こちらもご覧ください♪

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

創作料理 なが谷 母や @三重県伊賀市丸柱569

Photo

伊賀焼の里にある長谷園敷地内のお食事処 「母や」(おもや) さん。

今回4人の第一目的は実はこちらで頂くお昼のお料理でございました。

画像数が多いです、ゆっくりご覧くださいませ。

Photo_2

築200年は超えるという立派なお家で、昼夜とも2組限定でした。

日本家屋独特のぴりっとした寒さ、母の実家を彷彿とさせるお庭。

すべてがタイムトリップしたような空間です。

Photo_13

広いお座敷で頂きました、襖が開いてお料理が登場いたします。

「クジラと菜の花」 この山里でクジラにお目にかかれるとは。

ご紹介するお料理は憧れのお鍋が次々現われる6300円のコースです。

Photo_4

言うまでもありませんが、こちらで使用される器たちは全て長谷園のものです。

ビールが美味しいこの器、3600円ほどで販売されていました。

Photo_5

4人様々な形の陶板に盛られた八寸、自家製のベーコンでお酒が進みます。

都会から遠く離れた場所とは思えない様な素敵なお料理が続きました。

Photo_14

お造りも美味しゅうございました。丁寧にお料理されています。

あ・・・・・あかん、お昼だというのにお酒が進みすぎまする。

Photo_15

ビール、焼酎はすでに完結。

好みのぐい飲みを選んで、日本酒も頂きました

Photo_6

出たぁ 最初のお鍋は 「ヘルシー蒸し鍋」 巨大版でございました。

そして何とトマトがぁ~ 蒸し蒸しの刑に処せられます。

Photo_7

ほっこり蒸されたトマトちゃん。素材も良いのでしょうが遠赤外線効果で特別に美味しいです。

後ほど陶製のスノコが別売りされていたのでゲトいたしました。

Photo_8

真打登場でごさいます、蒸し料理の材料が現われました。

Photo_9

蒸しあがりの図。特製のゴマダレがまた美味しい。

野菜、甘ぁ~

Photo_10

説明は不要でござますね。「白子の神様」 と命名いたします。

Photo_11

これで終わりと思いきや 伊賀牛の焼肉も登場

Photo_12

焼肉は 「やきやきさん」 で。油は下に落ちるのでとてもヘルシーです。

煙も殆ど出ません、蓋を使うとダッチオーブンみたいに使えるそうです。

あ、クミョン別に長谷園の回し者ではありません、悪しからず。

P1000574

そして、この 「かまどさん」  で炊いたご飯を食べずしては帰られません。

クミョンも毎日このお鍋の2合用を夕食時に使用しております。

結構炊き方はアバウトでお米も普通のお値段のものですが美味しく炊けちゃいます。

Photo_17

ご覧あれ、この艶々ピカピカな炊きあがりを。

ニッポンジンに生まれてきてよかったぁと感じる一瞬です。

乗っかってるのは山芋のお漬物でございます。

Photo_18

お腹ははち切れんばかりでしたが最後のけんちん汁まで完食いたしました。

「4つの胃を持つ女たち」 という小説が書けるくらい食欲旺盛なこてさんとたまちゃん。

そんな彼女たちから「満腹」という言葉を初めて聞きました。

Photo_20

この素朴な水菓子がお料理に合っています。

最初から最後まで 「母や」 さんのお料理をじっくり堪能いたしました。

堪能しすぎて予定時間をかなりオーバー、次回はもう少し余裕をもって参りましょう。

陶芸市や窯開きも魅力ですが、人出が多いと雰囲気がどないなもんか?

近くの信楽の里と共に回られるのもよろしいでしょう。

END

こてさん&たまちゃん、今回は素敵な所をご紹介くださいましてありがとうございました。

この後大阪で降りて11時まで晩餐会をなさったとか・・・・・敬服いたします。

二人のレントゲン画像を見てみたいものです。

2013年1月30日 (水)

長谷製陶の長谷園  @三重県伊賀市丸柱569

Photo

クミョンも愛用している土鍋「かまどさん」のふる里、三重県の長谷園を訪問してみました。

こてさん、たまちゃん、しろちゃん、クミョンの4人で神戸からJRで片道2時間半のプチトリップでございました。

長谷園、あのふりかけの会社とは違います、あれは永谷園ざます。

天保年間創業、歴史の古い伊賀焼の窯元さんが展開している施設です。

Photo_2

敷地内に展示室が3か所、ゆっくり見ていたら半日過ごせそうな所です。

この日は♂の帰国日で時間短縮、3名様本当にごめんなさいね。

ここのお鍋、デザインもそして何より性能が素晴らしいのです。

Photo_3

ここまで足を運んだ人だけの特典、アウトレットで掘り出し物を探します。

正規商品もここで買うと正価の2割引きで買うことが出来ます。

いっぱい買いたい方はお車でお越しください、後でお酒飲めないけどね・・・・・

Photo_4

煉瓦を敷き詰めたお食事処(後日ご紹介)の入口。

踏むとカランコロンと何とも良い音を鳴らします、泥棒避けにもなりますね。

Photo_5

お食事処ご不浄横の蛇口にいたウサギ。

施設各所にこの様な趣のある設えがあり、それを発見するのもまた嬉しい。

築200年、実際住まわれていたお家でお食事を楽しめます。

Photo_6

「大正館」というカフェ使用のできる建物内部。テーブルが陶板です。

スタッフはどなたもいらっしゃいません。

Photo_7

珍しいセルフサービスのシステムでした。

棚に並んだ形は同じ、釉薬のタレ具合が各々違うカップを選び・・・・・・

Photo_8

自動販売機にそのカップを入れてコーヒーを頂きます。

使用したカップはお土産として持って帰ることが出来ます。

お値段はカップ共で350円。新聞紙とビニール袋が用意されていました。

Photo_9

このアナログ感がたまらない、ここに展示されている物はすべて大正時代のものだそうです。

姿が見えない相手の声が聞こえる・・・・・

この不思議な装置は現在もまだ人類を虜にしていますね。

Photo_10

この猫が欲しかったのですが非売品でした。

時間が短く高速で見学、かなり後ろ髪引かれながら帰路につきました。

長谷園、少し遠いですがお勧めです、季節を変えて絶対再訪ありなスポットでございました。

END

神戸からは新快速で草津まで約1時間20分、普通電車で43分→柘植駅着・・・・

Photo_11

こんな2両連結のワンマンカー電車に乗り換えのんびり15分、やっと伊賀上野駅に到着です。

そこからはタクシーで山の中を上り長谷園まで20分(2600円)

のどかです、のどか過ぎるせいか、JRなのにICOCAが使用できません。

2013年1月28日 (月)

江坂 @西宮市羽衣町7-21-104

Photo

阪急夙川駅から5分ほど、クミョン行きつけの美容院の近くにある小さな

イタリアン 「江坂」 さん。お父さんお母さん息子さん・・・・ご家族で運営の

地域密着型のお店なようです。夜に単独でお伺いしてみました。

Photo_3

アラカルトはどれもボリュームがありそうなメニューばかり・・・・・・

一人で来るべきお店ではないですね。まずカボチャのマリネ。

Photo_4

枝付きの美味しいオリーブが隠れていました・・・・・けどこれで840円。

コスパ悪いよね。お味はビールと良く合い美味しく頂けました。

Photo_5

実はこちら美容師さんのご推薦で伺いました。特にお勧めだった

蟹ミソのパスタ1680円を頂きました。まったりとして普通に美味しい。

けどこれもコスパが悪く感じました。ハイソな町夙川的お値段ですね。

ランチはお値打ち価格で提供されているようです。

こってりクリームのパスタを消化する為JR芦屋駅まで歩いてみました。

きれいな歩道が続いていますが夜は人っこ一人いません。

前から人影が・・・・身構えるとその男性はすっとクミョンを避けて通り過ぎました。

ほら、前から見ると怖いんですよクミョン。美容院の帰りだというのに。

END

2013年1月26日 (土)

Frogs Dinner @神戸市中央区元町通1-6-11

Photo

先月突然元町商店街に出現した 「Frogs Dinner」 さん。

気になっていたので攻撃してみました。

現在天下を取っているパンケーキを中心としたメニュー構成です。

Photo_2

メイプルパンケーキ 950円、 ドリンクは別料金。

お味は・・・・・見たまんまっす

2種のメイプルシロップとホットチョコレート、クリーム。

パンケーキは・・・・・極々普通。そこらの粉で作れる範疇の物かな。

これで950円取れるんだったらまたキッチャテンしようかしらん

内装やスタッフの制服なんかのコンセプトは??再訪なしです、すんません。

只今独身満喫中ですが♂の帰国が近づき今日は朝から大掃除。

日頃ノータッチな場所を拭いたりしていたら雑巾が2枚コテコテになりました。

約18年住ませて頂いたこの部屋、感謝をこめてのお掃除でした。

END

2013年1月25日 (金)

麺所 水野 @神戸市中央区三宮町2-9-2

Photo

トーアロードの裏に去年秋のオープンだったらしいですね、今頃訪問です。

ポートピアホテルに本店のある 「麺所 水野」 さん。

うっかり見落としてしまいそうな佇まいです。メニュー台といい、もう一考が必要な店構え。

Photo_2

12時から予約のベルエベルでジェルネイルを2時間かけてしてもらいました。

お腹ペコペコ状態だったのでメニューに「お蕎麦300g使用・・・・・」とありましたが

美味しそうだったので 「新東京蕎麦 1100円」 にしてみました。

てんこ盛り 茶色く見えてる物は牛肉の甘辛煮、何が新東京なのかは不明。

たっぷりのつけ汁(冷or温)につけて頂きます。

普通に美味しいお蕎麦でした・・・・・けど手打ちじゃなさそうな?

Photo_3

薬味は4種、ネギ味噌、わさび、天かす、温泉卵。

300gでしたが満腹感はありませんでした、これは胃袋の個人差によりますよね。

蕎麦に肉絡ませるか?!ショッキングなメニュー・・・と驚いてはいけません。

チーズが入ったお蕎麦・・・・みたいなメニューもありました。ツワモノはお試しください。

こじんまりした店内、流れているBGMが蕎麦屋っぽくない、けどスタッフは
完全に普通の蕎麦屋って感じ。

う~ん、お値段も高め。これならウォーキングして「卓」にいっちゃうかな。

クミョン最近 乾き物 に凝ってまして・・・・といってもスナックに出てくるアレではなく。

Photo_4

NHKに騙されて「ウルトラ蒸し生姜」なるものを制作中であります。

生姜を薄く切り30分蒸して乾燥させると生姜の持つ「萌え~」パワーが増すそうな。

スーパーの生姜2袋を室内乾燥させて3日目でこんな生姜のミイラが出来ました。

すごくかちこちです・・・・ミンサーで粉状にして1日1g摂取すると良いらしいですがまだ放置プレーしています。

NHKさん、これって本当に効くのでしょうか?

どうあがいても年齢と共に人間は乾燥していきます、この生姜を見ていたらなんだか悲しくなってきませんか?

END

2013年1月24日 (木)

二位 @神戸市中央区北長狭通1-7-6

Photo_2

ある夜、北野の帝王の妻まーりんさんとクミョンで中華な夜を展開しました。

場所は三宮、東急ハンズ近くの小さいビル4Fの 「二位」 さんです。

お名前の由来をお聞きするの失念しちまいましたねー、遠い昔に

ランチ攻撃をしたことがあるお店です。

まず↑ 「豚耳燻製 香菜セロリ和え」

身の回りを惑わす雑念を振り払うべくビールで乾杯

Photo_3

お次は冬の特別メニューから 「フグ白子湯引き 葱ソース」

ここ・・・・・・旨~ 美味しいです 備後、いやビンゴです

白子の美味しいこと、これは食べて頂きたい一品でございます。

Photo_4

「肝もお入れしてよろしいですか?」と聞かれました。勿論OKしました。

危険な男ほど美味しいものよ・・・・・クミョン人生の経験上、こう申し上げましょう。

厨房内はシェフと助手の方、フロアは奥様担当、とかなり小さいお店です。

多人数の来訪は避けた方がいいかも。この時は「同伴」のカップルがお食事中

で店内の写真は写せませんでした・・・・・ええな、チンチラの毛皮買ってもらえて

Photo_5

クミョンは1989年の老酒も頂きました。

やっぱり中華には老酒、というか中国酒は中華料理にしか合いません。

Photo_6

これがまたむっさ旨かった 「坂越かき 宮保ソース」

ふっくら揚がった牡蠣に極旨なソースが絡んでなんとも美味。

こちらの炒火はコークスではありません、がそんな事シェフの腕でカバーしておられます。

Photo_7

「海鮮と春雨 ナンプラーソース」奥様が混ぜ混ぜしてくださった後です。

中華の緑豆春雨はこの手の炒めものには必須ですね。

Photo_8

〆で砂鍋のメニューも頂きました。

お腹ぱんぱん、他にも食べてみたいメニューが満載でございました。

メニューは1800円くらい~3000円~、けれど納得のいく内容でした。

再訪間違いなし、現在ランチは営業されていないようです。

Photo_9 Photo_10

その夜もご機嫌さんの二人はワインBar 「パトリー」 さんへ流浪。

極上のワインにタップナード、お互い写し合いっこしましたがそこには

べろべろの呑兵衛しか写っていなかったのでアップはやめときましょう。

OZW真理ちゃんも御用達のこのお店、いいですねー

満腹でほろ酔いのJRってとても危険です、車内の暖かさにうっかり寝入っちまいました。

目が覚めると潮の香り漂う須磨駅、垂水まで乗りました。あちゃー

END

酔っ払いの一言  おい、abe!タイまで行っとったらそのままアルジェリアに行かれんか?!

何もたもたしてんねん、私やったらとっくに地中海にイージス艦差し向けてるわ!

2013年1月22日 (火)

きわめ @神戸市兵庫区駅前通2-2-34

Photo

JR兵庫駅北の 「きわめ」 さん。シロチャンとさらっと肉バトルです。

オープンされた直後ランチでお伺いした時にびっくりするほど美味しいお肉が

出てきたお店です。最近はランチの営業はないようです・・・・・・

6時、開店直後に入店。準備中?みたいな店内の空気。

Photo_2

まず4種、すこしづつお味見?が出来る2200円のセット。

切り方が薄すぎてそれぞれの味がわかりません。ケチくさいぞ!

Photo_3

塩タン、ネギのせ。ごま油などで味付けされたネギを巻いて頂きます。

これもまた切り方が薄い、普通に美味しいけれど鉄板に乗せるとすぐにちじみ上がります。

8時近くまでいましたがお客さんは我々いれて2組のみ。

Photo_4

そして最初の画像、上ハラミ。

お値段も量もお上品、ガツンとお肉をって時は他のお店へどうぞ。

なんだか勢いのないお店になってしまっていますね・・・・・・

盛り上がりにかけたので近所の居酒屋 「うるおす」 さんに移動です。

Photo_5

黒霧島でスタート、雨の月曜日ですが満員の店内は熱気むんむん。

Photo_6

おでんを初めて頂きました、少しお味が薄いかな。

Photo_7

カウンターに席を移して、岡山の銘酒「冬の月」を頂きました。

特別純米袋取り無濾過しぼりたて生酒です。美味しいわ、これも購入決定。

↑お勧めのおつまみ3種、すっかり上機嫌になってしまいました。

ビール→焼酎→日本酒で頭ぐるぐる、実は今も少し二日酔い状態で書いてます。

だもんでベタな内容でごめんなさい、これにて失礼するざます。

END

酔っ払いの一言  おいこらハシシタ!!でしゃばんな!!

2013年1月20日 (日)

丸徳寿司 @神戸市灘区六甲町1-2-1

Photo

Mikageマダム様のブログにも登場するJR六甲道近くの 「丸徳寿司」 さん。

美味しいと評判の「丸徳巻」、節分まで我慢ならず買いに行っちゃいました。

Photo_3

こちらは持ち帰り専門のお店ですね、年配のスタッフ3人と受付嬢。

完全家族経営っぽい、この日も予約が多く対応に大忙し。

店内のかわいい椅子に大人しく座ること10分、丸徳巻き(580円)ゲト。

リョク巻?何かしらとお尋ねしたら・・・・玉子巻だそうです。

Photo_4

この日は厄神さん、ご近所の八幡神社はものすごい参拝客でした。

♂はこの手の巻き寿司が苦手なので心配だったのですが・・・・・

Photo_5

見かけどうってことないのですが。美味しいです

♂が初めて巻き寿司を美味しいとパクパク食べました。

円やかな味の寿司飯とそれぞれの具が主張し合う事無くなんとも

絶妙なハーモニー、極東3国もこの巻き寿司の様にならないものか。

この日は12000歩ほど歩きましたが・・・・・・

Photo

ウォーキング途中に水道筋商店街でこんなゲテモノを食べてしまいました。

女子一人で頑張るたこ焼き屋さんにて チーズたこ焼き350円 

Photo_2

先日、某有名引っ越し業者さんに見積もりをお願いするとテレビCMで

言っているように上記の洗剤セットを携えて来られました。

マンション業者の提携先なので早めに半強制的?な見積もりでした。

来訪した営業マンのすることがメッチャ白々しくて笑えました。

まず丁寧な挨拶のあと入室(今回は靴下の履き替えは無し

リビングにお通しする、何故だか目立つピンクのタオルを手に持っている。

「鞄を置かせて頂きます」と営業用のバッグを床に置く前にバッグの底をそのピンクのタオルで拭きふき。

「タバコを吸ってきたのですが、消臭は施してきました。臭くないでしょうか?」

言われるとタバコくさいぞ、余計に気になりました

そして商談なんと延々・・・・2時間、途中で超白々しく「上司に聞いてみます」と電話をかけ値段交渉。

高いとも安いとも言わず黙っていると値段は自動的に下がりました。

洗剤に心動いて二つ返事でOKするほどヤワじゃありません、今回は大変良いお勉強になりました。

あと2社くらい見積もりして頂いて比較研究してみましょう。

END

丸徳寿司さん、2月3日の節分の日は前もっての予約も当日予約も

受けないシステムのようです。ご注意ください。

2013年1月18日 (金)

アヒル @神戸市中央区加納町4-6-4ビクトリービル B1F

Photo

三宮で人気の焼き鳥のお店 「アヒル」 さんで新年会開催でございます。

OZW真理ちゃん、K女史、ルーシー・Tちゃん、クミョンの4人で初攻撃。

この鶏刺の盛り合わせ、抜群に美味しかったですよ

Photo_2

生ものはちょっと・・・・という方でもOKだと思います。

輝く肝に4人のお箸激しく交錯

Photo_3

北野坂のビル地下にあります。暖かい雰囲気の店内。

カウンター8席とテーブル席。かなり小さいお店です。

Photo_7 Photo_8

6時の入店時はまだ席が空いていましたが、7時過ぎには超満席。

予約無しで来店し断られている人多数、予約必須と思われます。

Photo_6

「寒い中ようこそ」と最初に鶏スープが出てきます。

優しい心使いのあるお店ですね。

Photo_5

突出し、人数に合わせて4種。仲良く4つに切ってわけわけ。

我々以外はすべてカップル お客様の年齢層かなり低いです。

Photo_9

つくねが思い出に残る美味しさでございました。

Photo_12

ねぎみ

Photo_13

ハート

Photo_14

ささみにクリームチーズ

Photo_16

ビールで乾杯の後は日本酒3種飲み比べ。

こちらの女子がオーナさん?とっても素敵な方でした。

あったかいサービスにクミョン感激、好き

Photo_17

焼き鳥はビールにも日本酒にも合うサバイバルフード。

「出羽桜」美味しかったです。ネットでまた一升瓶買いいたしましょう。

Photo_18

人気の長芋アンチョビソース

Photo_19

本日のキノコたち

Photo_20

蕪の炭焼き

鶏メニューだけでなく美味しい野菜メニューも沢山ありました。

Photo_21

大きいメニュー貼っておきますので、行かれる方は事前に研究して行ってね。

一回ではとうてい制覇できない内容です。

Photo_23

〆は鶏白湯の玉子雑炊。以上お腹パンパンで@4000円ほど。

コスパもよろしいお店と思われます。

Photo_22

最後にサービスのデザートが登場。

美味しい新年会でした。焼き鳥だけ言うとものすごく・・・・とは思いません

でしたが他のメニューやお店の方の対応が抜群、これが人気の秘密かも。

Photo_24

アヒルさんのご紹介で近くのBarに流れました。

オープンから22年 「モダンタイムズ」 さん。

松本幸四郎の若い頃に少し似てる?渋いマスター。

女子一人でもOKなお店です。一杯千円+チャーム500円の明朗会計。

いつか神戸の震災を体験していない人の方が多くなってしまうんだろうな。

あの日から今日までの神戸を見てきた一人として、寂しさも覚えます。

END

2013年1月17日 (木)

他の物も発見されました!

Photo

JR山陰線の車窓から

以下の内容と↑は関係ございません。

去年で引ったくり被害の件はもう忘れましょうと思っていましたが・・・・・

三重県内でトートバッグ、万歩計、財布、化粧ポーチなどなど、要するに

現金とカメラ以外の物全部が「関」という場所の幹線道路脇に年末捨てられて

いたのが発見されたと連絡がありました。

電話口の三重県亀山警察署「落し物課」の人曰く・・・・・・

「そちら様の落し物が出てきたようです、取りに来てください」

落し物・・・・・それを聞き脳みそが沸騰しました。相手が警察と言うことを

忘れ「何が落とし物ですか!!盗品よ盗品!!私引ったくりにあったの」

と声を荒げてしまいました。

中に入っていた歯医者さんの診察券から連絡先が分かったようですが

そしてまたしても「取りにきてください」の一点張り。

同じ三重県のはまぐり署、じゃなく桑名署での件を説明しようやく納得

してもらえ再度「着払い」で送付して貰えそう、と待っていたら10日以上

なんの連絡もなし。

先ほど問い合わせてみました。すると受け口たらい回しのあげく・・・

「あ、鑑識などに提出する準備中でして、まだ時間がかかります」

提出するのに準備がいるのか?それってもしかして忘れられてた?

皆さん、警察って兵庫県警を筆頭に全く頼りになりませんよ。

今回でよくわかりました。これでは捕まるものも捕まりません。

もうこの件はこれで本当に最後にしたいと思います。

最後の最後に犯人に告ぐ

「これで終わったと思うなよ 南港の水は冷たいで」

END

2013年1月15日 (火)

ATCに行ってみる・・・・

Photo

今年は引っ越しイヤーでございます。

3か月後なのですがそろそろムズムズしてきました。

連休は家具などの下見に南港のATCへ。

巨大レゴの様な館内は人が少ない・・・・なんてもんじゃなく、いない。

大塚家具の中で辛うじて人間に遭遇することが出来ました。

Photo_2

けど大塚家具って・・・・・・ピンとくる家具は皆無でございました。

イタリア製300万円のソファに座ってみても落ち着かず、どうもしっくりこない。

因みに上の箪笥3竿で小さなマンションが買えるくらいのお値段でした。

こんな家具に囲まれた生活をしてる人たちもいるんだろうなぁ。

そんな人達からは消費税10%とっても許してあげるわ

Photo_3

クミョン 「トイレにこれ付けたら面白いかもね」

♂    「きらきらした ザウ が出るだろうね」

(ザウとは上海語で ○○コ のことです)

総スワロフスキーの小ぶりなシャンデリア250万円。

結局ATCでは収穫ゼロ、翌日行ったアクタスは入館10分でテレビ台が決まりました。

そんなこんなで 今年前半は引っ越し関連でかなりジタバタしそうな予感です。

食関係のアップが疎かになったらごめんっち

END

2013年1月13日 (日)

アカツキ焼肉店 @神戸市中央区元町通1丁目11-7

P1000244

恵比寿神社参拝の前に北野の帝王の妻マーリンさんと攻撃したのはここ、

元町駅南すぐの穴門筋にある「アカツキ焼肉店」 さんです。

オープンから6年、ずーっと気になっていましたが初めてお邪魔いたします。

P1000232

カウンターで頂きました、奥にはこんなテーブル席が1つ。2階にも

テーブル席があるので人数が集まって盛り上がるときにも使えそうです。

P1000223

男女お二人で運営されておりました。

このお店はもう少し西にある「焼肉銀河さんの姉妹店です。

P1000224_3

まずは「ちょい飲みセット」でスタートいたしました。

小さいお店ですがメニュー内容はかなり豊富です。

P1000229_2

ちょい飲みのお肉は紅白歌合戦 部位の名前忘れちゃった・・・・・

どれも丁寧に下処理されていてとっても美味しいです。

P1000230_2

BGMは何故だか70年代の歌謡曲が流れスタッフのお二人とも会話が弾みました。

P1000239_2

北海道を思い出しながら「マトンのロース」 臭みなく美味しいです。

これで500円、コスパも大変よろしいお店のようです。

P1000235_2

サイドメニューも色々揃っていました。箸休めにチャプチェ。

P1000242_2

〆は塩タン、ビール2杯上記の内容で@2400円ほどでした。

電車に乗っちまうのは惜しい夜だなぁって日にいいお店ですね。

クミョンがリーマンなら週に1回は寄ってしまいそうなお店です。

この後上機嫌な二人は恵比寿神社へ、福は授かったかどうかわかりませんが

体重だけは増えた、そんな夜でした。

END

2013年1月12日 (土)

柳原恵比寿参拝記念

Photo

北野の帝王の妻マーリンさんと柳原の恵比寿神社に詣でてきました。

今年も皆様にいっぱい福とお金が舞い込みますように、おめでたい「金男」の

画像を張り付けております。しかし気合い入っとるわ、この兄さん

Photo_2

「今年の柳原は人が少ない・・・・」とか噂を聞いたのですが間違いだったようです。

週末の残り恵比寿は人人人 前に進めないくらいめっちゃ人

あまりな行列に気の弱いマーリンさんとクミョンは大黒さんの参拝を諦め恵比寿さんのみなんとか参拝。

立ち食いしている人が多くソースとかをコートにベチョっと付けられないか気が気ではありません。

Photo_3

祭りといえば加島の玉子焼き、超人気店です。

1万人くらい並んでいたので諦めました。ええ商売してはるわ。

Photo_5

さざえ、と書いてあっても中味は大貝・・・・わかっちゃいるけどカップ酒とつぼ焼きは魅力的です。

参拝前にお食事をすませたので今回は撮影のみでございます。

P1000261

近くのお店はどこも超満員、タクシーで新開地へ。

お好み焼き主体の居酒屋「じゅわっち」さんで〆ることにいたしました。

蟹足の天ぷら、旨い~ 海鮮豚バラ乗せお好み焼き、朝ひき鶏のたたき、なども頂きました。

Photo_6

ジオラマで撮影しみました。

マーリンさんとクミョンは柳原の恵比寿神社には特別の親しみを感じるのです。

お互い商いを営む家に生まれ、小さいころは父親と学生時代はお友達とそして

生意気になってからは彼と・・・・これまでの何十年の思い出が蘇る参道です。

呑みながら「今年私たちっていくつになるんだいったい・・・・」と思わず顔を見合わせました。

いろいろありました、そしてこれからもいろいろあるでしょう。

なんとか泳いで行ったらどこかの岸にたどり着く、そんな気分でこれからも。

END

2013年1月11日 (金)

不思議な年賀状

Photo

今日は5日頃に届いた不思議な年賀状について少し。

これ、届いた方いらっしゃいますでしょうか?

年賀はがきの裏に 新年の挨拶文に続き日本や世界の現状を述べた

極右でも極左でもない奇妙に真っ当な文章。全く過激でも宗教的でもなく。

そして不思議なのは こちらの住所氏名(夫婦連名で)はきっちり印刷

されているのに差出人の住所も名前もなにも記載がないのです。

何これ?誰これ? 不気味

END

不気味と言えばNHKのみ30分さいて放送された安部総理の緊急記者会見。

10兆円のばら撒き・・・・・・大企業のみに大半がいちゃうのよね。

東南アジア歴訪・・・・・・・・・首相自ら中国に乗り込むってどうよ?

もっと愚痴ってやろうと思いましたがキリがないのでやめとくわ

2013年1月10日 (木)

リヴィエール キャレ @神戸市中央区下山手通4丁目7-14

Photo

2013年初ランチはJR元町駅から鯉川筋を上がった角にある白いビストロ

「リヴィエール キャレ」 さん。ご夫婦で運営のお店です。

Photo_3

しろちゃんとご一緒いたしました。まずはワインで乾杯

今年も美味しいものにあり付けますように。

外からの陽光が入る店内はこんな感じ・・・・・

Photo_4

ランチは2800円のお任せコースのみの提供でした。

もうすぐ1周年だそうですが整えられた客席、お化粧室も大変きれいでした。

Photo_5

まずは小さな一品から「海老芋のムース」 

パンは自家製の焼きたて、全粒粉のとホッカッチャタイプの2種。

Photo_6

前菜は鰆に少し火を通したもの、蕪のソース和えetc

フロア担当は奥様です、ガラスの器なので指紋が付かない様に白い手袋をされていました。

ランチでここまでされるとは、丁寧な気配りのある方と感心いたしました。

Photo_7

小さなかわいい器でスープ登場、白ネギの泡と下のスープの部分が2層になっています。

クリームのお味が美味しい、お代わりが欲しい一品でございました。

Photo_8

お魚のメインは太刀魚、バターの風味がよく香り火入れも丁度で美味しく頂きました。

ワインはとっくに無くなりましたが次の予定があるので我慢しました。

Photo_9

お肉のメインは小鴨の胸肉のロースト。

ワインを煮詰めたソースと赤蕪のソースが添えられていました。

デザインも素敵、お肉の量もボリューミーでしっかり頂きました。

Photo_10

カトラリーも有名レストランで使われる蜂さんマークの高級品でございました。

グラスワインも500円~600円、ほかの飲み物も多種用意されていてリーズナブル。

Photo_11

デザートは2種、金柑のパウンドケーキ、アイスクリーム。

コーヒーかダージリン茶アールグレー茶から飲み物を選びます。

これだけ全部出てきて2800円、コスパの良さでは最高なお店だと思います。

シェフと奥様もお仕事に真摯に向かい合っておられて、応援したくなるお店です。

Photo_12

ランチの後は二人で初スパへ。

お正月に半額のはがきが届いていました、そのせいか普段より少しだけ混雑。

岩盤浴の竹枕が新しくなり、ミストサウナ内に少し変化がありました。

一万歩歩いてスパ利用、帰宅後体重を測るとランチが無かったことになっていました。

得したような損したような、初ランチでございました。

END

2013年1月 8日 (火)

城崎にて

P1060246

城崎には何度も来たことがありますが、この雪景色の時期に是非訪れてみたかったのです。 

香住からの帰路、しばし温泉街ですごしてみました。 

P1060240

 クミョンのお目当ては温泉、♂は日本の温泉は熱過ぎて入れません。

 周辺を撮影するというのでクミョンのみこの「御所の湯」を利用しました。

風呂はごく普通な大きさの内風呂と雪景色を楽しめる露天風呂。

 入泉料は800円、時間があるなら温泉めぐりの千円チケットがおすすめです。

 屋根からどさーっと落ちてくる雪に注意が必要です。

 P1000156_3

 少し離れたこのお寺の辺りは人もまばら。

 雪が美しいと思うのはそれと生活する大変さを知らない者の思うことでしょう。 

けどしんしんと降る雪の中に立つと聞こえる音もその空気感も神戸とは全く違う、

神秘な雰囲気がいたします。毎日雪かきをしているそこのあなた、都会モンの戯れと

お許しくださいませ。

 P1000136_2

アンニュイな気分に浸ってばかりいては帰りの電車に乗り遅れます。

駅前にこんなカラフルな温泉巡りのバスがいましたが、全く運行している様子はありませんでした。 

温泉街の道は細い上に雪が積もって歩行困難、こんなバスがうろうろ通るのを想像すると怖いです。

 P1000174_2 

帰りの「特急こうのとり」は1時半発、駅前の観光客御用達なお店で最後のあがき

 蟹とろろ丼+ミニうどん定食 を頂きました。お味は?超満員の店内、早々と退出いたしました。

 そうそう食ったといえば・・・・・松屋さんでの朝食はこんな感じ。

 P1000116_2 

コンロで焼き烏賊、も付いていました。蟹で出汁をとったお味噌汁が美味しい

一泊二日でしたが楽しくて美味しい体験でした。

9日間これ以外の日はひたすらドラマの消化と冷蔵庫にある物食いをしていたら・・・・

 おぞましく体重が増加しておりました。またウォーキングに励むといたしましょう

 END

P1000105 

松屋さんの和室にこんな物体があったのですが・・・・・・・

これ山陰地方独特のお正月飾り?不思議なり。

 

 

 

 

2013年1月 7日 (月)

香住で蟹バトル @兵庫県美方郡香住

P1000126

冬休みのアナログ期間はネット界からは遠ざかりまったり休憩させていただきました。 

さて、今日から仕事始めでございます。まず一発目は香住蟹バトルの旅から。 

3日の昼過ぎ,JRの特急はまかぜに乗り神戸から一路香住まで約3時間。 

豊岡を過ぎるあたりから一面の銀世界でございました。 

お宿はこちら 地蟹料理の民宿旅館 「松屋」 さん。 

イグラオンマさんご一家が毎年利用されていると聞きご紹介いただきました。 

Photo 

完全家族経営、ジイチャンの家にお泊りしてる雰囲気です。 

当日は♂とクミョンの全館貸切状態。 

改装されて間もないのかしら?お部屋もお風呂もとってもきれいでした。 

炬燵が珍しい中華♂はかなりはしゃいでおりました。

 P1000100

 いきなりですが蟹足です。

 夕食は20畳ほどの広い和室で二人ぽつーんと・・・・ちょっと寂しかった。

 しかし蟹はハンパじゃない量が用意されておりました。まずぶっとい所を炭火焼蟹で堪能。

ジイチャンは料理の説明をした後は退出、放置プレーですべてセルフで頂きます。

P1000101

豪快に焼かれた蟹味噌、ねっとりと美味しかったです。

我々が今回バトルしたのは一泊2食地蟹竹コース 19000円 

茹で蟹のつく23000円の松コースもありますが、多分完食は無理でしょう。

画像なしですがもちろん土鍋で蟹すきも頂きました。

P1000102_2

 このお刺身がまた絶品でした、リピートアフターミー級の美味しさです。

 息子さんが駅前で居酒屋を経営されていてお刺身は彼の作品なのだそうな。

 近くに嫁がれた娘さんが応援に来てお手伝い。

 P1000104

 圧巻はこの蟹刺 これだけの量を二人で食べたのは初めてです。

 無言でむしゃぶりつくとはこのことよ、至極の時間でございました。

けどジイチャンまったく商売っけ無し、「ビールください」「え?まだ飲むんか・・・」

壁に張り紙があり土産用蟹足6000円とあったので伺うと「これは冷凍や、今回食べたのと全く違う・・・・」

やめとけ、と言ってくれてるのね。

 P1000098_2

 香住蟹(赤蟹)はシャブシャブで頂きました。白烏賊がとっても柔らかく甘い。

 神戸の町中では頂けないお味です。ここまで来た意味を実感。

 ジイチャン曰く、香住蟹はなかなか納得できる物がない、松葉も大きな旅館で

 出してるのは大概冷凍モンやということでした。

 考えたら2万円くらいで百人単位の宿泊客相手にすべて地蟹を生で出せるわけありませんよね。

 P1000123

 水槽の蟹を拝見させて頂きました。しっかりタグ付いてるし。

 最後の蟹雑炊まで完食してお腹ぱんぱん、失神したように10時頃

 寝入ってしまいました。満足満足大満足

 大きな温泉旅館でないと気分が出ない方、城崎の西村屋本館が定宿で 一泊5万以上で

いつも平気で泊まってるのって方以外、生の地蟹にこだわるジイチャンのここお勧めです。 

HP → http://www11.ocn.ne.jp/~matuya/aisatu.htm 

ただ、蟹以外周囲に娯楽施設や過剰なサービスなどなどは全くありません。 

あるのは雪降りすさぶ海岸のみ・・・・・・・ 

P1060210

 冬の日本海に圧倒され立ち尽くすクミョン。

 この直後大吹雪となり撮影不可能、貴重なショットとなりました。

 END

近くにスパ銭もある様ですが車がないので行けませんでした

 

 

 

 

 

2013年1月 2日 (水)

アナログ休憩いただきます

Photo_2

皆様は美味しいお節などを頂いていらっしゃる頃と思いますが。

在日25年になろうとしている♂は未だにお正月といえば旧正月なようで全く盛り上がりません。

そんな中、大晦日に前回上海から持ち帰った黄酒を開けることにいたしました。

上海近郊のこのお酒、ローカルではよく宴席でみかけます。甘口で本当に飲みやすい・・・・・

そしてついつい飲み過ぎて、二人とも爆睡。徳永様も楽しみにしていた「よいとまけの唄」も

除夜の鐘さえも知らず。

目覚めたら1時半、年が越しておりました。

Photo_3

用意していた年越し蕎麦も元旦に頂く羽目に。

当家恒例の 「年越し猫そば」

北海道でゲトした乾麺で作りましたがなかなかいけました。

Lx_2

最近また画像がシャープだなって気づかれた方ありがとう

執念です、♂は執念で例の持ち去られたカメラと同型機種とカメラカバーも同じ物をネットでご購入

これで何もなかった事にしたいようですが、クミョンはどっちかというと財布を買って欲しかった。

お正月休みはこんな家ネタしかありません。6日までアナログ休暇を頂きます。

ブログ再開は7日になります。よろしゅうに

END

2013年1月 1日 (火)

明けましておめでとうございます

1

新年あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2013年 元旦

               猫空クミョン

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »