こちらもご覧ください♪

« ホステル YUME NOMAD @神戸市兵庫区新開地1-2 | トップページ | BANDA @大阪市福島区福島7-8-6 »

2014年1月18日 (土)

豆水楼 木屋町本店 @京都市中京区木屋町通三条上ル

Photo_9

底冷えする京都へ、こんな日のランチは湯豆腐ってことで先斗町を
北へ上がったところにある 「豆水楼」 さんへシロチャンと行きました。

当日予約で向かうと店内ほぼ満席、冬とはいえ京都観光の方は多い
ようです・・・・・はい、まじ観光客御用達のお店でございました。

東山(3858円)コースで、まず2人の前にどんと来ました湯豆腐桶。

Photo_2

普通のお豆腐と薄緑のお豆腐、黒豆入り生麩、ホウレン草。

湯豆腐たれの容器も同時に温められる作りなので最後まであっちっち。

うわーうっまー・・・・ではありませんが冬の風情は感じられます。

Photo_3

まず八寸から。今回は梅酒のお湯割りで温まりました。

店内関西弁ではない言葉で埋め尽くされております。

Photo_4

お造り 蛸、よこわ(薄い)、汲み上げ湯葉

Photo_5

豆腐の茶碗蒸し仕立て

Photo_6

田楽2種 手前は雲丹のせ

Photo_7

揚げ物 湯葉で包んだ・・・・何か失念

湯豆腐のお替りもお願いしたら結構お腹いっぱい。

Photo_8

〆の豆乳粥 これが結構いけました

期待薄で挑みましたがこのお値段ならOKかな。

何か特別な接客があったわけでないのにサービス料を取られました。

Photo_10

デザートも豆腐と蕪のシャーベットで豆腐三昧は終結いたしました。

夏には床も楽しめるお店ですがかなり老朽化してますね。

カウンター内のごちゃごちゃした物とかが丸見えで興ざめ

今月末から改装でお休みされるそうです。昭和なトイレも店内も

見納めだったのかもしれません

Photo_11

ランチの後は細見美術館で開催中の「櫛 簪 と おしゃれ」を鑑賞。

江戸時代の美意識は今以上だとわかります。機会があれば是非どうぞ。

15000歩きました。高島屋5F「月ヶ瀬」で甘いものを補給して帰路に。

シロチャン今回もご一緒ありがとう

END

« ホステル YUME NOMAD @神戸市兵庫区新開地1-2 | トップページ | BANDA @大阪市福島区福島7-8-6 »

コメント

祇園安井店の前を何度も通りながら、一度も入店したことがありません。
というより、京都の湯豆腐専門店に入って経験が皆無かも(苦笑)
湯豆腐のお代わりって、無料なんですか?
ウニの田楽は、太刀魚かしら?

ビョン様

そうそう、祇園店もありますね。あまり考える時間が
なくて選ぶと観光客御用達にあたってしまいます。
湯豆腐のお代わりは無料でした、お味は極普通。
雲丹の下は豆腐を湯葉で巻いたようなものでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豆水楼 木屋町本店 @京都市中京区木屋町通三条上ル:

« ホステル YUME NOMAD @神戸市兵庫区新開地1-2 | トップページ | BANDA @大阪市福島区福島7-8-6 »