こちらもご覧ください♪

« 長谷製陶の長谷園  @三重県伊賀市丸柱569 | トップページ | 韓食堂モクチャ @神戸市垂水区平磯4-5-14 »

2013年1月31日 (木)

創作料理 なが谷 母や @三重県伊賀市丸柱569

Photo

伊賀焼の里にある長谷園敷地内のお食事処 「母や」(おもや) さん。

今回4人の第一目的は実はこちらで頂くお昼のお料理でございました。

画像数が多いです、ゆっくりご覧くださいませ。

Photo_2

築200年は超えるという立派なお家で、昼夜とも2組限定でした。

日本家屋独特のぴりっとした寒さ、母の実家を彷彿とさせるお庭。

すべてがタイムトリップしたような空間です。

Photo_13

広いお座敷で頂きました、襖が開いてお料理が登場いたします。

「クジラと菜の花」 この山里でクジラにお目にかかれるとは。

ご紹介するお料理は憧れのお鍋が次々現われる6300円のコースです。

Photo_4

言うまでもありませんが、こちらで使用される器たちは全て長谷園のものです。

ビールが美味しいこの器、3600円ほどで販売されていました。

Photo_5

4人様々な形の陶板に盛られた八寸、自家製のベーコンでお酒が進みます。

都会から遠く離れた場所とは思えない様な素敵なお料理が続きました。

Photo_14

お造りも美味しゅうございました。丁寧にお料理されています。

あ・・・・・あかん、お昼だというのにお酒が進みすぎまする。

Photo_15

ビール、焼酎はすでに完結。

好みのぐい飲みを選んで、日本酒も頂きました

Photo_6

出たぁ 最初のお鍋は 「ヘルシー蒸し鍋」 巨大版でございました。

そして何とトマトがぁ~ 蒸し蒸しの刑に処せられます。

Photo_7

ほっこり蒸されたトマトちゃん。素材も良いのでしょうが遠赤外線効果で特別に美味しいです。

後ほど陶製のスノコが別売りされていたのでゲトいたしました。

Photo_8

真打登場でごさいます、蒸し料理の材料が現われました。

Photo_9

蒸しあがりの図。特製のゴマダレがまた美味しい。

野菜、甘ぁ~

Photo_10

説明は不要でござますね。「白子の神様」 と命名いたします。

Photo_11

これで終わりと思いきや 伊賀牛の焼肉も登場

Photo_12

焼肉は 「やきやきさん」 で。油は下に落ちるのでとてもヘルシーです。

煙も殆ど出ません、蓋を使うとダッチオーブンみたいに使えるそうです。

あ、クミョン別に長谷園の回し者ではありません、悪しからず。

P1000574

そして、この 「かまどさん」  で炊いたご飯を食べずしては帰られません。

クミョンも毎日このお鍋の2合用を夕食時に使用しております。

結構炊き方はアバウトでお米も普通のお値段のものですが美味しく炊けちゃいます。

Photo_17

ご覧あれ、この艶々ピカピカな炊きあがりを。

ニッポンジンに生まれてきてよかったぁと感じる一瞬です。

乗っかってるのは山芋のお漬物でございます。

Photo_18

お腹ははち切れんばかりでしたが最後のけんちん汁まで完食いたしました。

「4つの胃を持つ女たち」 という小説が書けるくらい食欲旺盛なこてさんとたまちゃん。

そんな彼女たちから「満腹」という言葉を初めて聞きました。

Photo_20

この素朴な水菓子がお料理に合っています。

最初から最後まで 「母や」 さんのお料理をじっくり堪能いたしました。

堪能しすぎて予定時間をかなりオーバー、次回はもう少し余裕をもって参りましょう。

陶芸市や窯開きも魅力ですが、人出が多いと雰囲気がどないなもんか?

近くの信楽の里と共に回られるのもよろしいでしょう。

END

こてさん&たまちゃん、今回は素敵な所をご紹介くださいましてありがとうございました。

この後大阪で降りて11時まで晩餐会をなさったとか・・・・・敬服いたします。

二人のレントゲン画像を見てみたいものです。

« 長谷製陶の長谷園  @三重県伊賀市丸柱569 | トップページ | 韓食堂モクチャ @神戸市垂水区平磯4-5-14 »

コメント

こうして改めて画像で見ると来週にでも再訪したくなりました。
本当~~~~に素敵なお店でしたね。また季節を変えてぜひぜひ行ってみましょう!ってもうお礼状来たし(笑)
私の実家も趣のある古さでしたがもう改築してしまいました。
やはり日本家屋は良いですね。むっちゃ寒いけど・・・(^_^;)

このお店の良さを聞きつけクミョンさんになんとなくお話を振った時
「乗った!」のお返事の早かったこと。実に男らしいと思いました。

追伸 帰宅後夜中の3時に地蔵屋のパンを2枚いただきました。どないなってるねん私の胃(T_T)

こて様

楽しい一日でございました、みんなでワイワイしてると2時間半の行程も
あっという間でしたね。また是非攻撃いたしましょう。
ご不浄までの膀胱が縮み上がるような寒さも忘れられません。

また楽しい企画をよろしくお願いいたします。
引っ越し後はコストコのフードコートが話し合いの場になりそうですね。

え・・・・・晩餐会の後に地蔵屋のパン・・・・人間ちゃうわ。
私なんかあの料理を反芻したら3日くらい食べなくてもいいくらいお腹いっぱいでした。

まずは、くみょんママのご実家って、相当なお金持ちなのかしら?
こんなにステキなお庭があるなんて。

そして、素晴らしい器に、絵にかいたような美しいお料理。
この時間に写真を拝見するのは、身体に悪いですわ。
炙りサバ、そして新鮮な太刀魚やサヨリ・・・と、魚好きの私のアンテナがクルクルフル回転しております。
あ~、うらやましい。
宝石のようにキラキラ光り、一粒ずつ立っているご飯粒、大ぶりの具が食べ応えありそうなけんちん汁。
どの写真も、よだれもんで堪能させていただきました。

ビョン様

韓国からの旅行者の方にもこういう場所に来て頂いて倭国を再確認して
頂きたいものだなぁ、と思ったりしました。
円安で日本に来る外国人が増えたら交流も深まり関係もよくなるんじゃ
ないでしょうか?

ママの実家・・・・大日本帝国時代は盛り上がっていたようですが現在は
跡地にマンションが建つなどして昔を忍ぶよすが無しでございます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 創作料理 なが谷 母や @三重県伊賀市丸柱569:

« 長谷製陶の長谷園  @三重県伊賀市丸柱569 | トップページ | 韓食堂モクチャ @神戸市垂水区平磯4-5-14 »