こちらもご覧ください♪

« マジュン @ソウル市鐘路区仁寺洞近く | トップページ | 国立古宮博物館 @ソウル特別市 鍾路区 三清洞 35 »

2013年7月 4日 (木)

通仁市場でトシラクランチ @ソウル市鐘路区通仁洞10-3

Photo

二日目のスタートは景福宮からほど近い 「通仁(トンイン)市場」 

バスに乗りひなオンマさんに連れていって頂きました。

ここ、かなり前から攻撃したかった所なんです 

Photo_2

一見小奇麗な普通の市場ですが・・・・・・

お目当てはこちら↓

Photo_3

「トシラク(弁当)カフェ」というシステムがある市場なんです。

Photo_4

若者が中心になって伝統あるこの市場の再生を企画。

市場内の看板からこのセンターまで地域起しのプログラムです。

Photo_6

センターの2階はお食事処となっております。

昼前なのに2階ではもうすでにお食事を初めている人達が

平日でこの混みよう、土日は並んでいることもあるそうな。

Photo_5

古銭風なコインをw5000(約490円)づつ購入。

お弁当容器をもらっていざ市場に出陣です

ひなオンマさん、撮影ご協力ありがとうございました

Photo_7

こんなおかず屋さんがたくさん並んでいて、激しく目移り

Photo_8

これも

Photo_9

あれも

Photo_10

そしてこれも

Photo_11

がんがん行っときましょう・・・・・・

そしてセンターに戻りランチ開始でございます。

Photo_12

テンコ盛り豪華ランチの完成です

ご飯とお味噌汁は別でw2000、コイン内での支払いも可能。

景福宮の観光帰りに是非お勧めしたい楽しい市場ですよ

Photo_13

通仁市場は他にこの「油揚げトッポッキ」でも有名らしいです。

出た 「元祖」の看板。

ソウル 写真

お食事中で撮影しづらくて・・・↑他サイトよりお借りした画像です。

お弁当で満腹、今回は挑戦できませんでした。次回は是非

そうそう今回利用したホテルは仁寺洞キル近くの↓

Photo_14

「センターマークホテル」 新しいホテルなのでお部屋もきれいで設備も大満足。

1号線鐘閣駅から5分、3号線安国駅にも7分くらいで交通至便。

何よりマッコリ香る鐘路や仁寺洞のすぐ近くっていうのが泣かせるポイント。

ツインで1万円以下でした。ひなオンマさんの拠点にも近いので次回もここで。

(ただ廊下の音が丸聞こえ、ドアの開け閉め話し声がかなり耳障り)

Photo_15

仁寺洞では迷える観光客の対応に日本語英語中国語のボランティアガイドさんがおられました。

英語担当の男子が流暢な日本語でホテルの位置を教えてくれました。

この日はスケジュール満載です。次なるポイントへ移動です。

END

« マジュン @ソウル市鐘路区仁寺洞近く | トップページ | 国立古宮博物館 @ソウル特別市 鍾路区 三清洞 35 »

コメント

トシラクを食べるとトッポキが~
トッポキを食べるとトシラクが~(^_^;)

悩み深き年頃・・

確かに通仁市場は、清潔でおいしそうなパンチャン(おかず)の宝庫だと思います。
環境を考えたら、弁当のパックじゃなくてお皿の方がいいのにね!
リンゴ、それから大根と牛肉(だよね?)のジョンって、珍しいので食べてみたいわ。

高級なホテルに泊まったんですね。
8月に久し振りにソウルに泊まることになり、必死になって探したホテルは、1泊3,550円。
去年オープンしたらしいけど、こんなに安くてお化けでも出るんとちゃうかしら?(笑)

ひなオンマ様

まずトッポキを食べてから市場巡りをしてトシラクは1つだけにして・・・・・
だけど油で揚げるって濃ゆーい感じ、それでお腹いっぱいになりそう
花祭りのあたりのお寺の様子検索しました。きれいですねー♪
来年は何月何日になるのでしょう?気が早いけど

ビョン様

リンゴの味がほのかにするジョンでした。いっぱい食べたので記憶がぼや・・・・ん。
確かに観光客向けの市場ですね。行き易い場所だしまた行ってみたいです。
高級かな?部屋の回りはインド系の家族連れがたくさん泊まっていて朝早くから
うるさいのなんの・・・・・「静かにして!!」ってドア開けて叫んだわ
3550円・・・・・良かったらまた教えて下さい

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通仁市場でトシラクランチ @ソウル市鐘路区通仁洞10-3:

« マジュン @ソウル市鐘路区仁寺洞近く | トップページ | 国立古宮博物館 @ソウル特別市 鍾路区 三清洞 35 »