こちらもご覧ください♪

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月27日 (水)

京都 権太呂のそば寿司

Photo

京都の帰り、高島屋の催し会場で「権太呂のそば寿司」1050円をゲト。

本店は麩屋町にありますね、そば寿司は催しのみの販売と聞き頂いてみました。

添えのお汁に少しつけて、なかなか美味しかったです。

Photo_2

この日の小雪舞い散る京都は何度くらいだったのでしょう。

人影のない鴨川を真理ちゃんとウォーキング。北山修の大ファンだったという

真理ちゃん、左手に建つ京都府立病院を感慨深げに眺めておられました。

遠くに見える山々は冠雪している、真冬の京都です。

Photo_3

見事な枝垂桜です、今はシックないでたちですね。

Photo_4

京阪出町柳駅手前の橋からは大文字が真正面でございました。

来る春に向けて休息中の京都、あと一月もすれば観光客でごった返す

お披露目の季節を迎えます。待ち遠しような困るような。

Photo_5

鴨川に向かいトランペットを練習中の女子。

この辺りは京都のカルチェラタンでございます。ええ感じ。

Photo_6

河原町通りからこの辺りは素敵な雑貨屋さんが散在しております。

Photo_7

Photo_8

河原町まで2駅だけオケイハンしてみました。

2階建て車両が楽しそうなので乗り込みましたが・・・・・

なぜだかホームにはカメラを持つ人がたくさん、みんなクミョンを写しにきたのかしら?

違いました。今月末で長らく運営していたテレビカーが姿を消すことになったので

それを撮る「トリテツ」が撮影に来ていたのです。失敗です。テレビカーに乗り込むべきでした。

スマホでテレビでも映画でも見られるこの時代、消えゆく運命だったテレビカー。

あの単純な娯楽が楽しかった頃がまた遠くに行ってしまいました。

END

ANAの機影が関空から消えました・・・・ってソウル線のお話ですが。

夏のフライトスケジュールから全てアシアナとの共同運航便に変わります。

787の影響でドル箱路線まで放棄とは!!クミョンのマイレージ、大丈夫かしらん?

2013年2月26日 (火)

レーヌ デ プレ @京都市上京区中町通丸太町下ル駒之町

Photo

2ケ月ぶり、今年最初の京都ランチはOZW真理ちゃんと御所から東へ

雪が舞い散る中を10分ほど歩いてフレンチの 「レーヌ デ プレ」 さんへ。

↑肉料理のメイン 「田舎鶏若様の低温ロースト」 

Photo_2

通りから少し入った所でした、すっきりとした入口。

なかなか宜しいのでは・・・・と期待が高まる一瞬です。

Photo_3

入ってすぐ右に厨房があり前にカウンター席、奥にはテーブル席が3つほど。

細長い店内、土地の形は京都の町屋そのもの。少し窮屈感があります。

まず「半熟卵のスペシャリテ」 この卵料理を出すお店が増えましたね。

Photo_4

甘い、塩辛い、酸っぱい・・・・いろんなお味が含まれていました。

不思議なスタート。卵の口が小さいので掬い難かったです。

Photo_5

透明な液体も頂くことにしました。イタリアの少し甘い白でした、残念。

Photo_6

「シェフの遊びゴコロ・・・」 と命名された2品目。

美味しいスープ状の・・・・何か失念。それほど印象に残りませんでした。

Photo_7

大きなお皿の端っこにちょこんとこれだけ乗っていました。

「甘海老のタルタル オレンジの香り」

甘海老より雲丹が美味しかったですね、北海道のかしら?

Photo_8

オリーブオイルを練りこんだパン、木の箱でサーヴされます。

高温の石が下に敷いてあるので熱々でございました。

床もお皿もパンの下も黒御影。

Photo_9

魚料理 「自然のミネラルだけで味を整えた的鯛と蛤」

塩は全く使っていないと説明がありました。低温調理された限りなく生に近い鯛・・・・・

う・・・・・ん。このお料理二人とも完全にあきませんでした。

今流行りの低温調理に拘ったお店のようですが、これは????

