こちらもご覧ください♪

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月30日 (土)

あんばい と夙川公園の桜 @西宮市相生町6-7-101

Photo

白く曇るどんよりとした空、これから先日本の春はずっとこんなでしょうか?

昨日(29日)の夙川公園は平日にも関わらず花見の人々で賑わっておりました。

桜は8分咲き?というところ、満開まであと少しですが充分美しいです。

Photo_5

桜の真下で座りこんでいる人が多いのはいかんなぁ。木に良くないので

枝を張っている下以外のところで座るように心がけましょう。

花より団子なクミョンは足早にランチへ。

Photo_2

クミョンお気に入りのお蕎麦屋さん 「あんばい」。

阪急夙川駅から5分ほどですが裏筋のちょっとわかりにくい場所にあります。

けれど12時前にはほぼ満席でした。

Photo_3

「鴨汁」 1680円

ハイソなお値段に仰け反りそうになりますが美味しいから許しちゃう。

前の方がお召上がり中は桜海老のかき揚げ添え、本日のランチです。

Photo_4

花の似合う町、夙川。

引越し後もJRさくら夙川駅にはすぐ来られます。

さて、クミョンの引っ越し先はどこでしょう。

ENDの後にヒントを小出しにしていきます。

知ってる人、興味のない人は黙って放置プレーしてくださいね。

END

ヒント 最寄りのJR○○駅のキオスクのオバちゃんがとても親切でかわいい。

2013年3月27日 (水)

星華 北新地店 @大阪市北区堂島1-3-39 第2二葉ビルB1

Photo

オーダーカーテンのお店に行く予定だったので近くの北新地でランチです。

土地勘ゼロのクミョン、大阪にお詳しいK女史に連れていって頂きました。

関東から出店?の 「星華」 さん。流星コース2500円にいたしました。

Photo_2

JR東西線北新地駅から5分くらいです。

雑居ビルの地下、お昼はあっという間に満席です。予約がベターでしょう。

因みに日替わりの1000円ランチは予約不可のようです。

Photo_5

Photo_7

Photo_9

一品目、前菜の3種。店内は地下ということもあり少しどんよりとした空気感であまり好みのインテリアでもなく・・・・萎えかけましたがお料理は繊細なようです。鯛のピリ辛ソース、バンバンジー野菜ソース添え、赤貝。

先日から画像アップがし難くなりました。こらっ!ココログいらっとするぜ!

Photo_11

2品目は手羽元の蒸しスープ。寒かったので熱いスープがうれしいです。上手な清湯スープです。鶏はとても柔らかくお野菜は歯ごたえ有り、中華の神髄です。

半個室なお席でしたが横を入店者が随時通るので少し落ち着きません。

Photo_12

揚げ物は春巻きとホタテ。甘目のチリソースと藻塩、酢醤油が添えられていました。ホカホカの揚げたてで美味しかったです。

Photo_14

炒め物は海老と烏賊&野菜。火の入り方絶品。シェフはかなりの腕とお見受けいたします。そして特出すべきは一品づつのボリュームが大なこと、この手のオサレ中華は時々「ネズミのご飯」みたいな量の時がありますがここは違いました。大食いクミョンも大満足(K女史は途中でギブアップな物も・・・・・)

Photo_16

四川風マーボー豆腐登場、スタッフからかなり辛いと言われましたが普通な辛さでございました。もっと辛いのが好きな人用に花椒が、このサービスは初めてですね。白いご飯にぶっかけて食べたいところでしたが・・・・・

Photo_18

〆に蟹肉いりチャーハン登場。ザーサイ添え、これも美味しクミョンは完食いたしました。前菜+4品+チャーハン+デザートで2500円コスパ抜群でございます。女子会用に10名可能な和室も完備されているらしいです。

Photo_20

デザートは3種から選べました。マンゴプリンと黒ゴマプリンの2種で。

雑居ビル群の中、クミョンのように方向音痴な方は迷うかもしれませんが良いお店でした。地下のお店はどうも・・・・な方以外にはお奨めです。

Photo_21

北新地らしい胡蝶蘭がてんこ盛りの花屋さんがありました。

この辺りランチの超激戦区でございます。引っ越し後は庭だわ頻繁に通うことになりそうです。迷わないよう磁石でも持って・・・・え?スマホに変えろって?はははは、その手には乗りませんよ

END

 

 

 

2013年3月25日 (月)

忙忙・・・・

P1010487

猫の引っ越し準備完了 いやいやまだまだ気が早い、引っ越しは来月です。

春です、桜の花が咲きまくっております。おめでたいお知らせも届きました。

神戸大学合格おめでとう 海外栄転おめでとう ご婚約おめでとう

今週少しばたばたでブログアップが疎かになります。

次は水曜日にお目にかかりましょう。

END

2013年3月23日 (土)

生そば日進月歩 @神戸市中央区栄町通5-1-1

Photo

去年元町の乙仲通にオープンしたお蕎麦屋さんを攻撃してみました。

「日進月歩」さん、最近雑誌で取り上げらえることも多く人気店のようです。

乙仲通でもかなり西の端なのでJR神戸駅からの方が近いかも。

隣は窯焼きピザの美味しいSourceさんですね。

Photo_2

入口の黄色い提灯に少し引きましたが入ってみるとかなり広めの客席で

落ち着ける店内でした。12時40分頃入店しましたがラッキーだったみたい。

後の人は蕎麦が出てくるまで15分待ち、ご飯類も売り切れでございました。

席についてオーダーを聞かれるまでだいぶ待たされ(スタッフ女子が少しとろい?)

あげく15分待ちご飯切れを告げられて怒って帰る方もいらっしゃいました。

Photo_3

「もりそば」と「とろろご飯」のセット900円にしてみました。

二八蕎麦の様ですね、口当たりの優しいお蕎麦です。ゴロゴロした感じが

好きな方は駄目かも。タレは関東風とありますが濃い甘目で好きなタイプでした。

とろろご飯も美味しかったわ。岡山発祥のお蕎麦屋さんらしいです。

自家生産の蕎麦で勿論自家製粉、こだわってますな~。

夜2人から予約のみ2500円の蕎麦コースもあるみたいですよ。

けどお昼に攻撃する方は品切れにご用心、開店直後(11時半)に襲った方がベターです。

Photo_6

この日は17000歩達成。ご褒美にベニマンさんでイチゴパフェを頂きました。

・・・・・・と、こんな風ですのでダイエットどころか最近また増量しております。

いかんいかん、引っ越し作業で痩せてやろうと目論んでますが成功するでしょうか?

END

引っ越し先のマンション初代理事会役員に選ばれました。なんで?

管理会社が勝手に決めたようですが物凄く危険ですよね。

夏木まりみたいにマンション内を仕切ってめちゃくちゃにしたろ・・・・・

2013年3月21日 (木)

懐古ネタ

Photo

この2日間、お墓参りも行かずに引っ越し準備で地上に降りませんでした。

トランクルームを整理すると約17年間使わなかった物が70%を占めていました。

今ベランダは不用品の山、隣のマンションから見たら我が家はゴミハウスと間違われるでしょう。

そんなこんなでまた脱線することしばし。

阪神大震災でクミョンの御幼少写真はかなり失くしてしまいましたが無事な中から

懐かしい母とのツーショット。母30歳クミョン1年生。

裏の日付を見ると3月20日・・・・・うちって一ヶ月くらいお雛様飾ってたよね。

この頃はまだ自分はお姫様だと思っていました。

Photo_2

母の実家にて、いとこの皆さんと。

同じ年のCちゃんは江戸っ子で来ている服もおしゃれだったよね。

お休みの度に集合していたこのお家も今はマンションになってしまいました。

半世紀前の日本、今見ると同じ国とは思えません。

これから引っ越しまでばたばた続きでこんな懐古ネタやら自虐ネタの放出

ばかりになったら・・・・・ごめんちね

END

2013年3月19日 (火)

ジェームス邸 @神戸市垂水区塩屋町6-28-1

Photo_5

生憎のお天気でございましたがユイチャン、イグラオンマさん、クミョンで

塩屋の 「ジェームス邸」 さんでランチです。

この辺りは異人館が数か所ありますがその代表格、日本で貿易会社を経営

していたイギリス人アーネスト・W・ジェームス氏の旧邸です。

これが個人宅 お庭も広くさぞかし優雅にお住まいだったのでございましょう。

Photo_6

海を臨むガラス張りのチャペル、去年12月より芦屋などにあるモノリス系列の

ウェディング&レストランとして運営されています。

次に結婚する時はここがいいな・・・・次っていつ?たぶん、生まれ変ってから。

Photo_7

この車寄せのある邸宅って憧れちゃうわぁ。

ジェームスさんの後は旧三洋電機社長一族の所有となったようです。

Photo_10

入ると執事風の男女スタッフによりゴージャスな応接間に通されました。

イキナリ華麗なる一族です。映画やドラマのセットに利用されそうな空間です。

Photo_11

次に通されたダイニングもイギリス風(行ったことおまへんが)の重厚なお部屋。

お天気が良ければ窓から淡路島まで望めることでしょう。

Photo_12

ランチは3種類のコースより、一番お手軽な3500円のにいたしました。

まず最初はお肉のパテ、普通。

Photo_13

「ニース風サラダ」 これが前菜ということでしょうか?

焼き立てのパンが美味しかったです。

Photo_14

どのコースもメインはイギリス人邸だったことで?ローストビーフでした。

席の横で切り分けてサーヴされます・・・・・・・が

Photo_16

薄~、あと1cm、いえあと5mmでいいから厚く切って欲しかった。

お肉はまず下味をつけ炭火で表面を焼き、その後じっくりオーブンで焼き上げるのだそうです。

お味は美味しかったです、けど再度書きますが薄~

Photo_19

デザートの盛りつけは繊細さゼロ、むむむむむ・・・・・・

グラスワインを頂いて5千円弱、この内容だとコスパはあまり良いとはいえませんね。

多分にこの「お屋敷テーマパーク」の入場料が含まれていると思われます。

異人館フェチの方は是非どうぞ

Photo

2階も探検できます。奥の部屋に入ると突然現れた首無し花嫁に

ぎくっといたしました。新婦さんの控室でした。

END

Photo_22

Photo_21

Photo_20

Photo_18

Photo_17

2013年3月18日 (月)

捗りません・・・・・・

Photo

これでもクミョン20年間くらい家計簿つけてるんですよ。

この週末は引っ越し準備でいろいろ整理しました、古い家計簿とさようならです。

シュレダーする前に記念撮影です。14年前の押し葉もさようなら。

Photo_2

近くの古本屋さんに来て頂いて不要な本を引き取って貰うことにしました。

罰があたりそうなので↑は残します。床に置いての撮影、陛下お許しください。

Photo_4

旗艦三笠艦上にて、東郷平八郎大元帥との歴史的ツーショット。

東郷さんってダンディーですね・・・・・・

こんな風に脱線ばかりして整理は全く捗らず、本当に引っ越しできるんですかね?

END

「家計簿をつけると節約できる」それは単なる迷信です。

どれだけ無駄使いをしたか、を再確認するには役立ちます。

2013年3月16日 (土)

懐かしの神戸市電に遭遇しました。

Photo

ウォーキングの途中、神戸ウィングスタジアム(現在ノエビア神戸スタジアム)近くの公園内で

懐かしい神戸の市電さんと対面することができました。

(余談ですが、いくら資金不足とはいえ公共的な建物などのネーミングライツを

企業に買ってもらうこの制度、賛成できません。)

この色、この車体、がたがた音を響かせて三越前をカーブする感覚、

三つ子の魂百までと申しますがまだ記憶が鮮明に残っております。

その頃この車両に乗ったことがあるかもしれませんね。

Photo_2

昭和29年製造のこの車両は最後まで残っていた車両だそうです。

明治時代から昭和46年まで神戸の顔だった市電、みなと祭りには電飾で

賑やかな花電車が市内を巡りました。うっすら覚えています。

神戸の廃線後は広島で使われていたそうです。

Kobec506111

↑大正時代の市電、さすがにこれは知りませんが優雅な姿ですね。

便利で早い時代はもう充分、ナマモノである人間に似合う世界であって欲しいな。

・・・・・・と、そんな事を考えながら13000歩いていたらお腹が減りました。

Photo_3

近所に出現した屋台風なたこ焼き屋さん、この手のべちょーっとした

たこ焼きはアウトだったのですが、最近目覚めました。

6個300円、プレモルをしゅぱっと開けて。幸せ~

END

2013年3月15日 (金)

同源 @神戸市灘区岩屋北町4-4-8

Photo_2

久々に阪神岩屋駅北の中華屋 「同源」 さんでマーラータンメンいっときました。

最近ここの虜になって毎週のように通っている北野の帝王の妻まーりんさんとご一緒です。

まーりんさんは「マイルド」クミョンは「普通」の辛さで頂きました。

Photo_3

この細目の麺に絡む四川花椒の効いた汁がたまらん旨い

このお店では外せないメニューでございます。

熟女二人、ホワイトデーは激辛麺でスルーパス。

Photo_4

開店から12時までは予約できます。12時を回ると満席となりました。

JRの最寄駅は灘駅です、普通しか停まらないので要注意。

ここ、7月8月のみ提供の冷麺も人気なんですよね。

Photo_6

エビマヨもいっときました。マヨが旨い

海老はうっすら衣をつけて揚げてありました。

Photo_9

蒸し鶏(ハーフ)、これは普通かな・・・・・

人数が揃ったら夜の攻撃も有りですね、次の住処もJR沿線なので

いつでも集合がありましたらお呼びくださいませ

Photo_12

マーラータンメンの後は大安亭市場を散策いたしました。

御用達のお店が沢山あるまーりんさんにガイドをして頂きながら歩きました。

日曜と木曜しか出ないこの明石焼き屋さん、お奨めらしいですよ。

昔の神戸が残っている貴重な界隈です。

それにしても寒い一日でした。春は行ったり来たり、気まぐれさんですね。

END

2013年3月14日 (木)

寿司 一心 @神戸市兵庫区新開地6-1-5

Photo_7

あんな映画を見てしまい・・・・お寿司が食べたくなりました。

以前から気になっていた新開地の 「一心」 さん、上にぎり1700円いっときました。

正面に掲げられた調理師免許に生年月日が書いてあります。

握ってくれるのは40歳の優しい感じの職人さん、

中央市場の人気店「まるも」さんで働いていらっしゃったとか。

Photo_8

この辺りはボート券売り場などがある神戸のブロンクスなのですが

お昼時のお客さんはかなり普通、きれいな調理場、ケースの中も整っています。

クミョンのような可憐な女子一人でも安心してお食事できました。

お寿司は江戸時代にファーストフードとして屋台から始まったお料理です。

何万円も出す方が変なのではないか、それは貧乏人のつぶやきでしょうか?

Photo_10

引っ越し後わざわざ訪れるには難しいお店を最近集中的に攻撃しています。

小さい頃の夏の盆踊り、そろいの浴衣でこの辺りから湊川公園まで

毎年参加していたものです。♪神戸みなと~の町から町へ~♪

賑わう人で通り抜けも難しかった新開地、今は昔のお話しでございます。

END

先日中国人の留学生とお話しをする機会がありました。

目の辺りが少し腫れているので聞くと 「引き出物が出来てしまいました」

引き出物・・・・・多分「ものもらい」と言いたかったのでしょう。日本語って難しい。

2013年3月13日 (水)

サンセール @神戸市中央区元町通1-3-7

Photo

映画鑑賞の前にOZW真理ちゃんと軽くステーキいっときました。

サーロインステーキざます。オンザ鉄板でジュージュー言ってるざます。

南京町で30年続く洋食屋 「サンセール」 さん。昌園さんの2階です。

Photo_2

こちら・・・・なんと、今どき840円でステーキが頂ける奇特なお店なんです。

それも11時~20時ってことは営業時間内ずっと840円なわけっす

ステーキ以外にもいろいろ、12時になるとリーマン男子やOL様で満席です。

Photo_3

あれ?ちょっとだけ?なスープはご愛嬌な内容でございました。

上品な感じのご夫婦で運営、クミョンがこの付近でキッチャテンをさせて

頂いていた頃からお顔は存知上げております。

Photo_5

チャイナタウンらしく中国語のメニューも備えてありました。

2分熱がレアみたいですね、ランチのステーキは焼き方の指定は出来ません。

Photo_6

840円だとうれしいステーキでした。ポン酢が添えられています。

こんなステーキを頂いた後に見た映画は・・・・・

Jirou_2

「二郎は鮨の夢をみる」 アメリカ人が制作した映画です。

言わずと知れた東京は有楽町の 「すきやばし次郎」

多分生まれ変わっても食べに行くことはないので見ておこうかなと。

だってここ・・・・メニューはお任せのみ、20貫ほどで31500円。

平均滞在時間30分、しゃべる間もなく次々出てくるお寿司を食べて31500円。

美味しくなかったら死刑ですよね。

この小野二郎爺、おん年87歳、伝説の人物になることは間違いありません。

そして乱獲による最近の魚資源の過激な減少。

是非にと思われる方はお早めにお越しになった方がよろしいかと思われます。

END

↑のポスターはアメリカ向けです、内容はもっとシックで淡々とドキュメンタリー風に

次郎の紹介がなされていきます。興味のある人のみにお勧めいたします。

2013年3月12日 (火)

China Bistro EVOLVE 神戸市中央区加納町4丁目8

Photo

シロチャンと三宮でのランチはモダ~ンな中華 「EBOLVE」 さん。

赤い客席が目立つお店です、夜の訪問時はお値段の割にあまり感動が

なかったので・・・・・「桂花2500円」、お安い方のランチコースを頂いてみました。

Photo

ランチアルコは遠慮がちに小さくアップしとこかな。

シロチャンは赤ワイン、クミョンは紹興酒をロックで頂きました。

前菜4種の盛り合わせ、美味しけれど各々の量がちょっと少なすぎです。

Photo_3

「鮮魚のフリットとホタテのソテー XO醤風味の特製ソース」

お次はフレンチみたいな一品、ソースはしっかり中華で美味しい。

Photo_4

クコの実などが入った蒸しパン&シンプル蒸しパン、お替り自由でした。

お料理のソースはパンに付けて美味しく堪能してもお行儀悪くないのだ。

Photo_4

「黒酢の酢豚、ヴィンコットの香り」

充分油抜きされた角煮を一度フライして?濃厚なソースを纏わせている

濃ゅ~い一品、お味は宜しいがかなりどーんとお腹にきました。

Photo_3

「ラビオリ仕立てのワンタンスープ 干し肉とバジルの香り」

かわいいプチワンタン、あっさりとしたお味でした。

北京ダックや点心を楽しめる「蘭花コース3500円」を食べている方もおられました。

コースの内容は2,3か月毎に変わるようなのでHPで確認後お越しください。

Photo_5

デザートのタピオカで爽やかに〆。

今回のランチはコスパ共に好印象でございました。

その後二人でレディススパへ、♂の不在時だったので5時間滞在してしっかり減量

Photo_7

中華帰りのトランクの中からまたまた変態な物が現われました。

巨大文旦・・・・・・切って食べたら・・・・・むっさマジュくて全部捨てた

こんな重くて無駄なお土産、御苦労様でございました。

上海は緯度が少し下なので北京の様な大気汚染は少ないそうな。

(偏西風の通過からはそれてる?)

というか、何十年も前から市街地近くの工場から出る物質により空気は

年がら年中悪くて太陽はオレンジ色。今更マスクしてる人なんか極少数。

一人っ子政策なんてしなくてもどんどん中華の人口減っていったりしてね。

END

2013年3月 9日 (土)

インドカレー茶屋にぎる @神戸市中央区橘通3-3-12

Photo

湊川神社の西エリア、これまたゆるい雰囲気のインド料理屋さんでランチです。

「にぎる」 さん、この辺りチョコレート専門店やパン屋さん、コンフィチュールの

お店などなど素敵なお店が最近ぽつぽつと出現していますよ。

Photo_3

オーナーシェフは日本人です、↑の様な感じのやさしい方でした。

オープンして5年、神社の手作り市の日は賑わうそうです。

Photo_2

普通の日替わりカレーセットもありましたが↑「ビリヤーニ」というインドの

焼き飯とやらを初体験してみました。ふむ、カレー味の焼き飯です。

チキン、エビ、野菜、マトンから選びます。サラダとデザートが付いて900円。

Photo_6

「フィルニ」というお米とミルクで作った優しいデザート。夜はアラカルトで

沢山珍しいメニューがあるようです。カレーの種類も豊富です。

Photo_7

細長い店内、近所のOL様でランチ時は満席でした。

大人数での来襲は不可です、神戸駅、高速神戸駅が最寄駅となります。

Photo_8

食後はウォーキングを兼ねて東山市場に向かいました。

岩津ねぎ発見 やっぱり市場は安い、1時間ほどいろいろ物色。

Photo_9

先週でしたがイカナゴは1kg750円でした。釜揚げは150円でゲト。

手前のは大好物の 「のれそれ」 量は少なかったですが250円

これ以後のれそれの姿をどこにも見つけることはできません、やはり

漁獲量が極端に減っているのかも。

神戸の台所東山市場に引っ越し後は気軽に来られなくなるのが残念です。

Photo_11

こののんびりした猫に毎日「もうすぐこの部屋はなくなっちゃうのよ」って

話しかけてはいるのですが・・・・・わかっているのかしら?

こいつが抱えるであろう引っ越しによるストレスが一番心配です。

END

2013年3月 7日 (木)

韓辛DELI 生田ロード店 @神戸市中央区北長狭通1-9-11

Photo_9

去年12月オープンの「韓辛DERI 生田ロード店」さん。

久々に登場イノシシ山のMちゃん、北野の帝王の妻まーりんさん、クミョン

の3人で大麦サムギョプサル食べ放題2980円+飲み放題1280円に初挑戦してみました。

豚肉を巻くお野菜がどーーんと登場です、30種類用意されているそうな。

勿論どんどん追加自由で健康的にお酒も進む君

ここ、半端じゃなかったわ、ものすごかったわ。

Photo_10

大丸近くの1号店も地下ですがこちらも地下です。

東急ハンズからすぐ、フーケの向かいです。駅近で便利な場所ですね。

Photo_2

入口近くのオカズ取り放題ブース、キムチが美味しかったですよ。

炒め物がチャプチェしかないのが寂しいかな。

Photo_4

ワインもガボガボ飲み放題、チープワインが勢ぞろいだけどこの際文句なし。

この飲み放題の内容がものすごい、ビールにマッコリにワインにジュース類に韓国茶と多種多様

なんでもかんでも同時に何杯でも注文OKの太っ腹。

タベホノミホは90分の時間制限があります。平日でしたが7時頃には店内満席。

Photo_6

最初お肉は2本からスタートです、結果から言うと追加一本でギブアップ。

サムギョプサルの豚肉ってどこもそんなに・・・・雰囲気で食っちゃってください。

Photo_5

女子スタッフがお肉を焼いてくれるのがうれしい。

全員笑顔のサービスでとっても気持ちよかったです。

Photo_7

「サムギョプサルで世界旅行」とかボードに書いてある、何かと言うと。

日本、韓国、イタリア、メキシコ、タイ・・・・と7か国のディップの味を楽しめる設定

なんだけど、これって意味ある?一応メキシコとイタリアをオーダー。

Photo_8

メキシカンです。トルティーヤで巻いて・・・面白いけど一枚で十分でございました。

Photo_11

Aコースにはチゲとチジミが付いていました。

だけど。。。。この海鮮チゲが全くグツグツ湧いてません。

チゲは地獄の窯ほど煮えたぎっていないと駄目です、これはあかん。

Photo_13

チジミも・・・普通以下でございました。

結論から申し上げますと、チジミやチゲの付いていないBコースの

サムギョプサル食べ放題1980円+飲み放題1280円を選ぶのがここでは王道かと。

Photo_15

激食した後にチャーハンか焼きそばを溜まった豚の脂を使って焼いてくれます。

我々は焼きそばでしたが・・・・美味しそうなのでお隣のチャーハンをお断り

してから写させて頂きました。コマッスムニダー

Photo_14

「これって残った野菜を絞ってるんかもよ・・・・」って疑惑の声も上がった

最後に出てくる野菜ジュース(この分量)。後ろの不気味な液体は

こんなの初めて飲みました「ビールマッコリ」

Photo_16

〆はとどめの柚子シャーベット、ぎゃー食った食った

お値段的に3人とも大満足、800gほど体重増えましたけどね。

満席状態だと90分で出店しないと酸欠で倒れそうなくらい空気悪いです。

もう少し換気をしてくれたら満点なお店でした。

Photo_17

この後はニンニク臭を漂わせながら大人のBarへ。

まーりんさん御用達の 「BAR O2」 さん。

パイナップルとウオッカのソーダ割り、危険に美味しかったです。

Photo_18

マスターの安田さん、ソフトな方ですね。こちらオープンから20周年を迎えられたそうです。

女子お一人様でも安心なお店です。

http://bar-navi.suntory.co.jp/shop/0783931837/index.html

END

ベランダのサッシを開け閉めするとざーっと粉っぽい感じがするようになりました。

天気予報では黄砂は金曜からとか言ってましたがもう飛来してますよ

2013年3月 6日 (水)

吉井牧場 @梅田阪急 B1

Photo

九州物産展が開催中だった阪急梅田店にて。

9階の会場は平日にも関わらず「ここは祭りか?」ってな混み具合。

3,4か所で味見をさせて頂いたのみで早々と退散。

地下に移動すると阿蘇山のノンホモ牛乳で有名な吉井牧場の

ソフトクリームが特別販売中でした。「くまもん」も応援に参加しておりました。

Photo_3

モカとバニラのソフトクリーム(300円)、この日は名古屋にお住まいの

中国人と所用でお会いしました。中国人に受ける味とは信じがたいのですが

八丁味噌に嵌ったそうで「上海で味噌田楽の店を開きたい」とか、流行るかな?

来月から大阪駅周辺はクミョンの「庭」となるわけですが、この人混みは

なかなか慣れそうにありません。大阪に立つと神戸は静かな町と再認します。

END

今日も窓から外は真っ白け!!けっけっけ!!

人間はマスクができますが猫はできません。

動物への影響も懸念されます・・・・・・

2013年3月 5日 (火)

もうすぐ白色情人節

Photo

↑は上海のお友達のお猫様。先日1歳のお誕生日を迎えられたとかですが

貫禄のある顔付きですよね。お誕生日はなんとホテルの宴会場を借りて

沢山の「ペット友」と共に盛大に行われたとか。

中国で恥ずかしくないお祝儀の相場は最低1万元(約15000円)と言われます。

お正月など名前も知らない親戚の子が訪ねてきても1万元どうぞ、です。

ということは、お猫様のお誕生日会に招かれても最低出費は15000円。

祝い事には何かとお金のかかる中国なのであります。

少し話はずれますが、♂は2月3月の出張時、取引先の方と相談して

なんとかバレンタインデーとホワイトデーは避けようと試みます。

なぜってね・・・・中国では2月14日の情人節も3月14日の白色情人節も

基本的に男子から女子へプレゼントをするのが一般的なのだそう。

当初は薔薇の花ですんだようですが最近はそうもいかないようで。

出張に行くと夜は必ず接待です、カラオケ併設のクラブで待ち受ける女子は百人単位。

当日などに行くとその百人単位が入れ替わり立ち代り「社長さ~ん」と

おねだりに来るのだそうな、気前が良いというか気の弱いニッポン男子は

10分もしないうちに財布の中はすっからかん・・・・・

しかし中国男子の中には袋に現金詰め込んでそれを楽しむ豪傑もおるそうな。

良い子は真似しないでね、帰ったら関羽より怖い嫁さんがいるからね。

END

今日は晴れているのやら曇っているのやら?

視界がものすごく悪いです、淡路もポートアイランドも見えません。

飛んでますぜ、これは・・・・・・

2013年3月 4日 (月)

ラヴェニール・チャイナ @西宮市羽衣町10-21

Photo

昨日から4泊5日の独身生活が始まりました。

初日は夙川の美容院で変身した後近くの 「ラヴェニール・チャイナ」 さんで

ビールとよだれ鶏の晩餐でございます。ピリ辛よりかなり辛いですよ~と説明がありましたが・・・・・・

Photo_2

じぇんじぇん辛くないやん 普通に美味しい一品でございました。

キュウリがよく合います。♂も好きな味なので家で挑戦してみよう

Photo_3

そうそう、前菜(650円)も食べたような記憶が。クミョンの他は大人しそ~な

20代後半?のカップルのみ。この前菜を二人で仲良く分けてつっつき、

2人とも飲み物はオレンジジュース 中華に来てオレンジジュースかよ

「おいおいおい、それは可笑しいぜ」と言いたくなるのをぐっと堪える。

Photo_4

まだ余裕有りだったのでタンタン麺も頂きました。

これも辛さが足らんのぉ~、けどお味は美味しいです、630円でセット販売してました。

最近また胃の膨張が始まっている、と反省しながらこの後JR芦屋駅まで7500歩夜のウォーキング。

引っ越しまで一ヶ月少しになりました、週末ごとに整理を始めることにしました。

収納王子とかに言わせると2シーズン使わなかった衣類はゴミだと・・・・・

Photo_5

じゃー↑は、完全完璧にゴミですね。25年位前に設えた♂の人民服と

30年以上前のクミョンの制服・・・・・・もしかしたらお宝になるかもと

思って保管していましたが今回さよならいたしました。

※ 制服、ジャケットは着用可能でしたがスカートはチャックが上がりませんでした。

Photo_6

同時に上の2着もこれから仮装パーティーもなさそうなのでさよならしました。

綿入れの防寒着は義母が作ってくれたのですが着ると息ができません。

赤いのは台北でオーダーして結婚式に着用したものです。

これからはもっとシンプルに生きたい、残念ですがそれには過去との惜別も付き物です。

END

2013年3月 2日 (土)

グリル一平 新開地店 @神戸市兵庫区新開地2-5-5

Photo

懐かしい幼少時の思い出が一杯詰まった「グリル一平」さん、勿論頂くのは

名物スパゲティ・イタリアン、今1050円もするんですね、当時のお値段は

親のみぞ知るですが土曜のお昼など毎週のように出前でランチしていました。

その頃と同じ味かは小学校3年生のクミョンに聞かないとわかりません。

創業50年以上の洋食屋さんです、スパゲティはメニューで「麺類」に分類されています

Photo_2

この日は湊川神社で「楠公さんの手作り市」が開催される日(毎月1日)でした。

雨が降り始めそうな微妙な空気の中、ちらっと見に行ってみました。

旗が裏返ってますね、ご了承ください。

Photo_3

久々に来たのですが出店数が少し多くなっています。

けど京都などの市に比べると規模は小っちゃいです、遠方から来ることはないかも。

Photo_4

一際目立つ看板のドーナツ屋さん、かわいい豆乳ドーナツの販売です。

クミョンがお財布を開ける気分になったのはこのお店だけでした。

Photo_5

ガラケーと比べてドーナツのサイズがわかりますでしょうか?

ここの市、もう少し内容が面白いお店が増えるといいのにな

引っ越しのS社さんが見積もりにやってきました。

A社よりかなりイケメンで清潔そうなかわいい男子でした。

引っ越し業者を顔で決めてしまいそうです、クミョンのこの癖はきっと死ぬまで治りません。

END

2013年3月 1日 (金)

PARS CUISINE @神戸市中央区北長狭通3-2-163F

Photo

トーアウエストのペルシャ料理&水パイプカフェ 「PARS CUISINE」さん

センセェ、OZW真理ちゃん、ルーシーTちゃんとクミョンの4人でランチ攻撃いたしました。

「パーズクズィン」と読むらしい、ペルシャ=イラン人の男子一人で運営です。

おおお 店内思いっきりイランです。行ったことないけど。

Photo_2

お好きなフレイバーを選んで水パイプ(800円~)が楽しめます。

アップルが美味しい?らしいです。

Photo_3

絨毯の敷かれたチャイハネと言われる一角。ここで水パイプを燻らしたら

あなたも立派な踊るシンドバッドです。この後現われたお客さんのイラン人男子が

こちらでコーランを読んで神聖な時間を過ごしておられました。

こんな異次元空間で頂いた内容はもちろんイラン食。

Photo_4

真理ちゃんとクミョンはケバブなどの楽しめるセット980円。

トマトとオクラの小さなスープが付いていました。

お腹いっぱいには・・・・全くなりませんでした。

Photo_5

ナンが各人一枚づつ、自家製かな?既製品かもしれない感じ。

かなり広い店内です、スタッフの男子一人で大奮闘。

Photo_6

センセェのメイン、油ギッシュ。名前がどれも難しい・・・・

ザクロのソフトな甘さが美味しい、辛くはなくマイルドな味の煮込み料理。

Photo_7

Tちゃんのメイン 金時豆と野菜の煮込み。

これも大変マイルドなお味です。想像していた様な味とは違い

イランのお料理は日本人も受け入れやすいお味だと思います。

Photo_8

チーズの入った揚げ物も別注文してみました。

これで650円はちょっとお高い感じがします。

Photo_9

〆はお髭のおじさんカップでお紅茶。

お砂糖たっぷりで頂くのが現地風なんだそうな。

土日は1500円でバイキングも用意されています。

Photo_10

お化粧室もこんなにイランイランしています。

中東ファンの方、元町駅からたった5分で到着するイランはいかが?

END

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »