こちらもご覧ください♪

« THE HOUSE OF ROOSEVELT @上海市外灘27号 | トップページ | 上海的老人世界 »

2013年6月14日 (金)

上海外灘観光トンネル・・・・・

Photo

旧市街地から浦東といわれる高層ビルの並ぶ川向こうへは地下鉄、船、泳いで・・・・

などの選択がありますが今回は最もお上りさん的に観光トンネルを利用しました。

Photo_3

地下へ降りるこのエレベーターで不吉な予感はありました。

往復70元(約1200円) 海底ならぬ川底トンネル、乗車時間はたったの5分間。

Photo_4

無人で動くカプセルみたいな車両に他の方と一緒に乗り込みいざ出発

水中の世界へようこそ・・・・みたいなアナウンスが英語と中国語で流れます。

ウワァ 子供 だまーぁし~  後悔するもすでに遅し。

けどこんな幻想的な写真が意図的でなく撮れたりしました。

Photo_6

サイケデリック~ ぶっ飛びそう~ 

実際はお子ちゃまなネオンやお魚の絵が壁面に書いてある陳腐なトンネルでした。

なーんや、こんなもんか・・・・・・って地上に出ると・・・・・

Photo_7

ばっこーんと聳える↑東方珍珠塔のすぐ下でございました。

この日は久々の好天でしかも日曜、入口は長蛇の列でした。登頂は断念。

Photo_8

国内外からの観光客でこの円環と言われる歩道橋はいつ来ても人がいっぱい。

前回♂や甥っ子と一緒に入ったショッピングビルにまた行ってみました。

Photo_9

ここもまた無駄にでかいのぉ・・・・・

バナリパにユニクロ、日本のモールと全く変わりません。

売れ行きは・・・・・皆さんそんなにがっついて買ってるってほどじゃなかったです。

Photo_10

レストランエリアでは和民が大盛況。

Photo_11

これまた大盛況は吉野家。中国に来てまで牛丼はいらんし・・・・

Photo_12

小龍包の発祥とも言われる豫園の 「南翔」 支店があるとは知らなんだ。

台湾の鼎泰豐も有名ですが上海ではここが老舗中の老舗。

入口で番号をもらって席が空くのを待ちます。

Photo_13

Photo_14

・・・・・・・・昔食べた時は本当にほっぺが落ちるかと思うほど美味しかった

ここの小龍包なんですが・・・・なんか普通。

ルシアンルーレットで頼んだ下の一品も甘いだけで・・・・・美味しくない。

お隣はすごく美味しそう、がめつい日本のオバサンは許可を頂いて画像をゲト。

Photo

韓国でもだけれど一人で食べていると少し奇異な目で見られることもあります。

あああ、中華の一人旅ってやっぱ辛いっす

Photo_17

で、今回気づいたんですが。公衆の場でこんな感じでべたーとくっついてる

恋人さん達が非常に多いこと。地下鉄の中で目のやり場に困ることも。

中華ってこんなラテンな国だったかしら?

Photo_18

この日は25000歩くらい歩きました。へとへとで入ったタイ料理の 「Lapis Thai」

Photo_19

Photo_20

オサレーなお店でした。怒辛い空芯菜の炒め物にトムヤムクンとビール一杯で230元(約3800円)

高~・・・・プリッキーヌをうっかり噛んでしまい後半何を食べてるかわからなくなりました。

例えると銀座と新宿と浅草と渋谷と横浜を歩いて回ったような一日でした。

END

« THE HOUSE OF ROOSEVELT @上海市外灘27号 | トップページ | 上海的老人世界 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海外灘観光トンネル・・・・・:

« THE HOUSE OF ROOSEVELT @上海市外灘27号 | トップページ | 上海的老人世界 »