名いましたが中国で頂く半分くらいの刺激しかないマイルドなお味。

Photo_9 Photo_8

「八宝菜」↑もう少し野菜を入れて欲しいような・・・・・

日本人のお口に合わせた極々普通なお味、変態中華な刺激を求めては駄目なお店ですね。

だって・・・・・高級住宅街御影のど真ん中にあるお店ですもの。

Photo_10 

「豆腐と海老の煮込み」 

煮込みって割りにこれも瞬時に登場いたしました。枝豆との色合いよろし。

Photo_11 

中間に「はなちゃんのスライドショー」がセンセェ御持参のipadで行なわれました。

すっかりイクメン化したアーキテクトA氏に驚く・・・・・・

Photo_18

「ザー菜とキュウリの和え物」をつまみに紹興酒。

なぜだかボトルの蓋が始めから開いてて注ぎ口に合わないのがブキミ・・・・・

Photo_12 

そろそろ炭水化物で〆ですね、「ピリ辛チャーハン」

Photo_13

前回お昼にクミョン1人で頂いた「汁なしタン麺」もいっときました。

Photo_15 Photo_16

デザートは杏仁豆腐とマンゴプリン。

クミョンお腹ぱんぱん、スプーンに一杯だけ恵んで頂きました。

最終結論から言うとここは「ファミレス的本格中華」良い意味でも悪い意味でも。

お店の看板にあるようにあくまでも現地密着型、ご家族連れお子様、皆様に愛されるお店だと思います。

そしてお値段が安い、今回11品と飲み物で1人2500円ほどでした。

是非夜に大人数でどかんと押し寄せてみてください。

END

Photo_19 

♂がおらんのを良いことに♀は毎晩で歩くからボクは超退屈。

帰ってきたら全部報告してやろうと思っている、今はじっと我慢するのじゃ

2012年9月 5日 (水)

「最強のふたり」 観てきました。

2

久々に見てみたい映画がフランス映画でした。「最強のふたり」2011年フランスで大ヒット。

パラグライダーの事故が元で首から下が麻痺してしまった大金持ちの男性と

失業保険で辛うじて生活をしている黒人男性、まったく違う二人が介護を通して

お互いの人生を最強のものにしていく・・・・・・・

倭国で言うところの「遠くの親戚より近くの他人」?ちょっと違うかしら。

暗くなりがちなストーリーですがこの黒人さん(オマール・シー)の味のある演技で

楽しく暖かく、そして最後は心満たされる良い映画です。

のっけから驚きましたよ、だってセプテンバーだもん、ヴギワンダーランドで踊るんだもん。

まさかこの映画の中でアースウィンド&ファイアが聞けるとは思わなかったです。

夏から秋への心のスイッチ切り替えに調度良い映画です。ご覧あそばせ。

END

三宮のミントで鑑賞いたしました。8階レストラン街にあった中華の老舗

リーズガーデンさんが閉店していました。残念です。

隣のモード和食WADAも閉店・・・・・・後に入るお店はどんなでしょうね。

2012年9月 4日 (火)

うるおす @神戸市兵庫区大開通7丁目1-6

Photo

シロチャン御用達のお店、JR兵庫駅北へ3分の 「うるおす」 さんへ連れていって頂きました。

駅近なれどこの辺り、静かで灯りも少なく人通りもまばら・・・・・・・

酒肴 そば と書いてあります。中は2人席2つとカウンター、マスターと男子1人で運営されている小さなお店です。

しかししかし アナドル無かれこの店、とっても内容豊富な肴メニューでびっくり。

Photo_2

まずお通しの蒲鉾、焼酎のロックで乾杯。

カウンターに並んだ焼酎etc、日本酒etc、種類も豊富。

お値段は非常に大雑把で「ここに並んでるの全部500円」とかそんな感じ。

3

何しろ肴のメニュー数が多い 迷ってたらマスターから3種盛を勧められる。

鯛昆布〆、金時草のおひたし、だだ茶豆、えのき明太・・・・って4種盛やん

Photo_3

美味しい秋刀魚でした。秋ですなぁ、いつの間にか蝉が鳴かなくなりましたね。

マスター(後で顔出し有り)はお若いですがいろいろ研究熱心な方のようです。

Photo_4

和牛ほうば味噌焼き、美味しい 呑める口の方ならこれで一升いっちゃうかも。

クミョンこの時すきっ腹で攻撃したので焼酎2杯でロレロレになっちゃいました。

始めてのお店だったのにああ恥ずかしい、反省 

Photo_5

なんと美しいルックス、だけど名前は「爆弾」

ねばねば系とタコイカ卵、お出汁をかけてまぜまぜして頂きます。

シロチャンはイカはOKだけどタコはパスだそうな。

それってイタリア人はOKだけどフランス人はパスって言ってるようなもんですぜ

Photo_6

この茄子の一品もなかなか良いお味でございました。

器がもう少しよければ満点だけど・・・・お値段的に文句言っちゃ駄目ですね。

Photo_7 Photo_8

看板に「そば」とあるので2品いっときました。手打ちの十割蕎麦のもりが600円

なんとマスターは元町の「卓」さん、北野坂の「SOーbar」さんと同じ所で修行されたお仲間なんだそう。

横にお座りの「蕎麦打ち名人」な楽しいご夫婦が教えて下さいました。

手打ち蕎麦で〆ることが出来るなんて非常に貴重なお店ですよね。

Photo_10

優しそうなマスター、山梨のご出身だそうです。

なんでまた神戸に?これから研究の余地ありですね。

Photo_9

ほれほれメニューはこの通り、行ってから迷うので↑で研究してから行きましょう。

兵庫駅まで行く価値有りなお店です、そしてここお客さんも濃い。

新しいお店情報も沢山ゲトできて大満足な夜でございました。

シロチャン良いお店をご紹介くださいまして、どうもありがとうございました

END

行き方 兵庫駅改札から北へ出るとルミナスホテルの看板が見えます。それを目指し

ホテルの前を通り過ぎて次の角を入り少し行くと白い提灯が見えます。

空きを確認してから行ったほうがベター

078-576-3588

 

2012年9月 3日 (月)

ビョン様ご来神!! @夜の部

Photo_13

ビョン様ご来神、夜の部は6時からスタートいたしました。多くの方の予想ビンゴで場所は

北野の 「オステリア ハナタニ」さん、宋ちゃん、イグラオンマさんも参加して5人で盛り上がりました。

↑待望の雲丹のパスタが登場いたしました。自家製の細いパスタと雲丹の

美味しいソースが絶妙に絡まって・・・・1人で1皿平らげたかった一品です。

Photo_5 

今回のメニューはシェフにお任せして作って頂きました。

まず前菜風のお料理が3品、ビーツを使った彩りの良い一品。

Photo_6 

低温調理されたサーモンに人参。お魚のお好きなビョン様が1皿平らげたかったでしょう。

このお店はカウンターが主体でテーブル席は一席奥にあるだけです。

スキニーな5人はそこにすし詰め状態でワイワイ、話題はイタリアンとはかなり距離のある韓国情報。

Photo_7 

こちらはボトルでワインをお願いしても低料金で安心なお店です。

「OPEN NOW」って面白い名前の赤3500円。飲める3人でこの後白も頂きました。

Photo_8 

色々なお野菜を楽しめる一品。爽やかでワインが進む君。

皆で楽しかったけど、やはりこちらはカウンターで少人数がお勧めかな。

Photo_9 

雲丹のパスタの他にパスタがもう一品、こちらも重量系ですが美味しいです。

しかし昼のお好み焼きがたたって、この辺りで結構お腹いっぱいに・・・・・

Photo_10 

Photo_11 

ラストは肉食系2品がどーーーーんと登場いたしました。

魚がお好きなビョン様にはちょっと辛い内容になってしまいました。

皆さん喋りすぎて空気がお腹に溜まったのか停滞気味、美味しいお肉でしたが

残った分はイグラ君へのお土産になりました、良かった良かった

カウンターでお食事されていたお客様、奥からの騒音ごめんなさい。

そして花谷さん、度々の時間変更やメニューの無理をきいて頂き恐縮です。

Photo_14 

もう少しお話したくてもう一軒、イケメン目指してトーアロードのハワイアンカフェへ。

けど残念~この夜はお目当てのイケメンがおらず・・・・・・・しかし、

今回クミョンの言うイケメン=世間一般のイケメンでは無いことが皆さんの反応で再確認されました。

ここの読者の皆さん、クミョンがイケメンと書いた時はその点ご了承ください。

と、こんな感じで濃ゅ~い神戸の10時間は過ぎていきました。

ビョン様、引っ張りまわしてごめんなさい。これに懲りずまた神戸にいらしてくださいね。

END

2012年9月 2日 (日)

ビョン様ご来神!! @昼の部

Photo

去年12月、全州を旅する時に大変お世話になったビョン様が関東から神戸を訪ねて下さいました

韓国そして全州の韓屋村に興味のある方なら100%検索中ヒットすると思われる

有名サイト 「全州にひとめぼれ」 を書いていらっしゃるブロガーさんです。

クミョンは始めてお目にかかるビョン様をお迎えするにあたりかなり悩みました。

普通神戸っていうとまず異人館、中華街、港めぐり、などが頭に浮かぶわけですが・・・・・・

それじゃーおもんえね、ガキの観光じゃあるまいしってんで新神戸にお出迎え後新長田へ直送いたしました。

だってこれがあるんだもん、神戸といえば鉄人です。案の定撮りまくるビョン様↑

Photo_3 

そして王道を行ってみました。お好み焼きの名門 「志ば多」 さんへお連れいたしました。

昼の部からご一緒頂いた半韓のユイチャンとカンパーイ

やらせ画像ですが上手に撮れてますね、Bラーのビョン様キリン秋味でご満悦。

運転手のクミョンは生唾だけ飲ませていただきました。

顔を合わせたその瞬間から3人ともテンション上がりっぱなし。

始めてこの日お会いしたなんて考えられないほど、全く会話がつきません。

Photo_5 

お好み焼きはビョン様のご希望でもありました。以前大阪でお召し上がりの時

美味しくなかったとの事、こちらの薄いお好み焼きに驚かれていました。

「チャンポン焼きって何?長崎チャンポンが入ってるの?」「焼かないのね、あっちで焼いてくれるのね!」

関東ではチャンポン焼きはミックスと言うそうな、でモンジャの様に自分で焼くシステムが多いらしいですね。

ユイチャンの手馴れたソースを塗る手つきに関心するビョン様。

この後コテコテな町新長田をしばし散策して頂きました。

Photo_6 

神戸の表の顔も見ていただかなくてはと、ホテルにチェックイン後近くのカフェにご案内いたしました。

クミョンも初訪問の三宮そごう東にある 「カフェ ケシパール」 さんで休憩です。

Photo_7 Photo_8

小さなビルの2階、照明を落とした店内、ソファでゆっくりお茶できる空間です。

おしゃべりに夢中でしたがレコードプレイヤーなどもあるのでBGMにも凝ってるのかも。

Photo_9 Photo_10

日替わりのチーズケーキを頂きました、他にレアもベイクドも数種類ありました。

北海道の作家さんのフクロウ柄の器がかわいいです。

女子好みのほっこり出来る店内、またランチに訪れてみましょう。

この時点でお腹パンパンなのにディナーの予約時間まで1時間半しかありません。

激食な神戸の1日はこれで前半戦が終了です。

END

ご本人様のご希望により最初の画像モザ入れさせていただきました・・・・遅かりしか?

ミアナムニダー

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »