こちらもご覧ください♪

« 芸茶院初訪問 @全州市完山区校洞142 | トップページ | リストランテ バル ヴァリオ @大阪市淀川区十三東2-8-15 »

2013年10月25日 (金)

ル・クロ・ド・クロ @大阪市中央区東心斎橋1-17-9

Photo

心斎橋大丸でダイアナ妃の写真展を見る前、こてさんとのランチは

「ル・クロ・ド・クロ」さんで。こてさんの第六感で攻撃してみました

Photo_2

お店の敷地が小さい?1階は厨房のみで2階に通されました。

靴を脱いでスリッパに履き替えるシステム(あまり好きではないが)

女子好みな内装、何やら書いてある・・・フレンチかと思えば英語ですかい。

Photo_3

2700円のコースにしてみました。このお値段でメインは魚肉両方でてくるらしい。

こてさんの前菜は「生うにのムース、焼きナスのラグー添え、温泉卵のソース」

Photo_4

クミョンは温製で「海老とムースのポテト包み」

美味しかったんだけど・・・・今回編集しながら気づきましたことが・・・・・

確かクミョンは注文時「地鶏をつかったラビオリ」をオーダーしたはず。

平気で食べて今気づくなんて頭脳の劣化がかなり進んでますね。

Photo_6

お魚のメインはあらかじめ決まっておりました。

茶碗蒸しの様な(店側説明による)ソースが美味しかったです。

12時過ぎると店内女子でほぼ満席でございました。

Photo_9

声のかなりでかい男子スタッフが応対でした。

グラスワインは白で適当に、とお願いすると・・・・・・

ものごっつい甘いリースリングが登場、これには閉口いたしました。

Photo_5

こてさんのメイン「フランス産鴨もも肉のコンフィ」

美味しくぱりっと焼き上がっていますね。

激戦区心斎橋、お料理に手抜きは無いようです。

Photo_7

クミョンのメイン「泉州犬鳴豚のシュークルート」

美味しく煮込まれた豚さんでした。

この豚はキャインキャインと鳴くのでしょうか?

鳴き声を聞いたことがある方、ご一報ください。

Photo_8

かわいいデザートでした。

2700円でこの内容はお得感大きく有りでございます。

天井が低く若干狭さは感じる空間でございましたがこの界隈でゆっくり

お食事できる貴重なお店であることは間違い無しですね。

2時間半くらい居座っちゃって、フクハラで埋没して、結局ダイアナ展には

1時間も滞在しなかった2人。何がメインだったのか?

やっぱ食べることですよね

END

何やら某ホテルグループの食材偽装疑惑が沸騰してますね。

トビコをレッドキャビアって、結構奇抜なネーミングをかましたもんですね。

拍手してあげるわ 

« 芸茶院初訪問 @全州市完山区校洞142 | トップページ | リストランテ バル ヴァリオ @大阪市淀川区十三東2-8-15 »

コメント

今回も楽しい一日をありがとうございました。

>確かクミョンは注文時「地鶏をつかったラビオリ」をオーダーしたはず。
平気で食べて今気づくなんて頭脳の劣化がかなり進んでますね。

ひぇ~~~~~(@_@)私も読んで「そうやった!!!」と思い出しました。
私達、大丈夫ですかね?
くみょんさん、私の名前忘れないでね(T_T)

こうやってお写真で見てみると綺麗なランチだったんだな~♪と思います。
店内の雰囲気は何を狙ってるのか、いまいちでしたがお値段からしたら満足な内容でしたね。
こじんまりとした感じが好きな方には楽しいかもですね。

ほんで、ワイン。確かに甘かったですね。飲めない私でもそう思いました。

ボケないうちにまた何処かに行きましょうね~♪

こて様

よね?ラビオリって言ったよね?
ボケ+ボケ=正常ってことで突っ走るしかないですね。
確かにこてさんの本名忘れる時あるわ

入口の雰囲気はいいのに2階のアラビアンナイトみたいな内装
変えた方がいいかもですね。コスパは良かったですよ。

いつどうボケきるか分からないので意識がはっきりしている内に
いろんな所に行っておきましょう。
ブログに残しておいたら何もかも忘れてしまっても大丈夫

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・クロ・ド・クロ @大阪市中央区東心斎橋1-17-9:

« 芸茶院初訪問 @全州市完山区校洞142 | トップページ | リストランテ バル ヴァリオ @大阪市淀川区十三東2-8-15 »