こちらもご覧ください♪

« 桜満開中 | トップページ | 高田屋 @神戸市兵庫区湊町4-2-13 »

2013年4月 7日 (日)

醍醐寺の桜 & 雨月茶屋 @京都市伏見区醍醐東大路町22

Photo

引っ越し準備は棚上げし、最後の花見にと京都伏見の醍醐寺に行ってまいりました。

晴天なり、この日の京都はなんと27度 シャツ一枚で歩けるほど暑い日でした。

市営地下鉄の醍醐駅からお寺までは15分ほど歩きますが美しい桜の街並みが続きます。

平日でしたが沢山の人で賑わっておりました。

Photo_2

駅からはループバスも出ています。平日は年齢層高いなぁ。

残念ながら桜は、特に大方の枝垂れ桜はほぼ散っておりました。

Photo_3

けれど広い敷地内にはまだまだ見頃の木も多く、パンフレットによると3週間は楽しめるということです。

この週末の嵐でほぼ全滅したと思われますが・・・・・・

来年また咲く、この希望感も桜の花の魅力なのではないでしょうか?

Photo_4

お食事処で頂いたチケットがあったので「三宝院」という桃山時代独特の

建築様式が美しい特別史跡を拝観いたしました。中には豊臣秀吉が自ら

設計したという美しい庭とまだ咲き誇る紅色の濃い満開の枝垂れ桜がございました

が・・・・・・なんと撮影禁止 見張りの女性が大勢いて目を光らせています。

雰囲気悪~ 見学もその庭と保存状態の悪い襖のある狭い部屋2,3のみ。

なんだかお庭をみていても寛ぎません、浄財を入れる気分も失せました。

Photo_5

このお寺に貢献した豊臣家も今はなく、大きな桐の家紋だけが当時を語ります。

各界から寄贈の桜も多く、年末に亡くなられた海老蔵パパからの桜もありました。

Photo_6

桜は堪能いたしました、さて前もって予約しておいた「雨月茶屋」さんに参りましょう。

Photo_7

大きなお部屋で他のかたとご一緒のお席です。

クミョンの名前が書かれた席に入るともう早お料理がスタンバイ・・・・

げろげろ 予約30分前に来てるのに・・・・・不吉な予感。

Photo_8

モチロンさーって感じで天ぷらなんて冷たくてかちこち、どっかのお弁当屋さんで使ってそうな

普通の素材ばかりで、見かけは美しいですがお味は・・・・・・

Photo_9

椀物だけはさすがに別に運ばれましたが・・・・・・

これもスカスカな内容でした。御紋を配したお椀だけが値打ち?

これで3400円、三宝院のチケット付きでしたがもっとお安い方で良かったかも。

↓ 番外編

Photo_11

この後姿の素敵な美女、因みに男子(かなりのオッ様)でした。

以前どこかの電車の中でもお会いした記憶が、ふくらはぎがセクシーね。

この日は新マンションの床に加工を施す工事の日でした。

業者さんからもうすぐ終了とのコールで急いで京都を後にいたしました。

テスト直前で勉強しなきゃって時ほど遊びたくなりますよね?

クミョン今そういう心境です。引っ越し準備が遅々として進みません。

END

ヒント 「あの」クミョンが大好きな商業施設が近くに存在します

« 桜満開中 | トップページ | 高田屋 @神戸市兵庫区湊町4-2-13 »

コメント

醍醐寺には何回か花見に行きましたが、花見というより人見って感じですよね。
行楽シーズンの料理屋さんって、そんなものなんでしょうか?
忙しいから作り置きとは、ツアーバスの観光客相手の商売みたい。
お値段の割に全く心がこもってなさそうで、残念でしたね。

ビョン様

この季節に京都は避けて通るのが常でしたが今年はなぜだか
何回も足を運んでおりまする・・・・・・
拝観料なんてなかった昔が懐かしいです。
あの頃のお寺って純粋だったなぁ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 醍醐寺の桜 & 雨月茶屋 @京都市伏見区醍醐東大路町22:

« 桜満開中 | トップページ | 高田屋 @神戸市兵庫区湊町4-2-13 »