こちらもご覧ください♪

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

YO.Cafe @大阪市中央区心斎橋筋1-8-30

P1040433

ブログ掲載が吹っ飛んでた一件をここで。

シロチャンと心斎橋筋で攻撃したフローズンヨーグルトのお店

「Yo. Cafe」 さん。大丸の前あたりです。ここはセルフで自分仕様に楽しめます。

P1040430

10種類はあったかな?あれもこれもと悩みながらブニューっとカップに入れていきます。

普通のソフトクリームなどより溶けやすいのでマゴマゴしてたらどんどん溶けちゃうから注意

P1040431

トッピングも選り取り緑に黄色に赤に・・・・小さなチーズケーキやクッキーなどなど魅惑的。

甘系は駄目なクミョンでもこの手の代物の前ではうきうきしちゃうのよね

P1040432

けどここはg@23円だったかな?で課金されるシステム。

調子に乗ってテンコ盛りしてると「え!」みたいなお値段になります。

P1040435

とか言う2人は案の定テンコ盛り・・・・白玉やらコアラまでぶち込んで680円。

イチゴやチョコケーキを二つも突っ込んだシロチャンは700円越えでした。

大人で太っ腹なそこのあなた、千円越えを目指してタワーを作ってみてくださいね。

すっかりお子様ランドになってしまった心斎橋筋商店街、悲観するだけではなく・・・・・

こちらが合わせて行かないとミナミは歩けないご時世なようです。

END

2013年9月28日 (土)

炒飯専門店 やん! @神戸市中央区元町通3丁目

Photo

この日は婦人科健診→歯科定期健診→ネイルと神戸で3本用事を済ませました。

合い間をぬってのランチは元町商店街北のチャーハン専門店 「やん!」 さんで。

貝柱炒飯 600円(前金制) をさらっといっときました。 水餃子が二つ入った小スープ付き。

う~ん、チャーハンです。普通のチャーハン。禁煙だけど店内換気が悪く厨房からの煙で目が痛い

Photo_2

やん!の黄色い看板が目印。 YangさんかYanさんの経営でしょうか?

夜は一人鍋専門店?らしいです。

Photo_3

ちょっと空き時間が出来たので、はらドーナツさんのカフェ「豆茶」さんでじわーっとな。

飲み物とロールケーキがセットで700円、リモージュと同じやねってリモージュって何?

前のナチュラルハウス2階にあった梅龍鎮がナポリピザってお店に変わってますね。

Photo_4

ベルエベルの生徒さんによるネイルやエステが今年も始まってますよ

↑はお隣の方があまりに美しく仕上がってたのでばしゃっとさせて頂きました。

施術してる生徒さんの爪もめっちゃかわいかったわ

Photo_5

いきなりのオバ指姫登場ごめんなさい 

今回は地味目に、秋を感じる雰囲気で攻めてみました。

基本2000円+アート代(フレンチなど)500円 熱心に施術してくれますよ

10月はまだ予約に余裕があるみたいです。木曜と金曜のみオープンしています。

END

2013年9月26日 (木)

イタリア市場&ワイン祭り @梅田阪神百貨店8F

Anita

梅田阪神百貨店で開催中 「イタリア市場&ワイン祭り」 初日攻撃してきました 

12時前でしたがすでに会場は熱気むんむん お目当てのマンマ食堂に直行いたしました。

南イタリアはカラブリアからお越しのマンマ、アニータさんをばしゃっとな

Photo

迷いましたが「リコッタチーズとンドゥイヤのリガトーニ」420円 を頂きました。

唐辛子とリコッタチーズが円やかな辛さを演出しとります。ワインと合います

ウサギの蒸し煮とかイノシシのじゃが芋煮込み、なんてのもありましたよ。

Photo_2

おっかけしてるわけじゃない、まわしものでもない、けどまたfujimaruだわ

1shot Barで出店されてました。コラチーノという爽やかな白を頂きました。

Photo_3

その後も試飲で何杯飲んだやら・・・・・・

Photo_4

別のお店でガーリックチキンとライスボール。ライスボールは冷めててあかんかった・・・・

西梅田のイタリアンのお店もにぎわっていました。実店舗にも行ってみようかな。

Photo_5

デザートは初登場のスティックジェラート、ピスタチオ味 263円

普通のカップ入りのジェラートの方がジェラートらしいかな。

Photo_6

試食もしまくり・・・・・今回はこの催し会場でランチ完了。

Photo_7

けどワインで財布のひもが緩み・・・・・・これや・・・・

Photo_8

あれや・・・・・

Photo_9

いろいろ買いまくり、帰りは自転車の前籠いっぱいになっちゃいました。

かなり面白い内容の出展が多いので楽しめると思います、土日に行かれる方は

相当の混雑を覚悟でお出かけください。10月1日(火曜)までです

END

ほんまに阪急百貨店の外観を歩道橋から写してる人がおりました・・・・
あのドラマ、最後に出向になっちまう部分だけ納得できました。

2013年9月25日 (水)

島之内フジマル醸造所 @大阪市中央区島之内1-1-14

Photo

なんと大阪のど真ん中、心斎橋から歩いてたった10数分のところで、ワインが
醸造されてるってマジ?

興味深々半信半疑で伺いました。「島之内フジマル醸造所」

最寄の駅は松屋町駅、人形と結納~♪のあの松屋町から3分で到着です。

Photo_3

Photo_4

一階がワイン醸造所、二階はレストランとして営業中。

ここは是非一階の醸造所の出来立てワインを頂かねば

車で30分の高井田に畑があるそうです、そのデラウエアの白は良い意味でジュース
みたいでした。何も知らない14歳の少女って感じ。

シロチャンは2012年の赤、ロゼ?ってくらいな爽やかな色。

赤白グラスワインだけで20種以上あったでしょうか、お値段もとてもリーズナブルです

Photo_5

そしてここ、お料理がすごいんです ギリシャ風サラダ。

ポーションは小さいけれどそれぞれのお野菜が美味しい。

Photo_6

↑「キャラメリゼしたイチジクと生ハム ラタトゥーユとリコッタチーズのソース」

面白い取り合わせです。旨い 幸せですぅ~

先日フジマルワインショップが主催した丹波ワインの集まりで
お世話になったスタッフとこちらで再会できました。

Photo_8

↑「軽く炙った戻り鰹のタリアータ グレープフルーツのヴィネグレット」

ひとり分に取り分けた図です。これも美味しいわ

Photo_11

2杯目は赤を。シロチャンはお好みのフルボディ(左)

カウンターとテーブル席が数席、落ち着いた色調の店内。

予約で満席でした。電話がひっきりなしにかかってきます。

Photo_12

お!ココファームのがあります。次はこの「農民ロッソ」を飲んでみましょう。

B氏が監修されたワインかもしれませんね

Photo_13

鱧+カラスミのパスタ 見た感じその物の美味しいパスタでした。

ポンテヴェッキオにおられた方がお料理担当とか、納得。

Photo_15

〆のトマトソースのパスタもさらっと頂きました。

ストーブ料理が美味しそう、4人くらいで来てシェアするのがベスト。

Photo_16

レストランから一階の様子が見えるようになっています。

ここ良いわ~ すぐにでも再訪したいけどぐっと我慢だ

営業時間は午後1時~10時(なぜだか1時から) 定休日 水曜 予約必須。

ランチメニューなどはありません、昼からアラカルトとワインで酔っ払いたい方は是非

END

2013年9月23日 (月)

フィエスタ・メヒカナ大阪2013

P1040375

3連休に新梅田シティで開催中のフィエスタ・メヒカナ大阪をシロチャンと攻撃してみました。

4時ごろの到着でしたがかなりの人出で大盛り上がり

P1040391_2

テキーラなどメキシコのお酒の屋台がたくさん出店していました。

この後の予定を考えお酒には手を出しませんでした(昨日泥酔したしね

P1040383

P1040387

サンタクロースの様な素敵な男子のお店で吊紐付きの小さな携帯テキーラ?発見。

P1040377

↑不気味かわいい「エケコ」・・・・・・どうして火曜と金曜なんだろう?

お金いっぱい欲しい、体重を減らしたい、もっともっと美人になりたい。

そんな人は3つ買ってね

P1040366

↑タコスを作る人も濃いし・・・・・・

P1040370

↑疲れるほどお店も濃いし・・・・・

P1040388

↑お客さんも相当濃い人達が集結。

P1040367

圧倒されてこれだけ頂いて1時間ほどで退出いたしました。

本場のオッ様が焼いてくれたスパイスの効いた美味しいタコス

アディオス アミーゴ ←これしか知らんし

END

読売大巨人軍まんせー 半沢の陰で胴上げ・・・・・まんせー

2013年9月22日 (日)

Bistro Gallo @神戸市中央区北長狭通1-3-10 燕京ビル 8F

Photo

想定外な場所で六甲おろしの大合唱を聞いた後、神戸は三宮の新星 「ビストロ ギャロ」さんで

ワインと美味しいお食事を楽しみました。最近人気のお店だそうです

北野の帝王の妻マーリンさん、2代目北野の帝王正也さんとご一緒いたしました。

Photo_2

付きだしのパンと豚のリエット。

これが美味しかった オリーヴも美味しいわ 

Photo_3

メイン以外はお店のお勧めの品をお願いしました。ピクルスやラタトゥーユ。

丁寧にお料理されています。お若いシェフがなかなかえー男でんがな

Photo_8

神戸野菜の盛り合わせ。

B→白グラス→赤ボトルと進みました。

最初の画像、お店お勧めのスペインの赤(5600円)深く重厚な味わいの一品でした。

女子スタッフも我々の際どい突っ込みに怯むことなく明るくフレンドリー

Photo_5

お肉の扱いが得意なシェフのようです。色々試せて楽しかったです。

ここでかなりお腹いっぱいになってしまいましたが・・・・・

Photo_6

Photo_9

どーんと中山牛のステーキいっときました。

ちょっとハードなお肉でした。添えられたポテトがええ仕事しとりました。

Photo_15

お腹いっぱいやちゅーのにデザートまで手を出す3人。

チョコレートケーキ&チーズケーキ 美味しく頂きました。

満腹泥酔状態でこの後AMAまでの道のりは遠かった

Photo_10

三宮駅から北へすぐ。小さな雑居ビル8階にあります。

客席は多くないので予約がベターでしょう。2軒目使いにも良いお店です。

トライアル用のメニュー貼りつけときましょう。

Photo_12

Photo_13

リーズナブルなお値段で美味しいビストロメニューが楽しめます。

最後までご覧頂いた方に今回はプレゼント画像をお届け・・・・・

Photo_14

顔出しOKの許可を頂いたので本当に顔出しさせて頂きます。

まーりんさんの従弟さんです。残念ながら2歳児のパパ

初代北野の帝王の風格を彷彿とさせる正也さん。またどこかでよろしく

END

2013年9月21日 (土)

エリジウム 観てきました。

Elysiumnewpicture_21

マット・デイモンはあんまり好かんけど、初日=千円だったので見てきました。

今から140年後2154年の地球は貧困層だけが残された巨大なゴミ箱と化し、超富裕層は
宇宙空間に作られた理想郷エリジウムに住んでいる・・・・っちゅうお話。

エリジウムには各戸に人間再生?装置があり癌が見つかっても瞬時に完治。
そこに住むものは老いとも病気とも戦争とも無縁。

子供が存在するようだが老いがないとは自分の好きな年齢でストップできるということか?
それにしては防衛省長官を演じるジョディー・フォスターは老けてないか?とか地味な
疑問が発生するがスルーしよう。

Photo

マット・デイモン君、ハードな役柄を上手に演じておられます。
ストーリー展開は驚きゼロですが戦闘シーンが結構迫力物でした。

久々にプリズンブレイクのマフォーン刑事にも会えます。何やらせても彼は印象的。
この手の映画はあまり見ないクミョンですが退屈はしませんでした。

けど実際こんな風に富裕層と貧困層がわけられる事態が起こったら悲惨だよね。
こんなことにならない内に今ある地球上の根絶すべき諸悪は早い内に取り除きましょう
という警告も込められている映画のような気がします。

お次のレディースデーにどうぞ。

END

ワコールの「マイナス5歳 着やせパンツ」気になりますよね!!

3枚重ねてはいたら15歳若返るんだろうか?誰か試してみてください。

2013年9月20日 (金)

北新地 福多亭 @大阪市北区曽根崎新地1丁目11-19

Photo

シロチャンと北新地ランチです。美味しいステーキのお店 「福多亭」 さん。

夜のステーキは 「誰か私を接待してくださーい」 なお店なので滅多なことでは
足を踏み入れることは出来ません。こんなお店も見学できるのが北新地ランチの
うれしいところです。

Photo_2

カウンター7,8席と奥にテーブル席2席の想像より小さなお店でした。

パンの前に2人陣取りました。左端のロールパンは夜のパンらしいですがじーっと
見つめていたら よろしければどうぞと・・・・よっぽど欲しそうな顔してたんだクミョン

Photo_3

お昼のメニューは2本立て 「シェフ入魂の“近江牛漆黒カレー”ランチ」1200円と

「こだわり“自家製挽き和牛ハンバーグ”ランチ」1500円

まず有機野菜のサラダ登場、ドレッシングがあっさりと美味しい

Photo_4

小さなスープは牛骨スープ、滋味あふれるスープです。

見た感じよりあっさりとしたお味。

Photo_5

カレーには小さなカレーパンが付きます。

ほほぉ、パン屋さんのカレーパンとは別物の美味しいカレーパンでございました。

Photo_6

シロチャンのお見事なハンバーグ。添え野菜も手抜きなし。

噛みしめると美味しいお肉の味がダイレクトに味わえる、ステーキ屋のハンバーグ。

次回はこれを食べましょう

Photo_7

カレーを美味しく写すのって至難の業なんです、今回も黒い海みたいになっちゃいました。

スパイシーなブラック系、10切れは見え隠れする煮込まれたバラ肉がトロケル美味しさ。

浅いお皿なので冷めやすいのでさっと食べるのがベターと思われます。

Photo_8

食後の飲み物でしばしまったり。スタッフのサービスもフレンドリー且つ礼儀正しく上等。

お昼は予約不可です。カレーは10食限定。オープンは11時半、少し前の到着時にはすでに2組お待ちでした。

夜に窯焼きのステーキを食べたいな。もう一回無駄吠えしとこか・・・・・・

「誰か私を接待してくださいーい

END

 

2013年9月18日 (水)

御堂筋ロッジ @大阪市中央区南船場4丁目

Photo

コテさんにご一緒頂いて2年前にオープンのこちら 「御堂筋ロッジ」 さんでランチです。

地下鉄心斎橋の駅から地上へ3分、御堂筋沿いのビル地階にあります。

その名の通り山小屋風な入口でございます。

Photo_2

店内も趣あるアルプス?風。 かなり席数はありますがお昼は満席状態でございました。

今回は予約ができるということで「小皿洋食ランチ」3200円のコースを頂きました。

Photo_3

こちらのお店の本店は長堀にある「洋食勝井」さん。あちらも美味しいお店でした。

コースには「能勢の山水」というお水とドリンク(ビールやワインも可能)1杯付きでした。

2人は迷わず 「ビール下さい」、けど回りを見渡すと飲んでるのは私らだけでした

Photo_5

始めの一皿「秋刀魚のカルパッチョ」 二人で分けわけです。

なーんや、こんな小さいんだ・・・・・って安心したのが間違いでした。

Photo_6

お料理は一品づつゆっくり運ばれてきます。「3種オードブルの盛り合わせ」

これは一人づつ別皿。シラサ海老、サーモン、モモ肉のコールドビーフ。

Photo_7

「具たくさんの野菜サラダ」 2人でわけわけですがかなりの量でした。

これは後の方に出して欲しかったような一品。

Photo_8

「カボチャの冷製フープ」

まだ昼間は30度くらいある大阪、冷たいスープがうれしいです。

Photo_9

今日のヒットはこれでした。 「玉子サンド」 1人1切れがこの場合良いのだ。

昭和のお母さんが作ってくれた味そのものです。おかあさーん

Photo_10

「いろんな種類のキノコのソテー」

2人でわけわけ、なーんてこと無いお料理ですが美味しい味付けでした。

この辺りで満腹に近い雰囲気が漂う、がこれが中間点で後半戦へ。

Photo_11

「帆立フライとカニクリームコロッケ」 2人で分けわけです。

美味しいタルタルソースをかけて頂きます。洋食屋さんの本領発揮ですね。

Photo_12

そして最後のメイン 「黒毛和牛ロースの塩焼き」 これは1人1皿です。

柔らかく美味しいお肉でした。そして次はメニューに 「赤盆」とあります、何でしょう。

Photo_13

赤いお盆に豚汁とご飯にお漬物が登場しました。

ご飯が美味し過ぎでお替りしちゃいました。天高くクミョン肥ゆる秋

Photo_14

〆は牛乳のジェラートとハーブティー。全部で10品登場いたしました。

約2時間半、食べてしゃべってお腹いっぱい さすがの2人もぜいぜいぜい・・・・・

小皿のコースも楽しかったですがランチなら普通の洋食メニューでもいいかも

Photo_15

食後は心斎橋大丸で開催中の岩合光昭さんの写真展「ねこ歩き」を鑑賞。

猫が大好きでないと撮れない写真ばかりです。ものすごく癒されました。

コテさん、チケットどうもありがとうございました

END

 

2013年9月16日 (月)

吹上舎 @大阪市北区阪急うめだ本店12階

Photo

台風一過で大阪近辺は11時頃から晴れ間も出てきました。

で、のこのこと阪急うめだ本店でランチです。比較的空いていた 「吹上舎」 さんで。

半熟卵がとろとろ状態、心揺さぶられる親子丼 小鉢と小さな冷しうどんがセットで1000円

トッピングの生玉子は画像美化目的、オプションで100円追加、

Photo_2

これもオプションで唐揚げ300円 2切れぽっちで300円?とタジログも美味しいので納得。

親子丼も標準以上に美味しいわ。次は鹿児島地鶏「黒さつま」使用のお高い方に
挑戦してみようと思います。

神戸の吹上庵、北野坂とけいやの近くにあるらしいお店の姉妹店みたいです。

Photo_4

阪急といえば先日↑こんなカップを衝動買いしちまいました。

1970年代から80年代のARABIAの製品だそうな。

ソーサーが無いのは残念でしたが、そのなんとも馴染む雰囲気に惚れました。

容量は300ccと大き目です。 コーヒーもいいですがクラムチャウダーなんかも似合いそう。

Photo_5

底に72とあるのですが、これって単なる商品番号?年代?

今もSallaシリーズは販売されているのでしょうか?ARABIAにお詳しい方よろぴこ。

END

台風が関東に向かっています。今回の台風はすごい大雨を伴っています。

近くの川などが茶色く変化したらいつもの川ではありません、ご注意くださいませ。

2013年9月12日 (木)

マンゴツリー @大阪市北区グランフロント南館8階

1_2

北野の帝王の妻まーりんさんがAMAの新ちゃんに会いに来てくださいました。

その前のグラフロランチはブッフェスタイルのタイ料理 「マンゴツリー」 さんで。

Photo_7

お昼前の到着だったのでお料理の近くに陣取ることが出来ました、これ重要

スタッフの人たちも礼儀正しく良い感じ、お皿とカトラリーは随時変えてもらえます。

Photo_8

Photo_9

お料理の種類は結構多いです。カレー2種、スープも有り、お米はジャスミンライス。

特筆はイエローカレー、マイルドでとっても美味しかったです。

厨房の補充が我々の食欲に追いついてないのか、遅く感じました。

Photo_10

サラダとデザートのコーナーです。タイ独特の甘くて暖かいデザートがなかったのが残念。

メインを食べすぎてデザートは少ししか頂けませんでした。

攻撃される方は配分に注意して食べ進んでいかれますようにね。

Photo_11

麺のコーナーは別に屋台風に設けられていました。

トムヤムクンもありましたが鶏ガラスープの麺にしました。麺が茹で足らず硬かったのが残念。

時間制限無しで2800円、外の景色も楽しみながらゆっくりお食事にお喋りに良いお店ですね。

ただ駄目だしするとしたら・・・・・ドリンクが別なんっす 生B一杯が680円もしたっす

せめてソフトドリンクのバーコーナーくらいはあって欲しいのぉ

グラフロは秋風が吹いているお店もちらほら、これからが本当の勝負でしょうね。

END

2013年9月10日 (火)

タイピスト 観てきました

761151

好評のフランス映画 「タイピスト」 遅ればせながら鑑賞してきました。

ストーリーは明解すぎるくらい明解で少し面白みには欠けましたが、1950年代当時の女性達のファッションが
とっても素敵。映画全編の煙草の煙に包まれた色合いがタイムトリップさせてくれます。

アメリカはビジネスを取るがフランスは愛だ フランスのアメリカに対するコンプレックスもきれいに描かれていたりします。

エラ・フィッツジェラルドの唄う「アイ ラブ パリス」など当時の名曲もバックに流れます。

けどこのシネ・リーブル梅田も、絶賛上演中の「大統領の料理人」を上演するガーデシネマも

大阪駅から歩いて10分以上かかるスカイビルの中・・・・・・

Photo

ここの地下食堂街って本当に不毛地帯で・・・・・・

Photo_2

リーマンの皆さんとご一緒に↑「にくたまランチ」800円とかを頂きました。

・・・・・・高い丁寧に食べ方まで示唆してくれていましたが実行はいたしませんでした。

Photo_3

ガーデンシネマはネット予約が不可なので当日窓口販売のみ、早めに行っても

このビル内で他に時間をつぶす所もなく、むっちゃ不便やん 

神戸で見ようかな大統領の料理人

Photo_4

夏の間賑わったらしいお化け屋敷が解体中、もう秋ですね。

素顔で働けるのでアルバイトをしたかったのに、残念です。

END

2013年9月 9日 (月)

ST.FOODSBAR  @神戸市灘区永手町5-3-15

Photo

「但馬牛焼肉 扇矢」さんで焼き肉をファンキーに楽しんだあとちょっと寄り道。

入ったとたん・・・・・あれ?ここもしかしてガールズバー?カウンターの中にはお若い女子3人。

熟女4人は瞬間違和感を感じましたが、「お料理も頑張ってるバー」ということです。

Photo_2

果実酒などを呑みながら蕪の炭火焼き、地鶏のお料理もあるようです。

この時はまだ決定前だったね、一応触れておきましょうかオリンピック。

7年後の自分の年齢を考えたらあまり萌えないわ。頑張ってください東京さん。

Photo_3

金目鯛の焼き物 鱗もぱりぱりと美味しくいただきました。

三波春夫の唄う東京五輪音頭の中の「オリンピックの顔と顔」って歌詞、当時小学生

だったクミョンこの意味がわからず悩みました。今も何が顔と顔なのか?わかりません。

Photo_4

鶏スープに塩卵 美味しかったです。

リーズナブルなお値段でちょい呑みにぴったりのお店ですね。

美味しいお店の多い六甲道界隈、また来るとも

END

まさか開会式にSMAP出したり・・・・ないよね?紅白と違うんだから、そこんとこよろしく。

2013年9月 8日 (日)

但馬牛焼肉 扇矢 @神戸灘区六甲町1丁目4番15号

Photo

お肉大好き女子4人(OZW真理ちゃん、K女史、ルーシーTちゃん、クミョン)で

念願の六甲道 「但馬牛焼肉 扇矢」 さんを襲撃いたしました。

こちらは美味しいお肉を求めて遠方からもお客様が来られるという扇矢肉店さんの直営店です。

Photo_2

JR六甲道から西北に5分ほど歩いたところ、黒牛さんのような外観ですね。

立派な一枚板の看板は要必見 一階は小人数用にカウンター席、2階はテーブル席でした。

Photo_3

2階のテーブル席で頂きました。煙を全く洩らさない吸煙システムがすばらしい。

スタッフの方も元気で笑顔のサービス、これって大事なことですよね

Photo_4

お肉のカルパッチョ 美味しいお肉がチーズと相性ばっちりでございます

これ一人で全部食べたかったわ・・・・・

Photo_5

味付けの難しいナムルも丁寧にお料理されていました。

Photo_6

さーガタガタ言ってないで焼きましょう、まずは小手調べに「特選2~3人前」

さすが扇矢さんの厳選だけあって美味しいお肉揃いでございました。

山葵も添えられています。牛肉の脂と山葵って合うんですよね

Photo_7

ぽってりと分厚い特選タンもいっときました。

そうそう、飲み物のメニューも豊富でした。扇矢さんオリジナル?の焼酎もあり。

Photo_8

箸休めのサラダ、紫蘇の葉がええ仕事してはります。家でも使ってみましょう。

Photo_9

上ハラミ、食べるのに入魂していたのでメニューをはっきり把握しなかったのが残念。

サイドメニューもいろいろ・・・・ローマは一回では食べきれないってやつね

Photo_10

てっちゃんてっちゃん かねてっちゃん

最近昔のCMソングを口ずさんでしまうことが多い、冥土が近いのか

ほとんど塩で頂きましたがタレもあっさりとしていてお勧めだわ。

Photo_11

〆のハーツ 臭みゼロの上品なハーツでした。

お値段もこの内容で一人2杯飲んで4500円くらい、リーズナボーです

ぎゃー また絶対行ってしまいそうなお店です。どなたかご一緒にいかが?

Photo_12

しまった・・・・この場合フラッシュを焚くべきでした。

オーナーご夫妻です。美味しいお肉で大満足な夜でした。またよろしく

END

2013年9月 7日 (土)

赤坂一龍 大阪難波店 @大阪市中央区道頓堀2-2-20

Photo_2

夜の道頓堀、韓国料理の「一龍」さんで一押しのソルロンタンを頂いてみました。

東京赤坂の本店は大変な人気店なのだとか、ここの一押しは15時間煮込むソルロンタン

クミョン恥ずかしながらこの看板をみるまでソルロンタンがこの漢字だとは知りませんでした。

Photo_3

濃い雪・・・・・ふむ、納得のスープには煮込まれ柔らかくなったお肉がちらほら。

このお肉がパサパサではなく美味しいのです スユクとして一品でも食べられるようです。

本場では朝からソルロンタンにキムチをどばーっと入れて頂くことも多いようです。

Photo_4

夜のソルロンタンセットは1575円、オカズの種類が倭国の韓国料理屋さんにしたら多いですね。

そしてお替り自由なのがうれしい、なぜだか海苔だけがお替り不可です。

お昼のセットは850円とお得ですがオカズは3種類だけのようです。

Photo_5

生マッコリのサーバーがありました。全州の生マッコリには敵いませんが美味しいです。

ただ・・・・・この小さい器で一杯500円(ノ_-。) 次は韓国で浴びるほど呑んでやるわ

Photo_6

一階は理容店だったりして少し不思議なムードのビルですが臆せずこの階段を上りましょう。

内装は韓国カフェ風?なきれいなお店でスタッフも笑顔が素敵で親切な方でした。

そうそう、ここタッカンマリやヤンニョムチキンなどなどメニューも豊富です。

お昼のタッカンマリ美肌コース3150円なんてのも有りまっせ

Photo_7

夜の道頓堀を歩くのは久しぶりです。

NHKの「夫婦善哉」良いですね。大大阪と呼ばれたあの頃もそして今も、男女がそれぞれの

思いを胸にいったりきたり。アホな女はいくつになってもアホやさかい。

END

健康診断を受けました。これだけ食べ散らかしても体重は去年と変わらず

血液検査の結果はまだですが、お墨付きを貰ったようで安心してこれからも・・・食うぞ

2013年9月 6日 (金)

ル・クール神戸 @神戸市中央区波止場町7-2

Photo_14 

大雨続きの頃で、どうなることかと思いましたが予定通り神戸へランチに行きました。

イグラオンマさんとハーバーランド Hotel La Suite Kobe のフレンチ 「ル・クール神戸」さん。

前菜、メインは数種類からセレクトできました。↑クミョンの豚肉のパテ。

Photo_13

窓からは神戸港の景色、優雅なインテリアでゆったりとお食事できるお店です。

ホテルのふれ込みには「まるでエーゲ海にいるような・・・」とあります。
(ホテルの隣はコーナンなのですぐ現実には引き戻されますが)

イグラオンマさんは魚介のサラダをチョイス。瀬戸内海の魚介が使われています。

Photo_12

淡路の玉ねぎを長時間煮込んだスープ。

自然な甘さがとっても美味しいスープでした。

お客様は他に8人さんほどの女子会、隣接している鉄板焼きのお店にご家族連れが一組、

立地的に一般のお客さんは少ないかも。

Photo_11

イグラオンマさんのメインは豚、かなり油ギッシュだったようです。

器は白一色、お料理はホテルらしく凛とした美しいデザインです。

Photo_10

クミョンは鯛のお料理で、美味しいクリームソースには「すい葉」が入っています。

Photo_9

デザートのミルフィーユ、フォークを入れるのが困難ですが美味しそう。

柿のクリーム、季節先取りですね。

Photo_8

抹茶と丹波の栗のデザート、これもしっかり秋しています。

この不安定なお天気が収まったら本格的な秋が始まりそうですね。

けれど日本の環境はどんどん普通ではなくなっているような、皆様お身体大切に。

END

2013年9月 3日 (火)

丹波ワインで葡萄を収穫 @京都府船井郡京丹波町

Photo

先日ご紹介した北海道10Rワイナリーのケルナーを取り扱っている日本橋の

ワインショップFUJIMARUさん主催「葡萄収穫体験ツアー」

シロチャンと一緒に参加してみました。

Photo_2

大阪駅前からバスで45名しゅっぱぁーつ いきなりスパークリングワインが振舞われました。

柏原市のカタシモワイン「たこシャン」 たこ焼きと合わせて欲しいワインだそうです。

約2時間で到着・・・・・した時点でもう早酔っぱらってました

Photo_4

自然に囲まれたワイナリー、工場の向こうに葡萄畑は広がっています。

Photo_3

がぁ いざ収穫という時からかなりの雨が降ってきました。

(この次の日、丹波地方は豪雨に襲われ避難勧告もでました。一日違っていれば中止でした)

皆さん完全防備で説明を聞いていらっしゃいます。クミョンはというと・・・・・・・

Photo_5

安易な考えで用具無しで参加、ワイナリーで雨合羽を頂き足にはスーパーの袋を装着。

「傘なんかさして収穫できませんよ」と言われました。

Photo_6

皆さん雨にめげず鋏を持って畑に向かいます。

こちらの畑では40種類の葡萄が生育しているのだそうです。

Photo_7

わかり難いですがかなりの雨が降っています。

Photo_8

今回はピノ・ブランという品種の収穫でした。45人で750kgを収穫・・・・・・する予定。

採り洩らしのないように注意しながら鋏を入れていきます。

時々味見をしてもOK、そのまま食べても美味しい葡萄でした。

Photo_9

トラック一杯の葡萄達、この頃にはクミョン撮影を放棄してましたので

シロチャンから↑この画像を頂きました。2人で箱3個分以上は採ったと思います。

今回の葡萄は来年の今頃丹波ワインさんから出荷されるそうな、楽しみです。

Photo_10

充分運動した後はお待ちかねのBBQタイムです。

畑を眺めながらシャンパンで乾杯

Photo_11

全部で5種類くらいワインは用意されていました。

出遅れて飲めなかった品種もあったのが残念。

Photo_12

お食事の材料は十分用意されていて皆さんお腹いっぱい、呑んで食って楽しく談笑。

ワインに精通した方も多く、勉強になるお話をたくさんお伺いすることが出来ました。

Photo_13

食後は葡萄を一粒食べて品種を当てるという難しいゲームが行われました。

Photo_14

むむむむ・・・・・食べても見つめても何がなんだかわかりません。

辛うじてわかったのはその日収穫したピノ・ブランのみ。

5問正解したツワモノ女子が優勝でした。これ全部知ってる人います?

Photo_15

食後は工場見学。樽の栓を開けるとシャワシャワシャワと発酵している音を聞くことができました。

簡単に出来るものではないけれど魅了されるほどのロマンがありますね。

本当に少しだけですが北海道の神の愛さんのご苦労がわかりました。

日本のワイナリーも頑張っています。機会があれば日本ワインもお試しくださいませ。

END

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »