こちらもご覧ください♪

« 福寿さん蔵開き @神戸市東灘区御影塚町1-8-17 | トップページ | 好日居 @京都市左京区岡崎円勝寺町91 »

2012年11月26日 (月)

婆沙羅 @京都市東山区新門前通大和大路東入西之町232

Photo

OZW真理ちゃん、K女史、クミョンの3人娘で京都の秋を満喫です。

京都らしい骨董のお店が並ぶ新門前通の 「婆沙羅」 さん。

和食?ではありません、こちらは中華料理のお店でございます。

Photo_2

食後の画像で失礼、元診療所の京町屋を改造した店内、幅のゆったりとした
カウンター9席、他に個室(室料要)が一室。

お昼は3500円のお任せから、予約電話が少し乱暴だったので不安なスタート・・・・・・

Photo_3

シェフお1人と配膳担当の女子1人で運営。

ドリンクのメニューは提示なし、ビールをオーダーすると自動的にクローネンブルグ1664が登場。

ワインと中華をどうのこうのとHPに書いてあった割にドリンクに対して何の説明もないのは?でした。

Photo_4

まず前菜?かしら。春巻きです。中は海老芋、ソースが美味しいです。

このお料理が一番美味しかったと思います。
逆に言うと最初で終わった?(爆

Photo_5

横浜は福臨門で取得されたスープ、お上品なお味でございました。

そのスープに普通すぎるワンタン、それがちょい残念。

Photo_6

お部屋の設えは素敵です。お会計にはサービス料を10%加算、カウンター越しに料理を置くだけでどうして?

別に上質なサービスでもないのでこの建物の使用料と考えた方が納得がいきます。

Photo_7

海老とマコモ茸の炒め物。マコモ茸が炒めすぎてます。

お客はクミョン達と他に3人、シェフお1人でも充分こなせると思います。

塩味が強いです。お料理の説明もこちらから聞かないとありません。

Photo_8

ハラミと蓮根の炒め物。これも塩味が濃い・・・・お肉は柔らかいですが別にここでハラミはいらんと思う。

一品の料が少ない、男子には不向きだと思います。♂なんか怒ると思います。

Photo_9

〆は坦々麺。これを美味しいと書いておられる方が多かったので期待して行ったのですが・・・・・

辛さは普通なのですが花山椒がきつ過ぎて口の中が麻痺してしまいました。

神戸でこちらの料理を出すお店があったとして、特筆に評価されるか?と聞かれたら首を傾げます。

関東から来られたシェフなので少し思考が違うのかしら?

Photo_10

デザートの杏仁も極々普通・・・・・中国茶も日本茶と同じような抽出方法なので薄くて味がわかりません。

女子スタッフ、美形か不細工かという問題ではなく、クミョンがこの店の経営者なら
選択いたしません。お店の雰囲気に合っていないと感じました。

お料理とビール+謎のサービス料で約5000円。お腹は6分目、コスパはよくないですね。

美味しくなくはなくなくない・・・・ちょっと辛口が並びましたがクミョンの意見ってことでヨロピコ

Photo_11

タクシーを呼んで頂いて次の目的地へ向かいました。

あああ、三つ葉かぁ なかなか四つ葉にはお目にかかれませんね。

END

« 福寿さん蔵開き @神戸市東灘区御影塚町1-8-17 | トップページ | 好日居 @京都市左京区岡崎円勝寺町91 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 婆沙羅 @京都市東山区新門前通大和大路東入西之町232:

« 福寿さん蔵開き @神戸市東灘区御影塚町1-8-17 | トップページ | 好日居 @京都市左京区岡崎円勝寺町91 »