こちらもご覧ください♪

« 広東料理 えん @神戸市中央区中山手通1-27-10TENSEI ハンター坂ビル | トップページ | 戯屋 @神戸市兵庫区羽坂通3-1-6 »

2012年12月 2日 (日)

神戸牛ステーキ ishida本店@神戸市中央区北長狭通1-21-2 サンメイビル3F

Photo

気ぜわしい忙しい、そして選挙で騒々しい12月が始まりましたね。

クミョンは相変わらず食ってます、はい。風邪も流行ってるしここらで一発気合入れとこかいと
イグラオンマさんと三宮駅北へすぐの 「ステーキishida」 さんを攻撃です。

半径200メートル範囲内に焼肉店2店、ステーキ店2店展開中の石田屋さん。

Photo_2

前回は別のお店でしたが今回は本店を利用してみました。

ここも店内は隅々までとってもきれい、鉄板回りを見ればそのお店の心意気がわかります。

焼き担当の男子がご挨拶にこられました、お野菜も美味しそうです。

Photo_3

焼き上がりを待つ間に頂くサラダもたっぷり、丹波焼きのお皿もええ感じです。

別エリアの大きな鉄板では10名近い女子会が展開中、賑やかでございました。

この師走、昼から肉食ってるのはやっぱり女子だけでした。

Photo_4

しかし、今回クミョン達のお目当てはステーキではなくこちらのハンバーグでした。

さすがに全く普通じゃありませんでした。外見からしてそこらのハンバーグではありません。

たっぷりなフランスパンを衣に中身は肉150g玉葱70gのみ。

使用の肉はステーキ肉を成形する時にでたお肉、つまりA4やA5ランクのお肉も含まれとる訳で

Photo_5

そして焼き方がすごかった、まず背油からしっかりと油を出してそれを
ハンバーグにかなり時間をかけて浴びせかけながらじっくりと焼いていくのです。

焼いてると言うより揚げていると言ったほうが正しいでしょう。ステーキより時間も手間もかかります。

Photo_7

焼き上がったらしばし立てて油を切ります。

Photo_8

じゃぁ~ん 出来上がりました~

パンの衣がバリッと仕上がり中はジューシー、濃い系のポルトガル男子とでも
表現いたしましょうか。食感が普通の倭人ハンバーグとは全く違います。

注:  クミョンはポルトガル男子を食べた経験はありません。

時にはこんなダイエットとはかけ離れた不健康ランチで日頃のウサを晴らしまくるのも良いものです。

美味しいのだけれど温度の低下とともに重たくなるので一心不乱に頂きましょう。

モヤシと青梗菜に背油で野菜炒めが〆。デザートのシャーベット付きで2205円也。

12時入店で3時までお喋り・・・・・それでもしっかり笑顔でお見送り。
サービスも行き届いたお店でした。またお肉を頂きに参りましょう。

END

前に座った3人組が我らの食するハンバーグを見て「ハンバーグは家でも食べられるわ、
ステーキにしましょう」と言いやがった

ランプ肉のBランチをご注文でしたが・・・・・
作れるもんやったらこのハンバーグ作ってみぃ、ランプ肉やったら家でも焼けるわ。

わあーーーー書いたらすっきりした

« 広東料理 えん @神戸市中央区中山手通1-27-10TENSEI ハンター坂ビル | トップページ | 戯屋 @神戸市兵庫区羽坂通3-1-6 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 広東料理 えん @神戸市中央区中山手通1-27-10TENSEI ハンター坂ビル | トップページ | 戯屋 @神戸市兵庫区羽坂通3-1-6 »