こちらもご覧ください♪

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

上海虹橋国際珍珠城 @上海市虹橋3721号

Photo

タクシーで向かったのは虹橋という日本人も多く住む外国人御用達エリア。

そこで人気があるという↑ここ。チンタマシロと読まないように、珍珠は真珠のことです。

Photo_2

Photo_6

1階は観光客向けのシルクやお土産物を売るお店が並びます。

2階には宝石、特に淡水真珠を扱ったお店がびっしり、クミョンは買う気無し

だったのであっさり通るだけでしたが欧米からのお客さんは熱心に選んでいらっしゃいました。

自分の好みや予算に合わせてその場で糸を通して作ってくれるシステムのようです。

けど・・・・・・実はこのビル、多くの日本人の本命はこのフロアではなく・・・・・

3階、そこはまさしく鶴橋 びっしり並ぶ「なんちゃってショップ」

あるお店の前でぼーっと見ていると「お姉さん、ルイビュトン好きか?」と声をかけられました。

「いや、別に・・・すきとか・・・・別に・・・・」

「お姉さん、友達。こっち来るね」と店の奥の棚をぐっと押すとその奥には小部屋が。

背中を押され強制的に中に入れられてしまう

そこに居並ぶ天井まで置かれた偽物の山、唖然としていると・・・・

「お姉さん、S級見るね、友達だからね」とそのまた奥の棚をぐっと押すと

そこにはまた小部屋が現われS級と言われる偽物達がびっしり・・・・・

こ、ここはいったい!!身ぐるみ剥がされると怖いので早々と退散いたしました。

が、気の弱い方だと買ってしまう可能性も。3階は全店舗同じようなお店が並びます。

以前上海の別のところでこのビルの何倍もの規模の偽物城がありましたが

今はここにその残党が集結しているとのことでした。

Photo_8

Photo_9

クミョンの第一目的は珍珠城の斜め前のこちら↑「老外街」

入口には機関車が置かれ細い路地の両側にいろんな国のお料理屋さんが

沢山ならぶ現地人にも外国人にも人気の通りです。

Photo_10

ビールの美味しいお店が多いことでも有名です。

↑のお店でポテトとビールを飲みました。中は欧米人の団体さんが奇声を

上げてお昼から盛り上がっておられました。

だいぶ疲れていたのか中の写真を撮り忘れるという大失態。

Photo_11

近くの通りでスイカを売るお兄さん。

中国は広いので冬でも夏でもスイカを食べることができます。

ひと玉いくらなのかしら。霧雨が降ったりやんだり、湿度の高い日でした。

END

 

続きを読む "上海虹橋国際珍珠城 @上海市虹橋3721号" »

2013年5月30日 (木)

泰康菜場 @上海市泰康路

Photo

京都からまた上海です、頭切り替えてね

オサレ観光スポット田子房のすぐ近くにある庶民派の小ぶりな市場 「泰康菜場」

クミョンどこの国へ行っても市場とかスーパーは絶対いわして帰ります。

Photo_2

おおおおお 野菜天国中国は健在です。農薬がどのくらい残存してるかは

知りませんが、この豊富さ種類の多さ、日本とはまるで違います。

Photo_4

すっかり寝てはります・・・・・このアンニュイ感がたまりません。

狭い敷地に野菜魚肉、近所の方が籠持参でたくさんお買いものに来ていました。

Photo_6

奥に進むと・・・・・やば 鶏売ってるぞ、足早に立ち去る。

けど上海ではこの時すでに鶏インフルエンザ警戒は解除されていました。

何を基準に?そうそう「羊シャブシャブ」と言いながらミンクやキツネの肉だったってのが最新の話題らしい。

Photo_7

田子房でランチを食いはぐれお腹ぺこぺこ。ここで禁を犯してしまいました。

上海だけでも30店舗ある九州発祥の「味千ラーメン」なんでわざわざ・・・と

今まで入ったこともありませんでした。

Photo_8

大盛況、サービスも日本風で丁寧。キュウリの酢漬けとジュースをオーダー。

ストローが太すぎて飲むときかなりの肺活量を要しました。

隣の席に日本人のリーマン風が2人やってきました。「昨日の子落とせなかったわ」

「なんでや?金ケチったんちゃうんか?」「いや最初に500元やったのに持ち逃げされたわ」

際どい内容が筒抜け あのぉ、クミョンこう見えても日本人なんですけど。

外国でお話しするときは回りをよくみてから日本語を使いましょうね

Photo_9

うん すきっ腹だったからかやたら旨かったのでございます。

日本で食べるのと変わりないラーメンでした。

中国の汁系麺類ってぼやけた味の場合が多いからこの出汁は流行るでしょうね。

P1010984

地下鉄でホテルまで戻り休憩後に次なる場所へ。

タクシーを使ってみました。この新聞いつの新聞でしょうね・・・・

タクシーはとてもお安いので疲れている時は市内見学がてら使うと良いですね。

空気が悪いので窓は開けられませんが。

END

 

2013年5月29日 (水)

nikiniki @京都市下京区四条通西木屋町角

4tu

京都の四条であまりの可愛いさにそそられ、ランチ前ですがいっときました。

あの老舗、聖護院生八つ橋がプロデュースしたお店 「nikiniki」 さんです。

生八橋の種類とジャムを選んで小さなイッタラの器で、一口で頂きます。

今までの生八橋とは世界の違う生八橋 美味しかったですよ。

Hime

↑これもなんと!生八橋で作られています。

京都駅にもお店があるらしいですがこのアリスシリーズがゲトできるのはここだけ。

2つで500円、食べちゃうのが可哀想。お土産に貰ったらうれし過ぎる一品。

クミョンはシナモンアレルギーなんですがニッキ食っちまいました

Mise_mae_2

この日は他に富小路で 「山城」 さんというお店でステテコを見学。

大昔、真夏になるとおじいちゃんはステテコで商店街を闊歩していたなぁ。

他にシャツやワンピース、小物など綿の縮みは梅雨の季節にもぴったりです。

Suteteko_2

色合いも素敵でした、また近くを散策したとき買にいってみましょう。

ネットで販売もなさっています。夏はステテコでランチ?

http://yamashiro.biz/

京都は何回訪れても新しい発見がある町です。

次回からまた上海に戻ります。チャイナフリーな方はいないよね?

END

 

2013年5月28日 (火)

レストラン モトイ @京都市中京区富小路二条下ル俵屋町

Photo

上海はちょっとお休み、いきなり京都でございます。

去年7月以来2度目の 「レストラン モトイ」 さんでランチを頂きました。

こてさん、たまちゃん、しろちゃん、クミョンの4人で攻撃です。

客席センターのお花が今回も大胆で美しい。

Photo_2

ひと品目は 「気休めのカロリーオフ」 たまちゃんから頂きました。

Photo_3 Photo_5

ワインは赤をボトルで、お付だしのナッツも前回同様さっと下げられました。

もう少し食べたかったな・・・・・・・・

Photo_7

ランチは創造と名付けられたコース(7350円)のみ。

↑「塚原の白子筍と甘手鰈」 涼しげなスープ仕立ての一品です。

Photo_9

↑「ナチュラルなフォアグラとアスペルジュベール、鱒のフェメ」

春と言うより初夏のような5月の京都でした。

フォアグラが駄目な方がいらっしゃいましたがOKだった?みたい。

クミョンはソテーにするよりこっちの方が好きかも。

Photo_10

こちらの定番、↑「すっぽんを2種の調理で」

前回も同じ設えで登場いたしました。中華出身のシェフならではの清湯が楽しめます。

Photo_12

しゃきしゃきした歯ごたえの2種のキノコ。

Photo_13

↑たっぷりの野菜とお魚

ソースには緑茶の葉、野菜達もそれぞれ別々に調理して味付けしてあるそうな。

Photo_14

↑「じっくり焼き上げた豚肩ロース」

柔らかくて美味しい、ここらでお腹ほぼ満タン。

Photo_15

↑デザートは3種登場いたしました。

「地釜炊きの黒糖の砂とソルベ」

Photo_17

↑ 「マハチャノ種のマンゴーのプリン」

上のホワイトチョコレートも美味しかったです。

Photo_19

↑「ブラッドオレンジのタルト」

Photo_20 Photo_21

〆は5種のミニャルディーズ、飲み物も沢山のチョイスがありました。

2回目でしたので前回ほどの驚きは正直ありませんでしたが満足いく内容でした。

シェフのお人柄かしら?さらっとライトな感覚のお料理が続きます。

定番以外にも前回と同じ設えの物がありました、冒険もして頂きたいですね。

今回マダムはクミョンと高校の同窓と判明、驚きました。

大先輩として、応援し続けたいお店です。

END

この直後「まだラーメン食べられるわ」とノタマワったこてさん。
たまちゃんと仏光寺のマルシェに向かわれ帰路大阪でお食事後
10時にやっとご帰宅・・・・・そのパワー、超人バロムワンや!!

 

 

 

 

Photo_4

2013年5月27日 (月)

田子房の猫カフェ @上海市田子房

Photo_5

昔の上海の普通の民家を利用した小さなお店が立ち並ぶ地域 「田子房」

この日は土曜日、雨でしたが大勢の観光客でにぎわっておりました。

おもしろそうなカフェ発見 店名は「殿下」? 猫カフェです。

Photo_6

ウナギの寝床風な狭い店内を5匹の猫さん達が気楽に徘徊したり走ったり。

全員折れ耳のアメリカンカール?

Photo_8

「中国人じゃないぞこいつ!」って睨みながらテーブルを横切る。

Photo_9

「君ら美味しそうなもん食べてるね」と覗き込む。

新之助はどうしてるかな?少しホームシックにさせてくれたカフェでした。

Photo_10

ヨーグルト系のスウィーツ専門店。女の子で満員でした。

Photo_12

ランチはこのイタリアンのお店でと思って入ると10人ほど並んでいました。

なかなか空きそうにありません、残念ですが諦めました。

Photo_14

こんなカフェもありました。直訳すると「便所レストラン」 げっ

椅子やテーブルも便器、メニュー内容も大便(チョコレート)パフェとか・・・・・・

さすが中国、ゲテモノに関しては世界一と言わせていただきましょう。

Photo_15

アルファベットのTシャツ・・・・だけどMとWはいかんだろ。

こんな不思議なお店も多いですが以前より普通のお土産屋さん

ばかり目立って面白くなくなってきたような。

Photo_16

この近辺は美術館もあるらしい、次来るときはそっちですね。

20年ほど前まで上海の裏通りはみんなこんな感じだったな。

一日中霧雨が降る日なのに無謀にも白いパンツで歩いてしまいました。

いつの間にか膝から下がグレーに変色しています。

END

 

2013年5月25日 (土)

パラマウントギャラリーホテル @上海市静安区南京西路1728

Photo

今回の上海3泊は初の一人旅だったので☆4つのホテルにしてみました。

地下鉄の駅から3分、中国語表記だと 「上海百楽門聯芸精品酒店」 長すぎ。

ダブルもツインも同料金だったので広いツインで、ソウルだとトリプルに使用されるくらいの広さでした。

お風呂場の床が水浸しになって夜中に大掃除・・・・な事件以外はすべて良かったです。

Photo_2

クローゼットに備えてあった非常用マスク・・・・・

なんか直接的すぎて恐怖をつのる絵ですね。

Photo_4

Photo_6

朝食も中華風ありウェスタンスタイルありで充実しとりました。

麺やワンタンもその場で作ってくれます。

Photo_8

レストランから前の静安寺がよく見えました。

朝8時半頃でしたが雨の中参拝に訪れる人が多いです。

Photo_9

二日目は前回も訪れた「田子房」へ、地下鉄9号線打浦橋からすぐです。

上海の地下鉄は現在11号線まで、次行く時にはまた増えていることでしょう。

チャージのできる交通カード(デポジット20元)をゲトしたので乗り降りが便利でした。

タクシー、バス、リニアモーターカーでも使えます。

Photo_10

田子房へ行く前にまた寄り道、地下鉄の駅直結「日月光中心」

フードエリアで台湾系のお店 「鮮芋仙」を見つけました。

Photo

台北で美味しかった豆花、「珍玉豆花 15元(約250円)」を頂いてみる。

ほんのり甘くて温かい、豆花ってなごみます。

P1010895

かなりの行列が出来ているお店がありました、何でしょう?

Photo_3

「てつおじさんの焼き立て工房」福岡の有名なチーズケーキだそうです。

久光百貨店内のお店も長蛇の列でした。

日本嫌いとか言いながらこんなとこでは並んじゃうわけね。

Photo_4

丸亀製麺まであるし・・・・またまたここ上海?

うろうろし過ぎて本来の目的を忘れそうです。田子房をめざしましょう。

END

 

 

2013年5月24日 (金)

Reel kitchen @上海市南京西路1601号

P1010840

宿泊したホテル最寄駅は2号線「静安寺駅」、10号出口直結の「Reel」には

日本やその他どこにでもあるような綺麗なフードコートがありました。

数時間前に機内食を食べたばかりですがチェックイン後に早々と攻撃です 

P1010831

こんな感じのお店がズラーッと25店舗ほど、各地の中華、ベトナム、スィーツ・・・・

広くて席数も多い、ここ使い勝手よさそうです。

P1010833_2

なんと「銀だこ」さんが参戦しておられました。

ここは日本か?上海ですよね?この日は5時半起きだったので頭のリセットが難しい。

P1010836_2

見た感じや作り方は日本のと同じですね、味は?食べませんでした。

たこ焼きってブームなのかな?町で「章鱼丸」の看板を時々見かけました。

P1010826

この後おさゆさんとディナーだったのに・・・・・・こんなの食っちまいました。

ワンタンと五香の香りが嬉しい豚背肉の煮込み。結構いけました。

P1010828

2品で40元(約680円)くらいだったかな、今回で上海の物価の過激な上昇、

そして円安のダメージをつくづく味わいました。

ちょっと前まで1元=13円だったのが今や1元=16、8円 アベ嫌い

P1010843

静安寺駅をはさんでReelの向かいは日系の百貨店「久光」。

以前はお金持ち御用達でしたが最近は普通の地元民もどんどん御利用です。

なんとENOTECAまであるし 山崎パンの店、ベアードパパ、ありとあらゆる

日本食材料・・・・・こんな場所は面白くないので一回でスルーです。

P1010845_2

サーモン解体ショー???ただただ毛抜きで小骨を抜いているだけでした。

サーモンって三文魚って書くのね。淡水魚が好きな中国人にもサーモンは人気なのかな。

P1010846

上海の若者も激しく婚活するそうな。

身長とか顔よりまず金持ってるかどーか、それが条件らしい。

一人っ子ばっかりだし、両家のパパママジジババが絡んできてすんなり決まらんだろうな。

P1010848

おさゆさんとの待ち合わせにまだ少し時間があったのでマーリンさんと

攻撃するはずだった「ポートマンリッツカールトン」内のカフェへ。

欧米人がどどどーーーと出てくる巨大ホテル、圧倒される大きさです。

P1010850_2

チェーン展開してる 「新元素」 人参ジュース32元(540円) 高・・・・・

コーヒーも同じ値段でした。日本と同等もしかしてそれ以上・・・・・・

先進国並みに美しくなっていくのと引き換えに、どんどん住みにくい町になっていく予感。

上海よ、おまえもか。

END

 

 

2013年5月23日 (木)

梧桐居 Wu Tong Ju @上海市卢湾区太仓路181弄新天地22-23号

Photo

上海初日のディナーは関空発NH155便搭乗時、何かのご縁でお隣同士になった

大阪の女子「おさゆ」さんと意気投合、地下鉄に乗り 「新天地」へ向かいました。

ここはかつてのフランス租界の雰囲気をそのまま残した異人館スペース。

15年ほど前から始まり今では上海観光のメッカとなっているところです。

選んだお店は香港料理の「Wu Tong Ju」 素敵なお店でした。

Photo_2

Photo_3

Photo_5

このままフランス料理のお店としても十分な通用するような素敵なインテリアでした。

この後おさゆさんは万博跡地のメルセデスベンツアリーナ(18000人収容)で

開かれる周杰倫(Jay Chou)のコンサートに行かれるご予定でその前に軽くお食事。

上海で台湾人の歌手がコンサート・・・・我々昔を知る世代には目から鱗

Photo_7

メニューの数が半端じゅないので決めるのに時間を費やしてしまいました。

お茶はポットでオーダー、飲むほどに味の変化が味わえます。

けど・・・・このお茶が曲者でした。

Photo_9

サービス料10%が徴収されるからか?後ろにはベターッと係りの女子スタッフが

待ち構えていてお茶を注いでくれるのですが・・・・・・・

一口飲むとすぐさま満々と注ぐわけで、始終カップは満タン状態。

うれしいけど少しうざかったです

Photo_10

香港と言えば点心、どのお料理もソフトな味わいで美味しい。

今回一人で行動した関係で数少ない貴重なまっとうなお食事でした。

おさゆさん、ご一緒くださってどうもありがとうございました。

新天地は今回見て回った他にも2階3階にまだまだお店があるみたいです。

Photo_11

ホテルへ帰る前にコンビニでゲトしたナイトキャップ3種。

中国生産のアサヒの生がありました。スーパードライよりかなり水っぽい。

そしてなんと韓国のパナナウユ発見 紙パックって始めてです。

部屋からの眺めでお分かり頂けるでしょうか?初日と2日目は雨でした。

クミョン晴れ女のはずなんですが・・・・違うかったようです。

END

2013年5月19日 (日)

曇りな上海より

やっと雨がやみました。上海人は晴れたと言ってますが
どうみても曇りまくって視界悪いです。
昨日からジモティのようにすっぴんです。日本人風に化粧を
してたらパーティー?に見られそうだから。
楽です、ジュース飲み終わったポーンとそこらに捨てていい
みたいだし、鼻水も紙無しでかんでるし、地下鉄に乗るとき
出る人をまたないで乗っていいし、携帯で大声で話しても
誰もきにしません、自分もそうだから。
余り長いことここにいたら日本の常識忘れそうなんで明日
帰ります。さ、アフタヌーンティーを頂きに出かけましょう。

2013年5月17日 (金)

上海に来ていますけど

いきなりですが今上海にいます。
昼頃到着してから今までずっと霧雨が降って湿度が高くじめー
ANAで隣りになった女子と意気投合し夕御飯をご一緒しました。
ルーターをレンタルしましたがネクサスにはアウトカメラがないのて
画像アップが出来ません。
月曜日深夜に帰国します。よろしくです

2013年5月16日 (木)

CAFE NADI @西宮市松籟荘7-21

Photo

阪急今津線の甲東園駅からすぐのインドネシア料理 「CAFE NADI」 さん。

ご主人インドネシア人+奥様日本人、で運営されています。

おかずがいろいろ楽しめるランチセット850円↑を頂いてみました。

う・・・・・ん。普通

Photo_2

線路沿いの道を南へ、細い階段を2階へ上がります。

ひっそりとした入口だったのですが中に入ると・・・・

Photo_3

お子ちゃま連れのママ友集会、近所の大学生で満席、大騒音。

けど頭の中が東南アジア化していたのでカウンターに着席。

天蓋付きの席がなんともインドネシア?

Photo_4

インドネシア料理屋さんでカレーはいらんかも。

素直にナシゴレン定食かミーゴレン定食にすればよかったかな。

お!甲東園もバルがありますね。

多分また来る甲東園、次は違うお店でランチしてみましょう。

甲東園といえば関学。あの方も、そしてあの方もこの電車に乗って通われたのかと思うと

感慨深いものがある今津線です。

END

「僕風俗大好きです」って言ってるようなもんだね、ハシシタ君

2013年5月 2日 (木)

田植えしてみる②  @京都府福知山市大江町

Photo

続き編です。およそ田植えとは縁遠いクミョンの足・・・・・

サンダル持参ってあったから履いて田んぼに入るのかと思ったら裸足だった。

田植えは3mほど経験させて頂きました。泥の中に足を突っ込んだ時の

あのなんともセクシーな感覚が忘れられません。癖になりそう

Photo_2

久しぶりに若い男の全裸を見ました

そんなこんなでお昼時、公民館に戻ってみんなで楽しくランチです。

Photo_3

焼きソバ係りの方々、熱いのにご苦労様でございました。

Photo_5

シロチャンたちが担当したカレー。ハウスのこくまろ仕様だそうですが旨かった

Photo_7

そしてお目当ての肉登場・・・・が、なかなかあり付けず

8kg用意したらしいけど全く足らず、お子さん連れにほぼ食べられてしまったような

ちょっと食べ物が寂しかった感は否めない。

Photo_9

ただ今売出し中の女子達は顔出しOKの許可を頂きました。

かなり皆さん呑んでらっしゃいます、人のこと言えんけど・・・・・

Photo_11 Photo_12

シロチャンご持参のワイン、どれも美味しく頂きました。ありがとう

太陽の下で飲むワインは最高ですね

Photo_14

和室に行くとトドがたくさん打ち上げられておりました・・・・・

クミョンもかなり酔っ払いました。本当はここで一泊したかったくらいです。

Photo_16

帰りの西紀SAにて「黒豆黒豆」という麺メニューをゲト。

黒豆入りのお蕎麦と黒豆入りのうどん(手前)でした。

そしてこの後かなりの渋滞に巻き込まれ梅田到着は8時を回っておりました。

馴染みのない団体行動に少し疲れましたが人生初の田植え体験は貴重でした。

あの小さな苗が4か月もすると収穫できるとは、秋が楽しみです。

END

ヒント 3路線相互乗り入れの駅は便利すぎて間違って宝塚行きそう

 

 

 

 

 

2013年5月 1日 (水)

田植えしてみる①  @京都府福知山市大江町

Photo

GW前半の最終日、シロチャンにお誘い頂いて「晴耕雨読の会」主催のイベントに参加してみました。

梅田集合朝8時、福知山市の山間にある大江町に向かいました。

Photo_2

大江町の公民館?で皆さん協力してバスからテントやお食事の器材を降ろします。

お昼にかけてぐんぐん気温は上昇。総勢67名、予想を上回る人数でした。

Photo_9

のどか過ぎる田んぼへの道。こんな所で育ったら人間違うだろうなぁ。

Photo_11

今回使わせて頂く田んぼのオーナーさん、82歳には見えません。

その息子さんとお二人が「田んぼ先生」です。

Photo_12

5本くらいに分けて植えていきます・・・・・

この時は神妙な顔でレクチャーを受ける都会の子供たち&大人たち。

Photo_14

さぁ!子供たちから参戦です。どうなりますことやら・・・・・・

Photo_16

Photo_18

田植えしてるんだか泥遊びしてるんだか・・・・・

「子供はええなぁ」と言うと真剣な眼差しで「そしたら子供に戻ったらええやん」

と言われちまいました。お母さんもう一回私を妊娠してください

Photo_20

大人たちスタートです。子供たちよりもっと足取りがおぼつきません。

Photo_22

この楽しい女子、大変グローバルな方でドバイのダイソーで店長さんをしてらしたとか。

呑む前も呑んだ後もハイテンションな方でございました。

Photo_25

トラクターですると規則正しくあっという間に作業が終わっちゃいます。

子供たちは試乗させてもらって大興奮

最近ココログのサイトが非常に不安定で画像のアップにとっても手間がかかるんです。

画像を一枚貼る毎に保存してまた始めから・・・・以前はこんなじゃなかったのに

超イライラするんで後半は明日に持越しとさせて頂きます。

END

ヒント 「ここ」の近くに田んぼはありません

 

 

 

 

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »