こちらもご覧ください♪

« やさしい風 @尼崎市潮江2-1-1 | トップページ | 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 »

2013年12月 8日 (日)

利休にたずねよ 観てきました。

Photo

クミョンは真っ先にいくだろうな・・・・と思っていた世界中の皆さん。
ご期待にお答えして 初日一番に見てまいりました。

市川海老蔵主演 「利休にたずねよ」 

はっきり言って、行くべきですこの映画。
海老蔵嫌いとか伊勢谷好き~とかは別としても、行くべきです。

前売り券をゲトしたら↑の様な冊子のプレゼントがありました。
これを読んで登場する本物の茶器や調度品の知識を得て臨みました。

時価数億円はするという利休が実際に使用したとされる長次郎作の
黒楽茶碗は当代の楽さんもお湯を通したことがないとされる器です。
それでお茶を点てるシーンは見いってしまいました。

そして美しい海老蔵の立ち居振る舞い、衣装の着こなしは歌舞伎を
見ているような錯覚に陥ります。そこらのタレントさんでは無理です。

お父様もこれが最後の映画出演、成駒屋としても記念すべき映画です。

見に行かれる方もおられるのでストーリーはお話ししませんが・・・・
あんな沢山ちょろちょろ俳優さんを使わなくていいのではないかな、
もう少し登場人物を絞っても良かったのではと思いました。

Photo_2

見る前は???と思っていましたが、伊勢谷君信長が似合いますね。
美しい信長を演じていました。登場シーンが少なくて残念。

Photo_3

う・・・・・ん、この人クミョンはCMタレントって印象しかなくて。
中車さんに演じて頂きたかったです。

それと熱演されていましたが、どうも中谷美紀さんがモダンな顔立ち
すぎて最後まで違和感がありました。スポンサーに伊藤園が入って
いるから他は考えられなかったのかもしれません

高麗の女役のクララさん、美しいです。時々韓国ドラマでお目にかかる
オジサンも登場してて笑えました。

「タンシヌン サラジョ」 利休の芸術にこの高麗女性が絡んでいたかどうか
それはわかりません、けどこんな熱い思い出のある人の妻にはなりたくない、
あ、内容言っちまいそうなんで、このへんで。

END

AMAのキューズモールで見ました。どっぷり利休の世界に浸った後
映画館から外に出ると・・・・・現在との格差に眩暈を覚えました。

« やさしい風 @尼崎市潮江2-1-1 | トップページ | 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利休にたずねよ 観てきました。:

« やさしい風 @尼崎市潮江2-1-1 | トップページ | 炭焼きキッチンやまや @大阪市北区曽根崎2-5-37 »