Photo_10

最初の画像の若様鶏の低温ロースト、これはとても美味しく頂きました。

若様、なりませぬ、あ~れぇ~ と、思わず腰元です。

80度で12時間調理するそうです、予約必須なわけですね。

Photo_11

これからデザートが3品続きました。

わかりづらい絵図ですが 「濃厚なチョコレートのソルベ」

Photo_12

「タルトタタン 2013」 これ真理ちゃんのです。

クミョンは事前にシナモン駄目と伝えておきました。すると・・・・・

クリームも下のクッキーもなくリンゴだけで寂しかったです

Photo_14

「カラメルのキモーブ」 

品数は多いですね、けど・・・・「これは美味しい」と思うお料理がなかったかな。

最近多いこの手のhajimeタイプのラボ的フレンチ、なんかパンチに欠けるんです。

「今風」を狙いすぎてシェフの経験が生かされていない様な・・・・・

生意気言ってごめんあそばせ。あなかしこあなかしこ。

Photo_13

〆は数種類から選ぶお茶とミニャルディーズ

2月の京都の寒さを思い知る今回のランチ旅でございました。

この後、鴨川辺りを散策、寒かったわ

END

2013年2月23日 (土)

あさの水車 Anteil @神戸市兵庫区上三条町11-6

Photo

北野の帝王の妻まーりんさんとお寿司ランチの後、平野界隈をお散歩してみました。

歴史は平安時代までサカノボルらしい「湊山温泉」。

この日2人は勝負パンツの持ち合わせがなく、入湯は諦めました。

川の奥の方を見るとなにやら怪しげなお家が見えました・・・・・・

Photo_2

急な階段を上がりたどり着くと、普通のお家に見えますが何とカフェでした。

こりゃ素通りできませんわ 入るなりオーナーの男性がお出迎え。

築80年の昭和なお家をそのままにカフェを運営していらっしゃるそうです。

「あさの水車  Anteil」 さん。 ここは昔「あさ」さんというお婆さんがお住まいで

お米屋さんだったので脱穀用の水車があったそうです。

Anteil(アンタイル)はドイツ語で 「分かち合う」 なんですと。

Photo_3

三つのお部屋が用意されていました。こちら一番人気の炬燵の間。

ここにすれば良かったと後で大変後悔・・・・・その理由は・・・・・

めっちゃ寒いんですここ、そういえば小さい頃の家はこんな風に寒いのが当たり前でした。

Photo_5

2階のお雛様の間に陣取ることにいたしました。

窓の外は渓谷?って申しますか、崖でございます

あまりの寒さに固まりながら窓の外を眺めるまーりんさん。

穏やかでなナチュラルな奥様が調理担当のようです。

Photo_6

オリジナルのスパイシーなチャイ(500円)を頂きました。

部屋が寒いのですぐ冷えてしまいましたが美味しいチャイでした。

ランチも提供されています。1日10食限定?とか。予約がベターでしょう。

Photo_8

お腹一杯でしたが記念にホットケーキ(500円)もシェアしてみました。

ふわふわ カフェタイムにはこの他に自家製のスコーンもあるようです。

Photo_9

部屋には頼りない電気ストーブがあるのみ。

寒いでしょう・・・・と途中で湯タンポを持ってこられました。

Photo_10

まーりんさん寒すぎてひざ掛けを肩におおって半泣き状態。

夜はアルコールもあるようですが・・・・・日が暮れたらどんだけ寒いんだろ。

次回はもう少し気候のよろしい頃に温泉と合わせて再攻撃いたしましょう。

Photo_12

もう一つのお部屋はベランダ付き、天気が良ければ海まで見渡せそう。

こんな不安定な地形で古民家が残っているとは、この辺り震災の影響は

なかったのでしょうか?古いお家がたくさん残っています。

Photo_11

女子会にお使いくださいと提案されました

場所は平野の交差点から有馬街道を上がり、祇園さんといわれる神社の

階段の西です。駐車場なんてありません。必死で歩いて行ってください。

ひつこいですが寒いです。冬は防寒着でお越しください。

END

2013年2月21日 (木)

光海ー王になった男 観てきました

2

久々の新作来襲と伺いイ・ビョンホン氏に会いに行ってきました。

レディースデーのHATのシネマはほぼ満席でございました。

彼の演じる光海君は朝鮮王朝の中で「2大暴君の1人」とされています。

「○宗」という死後の呼び名も付けて貰っていない可哀想な・・・・王様です。

時代的には豊臣秀吉の朝鮮出兵直後あたり、光海君の父王の主治医がホジュン。

王位を得るまでのどす黒い部分が今回描かれていないのでクミョンがドラマなどで

何回もお目にかかった光海君のイメージをかなり覆す内容でした。

ま、歴史は勝者により編纂されるもの、何が本当かはわかりません。

ともあれ、映画自体は美しい宮殿、衣装、配役も素晴らしく大いに楽しめる

秀品でございました。韓流はどうも・・・イ・ビョンホンは短足だから・・・・

そんな方でもしっかり楽しめる映画です。是非ご覧遊ばせ。

そうね、どこかの国で○○党だの▽△党だのって覇権争いばかりして

国民を顧みない政治家の皆さんに特に見て頂きたいと思いました。

内輪もめの連続で国が弱体化し隣国に攻められ遂には解体した朝鮮王朝、

どこかの国の現状とよく似ていますよね。

1_2

このお兄ちゃんも42歳ですかいな・・・・・・

「JSA」で始めてお目にかかってから13年が経とうとしております。

「美しき日々」を日本語で見て興奮していたあの頃に戻りたいな、クミョン。

こんな映画のご紹介の後、イタリアンやフレンチは合わないので・・・・

Photo

先週頂いた湊川公園駅近くの「すーぷ房」さんのスジスープ。

こちらは三宮の百済さん系列のお店です。花隈駅近くにもありますね。

寒い日のソウルフード、韓国チゲは最高に暖まります。

END

王様が「大」をするシーンがあるのですが、王様が事を終えられたら

すぐ近くに侍る女官達が「おめでとうございます」って・・・・・笑ろた。

2013年2月20日 (水)

鮨 中広 @神戸市兵庫区石井町4-2-13

Photo_17

北野の帝王の妻まーりんさんとお寿司ランチでございます。

イグラオンマさん御一家御用達というこちら 「鮨 中広」さん、握ってくださるのは

コースターの図柄そっくりな中広君。門上さんも訪れるお店だそうです。

以下お寿司が延々と続きます、寿司アレルギーの方は避けてお通りください。

Photo_2

おまかせ(5000円)でお願いしました。まず一品登場。寒い日でしたがビールで。

あて系がこれから続くのか・・・・と思っていたら早速握りが始まりました。

Photo_3

Photo_4

Photo_5

天然の鯛、まぐろ赤身、鰹・・・・普通かなって始まりでした。

カウンター10席ほどと小上がりのお座敷、ざっくばらんな感じの中広君。

Photo_6

Photo_7

Photo_9

おおお、良いネタが続きます。この辺りから本領発揮ですね

烏賊、中トロ、たいらぎ貝、さより。美人がぞくぞく登場。

Photo_10

Photo_11

Photo_12

続々男前も登場です。

足赤えび、鰤←これが天然物で最高に旨い、蒸し穴、うに。

Photo_13

てんこ盛りとはこのことか 口の中が蟹だらけになりました。

みずみずしくて美味しい蟹でした、これリピートアフターミー

Photo_14

2

赤貝、子持ち昆布。シャリが小さいのでまだまだ食べられたかも。

中広君から「この2人どこまで食べる気なんや・・・・」みたいな雰囲気が。

Photo_18

ウコンで漬けた大根、赤出汁もでました。

これで終了、最後に口直しで握ってもらったのがまた最高でした。

Photo_15

芽セロリと姫ネギ。芽セロリにはレッドペッパーが添えられオリーブオイルが

Photo_19

最後の最後はカチッと凍ったフローズンイチゴちゃん。

きゃ~、ここ好き。めっちゃ好き。夜はここからの帰宅がかなりヘビーなので

またお昼の大宴会に使用したいお店です。ご一緒に如何?

Photo_20

お会計も明瞭会計で安心でした。思ったより気取らなくてOKなお店です。

「エグザイル巻き」「キムタク巻き」・・・・っぷぷぷ

Photo_21

バス道に面しています。駐車場も完備、鵯墓地へお参りの帰りにもグー。

そして近くに温泉もあるのです・・・・・その内容はまた後日。

私たち二人もとうとうお寿司が美味しい年代になりました。

うれしいかな、悲しいかな、食べられる内にどんどん食べておきましょうね。

END

2013年2月18日 (月)

オジェパメン @大阪市生野区桃谷3-9-4

Photo

なかなか韓国を攻撃できないのでコリアンタウンで我慢することにしました。

桃谷の御幸森商店街(コリアンタウン)に去年8月オープンのサムギョプサル専門店

「オジェパメン」でK女史、Uさん、クミョンの3人で到着早々ランチです。

店名は「昨日の晩」って意味だそうです。元気でマッチョな韓国男子数人で運営。

Photo_2

店内食べ盛りの女子で満員、これ夜ちゃいますよ、お昼前11時45分頃の様子です。

運よく1席空いていたのですぐ入店できました。春から夏は店外にもテーブルが出ます。

Photo_3

店名入りエプロンの装着でいざ出陣でございます。

Photo_5

お昼は好みのお肉と食べ放題の野菜とオカズがセットの1300円。

夜はご飯も別で1800円のようですね。お昼がお得だわ

Photo_4

豚の3枚肉、トントロ、豚ハラミをオーダー、自動的に豚の腸も付いてきました。

Photo_6

野菜やオカズのお替り自由は嬉しいですね。

白菜キムチが美味しかったので帰りにまた買いに寄りました。

Photo_7

お肉は男子スタッフが焼いてくれます。

残念ながら肝心の3枚肉が固くてあきませんでした。

分厚い肉なので拍子木切りにした方が美味しくいただけると思います。

Photo_8

遊び疲れてヘロヘロになり帰れなくなったらゲストハウスも商店街内にあります。

一泊2500円から・・・・・安っ

Photo_9

コストコもびっくりな大量のポン菓子売ってます。

Photo_10

NHK夕方帯の「あほやねん!すきやねん!」のロケと遭遇。

大きな女のお兄さん 「27日(水)の5時半くらい放映だから、見てね!!」とのことです。

Photo_11

満腹のはずでしたが 「ホットクケーキセット」600円につられてオヤツです。

「班家食工房」さんにて、奥が広いイートインスペースになっています。

ホットクだけどほっとけません、温かい内に食べてしまわないとカチカチになりますから要注意

Photo_12

休日のコリアンタウンは平均年齢が低いですね。

入り口近くの化粧品店Sumiさん、相変わらず大繁盛されております。

続々と新しいお店が繁殖していますね、このsumiさんの横にも非常に

気になるお店がありました。次回攻撃の目標とさせて頂きます。

END

2013年2月16日 (土)

すえちゃん @神戸市東灘区住吉宮町1-2-18

Photo

ルーシーTちゃんと住吉でお好み焼きランチでございます。

前回「富士屋」さんの帰りに目星を付けていた 「すえちゃん」 を今回は攻撃です。

お昼調度をさけて伺いましたが狭い店内満席

30分くらい待ってやっとありつけた↑手前スジ焼き、向こうは芋入り油かす焼き。

Photo_2

待機中にメニューを写しておきましたがわかり難いですね。

お値段はそこそこ、そばは少し高めの設定と思われます。

お好み焼きは薄い生地の上にざく切りのキャベツを乗せ、その上に具材という方式です。

キャベツが蒸し状態になるので好き嫌いが分かれるところでしょう。

Photo_3

誰も写りこまない瞬間を狙っています。店内は鉄板を囲んでコの字型に

客席が10席ほど、空間は全くないです。食べたらさっと帰るお店です。

優しいおばちゃん二人で運営、初心者でも入りやすいと思います。

う・・・・ん、美味しいんだけどクミョンは前回の「富士屋」派だな。

Photo_4

すぐ近くなので「富士屋」さんにも寄り大きな蛸が満載の蛸そばを持ち帰り。

昼もお好み、夜もお好み、関西人に生まれて良かった

この富士屋さんの看板猫22歳ですって ストーブの前から断固として動きません。

JR住吉まで上がり山口豆腐さんでお買いものをして帰りました。

Photo_5

バレンタインでしたがクミョンはチョコレートを買わずに蓮根を買いました。

近くで四国からきた農家さんがテント販売をしていました。

土付きの蓮根が300円。他にも魅力的なお野菜がいっぱい。

また覗きにいってみましょう。

END

2013年2月14日 (木)

華楽園 @神戸市中央区元町通3-3-5

Photo

陶芸のセンセェ、OZW真理ちゃん、クミョンの3人で元町ランチです。

ご近所にお住まいの真理ちゃんのお友達もご利用と聞きこちらの

「華楽園」さんを初攻撃してみました。春節祭で賑やかな南京町とは

離れたところにあります。元町商店街の風月堂横脇道を南へ入ったところです。

Photo_2

お勧めは豚足と揚げワンタンだとか、前夜から脳内は豚足で占められておりました。

実はこの豚足、意思疎通の難しいスタッフのお陰でお食事がほぼ終わった

頃に登場したのですが・・・・今回のメインだったので最初に挙げときます。

とろっと煮込まれた美味しい一品でございました

Photo_3

センセェご注文のランチセットA900円

火鍋麺とありましたが、どう火鍋なのだろう?細麺が美味しそう

メインはエビチリと麻婆豆腐から選べるようでした。揚げワンタンも付いてますね。

Photo_4

真理ちゃんとクミョンはお粥セット800円にいたしました。

お粥の量がちょっとしょぼい。味はお粥としては濃いめです。

こちらは広東料理のお店です。上海だとお粥に塩は入れませんけどね。

Photo_5

セットの揚げワンタン、ぱりっと揚がって美味しいです。

オーダー時にかなり迷いましたが、振り返って研鑽を重ねた結果正解が出ました。

「豚足ラーメン」を各自オーダーし、揚げワンタンをシェア。ここではこれですね

P1000846

お二人とお別れしトーアロードでUNICOなどを物色。

照明で良いのがなかなか見つかりません、かわいいのは多いのですが

♂とクミョンに似合うものが・・・・ないのです

P1000859_2

鯉川筋で上海人のお店を発見いたしました。持ち帰りの生煎が出来上がるまで

ご主人と上海のお話をいろいろ。80年代初めに日本に来られたそうですが

あの頃は10元あったら一日遊べたけれど今はラーメン一杯も食べられない

と嘆いておられました。上海も住みにくくなりましたそうな。

このご主人どっかで見たことあるんですが・・・・思いだせません。

ランチに生煎とラーメンのセットなど、また伺ってみましょう。

END

グアムの事件、怖いですね!!あそこってだいぶ前だけどクミョンの泊まった

アウトリガーの下ですよね!!ハードロックカフェで飲み過ぎたあと

ABCに入ろうとして入口のガラスで頭を打ったので良く覚えています。

2013年2月13日 (水)

豆苗・・・・・

Photo

近頃野菜が高騰しておりますね、よって豆苗の再生に挑戦してみました。

挑戦というほど大げさな物じゃありません、使った後のを水に漬けておくだけ。

3日間ほどなんの変化もないので捨てちゃおうかなって思っていたら・・・・

↑5日目になるといきなり背伸びするやつが現われました。

Photo_2

↑7日目、かなり豆苗らしくなってきました。

豆から出てきたのではなく切った所から枝分かれ状態で伸びています。

けどまだまだ収穫には遠い感じですね。

Photo_4

↑12日目 どこまで伸びるか試そうかと思いましたが下の豆が

不気味に黒くなってきたので玉子スープの具に調達いたしました。

売っている状態よりかなり細くて頼りないですがソフトで美味しいお味でした。

こうしてクミョンが爪に火を灯すように節約して生活してるというのに・・・・・

♂がまたやらかしてくれました。

信州へ撮影にと一人で出かけましたはよろしいが、

青木湖へ向かう途中の雪道で多重衝突に巻き込まれてしまいました。

いきなり大雪になり周りにいた車全部がスリップ、歩く速度より遅いくらいで

ぶつかりあったので怪我はなかったのが幸いでした。

マイナス6度の山間で警察の人も交えて運転していた7人は友達の

ように助けあったとか、のんきに記念写真まで撮ってます・・・・・・

レンタカーの傷は保険でカバーできました、けどその車を使えない間の

費用は保険外で2万円!!かかってしまいました。

とほほほほ・・・・・・豆苗いくつ再生したら元が取れるんだろう。

え?何回かランチ我慢せいって?嫌ですぅ

END

2013年2月12日 (火)

HITO Coffee Beans @神戸市兵庫区梅元町7-3

Photo

ウォーキングの途中、シロチャン御用達のコーヒー屋さんで休憩いたしました。

「HITO Coffee Beans」 さん。不思議なお名前ですね。

店主ご夫妻?もインテリアもアメリカンインディアンな雰囲気満載。

数種類あるブレンドコーヒーの中から 「父なる天ブレンド」を頂きました。

Photo_8

自家焙煎されたコーヒー豆の販売がメインみたいです。

神戸でも最も辺鄙(失礼)な場所にありながらクミョンがまったりしている

間にも豆を買いにくるお客さんがちらほらいらっしゃいました。

Photo_9

「バッファローの爪が1つだけになってしまいました、申し訳ありません」

と言われ?????このロールケーキの名前が・・・・・・

Photo_10

「タタンカロール」だからバッファローの爪なわけですね。

あっさりとしたクリームが美味しいロールケーキでしたよ

LAKOTA族の言葉

白人の宗教は、文字によって書かれるがゆえに、消えることが

あるが我われの信仰は、心に刻まれるがゆえに消えることはない。

Photo_6

封筒で作られたメニュー。

いい感じのお店なのですが、車以外のアクセスはかなり悪いです。

三宮からだと諏訪山公園などを通る市バスで五宮のバス停で下車。

神戸駅or元町駅からだと北に・・・・・・徒歩30分弱かな

Photo_7

豆もゲトしてみました。HITOブレンド、毎朝頂いております。

見た感じは浅煎りのような色合いですが香ばしく美味しいです。

お湯を注いていると、遠い昔を思い出します。

この辺りから平野にかけて昔ながらの喫茶店が多くみられます。

スタバやファミマなどの無いあの頃の神戸が残る貴重な地域です。

END

2013年2月10日 (日)

輪 @神戸市中央区下山手通3-12-1

Photo

皆様 明けましておめでとうございます。

本日はチャイニーズニューイヤー・・・・・え?中国嫌いって?

ではお話を和食に戻しましょう。

K女史、ルーシーTちゃん、クミョンの3人でトーアロード近くの和食

「輪(りん)」 さんでお昼を頂きました。クミョンは2回目です。

Photo_2

今回はK女史の快気祝、Tちゃんの職場復帰祝も兼ねておりますので

まずは日本酒で乾杯といたしましょう。

今回は個室で頂きました、厨房から小窓を通してお料理が運ばれます。

Photo_3

下のお皿からも溢れんばかりに注いでくださいます。

番外品と書いた札が付いている「大信州」、さらっとフルーティー。

Photo_6

寒い季節にもそれを楽しむ余裕を見せる日本料理はすばらしい。

上品なお出汁で頂く椀物、下には蓮根のしんじょうが隠れています。

最初の画像の八寸は2月節分を意識して、お豆やイワシなど。

Photo_4

お造り3品、烏賊+河豚+まぐろの頬肉

烏賊が美味しいこと どれも趣味の良い器が使われています。

Photo_5

この炙ったまぐろの頬肉、まるで牛肉のたたきの様、美味しかったです。

どれも手の込んだお料理です。お昼は3150円 一本勝負です。

Photo_7

盛りつけの素敵な鯖の幽庵焼

美味しい これだけでご飯が3杯食べられそう・・・・・・

Photo_8

蓋を開けた瞬間 春の香りが漂いました。器ごと温められた炊き物。

こちらは月2回お料理教室(拝見のみ、食事付きで3500円)も開催されて

おられるようです。参加してみようかしら・・・・・

Photo_9

〆のご飯、今回は菜の花とインカのめざめで炊き込みご飯。

お腹いっぱいになり、残りはお土産に包んで下さいました。

Photo_10

ご飯茶碗も3人3様で、あっさりと甘いインカのめざめが美味しいです。

カウンターと個室一室のみです、大人数様には向いていませんが

お母様との会食などにぴったんこです。

先月10周年を迎えられた 「輪」 さん、良いお店です。

END

2013年2月 8日 (金)

パルガントマト @神戸市長田区大橋町6-1-1

Photo

寒さで脳みそが凍結していたようです、一件アップするのを失念しておりました

JR新長田から南へ、国道沿いを歩いている時またけったいな(失礼)お店を発見してしまいました。

クミョンこの入口を見てスルーできるような人格ではありません。

「パルガントマト」さん、これって赤いトマトって意味の韓国語ですよね。

Photo_2

けど女子スタッフはどう見てもベトナム系、店内は完全にベトナムです。

入口はビニールカーテン、店というか屋台というか・・・・足元はかなり寒い。

L字型のカウンターのみ、提示されているメニューの半分以上が「今できません」

Photo_3

フォー(650円) しっかり煮込まれた豚スペアリブが入っておりました。

モヤシが何故だか別添えです。スープは結構甘目で 「かなり甘いですね」

と話かけましたが理解されず・・・・女子の日本語はぼちぼち。

Photo_4

カウンターにあった調味料、女子から「これ、チョウからい、少し入れる」と

注意されたのにベトナム料理だから大丈夫だろうと思いべチャッと入れたら

かなり辛かった フォーの味が一度に変わってしまいました。

Photo_5

生春巻きも一本いっときました。タレがとろっとしていて美味しかったです。

フォーと春巻き一本で850円ほど、安くはなくなくないな

ダイエットでウォーキング中に粉食くっちまったなぁとか反省しつつ退出し

Photo_6

左横をみると・・・・韓国料理屋さんです

後でわかりましたがベトナムは数か月前までこの韓国で韓国が横に

移動した、意味わかる?そうです。

新長田マジックですね、いろんなお国の方が共存していらっしゃいます。

日本でここだけ、と(ほんまかいな?)書いてある韓国ではポピュラーな

貝焼きを提供しているようです。また機会があれば攻撃したいですね。

END

2013年2月 6日 (水)

立春朝搾り 酒のてらむら @神戸市兵庫区上沢通3-4-12

Photo

昨年の年末に予約しておいた おめでたい立春朝搾りを取りに行きました。

日本酒の取り揃えが超豊富な兵庫区湊川駅近くの 「酒のてらむら」 さん。

前日の節分にて邪気を取り払い春を迎える大切な日、立春の朝に搾ったお酒です。

Photo_2

加西市の富久錦さんの純米吟醸生原酒

軽く濁っております、その色がまた美味しそうでそそられます。

昨日てらむらさんに到着、早々に受け取りに行きました。

あっさりとした飲み口です、それでいてふくよか。美味しいです。

Photo_3

醸造所近くの神社で祈祷を受けてから出荷されます。

予約時にお願いごとをお伝えしておくとお札がついてきます。

翌日到着と聞き早々と頂きに、400本の注文があったとかで店内盛り上がっておりました。

Photo_4

この日のお楽しみはもう一つ。地下で行われていた試飲会です。15種類の初しぼり、搾りたてなどが勢ぞろい。

アンケートを書く条件でしたので全部頂きました

他のお客さんも増えて盛り上がりプチ居酒屋な状態に。結局1回半のんでベロベロ。

1時半から飲んだはずですが帰宅するとなぜだか4時・・・・・・

スーパーに寄ってお買いものをした記憶はありますが他は覚えていません

試飲会横のお手洗い、便器前にはこんなポスターが。

Photo_5

納得。ただただ納得。

P1000071

↑お正月に楽しんだこのしぼりたても美味しかったです。

福寿さんの樽開きで美味しかったので注文して頂きました。

Photo_6

てらむらさんの看板女将、にこやかで楽しい方です。

彼女を筆頭に息子さんもお嫁さんも、素晴らしい笑顔でお商売上手。

知らずの内に帰るときには一升瓶2,3本下げていた・・・・ってなことになってもクミョンは責任持ちません。

季節毎のイベントも楽しいお店です、引っ越しによりこのお店から遠ざかるのが残念です。

END

続きを読む "立春朝搾り 酒のてらむら @神戸市兵庫区上沢通3-4-12" »

2013年2月 5日 (火)

ブレイクタイム 吉野家考察

Photo

先日のあまりにもライトな晩餐をご紹介。

CMに踊らされて吉野家さんの 「焼き鳥つくね丼」 を食べてみました。

長々とコメントするのは避けましょう、これ不味いです。

吉野家が振るわない原因は値段ではありませんね、味への探究を忘れてしまっているからです。

創業当時の吉野家は違いました。同じ社長さんですよね?

近々アメリカの成牛輸入が開始されるとか、あの味をもう一度と思います。

END

2013年2月 4日 (月)

IO RASSIC @神戸市中央区中山手通1丁目20-8

Photo_6

北野坂東の脇道を北に上がったところにあるイタリアン 「IO RASSIC」 さん。

OZWの真理ちゃんとランチで初攻撃、Rランチ2000円にしてみました。

メインとデザートの付いていないパスタランチは1000円です。

Photo_7

まず前菜、白のグラスワイン(600円)もいっときました。

ワインのお味はベタでしたが前菜は普通に美味しかったです。

男子スタッフの対応も丁寧、12時になるとほぼ満席近くなりました。

言いたくないですがクミョン達がぐっと店内の平均年齢上げてます、はい。

Photo_8

真理ちゃんの蛸と水菜のスパゲッティ、アンチョビソース風味。

なかなか美味しかったとのこと。蛸がぷりぷりとして美形ですね。

Photo_9

クミョンのパスタはベーコンと白菜のトマトソース。

白菜を使うのが珍しいですね、こちらも美味しかったですよ。

どちらかというとスパゲッティよりスパゲッティーニにして欲しかったかな。

Photo_10

真理ちゃんはメインにお肉料理を選択。スペイン産ラルポークのロースト。

ラルポークについて検索してみました。イベリコ豚に対抗してカタルーニャ地方で

開発された豚だそうです、「ラル」はスペイン語で王様という意味だそうな。

Photo_11

クミョンはお魚のメインを選びましたが・・・・お肉の勝でした。

仕様の器たちは良かったです、お料理も丁寧にしていらっしゃいます。

このお値段だと大満足な範疇に入ります。

Photo_12

デザートも2種現われました。カウンターで頂きましたが幅広なので落ち着きます。

北野散策にぴったんこなお店ですね。ここから異人館あたりまではかなり急な坂が続きます。

END

朝からショッキングなニュースが流れました。

海老蔵君、重圧に負けず頑張って欲しいです。合掌。

2013年2月 3日 (日)

須磨であれこれ

Photo

チゲで満腹だったはずですが・・・・・・

垂水から須磨に移動して一人で歩いていると早くもお腹が空いてきました。

JR須磨駅ロータリー近くでデンマーク人男子(かなりご高齢)が運営するカフェ。

ずっと前から気になっていたお店なので突入してみました。

ホットワインと共に1番オーソドックスなホットドッグを頂きました。

う・・・・・ん、デンマークって行ったことないので評価の仕様がないです

Photo_2

イグラオンマさんに教えて頂き山陽須磨寺駅近くのチーズケーキ専門店

「ピアッコリーナ・サイ」 さんでオヤツに3個ゲト。

女性お二人がせっせと作っておられる小さなかわいいお店でした。

近くにあったら頻繁に利用するだろうな、とか考えながら帰宅後ペロッと一瞬で完食です。

言い訳ですが真ん中のカマンベールのは小さなプチケーキです。

Photo_3

そして同じく須磨寺駅から踏切を越えた所にある 「志らはま寿司」 さんへ。

須磨寺詣でといえば志らはま寿司、と言うほど有名なお店らしいです。

Photo_4

フライングで巻き寿司をゲト。「花巻すし」1000円。

玉子が大半を占めています。ちょっとお高く感じました。

美味しくなくはなくなくないのですが・・・・丸徳寿司の方が好みです。

夕食時に頂きました、♂も同意見でございました。

Photo_5

最近は中華からの有害物質を含む大気汚染?のお陰で視界がとても悪いです。

この日も須磨海岸からは何も見えません。

「光化学スモッグ」という言葉を思い出してしまいました。

END

最近困ったことに胃が拡張してしまっています。

食べても食べてもどんどん入るのです。成長期かしら、あたし

2013年2月 2日 (土)

韓食堂モクチャ @神戸市垂水区平磯4-5-14

Photo

垂水駅の海神社近くにある 「韓食堂 モクチャ」 さん。

半韓のゆいちゃん、イグラオンマさん、クミョンの3人が久々に集まりました。

Photo_2

かなり小さなお店でした、カウンターとテーブル席が4つほど。

お昼はチゲのセットのみ、アラカルトの注文はできません。

この時点は空席が目立ちますが・・・・・12時前には超満席になりました。

Photo_3

豆腐チゲ850円、グラグラしてる間に玉子を投入して頂きます。

具がたっぷり、辛さも程よい美味しいチゲでございました。

次々と予約無しで訪れた方が断られて帰っておられました。

入口近くに座ったのですが、ドアが開く度に冷気が入り寒い・・・・・

Photo_4

ゆいちゃんのプデチゲ800円。中にはラーメンが隠れています。

白いのはチーズです、こちらも美味しかったとのこと。

夜のメニューは日本では珍しいお料理(スンデなど)が並びます。

Photo_5

人気店の様です、昼夜共に予約は必須でしょう。

少しソフト面で?な事がありました。この手のお店はやはり日本語が

ボチボチな韓国人スタッフがいた方が雰囲気ありますね。

END

クミョンが高校生の頃の学校は先生も怖かったけど生徒も怖かった。

それで上手くバランスが取れていたような気がするのだけれど・・・・・

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »