こちらもご覧ください♪

« 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 | トップページ | Bar hakushe @大阪市福島区福島5-8-16 »

2013年12月10日 (火)

新島水産 @大阪市福島区福島5-6-13

Photo

一年前に攻撃した淡路の新島水産が福島に進出 

水産場の横で頂いた貝料理は忘れられません。これは攻撃必須。
福島は初攻撃のルーシー・ティーちゃんとご一緒しました。

Photo

JR環状線福島駅からすぐの路地裏、阪神&東西線福島からも
すぐです。「貝焼いてます」の看板と淡路名産の瓦が目印。

鮑食べたさに5000円のコースにしてみました。

Photo_3

淡路の瓦土で作ったコースターと箸置きがええ感じでございます。

・・・・・・けどカウンター内の男子、冷ややかです。
愛想もクソ(emm)もありません。

笑みゼロの接客はクミョン好みではありません。

注意 emm エクスキューズマイマウスの略

Photo_2

まずお造り3種、美味しいですが別に淡路って感じは無し。

Photo_4

浅利と若芽の紙鍋?もう少し工夫が欲しいところですね。
あの男子以外は普通に明るく接客できるスタッフでした。

Photo_5

天ぷら色々。お塩で頂きます。普通に美味しかったです。

Photo_6

淡路の玉ねぎでしょう絶対に。こうして焼くとまた美味しい。

Photo_7

ここらで真打の貝の皆さんが登場。

ひおうぎ貝、大貝、さざえ、鮑 淡路の新島水産から直送です。

Photo_9

焼き方が難しいのでスタッフが焼いてくれてます。

醤油かポン酢で頂きます。

Photo_8

念願の鮑は最後に肝を含ませてバター焼き。

美味しいです、美味しくなかったら恨みます。

Photo_10

〆は握り(石鯛)と浅利のお味噌汁でした。この石鯛が新鮮で
今回の中で一番印象に残りました。

最初の紙鍋も浅利でお味噌汁の具も浅利、ちょっと芸がないですね。

う~ん、やはり福島で淡路を再現するのは難しいかな。
ダイナミック度数が全くちがいました。

やっぱ淡路へ行きましょう。

↓淡路の新島水産

http://kumyontosihnchan.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-6481.html

END

日曜夜♂は中国出張から戻りました、帰りの飛行機はなんと3時間遅延です。
上海浦東空港の視界がpm2.5の影響で不良というか視界ゼロで飛び立てず
連日こんな調子で遅れるそうです。帰宅したのは夜中の2時でした。
乗客は関空から行先に合わせてタクシーに同乗、もちろん全部航空会社支払。
pm2.5のあおりを最も受けているのは航空会社かもしれません。

« 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 | トップページ | Bar hakushe @大阪市福島区福島5-8-16 »

コメント

貝&白身大好き人間からすれば、パラダイスなお店だわ。
石鯛におろしポン酢(かな?)の組み合わせは、まさにおいしそう!
ご主人大変でしたね。
日本にも多少飛んできているのか、ソウルに行く前数日、喉にイガイガした感じが。
今日は職場でイガイガ(怒)!

ビョン様

淡路のお店はものすごく美味しくて感じ良かったです。
けどあんな接客態度なら福島のお店はもう行かない
福島ってなんとなく東京の新橋あたりに似てる感じ。
サラリーマン御用達店だけじゃなく最近はオサレーなお店も増えてます。
上海、以前から3泊目くらいになると喉がおかしくなってきます。
今てどんなひどいか、♂もあれほどは経験がないとか。
住んでる義父とか義姉には悪いけどちょっと足が遠のくわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新島水産 @大阪市福島区福島5-6-13:

« 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 | トップページ | Bar hakushe @大阪市福島区福島5-8-16 »